孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

若葉区加曽利町の新店、麺屋KARYUを初訪問 節系出汁満載の中華そばにルーロー飯は無料サービス!?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

半月ほど前のこと

 

LINEの読者さんより

「若葉区加曽利町のマニアックな場所にラーメン屋さんがオープンした」との情報を頂きました

 

聞くところによると、小桜橋通りより中に入った裏道

提供されているのは中華そばを始めとした3品だそうで

 

この中華そばがなかなか美味しかったものの

同店の立地等を考えると、微妙に高い(笑)とかなんとか

 

ただ、面白いお店であるのは間違い無いらしく

これは近々に足を運ばねば・・・

 

 

と、脳裏にはインプットしていたのですが

今年の6月はからっ梅雨とでもいうべきでしょうか

 

雨が少なく、且つ快晴ばかりが続いており

温かいラーメンよりむしろ、冷たいラーメン・冷やし中華の需要(私の中のw)が先行しまして

 

そんな経緯もあって、少し時間が経ってしまったものの

本日ようやく足を運んだ先がこちら

「麺屋KARYU」となります

 

表通りからは見えない裏通りとなり、知る人ぞ・・・

な立地にお店を構えるこちら

 

小桜橋通りにあるセブンイレブンから「ジャパンゴルフ」の看板に従い

同ゴルフ場へと向かう通り沿いとなるのですが、近隣は住宅街というか、会社??ばかり

 

通りの前には以下の通り

「中華そば」を主張するノボリが出ているので、辿り着けはするものの

お店の存在を知らなければ、通る事すらそうそう無いこちらの道

 

噂通り、かなりマニアックな立地となりますが

ここでどんなラーメンが頂けるのか、楽しみで仕方ありませんね。

若葉区加曽利町に6月中旬オープン? のラーメン店、麺屋KARYUを初訪問

という訳で、読者さんより頂いた情報を元に向かった、麺屋KARYU

事前に11時OPENである旨を聞きつけ、この日お店に着いたのはその10分前

 

お店の前に4~5台の駐車スペースがある

との情報でしたので、少し早くお店に着いたものの、車を停めてドラクエウォークで時間潰し

(ちょうどすぐそこで、メガモンスターのハーゴンにも遭遇)

 

同プレイをしながら待つこと5分

まだ開店時間までは数分あるものの、私が車を停めて待っていたことに気付かれたのか

 

予定より少し早くお店にのれんが掛かり、

準備中の札も営業中へと切り変わるものとなりました

 

恐らくOKの合図だよな、と判断しお店の方へ

 

店内は広めの作りとなっておりまして、

上記の様な4人掛けテーブルを中心としたレイアウトに

 

雰囲気としては、定食屋さんを彷彿とさせますが

そう言えばここって数年前まで、中華料理店が入っていた様な

 

そんな記憶を遡りつつ、まずは入り口左手の券売機へ

事前に話を聞いていた通り、提供される麺類は全3種

 

・中華そば

・マーラー担々麺

・マーラー汁なし担々麺

といった3品で構成されております

 

その下はトッピングとなるのですが、並んでいるのは

・煮玉子

・チャーシュー

・大盛り

の3つと、かなり潔いラインナップ

 

で、マーラー担々麺に汁なしの900円はさておき

同じ価格で提供されている中華そば

 

中華そばの具材等がハッキリしませんので、この時点でどうこうは言いづらいですが

確かに、担々麺や汁無し~と同額となれば、高く見えなくもありません

 

ですが、こちらの麺類各種には

ランチサービスとして

マーボー丼またはルーロー飯が無料で付いてくるとのこと

 

ボリュームの程は分からないにせよ

本来ならサイドメニューと思しきご飯ものがサービスなら、900円の中華そばも全然アリでは??

 

辛党の私としては、マーラー2品も気になる所ですが

同券売機の左上、ポールポジションを抑えているのは中華そば

 

ならばここは、、、という訳で本日は

中華そばにチャーシュートッピング(+300円)

 

更に、無料サービスとなる2品から

ルーロー飯を頂いてみようと思います。

節系出汁がガッツリ薫るチャーシューたっぷり中華そばに、ガッツリルーロー飯で大満足

という訳で、開店と同時に入店となった

若葉区加曽利町の麺屋KARYU

 

お店はご主人一人のワンオペにて営業されており

この日は開店時刻5分前の入店となったため、先客も無し

 

前述した通り、大通りからは外れている分かりづらい立地ですので

はたしてお客さんが来るのか、少し心配になってみたものの

 

その後、常連さんと思しきお客さんも入店されており

新店ながら、徐々に認知度を上げている様子が伺えます

 

そんな様子を観察しながら、待つこと10分ほど

こちらが、麺屋KARYUにて頂く

中華そば(チャーシュートッピング)と、無料サービスのルーロー飯となります

 

さて、まずは中華そばの方ですが、

その名の通り、昔懐かしさを感じさせてくれるビジュアルでして

醤油ベースのスープからは、早くも節系の香りが立ちこめております

 

多めの油がスープをしっかりコーティングし

その上には二種のネギにメンマがトッピング

 

更には、追加でチャーシューもオーダーしているのですが

これがまあ、想像を優に越える大ボリュームで盛り付け

 

以前にLINE読者さんから貰った情報では

デフォのチャーシューは3枚でしたので、更に3~4枚が追加された模様です

 

そんな中華そばですが、まずはスープから頂きましょう

立ち上る香りの通り、煮干しに加え節系の出汁感がガッツリ

 

かといって、優しい味には振り切りすぎず

出汁感に加えて、カエシのしっかりした味わいも届いてきます

 

薬味として飾られたネギですが、こちらの風味が強いのも個性的で

これはネギに拘りがあるのか、それともたまたまか

 

それともそれとも、このスープとの相性が

このネギの風味を引き出しているのか??

 

いずれにせよ、飾り程度に扱われガチなネギではありますが

こちらのスープの中では、その存在感をいかんなく発揮しております

 

 

また大きな特徴となるのが、後味にフワッと抜ける柚子の風味

この柚子と節系出汁との調和が、心地よい後味を残してくれます

 

節系の出汁感に、しっかりしたカエシの味わい

後味に残る柚子の爽やかな風味で構成されるこのスープ

 

括りとしては確かに中華そばなのでしょうが、ラーメン店で頂くそれよりも

むしろお蕎麦屋さんが作る中華そばを思わせる味わいですね

 

多様な出汁感のあとに残る柑橘系の風味

どこか和テイストを感じさせる、そんなスープに仕上がっております

 

 

そんなスープと頂く麺の方は

これはある種、中華そばらしい柔らか茹で加減の細麺

 

強い個性を見せてくる訳ではありませんが

スープとの相性は申し分無く、また麺量もしっかり目

 

この後にご飯も控えている事を踏まえると

この麺量は、むしろお得感が過ぎる量にもなりそうな気配を感じます

 

 

そしてお次はトッピングの主役

こちらのチャーシューになります

 

柔らかな仕上がりで、芯まで染み入った味付け

それでいて、豚肉自体の旨味もしっかり伝わる良い仕上がりです

 

魚介出汁強めのスープになりますが

それと共に頂いたとして、全く申し分無い仕上がりのチャーシュー

 

加えて、そんなチャーシューを追加トッピングしたとは言え、

この山盛りで頂いたとしても、まだスープの中に数枚を発見

 

冒頭でデフォ3枚+追加3枚と記載しましたが、アレは嘘だ

この中華そば、追加トッピングを加えると10枚近いチャーシューで溢れてます

 

残るトッピングとなるのが

こちらのメンマ

 

同品にはこれと言った特徴は感じられませんでしたので

ここは恐らく、既製品の使用では無いかと

 

といった面々で構成される中華そばでしたが

そのランチサービスとして提供されるのが、こちら

これまた、豚肉たっぷりのルーロー飯になります

 

茶碗のみではサイズ感が伝わりづらい者の

これはこれとて、けっこうなボリュームのご飯、そしてルーローがトッピング

 

中華そばには不使用ながら、こちらには

くし切りにされた茹で卵も添えられており、サービスとは思えない豪勢な一杯です

 

その見た目からも察する通り、

とにかく柔らかで、トロットロに仕上がったルーローでして

 

味付けは定番の甘みあるタレとなるものの

同品で見受けられる八角の風味は後味に感じますが、これが強すぎないのが嬉しい所

 

節系の風味漂うスープと共に頂いてもバランスは良好

なにより、柔らか仕上がりのルーローがご飯を進める味付けとなり、たっぷりご飯ながら気付けば完食

 

ラーメン、チャーシューのボリューム

そこに加えてのご飯となり、大満足&腹パンを迎えるものとなりました。

 

 

という訳で、初訪問となった若葉区加曽利町の麺屋KARYU

当初、耳にしていた情報では、ちょっと価格設定が高め・・・

 

との触れ込みより、心構えをして挑むものとなりましたが

結果、あの量にご飯まで付いてくる事を考えますと、十分納得のお値段に

 

加えて今回頂いた2品だけで無く、

二種のマーラー担々麺、更には麻婆豆腐丼も確認済み

 

上記2種の組み合わせも、ぜひ食べてみたくなるばかりで

これもまた、近々に再訪しなければなりませんね

 

 

ただやはり、ネックとなりそうなのはお店の立地で

大通りからも外れる以上「知らなければ辿り着けない」そんな場所に位置する同店

 

加えて、最寄り駅からもだいぶ遠く(最寄りは小倉台ですが、車で10分ほど)

車で無ければまず、足を運ぶ事が難しい土地でもあります

 

過去にもいくつかのお店が営業されてはきましたが

いずれも長続きしていなかった場所となりますので、今度こそは根付いてくれることを期待したいですね。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

麺屋KARYU

■ めんやKARYU

■ 住所:千葉県千葉市若葉区加曽利町1595-1

■ 営業時間:11:00~14:00 / 17:00~20:00

■ 定休日:月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。