スポンサーリンク

西千葉の人気店、粋やで頂く「ぐるっと千葉」との限定コラボメニュー 2種のイワシの風味・味変が絶品過ぎる、焼干し中華そばに感無量!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

毎月、愛読書としている雑誌のひとつ

「ぐるっと千葉」

 

今月の同誌では、年イチで毎年行われている

「千葉のラーメン」の特集となったのですが

今年は新たな取り組みとして、

同誌とコラボする、県内5店のラーメン店にて

期間&ぐるっと千葉の読者限定ラーメンが頂けるとのこと

 

その第一弾として、9/22より提供が開始されているのが

私も頻繁に足を運んでいる、西千葉駅前の人気店

「自家製手打ち麺 粋や」となります

 

 

ただし、同限定ラーメンの提供期間は、9/22~27と、わずか6日間のみ

しかも、昼夜それぞれの営業時間にて

各10食のみ提供、という正に狭き門

 

とは言え、ご近所でもある粋やで提供される限定ラーメン

これを食べずには西千葉民を名乗れず

 

幸いこの日は、子供&カミさんが共にお出かけとなり

晩ご飯は久々、一人での外食チャンス

 

願ったり叶ったりの好機を活かすべく

こちら、粋や夜の部を、久々に訪問するものとなったのです。

西千葉の人気店、粋やが「ぐるっと千葉」とコラボ 読者限定ラーメンを1日20食限定で提供開始!!

通常時では、

・11:00~ 粋や

・17:30~ 一二三屋

と、昼夜で別形態のラーメンを提供する

いわゆる「二毛作営業」を行ってきた、西千葉の粋や

参照:西千葉に濃厚煮干しがオープン!? 粋やの二毛作、一二三屋を初訪問 ⇒

 

現在は、新型コロナの影響によって

一二三屋の営業はお休み

昼夜共に、粋やの商品を頂けるスタイルで営業が行われている同店

 

昼はもちろん、夜の部にも数度足を運んでおりますが

やはり機会は少なく、今回の訪問も実に久しぶりとなります

 

 

さて、本日のお目当ては前述した通り

ぐるっと千葉とのコラボ企画で提供される限定ラーメン

その名も「焼干し中華そば」となります

 

事前に誌面でチェックした情報によれば

「郷土愛」を掲げたラーメンになるとのこと

 

銚子産の鰯(イワシ)を使い、自家製で作った

煮干しならぬ「焼干し」100%で作られたスープ

 

カエシにも勿論、千葉県産の醤油を使用しつつ

白子産の玉ねぎに、粋やと言えばお馴染みの自家製麺

 

そして、目玉のトッピングとなるのが

これまた、千葉県民ならお馴染みの1品

「さんが焼き」が乗るとのこと

 

このさんが焼きも、一般的には鰺がポピュラーな中

今回の中華そばには、スープ同様イワシが使われるとのこと

 

鰺に比べると、生臭さが強くなりがちなイワシだけに

これがどう、中華そばの中に生きてくるのか

楽しみ尽きない一杯なのは間違いありません

 

 

さて、そんな限定ラーメンですが

前述した通り、提供される数も昼夜それぞれ10杯ずつ

 

夜に足を運べる、またとないチャンスを逃すこと無く

晩ご飯を頂くには、早いと分かりつつも

開店直後を狙うべく、17:30少し前にお店へと到着

 

この時点で先客は、、、まさかの1番手

ぐるっと千葉とのコラボ、しかも短期間の限定となるだけに

気合いを入れて挑みましたが、ちょっと気合いが強すぎたかも

 

 

なんにせよ、目的の品を頂ける事は間違いなし

本日夜の部、1番手にてお店の方へ

今回の限定商品は

「ぐるっと千葉読者のみの限定」

となるからか、券売機の方に記載の無い商品となる様です

 

口頭で確認し、目的の品を注文

ついでに気まぐれ限定メニューを見ると・・・

ネギトロ丼・・・食べたい

 

でもなあ、昼に食べ過ぎてしまった上

今日の晩ご飯はいつもより、1時間近く早いので空腹も今ひとつ

 

今日の所はネギトロ丼を我慢し

「焼干し中華そば」一本に全力集中して挑もうと思います

 

余談ですが、カウンター席の前にて

手動で回せる小さな扇風機を発見

これ、地味に涼しくなります(笑)

鰯の焼干しが芳ばしく、優しい旨味が詰まった一杯 1日20食の限定ラーメン「焼干し中華そば」を全力で堪能!

気合いを入れ、開店直後に1番手で入店するものとなった、西千葉の粋や

 

さすがに頑張りすぎたかな、と思ってみたものの

その後、次々とお客さんが入店となり、

開店から10分経たずに、店内の半分以上が埋まるほどに

 

また、多くのお客さんが

「焼干し中華そば」をオーダーしていたことも含め

早め早めに行動を採った、本日の判断は正しかった様です

 

そんな様子の店内で待つこと10分弱

こちらが粋やにて頂く、ぐるっと千葉限定メニュー

「焼干し中華そば」となります

 

粋やらしい、独特のウェーブが掛かった自家製麺

その上を飾るのは、事前情報通りの玉ねぎスライス

 

トッピングは玉ねぎ以外別添えとなっており

一見すれば、非常にシンプルな構成の中華そばとなっております

 

もちろん、この配列にも意味があり

スープそのものの味をまず堪能して欲しい

そんな思い入れがヒシヒシと伝わってきます

 

その思いに答えるべく、まずはトッピングを添えず

中華そば本体のみから味わってみましょう

 

薄く膜を張った油が浮かぶスープは

醤油の彩りを感じさせるも、その奥に浮かぶ麺が透ける程

透明感のある、澄んだスープに仕上がっています

 

そんなスープを早速一口、

まず最初にスゥーッと伝わってくるイワシの味わい

煮干しのようなエグミは一切感じず、旨味のみがダイレクトに伝わります

 

それを追って伝わってくるのが、これまた煮干しには無い

ちょっと珍しい、芳ばしい風合い

 

これが煮干しではなく、焼干しを使った故の風味でしょうか

青森ではわりとポピュラーな素材、だそうですが

この独特な風味あるスープを千葉で頂くのは、これが初めてかも

 

伝わってくる味わいは、確かにイワシではあるものの

その伝わり方が煮干しとは全く異なる、とでも言うべきでしょうか

 

醤油の旨味も重なり、力強い味わいではあるものの

しつこさやイヤらしさが無く、優しくストーンと口の中に広がっていきます

 

そんな旨味が凝縮されたスープと共に頂くのは、

もちろんこちら、独特すぎる食感がクセになる自家製麺

 

スッキリした口当たりながら、力強い味わいを感じるスープを

しっかりすくってくれる、強いウェーブの麺

 

小麦の風味もしっかり伝わってくる、個性強い麺ではあるものの

その個性がスープを崩す事無く、見事なバランス

 

そして、現状では唯一のトッピングとなるのが、

こちらの白子産玉ねぎ

 

この手のラーメンでは、みじん切りでトッピングしそうなものを

こちらは薄いスライスの状態でスープの上に

 

提供時は生の玉ねぎとなるのですが、

これがスープの熱を加えることで、徐々に火が入る様子

その程良い熱加減が、玉ねぎの甘みをしっかり引き出してくれます

 

恐らくこれも、スープとの接地面が広いスライスであればこそ

接地面の少ないみじん切りでは、辛味が立ってしまい

ここまでの甘みには繋がらないのでは・・・と、勝手に予測

 

さて、ここからはトッピングを加えての食べ比べ

鶏チャーシューに豚チャーシュー

そして、意外性の塊となるイワシのさんが焼き

あと、なるともですね

 

まずはチャーシューを浮かべながら、スープの変化を一口

豚の脂が徐々に溶け出したのか、甘みとコクが増したように感じます

 

続いては、やはり最大級に気になるトッピングのさんが焼き

大葉を下にするか、上にするか

ちょっと悩むところでしたが、とりあえずは上に

 

まずはそのまま、さんが焼きを一口頂きますと、

なるほどなあ、全然臭みが無い

 

しっかり目に火が入ったさんが焼きであることに加え

薬味、あと味噌でしょうか

更には大葉の風味も加わり、臭みは皆無で伝わるのは旨味のみ

 

また、このさんが焼きをスープに加えたことで

スープ自体の表情も少しずつ変化

 

よりイワシの旨味が強くなって行く上に

各種薬味らの風味も加わっていき、スープの奥深さが増していきます

 

 

さんが焼きに続くトッピングの方は、

もう、毎度おなじみの鶏チャーシュー

ここまでシットリして旨味ある鶏は

そうそう味わう事が出来ない、これも粋やならではの1品

 

そして、鶏に双璧を成すのが

こちら、脂たっぷり

柔らか仕上げの豚チャーシュー

 

しっかり厚みありながらも柔らかく

旨味に満ちあふれたチャーシュー2品は、説明不要の美味しさ

 

なにより、やはり格別なのは焼干しスープ

この力強くもスッキリした、香ばしさをも感じるスープは

一度と言わず、二度三度と味わいたい格別な味わい

 

完食はおろか、そこまでお腹空いてないけど・・・

なんて口にしたこと忘れさせる美味さで

一滴残らず、綺麗スッキリ飲み干してしまうものとなりました

 

 

わずか6日間の限定メニュー

しかも、昼夜それぞれ10食ずつと

難易度高い限定メニューを、しっかり堪能するものとなった粋や

 

食べる前から、美味しいことくらいは予測できたものの

煮干しには無い、焼干しならでのは強い風味

 

イワシの持つ味わいが100%、

いや、さんが焼きを加えることで150、200%と生きたスープの美味しさと来たらもう・・・

 

提供時に頂く、素材の風味生きた味わいも絶品ながら

食べ進め、トッピングを加えることで変わっていく表情もまた見事

 

惜しむらくは、こちらの限定が頂けるのは

・ぐるっと千葉の読者限定(冊子持参の上に訪問とのこと)

・9/27まで、昼夜共に各10食ずつ

と、提供数がごくごく限られていること

 

本日含め、残り2日間で40食のみ・・・

となりますが、チャンスあれば是非、味わって頂きたい一食となります

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

自家製手打ち麺 粋や

■ じかせいてうちめん いなせや

■ 住所:千葉県千葉市中央区春日2丁目26−9

■ 営業時間:11:00~14:30 / 17:30~21:00

■ 定休日:不定休(Twitterより確認を推奨)

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。