スポンサーリンク

餃子の並商にて頂く限定メニュー「イカ煮干しバターまぜそば」 濃度120%!! 尿酸値爆アゲな、驚異のまぜそばに遭遇!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

6月15日

 

大人になるとほぼ馴染みが無くなるものの、

祝日の無い6月に於いて、千葉県民と栃木県民のみに与えられた唯一の祝日

 

それが、県民の日である6月15日

 

無論、社会人になって早20数年の私にとっても

県民の日 = 平日

に過ぎないのですが、この日が特別な日である事を思い出させてくれるお店があるのです

 

それが、こちら

毎度おなじみ

都賀駅から車で5分となる餃子の並商となります

 

同店が県民の日に限定メニューを提供する、そんなツイートを見て、

「あ、そういえば今年も県民の日か」

と思い出させてくれる同店

 

さて今年の県民の日は、一体どんな限定のひと品が味わえるのか?

事前に通達された告知にて、なんともケシカラン品を見つけてしまったのです。。。

大々的告知は無いものの、シレッととんでもない限定を発見! 6/15に並商が贈る限定メニューとは!?

さて、時は遡り数日前

6月の限定メニューについて、お店のTwitterにて以下の様な告知が伝えられておりました

 

こちらによると、6月は鶏白湯月間とのこと

連日、鶏白湯を頂く事が出来る他、

「イカ煮干しバターまぜそば」なる、これまたけしからん混ぜそばも提供されております

 

そんな中、私が目を留めずにいられなかったのが、15日の限定

フォア・・・グラ・・・鶏・・・白、湯!?

 

前述した通り、6月は鶏白湯月間

いつ何時、足を運んでも餃子の並商にて鶏白湯が頂けるとのこと

 

ですが、なんだこの6/15に記された、いかがわしいトッピングは!?

けしからん、あまりにもけしからん!!

 

ただでさえ、濃厚な旨味の詰まっている鶏白湯

そこにあろうことか、フォアグラをトッピングしてしまう、だと!?

 

そんな旨味の強い両者が遭遇すれば、ケンカしてしまい兼ねないぞ

だったらどうしようものか?

 

・・・ケンカを止めよう、食べることで。

 

そう3日前から心に決め、迎えた15日

朝から鶏白湯とフォアグラの仲裁に入るべく仕事を進めつつ、昼近くになりお店のTwitterを確認

 

するとそこには・・・、

フォアグラ・・・無いね。

 

どうやら私が仲裁に入る間もなく、ケンカは終わってしまった様子

とは言え、もう3日前から今日のお昼は餃子の並商と決めていた身として、代替案も思い浮かばず

 

まあそういうことなら、本日ラストを迎える

『イカ煮干しバターまぜそば』でも頂いてみようかな

 

そんな訳で、車を走らせること10分

11:30ちょうどにお店へ着くと、すでに多数先客の姿を発見

 

幸い、カウンター席にはまだ空きがあることを確認しつつ、まずは券売機へ

ここをあらためて見る限りも、やはりフォアグラの文字は無し

ワンチャンあれば・・・と期待を寄せてはみたものの、まあ今時期だけに仕方ありません

 

ここは気持ちを切り替え、本日ラストを迎える限定メニュー

『イカ煮干しバターまぜそば』を頂いてみようと思います。

最終日に頂く餃子の並商限定メニュー!史上1、2を争う濃厚さ、イカ煮干しバターまぜそばを食べてみた

鶏白湯×フォアグラに期待は寄せたものの、やはり予定はあくまで予定

 

未定になる事も止む無し、

とは言え、目的にした品が無くても、他にも気になる限定メニューが見つかってしまう

これもまた、餃子の並商の懐の深さではないかと

 

そんな深めの懐から飛び出してきた、この日が最終日となる限定メニューがこちら

その名も、イカ煮干しバターまぜそばとなります

 

主張がダイレクト過ぎる、その商品名

しかしながら、ダイレクトな商品名に負けず劣らず、ド直球で濃厚さが伝わるまぜそば

 

登頂にて赤く輝く、

濃度100%、イカの塩辛

ここだけでもツマミになる事、間違い無し

 

そんな濃厚さに拍車を掛けているのが、

チャーシューやみじん切り玉ねぎの下より、その時が来るのを虎視眈々と待ち構えるタレ

その色味は漆黒に染まっており、イカ煮干しならではの濃厚さを無言の圧力で感じさせます

 

そんな濃厚さばかりが目に付く中、

大葉やレモンをあしらい、僅かばかりの口直しを加えるのも並商流

しかし、この火を見るよりも明らかな濃厚さの前に、果たして大葉&レモンで太刀打ち出来るのでしょうか!?

 

ひとまず、後半の休息に備え

レモンは小皿に移し、一旦小休止

 

まぜそばらしく、しっかり混ぜ合わせていきますが

器の下から上がってくる麺、もう濃い(笑)

まぜそばであるにも関わらず、その色味は焼きそばや焼きうどんの様

しかも、食感MAXな極太麺、それとタレとの融合が何を生み出すのか楽しみで仕方ありません

 

ひとしきり混ぜ合わせた所で、

まずは麺の方から頂いてみましょう

 

極太麺をズルッと啜ると、ドカンと音を立て広がる煮干しの風味

いや、煮干しでは無い、煮干しかも知れないが風味は100%イカ

 

高級食材である、イカの煮干しをふんだんに使った、風味豊か・・・

いやもう、これは風味の枠には収まりません

100%どころか、煮干しで使用することにより120、150%増しに強くなったイカの濃厚な旨味が、そのまんま器の中に

 

濃厚な味わいであることは想像するに易かったものの

そんな想像が及ばない領域まで、濃厚の更に一歩先、重厚のレベルにまでイカ三昧

 

それに伴い、塩味もかなり鋭く、ジャンクな仕上がり

確実に好き嫌いが分かれそうなものの、好きな人なら間違い無くドハマり

ジャンク界に於けるTOP OF TOPに登り詰めそうな勢いを感じます

 

そんな重厚すぎるまぜそばへ、更なる追い打ちを掛けるのが

この、イカの塩辛の存在

わずか1口で酒が飲める、それだけの強い味付けの塩からが、たっぷりトッピング

当然、混ぜ合わせることで、その味わいは器の全面へ

 

塩辛を口に運ばずとも伝わる、その塩味

麺を食べていると自覚してはいるものの、

なぜか白米が欲しくなる、それほどの強さがそこかしこから伝わってきます

 

麺だけでも、アタフタする濃厚さながら

そこに塩辛まで飛び出せば、さすがの私も冷や汗を浮かべるレベル

 

食べている側から、尿酸値が音を立てて急上昇

そんな気配すら感じさせる、濃厚さの極に達した一杯とも言えそうです

 

そんなまぜそばの中で、一縷の望みを掛けたのが

こちら、みじん切りの玉ねぎ

 

玉ねぎの爽やかな辛味があれば、よもや口直しになるのでは・・・

と頂いてみるのですが、、、敢えなく完敗。

 

全然、届かない

むしろ、玉ねぎすらも、重厚なイカに浸食されちゃってる

 

せめてもの慰めとなったのは、やっぱり大葉

大葉のもつ爽快感のみは、なんとかイカ煮干しに対抗できる

唯一の手立てとなるのですが、やはり多量の軍勢の前には風前の灯火

 

レモンをあしらい、新たな抵抗を試みてはみたものの

その酸味もまた、塩辛のもつ塩味の前には紙の盾の如し

終始襲いかかる、イカの重厚さと塩味が、全てを支配し尽くすものとなりました

 

 

という訳で、餃子の並商にて頂いた、この日(6/15)までの限定メニュー

「イカ煮干しバターまぜそば」でしたが、ともかくその重厚な味わいは規格外

 

痛風患者が食べている姿を内科医が目にしたら、卒倒して止めに走る

尿酸値を高める事間違い無い、食べる地雷の様な爆発力を秘めた一杯となりました

 

とは言え、プリン体=美味さのバロメーターであるのも間違い無し

火力に特化しすぎた品故、バランスと精細さは欠いているものの

塩辛を減らし、大葉を増やすなど、塩味と食べやすさに手を加えたら、大化けしそうな一杯にも感じます

 

まあ、敢えてバランスを度外視した、爆発力に特化したからこそ

ここまで突き抜けた一杯が生まれている訳でしょうし

そのレベルであればこそ、唯一無二のジャンクさが生まれているのでしょう

 

限定故に、次のお目見えがいつのタイミングとなるかは分かりませんが

このジャンクの極に立つ一杯、頂く際には心して挑むことをお勧めします

そして食後には、2リットル以上のお水を頂くこともお忘れ無く。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

餃子の並商

■ ぎょうざのなみしょう

■ 住所:千葉県千葉市若葉区若松531-200

■ 営業時間: 11:30~15:30 / 17:30~21:00(土日、祝は11:30~21:00)

■ 定休日:木曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。