スポンサードリンク

京成実籾駅から徒歩2分、豚骨イタリアンラーメン 伊太そば オープン2ヶ月ながらの行列店で頂く、アッサリ!?系カルボナーラに大満足

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

少し前にTwitterを見ていた時のこと

ここ最近、京成の実籾駅近くに、ちょくちょく話題に挙がっているラーメン店があるとの情報をキャッチ

 

詳しく話を遡ってみると

元々はイタリアンのお店を経営していたものの、今ひとつだったところを

銀だこの社長がプロデュースに入り、イタリアンテイストなラーメン店に業態変更したとか

 

その過程がメディアでも取り上げられた影響に加え

同店で頂けるイタリアンテイストなラーメンが、これまた秀逸との話

 

普段、なかなか千葉市外に足を伸ばさない私ですが

ただでさえ面白そうなイタリアンのラーメン

そこに加え、上記エピソードまでも聞かされれば、これは是非とも味わってみたい

 

そんな訳で、京葉道路を走らせ車で20分(意外と近いw)

京成実籾駅から296号方面に徒歩3分ほどの裏路地に向かってみると、

豚骨とイタリアンの文字を発見

実籾駅近くに昨年12月オープンした新店、豚骨イタリアンラーメン 伊太そばを訪れることに

 

ちなみに、この日お店の前に着いた時刻は10:50

11時開店との下調べと、かなりの行列店との噂を加味し、同時刻を狙った所、すでに開店待ちが3名

4番手に着けた私の後ろにも続々とお客さんが増え、開店前にして10名ほどの行列に

 

開店を待つ間、余りの寒さに足踏みしながら、暇つぶしに周囲を眺めていると

お店の二軒隣にアジアンレストランを発見

その名も、グレートアジア・・・強そうだな

だけど一体、誰に対して虚勢を張っているのだろうか・・・

 

そんな謎を抱きながらも待つこと10分

店内から暖簾片手に出てきた女性スタッフさんにより開店を告げられ、

こちら、豚骨イタリアンラーメン 伊太そばへの初訪問を果たすものとなりました。

京成実籾駅から徒歩3分、裏路地ながら開店前より行列を作る人気店、豚骨イタリアンラーメン 伊太そばを初訪問

少し前から気に掛けていたものの、なかなか機会が得られず

12月オープンのお店ながら、開店から2ヶ月、ようやく初訪問となった、豚骨イタリアンラーメン 伊太そば

 

さて、お店のメニューはというと、

店外にも掲載されている4つのイタリアン風ラーメン

・カルボナーラ

・ジェネベーゼ

・ポルチーニ

・アラビアータ

名前を見る限りは、完全にパスタを彷彿とさせる全4品となります

 

入店前から同メニューをチェックしていた私

どれも魅力的且つ、食べてみたいラーメンにはなるものの、

まずポルチーニについては、キノコ盛り盛りである手前、私的には除外

 

続いてジェノベーゼですが

同店の店名から察するに、スープのベースは豚骨

そこに絡むジェノバソースと言えば、博多の一双を彷彿とさせます

 

同品を2ヶ月前、博多で食べていることを踏まえると

ここも敢えて今日、頂かなくても良いのかなといった判断に

 

となれば、候補は2つにまで絞り込むことに

アラビアータかカルボナーラ、いずれも甲乙付けがたい品となるものの

店内に入店すると、私より前に並ぶお客さんは、全員カルボナーラをオーダー

 

これは、私にもカルボナーラを食べろとのお告げかな?

と勝手ながら解釈し、前のお客さんらに倣い、カルボナーラを頂いてみることに

 

ちなみに、お店の造りはカウンターのみで全8席

開店前の列が10名を越えたことから、開店と同時に全席が埋まるものとなりました

 

なお、メニューの方は店内にも用意されており、

先ほど表で見た品と同じ、全4品が掲載

 

また、ラーメン店では当たり前となってきた

・サイドメニュー

・トッピング

といったメニューも設けられておらず、提供されるのは前述した4品に加え、アルコール類と替え玉のみとのこと

 

ある意味では潔いメニュー構成ですし、オペレーションの簡略化を踏まえての構成でしょうか

まあ、普段頂く様なラーメンであれば、チャーシューや煮卵をトッピングしたいものの

本日頂くのは、そのどちらのトッピングにもマッチしそうに無い、完全イタリアン

 

追加トッピングが無いとあらば、それは問題ないながらも

ちょっと気になったのが、替え玉に関するアレンジレシピの様な一文

 

こちらのお店では、イタリアンテイストを強く出すためか

麺にデュラム小麦を50%配合しているとのこと

 

そんな麺そのものの美味しさを味わうのが、替え玉の楽しみ方になる様で

岩塩を振った食べ方、更には胡椒、チリオイルを掛けた状態で麺のみを味わうなど

他店では見かけることの無い、替え玉の楽しみ方が紹介されております

 

そう説明されてしまえば、これを試さない理由も見当たらず

食後には当然、替え玉をオーダーする準備を整え、ラーメンの到着を待つことに。

4種の伊太そばから、人気メニュー?カルボナーラをオーダーし満足も、替え玉による味変こそが秀逸だった

ひとまずは流れに乗りながら、人気メニューとおぼしき

「カルボナーラ」をオーダーするものとなった、実籾の新店、豚骨イタリアンラーメン 伊太そば

 

注文を終えてはみたものの、あらためてメニューを見ると

ジェノベーゼ、食べたいなあ

アラビアータも美味いよなきっと・・・

 

そんな欲求が次から次へと浮かぶ始末

なかなか足を運ばない実籾だけに、ここはいっそのこと連食を・・・

と思いきや、すでに外待ちの列が出来ている様子

 

となれば連食も叶わず

今日の所は、カルボナーラ&替え玉に照準を絞ろう

 

と、気持ちを切り替えた矢先

オーダーからおよそ5分というハイスピードにて、本日のランチが到着

こちらが、豚骨イタリアンラーメン 伊太そばにて頂く

「カルボナーラ」となります

 

スープは豚骨なれど、ラーメンはイタリアン

そんな店名の様相通り、濃厚そうなチーズ香るカルボナーラのスープ

 

トッピングの方も、スープに合わせる形で、

生ハムにベビーリーフ?でしょうか

更にはアスパラ?なども見え隠れしております

 

色々と斬新さが漂うラーメンではありますが、まずはスープから

見るからに濃厚そうでクリーミーなスープ

・・・と思いきや、意外なほどにサラッとしたスープ

 

さて、その味はどんなものかと頂いてみると

これもまた意外すぎる味わいで、その見た目に反し、とてもアッサリ

 

もちろん、カルボナーラ界隈に於けるアッサリであり

淡麗のラーメンなどに比べれば、十分な旨味が感じられます

 

ですが、カルボナーラ特有の

1口2口はその濃厚さがクセになるものの、食べ進めると・・・

といった重さが感じられず、グイグイ飲み進められるほど

 

ベースは豚骨とのことでしたが

いわゆる博多一双などのように、全面に豚骨が出て来すぎず

カルボナーラらしい味わいが優先されているのもまた、あっさりした飲み口に拍車を掛けています

 

続いて麺の方ですが、

お店からの説明によると、

デュラム小麦を50%配合した特製麺になるとのこと

 

その食感は確かに中華麺でありながら

噛みしめると伝わるモチッとした感覚が、パスタらしさを感じさせます

 

個人的には、もっとパスタ感を強くした

モチモチ麺でも面白いのかなあとは思いましたが

この辺は、他のスープとの兼ね合いもあるのかな、と判断

 

※ この時点で既に、他のラーメンも食べたくて仕方ない

 

続いてトッピングですが、

まず気になるのは、やはり生ハム

 

イタリアンを融合したラーメン店では、最早定番となってきた同トッピングですが

スープの飲み口に合わせてか、塩味がほどほどに控えられているのが特徴的

チーズ、生クリームらとの相性も、当然申し分無いトッピングじゃないでしょうか

 

そして、個人的にお気に入りとなったのが、

こちらのゴボウ

ラーメンはもちろん、カルボナーラであっても珍しいトッピングですが

このほのかな苦みや食感、土の香りが、カルボナーラスープに良いアクセントを与えています

 

その性質上、どうしても甘めになりがちなスープですが

そこにゴボウが加わってくることで、口直しを図るだけで無く

味わいの変化も楽しめるという、見事な仕事ぶり

 

同じく野菜ではありながら、

全く違う食感、味わいをもたらしてくれるのが、こちらのアスパラガス

色合いも美しく、繊細な盛り付けの同ラーメンにマッチしたトッピングとなりました

 

そんな感じで、ひとまず一杯目の麺を気付けば完食

しっかりスープを残しながら、続いては替え玉を頂く事に

 

注文から待つこと3分ほど

こちらの替え玉が到着となりました

 

さて、この替え玉ですが

事前にも触れた通り、まずは岩塩を掛けながら、そのまま麺を味わうのがお勧めとのこと

カウンター上には、ピンクの岩塩

そして胡椒、更にはチリオイルが置かれているので、まずは岩塩を軽くプラス

 

そして麺を頂くと・・・

なるほど、小麦の風味が全力で届いてくる

 

先ほどまでの様に、スープと共に頂いてしまうと

いくらアッサリとは言え、十分な旨味があるカルボナーラだけに

麺そのものの風味や味わいは、どうしてもハッキリ感じられず

 

ですが、替え玉にて麺を塩のみで頂く事により

麺自体が持つ小麦の風味がより強調され、その味わいをハッキリと感じることが出来ます

 

続いては、お勧めの食べ方その2とされる、

黒胡椒&チリオイルを掛けた状態で、もう一口

 

これは・・・イイ

先ほどの塩のみで頂くものに比べると、小麦の風味は弱まるものの

スパイシーさとオイルのコクが加わることで、まぜそばの様に味わえてしまいます

 

なんなら、このまま替え玉をまるっと行ってしまいたい

そう思えるほど、麺+黒胡椒+チリオイルの組み合わせが好みに刺さったものの

やはり、残るスープをそのまま頂くのも口惜しく

チリオイルらを纏った麺を、今度はスープの方へ

 

最初に頂くカルボナーラは優しい味わいでしたが

各種調味料を纏った麺と共に融合することで、一変して攻撃的な味わいに

 

この辺には好みも分かれだしそうなものの

よりアグレッシブになったこのスープ、私はこっちの方が好きだなあ

 

となると、今度は序盤からチリオイルを入れてしまうのも良さそうな・・・

いやでも、あの優しい味わいを堪能してこそ、この感じが引き立つ訳で・・・

 

自分なりに、あれこれ味変を楽しめる上に

替え玉の投入により、更なる変化が2度3度訪れる

変幻自在に味わいを変える、斬新なカルボナーラと言えそうです

 

 

といった所で、念願の初訪問を達成した豚骨イタリアンラーメン 伊太そば

ちょこちょこ見かける様になった、イタリアンを融合したラーメンではあるものの

既存のお店以上に「ラーメン」に寄り添ったイタリアン、そんな印象を受ける一杯となりました

 

トッピングの妙に、替え玉の食べ方など

味わいを変える要素が詰まっており、食べ進めるごとに楽しみが増すのも魅力的

 

なにより今回は、もっともオーソドックスに感じるカルボナーラでこの結果ですから

より物珍しさを感じさせるジェノベーゼやアラビアータなら

今回とは全く違う、そんな味わいを期待させてくれるものとなりました

 

なお、今回は開店10分前の到着にて、1巡目の入店に成功しましたが

私がお店を後にした時点(11:20頃)には、外待ちのお客さんが15名ほどの列に

 

平日、しかも実籾という立地ながら、この人気ぶり

行列の出来る人気店らしい一杯、しっかり堪能させて頂きました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

豚骨イタリアンラーメン 伊太そば

■ とんこつイタリアンラーメン いたそば

■ 住所:千葉県習志野市実籾5-8-8

■ 営業時間:11:00〜15:00 / 17:00〜21:00

■ 定休日:月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。

今ならまだ在庫あり!購入はお早めに!