スポンサーリンク

ミハマ・ニューポート・リゾート『ラーメンばんだい』がまさかのコラボ!? 青山シャンウェイ・毛沢東スペアリブのスパイス入り、やみつきにんにく醤油ラーメンを食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

少し前に、SNSを徘徊していた時の事

京葉線の千葉みなと、そして稲毛海岸の中間に位置するミハマ・ニューポート・リゾート内にあるラーメン店

「ラーメンばんだい 美浜店」に関する投稿を発見

 

ばんだい、と名乗ってはいるものの、

喜多方ラーメンの坂内とはなんら関係ない同店

普段なら、まず気に留める事のない投稿となるのですが・・・

 

私が目にしたその投稿には

「ばんだいラーメンが青山シャンウェイとコラボ」との一文が

 

青山シャンウェイ・・・?

あの、毛沢東スペアリブや黒チャーハンでお馴染み

外苑前の人気四川料理店 鉄板中華 青山シャンウェイ 孤独のグルメにも登場の予約困難な人気店で頂く、毛沢東スペアリブ&黒チャーハン
セパ交流戦が空け、プロ野球もいよいよ後半戦へ突入 先日、神宮球場にて行われたヤクルトVSジャイアンツ戦を観戦後、同試合を一緒に観戦した友人と近隣で食事&お酒を頂いていくことに
2018-07-28 07:29

この、青山シャンウェイと???

 

んなアホなw

 

とは思いつつも、その投稿に乗せられちゃ写真のラーメンには

確かに、毛沢東スペアリブに使用されているスパイス・・・

と、おぼしきトッピングが大量投入

 

その真偽はともかくとして

私の大好物である毛沢東スペアリブの、あのスパイス

あれをラーメンと共に味わえるのなら、是非とも頂きたい!!

 

そんな中、ちょうど車が不調を来し、ディーラーへと向かう用事も飛び込んできた事から

車の点検予約、その前にミハマ・ニューポート・リゾートへ

 

ショッピングモール内に突如広がる謎の公園を過ぎた先、

ラーメンばんだい 美浜店を訪れてみるものとなりました。

ラーメンばんだい 美浜店が青山シャンウェイとのコラボ!?噂の真偽を確認すべく、ミハマ・ニューポート・リゾートへ

SNSで目にした噂のコラボ?メニュー

その真偽を確かめる・・・いや、味わうべく足を運んだ、ラーメンばんだい 美浜店

 

前述した通り、ミハマ・ニューポート・リゾート内にお店を構える同店

こちらには、とにかく肉の鮮度が図抜けて高いスーパー、ロピアこそあるものの

スーパー銭湯やユニクロなど、普段使いしづらいテナントがやたらと並ぶショッピングモール

 

その為、私もなかなか足を運ぶ機会に恵まれないものの

そんな中に潜む魅力を上げるとすれば、本日訪れた「ラーメンばんだい 美浜店」

こちらのお店が、ラーメン店では珍しく【10:30開店】であることなのです

 

11時開店となるお店は多数あれども、10:30となれば数えるばかり

わずか30分の差ではあるものの、この30分を埋められるお店が少ない以上、これは私にとって大きな強みでもあるのです

 

そんな理由から、忘れた頃に足を運んでいた同店ですが、今回の訪問は実に数年ぶり

久々と言う事でレギュラーメニューから振り返ってみると、

やはり目に付くのは、そのメニューの多様さ

味噌ベースのラーメンだけでも、全16種

醤油ベースの方も全11種と、その品数の豊富さは個人店では真似出来ないレパートリー

 

加えて、お子様ラーメンが提供されるなど、子連れにも優しいお店ながら

平日の昼ともなれば、早くからお酒とツマミを楽しむお父さんが、優雅にタバコを吸っていたりと

どこの客層をターゲットに据えているのか分からない危うさもまた、ちょっとした魅力と言えます

 

あらためてメニューに戻りますが、麺類の豊富さはまだ衰え知らず

先ほどの味噌、醤油に加えて

塩ベースのラーメンも全6種

更には、つけ麺が5種並んでいる他、

3種のチャーハンを筆頭に、レバニラ炒め、野菜炒めなどのご飯セットメニューも常備

 

更には、前述したメニューには記載の無かった、

4種の担々麺に、5種のチーズ入り味噌ラーメン

肉々しさが食欲そそる、ぶたみそなるラーメンも並んでいる上

タンメンをも凌ぐ、たっぷり野菜が盛り付けられた「とろーりスープの野菜醤油」と、町の中華屋さんも驚く麺類の豊富さは唸るばかり

 

ですが、本日の本命は上記したいずれでも無し

そう、こちらが噂の真偽を問うべく目指したメニュー

その名も「やみつきフェア」と名付けられた、限定?メニューとなります

そこには紛れもなく「青山シャンウェイ」

そして「毛沢東スペアリブ」の名前が

 

写真上ではあるものの、確かにこのトッピングとなっているのは

青山シャンウェイが誇る毛沢東スペアリブ、その周囲を纏っている衣というかスパイスと言うべきか

なんにせよ、「アレ」である事は間違いなさそうな様子

 

そんな名物スパイス?を使用したラーメンでありながら、

・味噌

・醤油

・塩

と、これまた選択肢を増やし、決断を惑わせてくる始末

 

当然、この「やみつき~」を頂くのは間違いないにせよ

問題はあのスパイスを、味噌、醤油、塩と、どの組み合わせで頂くのが正解なのか

 

メニューの雰囲気から察するに、お店のイチオシは味噌となる様子

ですが、あの手痛い程にパンチが効き過ぎたスパイスを、強い味わいの味噌で頂くのもいかがなものか

 

かといって塩では、スープがスパイスに負ける事間違い無し

ここは間を取った折衷案、にんにく醤油にて毛沢東を攻略してみようと思います

 

なお、ランチ帯には以下の通り、

様々なセットメニューをバリュープライスにて頂く事が可能

 

値段のお得さから察するには、餃子&半ライスの130円が優秀極まりないのでしょうが

色の付いたご飯に抗えない私は、半チャーハンを共に頂いてみる事に。

毛沢東スペアリブのスパイスがたっぷり投入、やみつきにんにく醤油に半チャーハンセットを食べてみた

青山シャンウェイとのコラボを目的に、久々お店を訪れたラーメンばんだい 美浜店

ですが、あらためてメニューを見直すと、やはり驚かされる品数の豊富さ

 

トッピング等でメニュー数をかさ増しするだけで無く、

担々麺1つとっても、麻辣や黒ごまでテイストを変えてみたり

 

また、醤油ラーメンと一括りにしていながらも

・中華そば

・台湾ラーメン

・にんにく醤油ラーメン

・黒こがしラーメン

・こってり中華そば

など、趣をガラッと変えた品々が並んでみたり

 

これが主力商品の味噌ともなってくると、

・味噌ラーメン

・辛味噌ラーメン

・味噌担々麺

・コク味噌ラーメン

・スタミナラーメン

・チーズ味噌ラーメン

・辛味噌野菜ラーメン

といった様に、原形も残さないメニューまでが並ぶ模様

 

使用しているスープは統一だとしても、

よくぞここまでメニュー数を増やせるものだ・・・

 

と感心する一方、これだけ豊富な品数を

一体何人体制で捌いているのか気になり、厨房の様子を眺めたところ

メインで鍋を振るっているのは男性一人

 

ホールは女性が一人、調理補助といった様子の女性が一人

と、わずか3人体制で運営している、ラーメンばんだい 美浜店

 

多店舗展開しているお店とは言え

全国チェーンの様な大資本でも無いながら、謎過ぎるオペレーションにはさすがに私も感心

 

ですが、その関心を更に確信へと昇華させる事態に

そう、すでに店内は賑わいを見せている昼前ながら、注文から僅か5分

こちら、やみつきにんにく醤油と半チャーハンが早くも到着となったのです

 

器一杯に広がる背脂、そして青山シャンウェイのスパイス

本来なら両者の織りなすコントラストに目を向けるはずなのに

あまりにも早い同品の到着に、他のお客さんと間違えていないか、思わず周りを見渡してしまう程の手早さ

 

しかも、半チャーハンまでもが同時に到着

神の妙技を見ているかの高度なオペレーションに、思わず感激してしまう程で

 

それでは気を取り直し、まずはラーメンから

昔ながら・・・な、雰囲気を漂わせる醤油ラーメン

トッピングにコーンを乗せてくるあたりも風情を感じます

 

しかし、そんなラーメンに対し、一気に産業革命を施すのが、

こちらの毛沢東スペアリブ専用スパイス

揚げニンニク、干しエビ、辛味スパイスなどが一緒くたとなった、あの謎スパイスが丼の半分を占拠

 

相当な刺激とコクを与え、味を一変する事、間違いなし

まずは混ぜ合わせず、ベースのスープのみで頂いてみたいと思います

という訳で、まずは手前側をレンゲで一口

背脂こそ振られていますが、ベースのスープはあっさりした味わい

これといった特徴を感じさせる訳では無いものの、老若男女が納得する、堅い安パイな味わいと言えそうです

 

続いて、共に頂く麺の方ですが、

こちらはスープに比べると、若干個性的

中細でやや平打ちがかった縮れ麺

ツルッとしたのど越しが特徴的で、スープもしっかりすくい上げます

 

同店の主戦力が味噌である事から、そちらに合わせてこの麺を選択しているのでしょうか?

いずれにせよ、スープとは対照的な個性を感じさせる食感となります

 

さて、ここからがいよいよ本番

没個性・・・とまでは言わないものの、特徴を感じづらいスープ

 

ですが、そこに他店とは比較にならない、尖った個性をもたらすのがそう

青山シャンウェイ産「毛沢東スペアリブ」の専用スパイス

 

まずは全体に広げず、スパイス部分のスープを一口そのまま頂いてみると

おぉぉぉぉ

来たぞ、間違いない

確かにこの味わいは、紛れもなく毛沢東スペアリブ(の、スパイス)

 

スペアリブに最大限の旨味と辛味を与えてくれるだけで無く

そのままおつまみにしても良し、チャーハンにトッピングするも良し

なんなら持ち帰り、白米に掛けてでも食べてみたい、あのスパイスそのもの

ガツンとくる複数スパイスの辛味を感じさせつつ

海老の甘みやにんにくのコク、更には香ばしさも加わる、最強スパイスで間違いありません

 

確かにあの味わいは、ラーメンのトッピングにも適しているとは思うものの

スープの味を一変しすぎてしまうが故、そこに拘りを持つお店としては使いづらいアイテム

 

ですが、ここラーメンばんだいのスープは、背脂&にんにくの感はあるものの

前述した通り良くも悪くも、スープそのものがもたらす個性は薄め

スープの持つ個性が弱いからこそ、毛沢東スパイス(?)の旨味を最大限に引き出し、それ自体で味を統一する事に成功しています

 

加えて、背脂の甘みがスパイスの辛味を見事に補助

全体的に甘みが勝るスープがベースとなる事で

スパイスの持つ辛味が、一層際立つことにも一役を買っています

 

これぞ、ラーメンばんだいがもたらす

「文化大革命」・・・と呼ぶにはいささか大げさではあるものの

自らの弱点を逆手に取ったかの様な、見事な着地を決めた一杯

 

これは・・・好きだ

 

そんな毛沢東ラーメン(もう正式名称とか、どうでも良い)のトッピングですが、

こちらはシンプルに、チャーシュー

刻み葱、そしてコーンといった組み合わせ

 

チャーシュー&ネギについては申し分ないものの

このスパイシーな味わいに、コーンが加わるのは味がぼける感を受けました

ここは、そのスパイス感を強く拾えるワンタンをトッピングするのが面白いかも

 

そして、もう一つオーダーしていたのが

こちらの半チャーハン

 

最近、行く店行く店で半チャーハンと名乗りつつも

ほぼ1人前となるフルチャーハンに出くわし爆発しておりましたが

こちら、ラーメンばんだいは、その名の通りの半分サイズ

 

ベストな量に加え、味付けも上々

諸手を挙げて賛美を送る様な品では無いものの

具材の多さ、ご飯の加減、味付け共に隙の無い仕上がりとなります

 

ただ、ここで気付いたのですが

旨味満載の毛沢東スパイス、これは麺だけに留まらず

ご飯と共に頂いても、ご馳走に引き上げてくれるクオリティの品

 

このスパイスを最大限に美味しく頂くのであれば

チャーハンよりむしろ、白米をオーダーしていた方が最適だったのでは

と、このタイミングになって気付く事に

 

次回は、そのポテンシャルを最大限に活かすべく

半チャーハンでは無く、餃子&半ライスを頼もう

と決意を抱き、お店を後にするものとなりました

 

 

噂の真偽を明かすべく訪れた、ラーメンばんだい 美浜店

結果から告げれば、噂通り

惑う事無き、毛沢東スパイスを存分に味わえるラーメンを堪能するものとなりました

 

また、久々の訪問で確認した同店のメニューには

今回頂いた以外にも、一度は食べてみたい品を複数発見

 

とはいえ、毛沢東を諦められる程の勇気も無い

そんな方に耳寄りなのが、スパイスのみのオーダー

 

今回、私が絶賛した「毛沢東スパイス」こと

やみつきスパイスは、180円でトッピングとして注文する事が可能なのです

 

これを用いて、他のラーメンをやみつき仕様に変更するのはもちろん

私が企てた様に、ご飯と共に頂く事だって可能との事

戦略の幅が広がるスパイスの単品オーダー、次回は是非これを試さなければ!!

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

ラーメンばんだい 美浜店

■ らーめんばんだい みはまてん

■ 住所:千葉県千葉市美浜区新港32-6-9 ミハマ・ニューポート・リゾート

■ 営業時間:10:30~翌0:30

■ 定休日:不定休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。