スポンサードリンク

印西牧の原、ビッグホップのイタリアンラーメン「バンカ麺 印西牧の原」 静岡県1位の実力店で頂く、カレーカルボ麺

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

この日は日曜日とあって、久々家族で遠出をすることに

印西にある映画館が、4D対応で「アナと雪の女王2」を見られるとのことから、朝イチでそちらへ

 

エルサ出生の秘密から、様々な小ネタ、謎をたらふく回収し

大満足のまま、次はランチへと向かうことに

 

ただ、私が印西牧の原~千葉ニュータウンにちょくちょく足を運んでいたのは、15年以上前

当時と今とでは、景色もお店も全く異なるほどに、大発展を遂げた同エリア

 

当然、近隣のお店についても全く知識は無く、ひとまずは

「ロピアで買い物をしよう」との展開になり、ビッグホップへ

 

辿り着いたビッグホップにはフードコートが併設されているのですが、これまた余所では見かけない特徴あるお店が多数

中でも、私の食指に響いてきたのが、こちらのお店

「黄金バンカ麺」という、トマトを始めとしたイタリアンな味わいを組み合わせたラーメン店となります

 

初めて目にした同店ですが、店舗先に掲載されている情報によると、

ヤフージャパンの全国ラーメンランキングにて、静岡県の1位に輝いた実力店とのこと

イタリアンを組み合わせたラーメンを提供するお店は少なからずありますが

どこかキワモノ感が抜けないお店が多く、その味わいにも評価が割れる所でして

 

対するこちらのお店は、前述した通り静岡県NO1の称号を得ているとのこと

そんなお店の関東初進出が、ここ印西にあるビッグホップのフードコートとは、これも何かの縁

という訳で、本日のランチは「バンカ麺 印西牧の原」にて頂いてみようと思います。

全国ラーメンランキング、静岡県1位のお店が印西牧の原ビッグホップに初出店 バンカ麺 印西牧の原を初訪問

さて、静岡NO1の称号を掲げた、黄金バンカ麺

気になるメニューの方はというと、

当然、トップに挙がっているのはトマトを使用したラーメン

「黄金バンカ麺」となっております

 

その下に続く品々は、

・カルボ麺

・カレーカルボ麺

・ボンゴレ麺

・ペスカトーレ麺

と、どれも一様に個性的なイタリアンとの創作ラーメン尽くし

 

ただ、その下を見てみると、

何故にか、味噌ラーメン&つけ麺の姿を発見

こちら2品は、イタリアンを苦手とする方向けの回避策でしょうか?

まあ、苦手であれば他のお店を選べば良いようにも思いますが(笑)

 

更に詳しくメニューを見るべく、カウンター前をチェック

麺類については、前述した通りながら、そこはやはりイタリアンテイスト

 

ラーメンと共に頂くサイドメニューには

・リゾめし

・つけパン

と、スープパスタさながらの〆メニューが提供されております

 

加えて、フードコートらしく、

お子様セットとして、

・ラーメン

・チャーハン

の2品も提供とのこと

 

こちらには、おもちゃ&ジュースが付いている上に

ラーメンの方は、先ほどの味噌かと思いきや、まさかの醤油

 

静岡NO1に輝くお店らしい、様々な趣向が見え隠れするメニューとなりますが、やはり頂くのであればイタリアンな品

ただ、イタリアンを前にすると、私には1つの問題点が

 

・・・そう、キノコの存在

このタイプのラーメンは、得てしてキノコを使いがちですが

対する私はといえば、ちょっとしたキノコアレルギー

 

出汁に入っている分には構わないにせよ、食材として丼に盛り付けられたら・・・

どかすのが、面倒だし、残さなければならないしで

 

4品のイタリアンなラーメンが並ぶ、黄金バンカ麺ですが

見た目の雰囲気、スープのジャンルからして、最もキノコと縁遠そうなのがカルボナーラ

しかも、同品に限り、通常のカルボに加え、カレー風味も提供されております

 

看板に掲げているのは「黄金バンカ麺」ながらも

2種のテイストを展開しているカルボナーラこそ、実は隠れた人気メニューに違いない

 

と、勝手ながらに想像を膨らませながら

「カレーカルボ麺」を頂いてみるものとなりました。

トマトやボンゴレなど、イタリアンを融合させた創作ラーメン立ち並ぶ中、カレーカルボ麺を食べてみた

家族三人での訪問ながら、それぞれが思うまま自由に好きなお店を選べる

そんなフードコートの特色を最大限に生かし、訪れてみるものとなったビッグホップ2Fの「黄金バンカ麺」

 

注文を終え、手渡されたブザーを握りしめながらに待つこと10分弱

ついに灯りをともしたブザー片手に、勇み足で受け取ってきた本日のランチがこちら

印西牧の原、ビッグホップのフードコート

「黄金バンカ麺」にて頂くカレーカルボ麺となります

 

元は生クリームを基調とした白なのでしょうが

たっぷりのカレー風味が加わり、見事なまでに黄色く染まったスープ

 

そこに浮かぶのは温泉玉子と、フライドオニオン

具材にはベーコンとほうれん草が見え隠れしております

 

それではまず、スープの方から頂いてみます

カレー風味が加わったカルボナーラではありますが、辛味は無し

たっぷり振られた黒胡椒のスパイス感はあるものの、全面に出てくるのはカルボナーラが強め

ベースとなっているスープ自体の味も、旨味としては伝わってきますが、やはりカルボナーラ味と呼ぶ方が近い気がしますね

 

そんなスープと共に頂く麺ですが、

こちらは平打ちの極太麺が使用されております

食感もワシッとしており、小麦の風味も強め

しかも平打ちとあって、スープを拾うと言うよりも、同時に頂いているかの如く絡んできます

 

見た目的には、かなりの濃厚さを感じるものの、実際の所はそこまでには至らず

カルボナーラ特有のもったりした感じよりも、生クリーム主体の甘めな味わいが強い雰囲気

更にそこへ、カレーの風味も加わりますので、あっさりとは言わないものの、見た目ほどの重さが無いクリーミーな味わいとなっています

 

そして具材の方は、

ベーコンとほうれん草の2種

この辺はラーメンと言うよりもパスタに寄った素材を使用

スープとの相性は文句なしではあるものの、ラーメンテイストは薄まっている様に感じます

 

そして、もう一つの具材となるのが、

こちらの温泉玉子

すでにクリーミーな味わいである故、玉子の必要性はそこまで感じません

ただ、黒胡椒多めな味わいにはなるので、このスパイシーさが苦手な方には、マイルドになって程良いのかも

 

そんな様子で伺いながら、中盤へと進んできたあたりで味変を敢行

カウンター前には、一味唐辛子とタバスコが準備されていたのですが・・・

カレーメインだと思えば一味だろうし、だがカルボナーラだと思えばタバスコだよなあ

 

どちらの辛味がこのスープに合うのか分からず、とりあえずは少量ずつ2種を試してみることに

まずは一味の方を一振り

カレー自体の辛味が控えめなので、このストレートに伝わる辛味こそ正解かも

イメージとしては、カレーラーメンと言うよりも、カレーうどんに近い一味の働きかけですね

 

とは言え、パスタの側面も捨てきれず、

今度はタバスコを投入してみたのですが・・・

辛さこそしっかり強調されるものの、特有の酸味がスープに今ひとつ馴染まず

 

通常のカルボ麺については分からないものの

こちらのカレーカルボに関して言えば、一味の投入がマストな味変と言えそうです。

 

 

といった具合に風変わりなラーメンこと

カレーカルボ麺を頂くものとなった、ビッグホップ・フードコート内の黄金バンカ麺

 

事前に感じた雰囲気通り、パスタ感を全面に押し出したラーメンではありますが

奇をてらった部分は強くなく、素直に味わえる一杯となりました

 

路面店ならともかく、フードコートで頂く品としては、申し分ない味わいですし

ラーメン単体でのボリュームは少なめながらも、前述した通り〆のリゾットorパンをサイドメニューとして頂く事が可能

 

この日は、もう一軒食べてみたいお店があったことから

〆を頂くことなく、ラーメン(?)のみで完結しましたが

残ったスープにご飯を入れて仕上げるリゾットも、間違いなくマストな味わいとなりそうです

 

加えて、本日頂いた品以外にも、

ボンゴレやペスカトーレなど、そのバラエティは豊富

 

近場にあれば、一度は全メニューを食べてみたくなる

そんな趣のある、個性豊かなお店への初訪問となりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

バンカ麺 印西牧の原

■ ばんかめん いんざいまきのはら

■ 住所:千葉県印西市原 1-2 ビックホップ 2F

■ 営業時間:10:00~20:00

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。