スポンサードリンク

創業40年を迎えた千葉の老舗!長州ラーメン万龍軒 富士見店で頂く、自家製太麺の辛味噌ラーメン

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

午前中からジムでのトレーニングを終え、疲労困憊の体を引きずりながらランチへ

 

少し前にTwitter上で、千葉 富士見町に新しいラーメン店が出来たとの情報を聞きつけ、そちらへ向かってみることに・・・

したものの、お店の開店時刻は11:30ながら、時計が示す時刻は11時ちょうど

 

普段なら、30分程度、その辺をフラついて時間を潰すことも考えられたのです

が、この日は18時から友人らと寿司を食べに行く約束をしており、1分1秒でも早くランチを済ませ、晩ご飯への腹ごしらえに掛かりたい所

残念ながら、今から30分を待つ余裕は残されておらず、すぐに入れる別のお店を探すことに

 

気持ちは完全にラーメンへと傾いたものの、ここ富士見町から徒歩圏となるラーメン店で、目的の店にフラれた傷心を癒やしてくれる、11時開店のお店となると・・・

久々に行く、あの店しか無い!!

 

と、踵を返し向かった先は、旧三越方面

C-oneを超え、マックを右折し雑居ビルの階段を2階へ

 

登った先の突き当たりに見えるお店と言えば、そう

創業は今から遡ること40年前の昭和53年

私とほぼ同年に生を受け、そして今なお現役の最前線をひた走る、千葉ラーメン界のレジェンド

そして30年超の付合いとなる、私の離乳食とも言うべきラーメン、長州ラーメン万龍軒 富士見店となります。

スポンサーリンク

創業からついに40年!長州ラーメン万龍軒、久々に訪れた富士見店がリニューアルされていた!

思い起こせば30数年前

当時から、ラーメン店が数多く建ち並んでいた千葉駅界隈にて、唯一今なお私の記憶に鮮明に残る、思い出深き一食

そんな出会いを得たお店が、こちら長州ラーメン万龍軒 富士見店

 

当時、千葉駅界隈で頂くラーメンと言えば、鶏ガラベースのあっさり系醤油ラーメンばかり

時折、味噌ラーメンなんぞを頂く事はあっても、近代ラーメンの様に、ベースの旨味を強く感じる、そんなラーメンは皆無の時代

そんな中、90年代後半の豚骨ラーメンブームよりも10年以上早くより「長州ラーメン」と言う名の九州系豚骨ラーメンを提供していたのが、こちら万龍軒

 

ラーメン=醤油味のアッサリスープな食べ物だと認識していた、幼き時代の私にとって、強烈な香りを放つ本場さながらの濃厚な豚骨の旨味は、最早ラーメンとは別の食べ物

そんな強烈な旨味に出会った事が、今に至るこじれたラーメン好きに至った由縁ともなり、いわば今の私を形成した原点とも言えるのが、この万龍軒となります。

 

ただし、当時万龍軒(富士見店)の厨房に立っていたのは、先代の店主さんとなり、現在こちらの富士見町店の厨房に立つのは息子さん

また、先代店主は現在、新町に支店を開業し、そちらの店頭に立っており、以来私が通うのも新町店がメインとなっております。

千葉の老舗、長州ラーメン万龍軒 半期に一度の原点回帰にスタミナ長州ラーメン
 この日は、昼間より千葉駅で所用があり、そちらをこなしがてらランチへと向かうことに。 裏千葉エリアには、まだまだ行きたいお店、食べたい品々が軒を連ねているのですが、この日のランチ
2018-04-12 07:40

 

近くにコインパーキングが多い新町店の方が、車でお店を訪れやすいこと

対する富士見町店は駐車場が近くに無いこと等がネックとなり、最後にお店を訪れたのは、恐らく6~7年前

だいぶご無沙汰ながら、久々に味を受け継いだ息子さんの作り出す一杯を味わうべく、こちら長州ラーメン万龍軒 富士見店を訪問することに。

 

さて、6、7ぶりでの訪問となった富士見店ですが、お店の前に写真入りメニューが掲載

ザッと見る限り、以前のメニューと比べて大きな違いはなさそうですが、

・ちゃんぽん

・まぜそば

・つけ麺

これらの麺類に加え、

・ミニチャーシュー丼セット

・モツ飯セット

こちらのセットメニューなどは、近年加わった、新たなメニューに思われます。

 

更に下を見ると、

以前は、トッピングなどと言った細かなメニューは無かったものの

(口頭で伝えればリクエストには応えて貰えますが)

上記の通り、各種トッピングも全てメニューとして記載されています

 

どうやらこれらのメニュー、店内での支払方式が券売機制になった為、そちらと同じ並びになる様、掲載が行われているとのこと

衛生面や人手を考慮し、券売機を導入しているラーメン店は増えていますが、こちら万龍軒も時勢に合わせて変化を行っているようです。

 

概ねの注文を決めた所で店内に入ってみると・・・、

なんだこの店!?

メッチャ綺麗で、そして明るい!!

更には、テーブル席が沢山あるし!!!

 

私の知る、長州ラーメン万龍軒 富士見店と言えば、創業当時から変わらないカウンターオンリーの造り

そして店内も、澱んだ(というと言い過ぎw)壁紙に、殺伐とした薄暗さがある種、名物であった筈

 

しかし、6、7年ぶりに訪れた店内には、当時の面影は全く無く、白~木目を基調とした、清潔感ある明るい店内にリニューアル

更には、カウンターオンリーだった店内にはテーブル席も用意され、今風・・・とまでは言わないものの、居心地の良い清潔感あるお店へと進化しているのです。

 

カウンターにも、汚れ等はないし、油によるベト付きも無し

 

卓上調味料まで、綺麗に整頓された店内に驚きを隠せないながら、メニュー上で確認した際

「自家製太麺」の一文が気になった、「辛味噌らー麺」を、チャーシュートッピングにてオーダーすることに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

新町店と同じ長州ラーメンながら、独自の路線を切り開き始めた濃厚豚骨みそラーメン

久々に訪問する間に、つけ麺やまぜそばに加え、セットメニューが増えていた、長州ラーメン万龍軒 富士見店

せっかくであれば、これら新メニューやセットのご飯類を頂きたい所だったのですが、前述した通り、この日は18時に晩ご飯の予約が

それまでに空腹モードを取り戻すには、ランチの量も抑える必要があり、上記ボリュームあるセットメニューを断念した末、辛味噌らー麺をオーダーする事に

 

こちら万龍軒は、幼い頃の私に衝撃をもたらした、濃厚な豚骨スープが名物のお店

その濃厚さは、当時はもちろん、時代の流れによって進化を遂げた近代のラーメンと比較しても、遜色なく渡り合える、色あせない美味さを秘めたラーメンとなります。

ただし、そのスープを支える麺に関しては、良くも悪くも昔ながら感が残っており、どこかチープさを感じる部分が

まあ、それはそれで好きなのですが、スープの進化に伴い、麺も成長を遂げている近代のラーメンと比較すると、どこか弱さを感じる部分が否めません。

 

しかし、先ほどの通りで、こちらの長州ラーメン万龍軒 富士見店にて、本日注文した「辛味噌らー麺」には『自家製太麺を使用』との一文が

要するに、このラーメンに使用されている麺は、前時代的なチープさの無い、近代の香りを感じる麺が使われている様子

麺にこそ難点を感じていた万龍軒、その欠点が補われた麺が使われているとあらば、是非とも味わってみたい!!

 

そんなこんなで待つこと8分、こちらが本日のオーダー

長州ラーメン万龍軒 富士見店の辛味噌らー麺(チャーシュートッピング)となります。

 

辛味を帯びた、濃厚そうなスープ

その上に乗るトッピングには、ネギにメンマ、もやしがたっぷり

ここまでは、懐かしいあのビジュアルと変わらないのですが、良く見るとチャーシューがちょっと違う

こちら長州ラーメンと言えば、脂たっぷり柔らかめがウリなのですが、昨今の流行りでもある、肉肉しい系に変更された様子。

 

ひとまずは、スープの方から頂いてみましょう

ピリッと感じる辛味は、豆板醤、そしてラー油でしょうか

2種の辛味の後に香るのは、芳醇な味噌

 

その後に・・・思ったより豚骨が追いかけてこない

豚骨特有のネットリとした旨味とコラーゲン質は感じられるのですが、そのものの旨味は抑えめとなり、むしろ味噌を強く感じる味わい

コレはコレで万人受けしやすい飲みやすさで、しっかり成立した味噌ラーメンではあるのですが、思い描いていた強い豚骨を感じないのはちょっと残念

以前と比べると・・・・を言い過ぎるのもアレかも知れませんが、息子さんに代替わりして以降、息子さんなりの味を追求、表現し出した様に感じます。

 

そんなスープに絡む麺の方はと言うと、

この通り、ワシッとした食感を感じさせる、しっかり系の太ストレート麺

茹で加減も上々でスープとの絡みも良く、この麺は全然アリ

むしろ、この太麺でデフォの長州ラーメンを食べてみたい・・・そりゃ攻めすぎか(笑)

とは言え、この味噌ラーメンだけでは無く、様々なスープ・味付けで楽しんでみたいと思わせてくれる太麺の登場は、歴史あるお店に新たな1ページを刻んだように感じます。

 

そして、もう一つの大きな変化が、

こちらのチャーシューですね

以前のようなトロっとした柔らかさは感じませんが、良い意味で今風の肉感強いチャーシューに変更

まあこれも、好みの問題と言わざるを得ませんが、本音言うと私的には、以前のチャーシューが好きなだけに、少し残念ではあります。

ただ、現在のニーズを踏まえれば、こういった路線変更も必要ですし、それを柔軟に取り入れるスタイルも大切じゃ無いでしょうか。

 

そんなこんなで、6~7年ぶりの訪問となった、長州ラーメン万龍軒 富士見店

店内の明るさが増した、券売機制になった、テーブル席が増えた、綺麗になった

といった内装のリニューアルだけで無く、ラーメン全体もしっかりと代替わりした、新たなスタイルを感じさせました。

 

40年続く、攻めの豚骨を味わいたければ、先代のいる新町店へ

歴史ある味をブラッシュアップさせた、万人受けする味わいを求めるなら、富士見店へ

そして富士見店では、新町店には無いバラエティ豊富なセットメニューも味わうことが可能

 

といった棲み分けが確立され、先代とは異なる、新たな長州ラーメン万龍軒への進化を感じさせて貰いました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

長州ラーメン万龍軒 富士見店

■ちょうしゅうらーめん まんりゅうけん ふじみてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-4-13 大昌ビル2階

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~22:00[土・日・祝]11:00~21:00

■ 定休日:なし

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。