スポンサードリンク

富士見町のラーメン店「麺屋 ぜろや」が都賀にもオープン!新メニュー豚ざるラーメンを食べてみた

LINEで送る
Pocket

寝起きからどうも、「豚骨スープ」が食べたい欲求に駆られた、先日の月曜日

これが平日なら、選択肢の数も多数あるものの、月曜日に開店している「豚骨ラーメン」のお店について、近場で記憶を辿るも思い当たる節は無し

※ 私の家の近所のラーメン店は、どこも月曜休みばかりなのです

 

突如訪れた、豚骨を欲する欲求をどう埋めるべきか

Googleを頼りに情報を収集し進めると、千葉駅から徒歩数分、みゆき通りにお店を構えるラーメン店「豚骨ラーメン ぜろや」が、都賀にも支店を出したという情報を思い出したのです

 

ただ、千葉駅近くの「ぜろや」には何回か訪問しているものの、あそこのイメージはラーメンよりむしろ、台湾飯…

千葉,グルメ,JR千葉駅,とんこつラーメンぜろや,ラーメン,ランチ
千葉駅から徒歩3分のラーメン店、ぜろや ラーメンよりもお勧めなのは・・ご飯?
千葉駅から栄町へ向かうみゆき通り。 (キャバクラやガールズバーなど、若干怪しげなお店の多い通りのことです) こちらを川にぶつかる少し手前まで進んだ左手に、2件並ぶラーメ
2016-06-17 17:03

 

とは言え、他店の情報を探した所で月曜営業のお店が少ない事実には変わりなく、この際なら一度くらい訪問してみよう

という訳で、自宅から車で数分、JR都賀駅から四街道方面に向かう線路沿い

 

以前は焼鳥店があった(確か..)お店の跡地に、今年オープンしたばかりの新店

「麺屋 ぜろや 都賀店」に初訪問してみるものとなりました。

スポンサーリンク

千葉 富士見町みゆき通りのラーメン店「ぜろや」が今年の5月、都賀にもオープン!

事前に調べた情報で、お店の前に二台分の駐車場を備えているという、都賀のぜろや

確かに駐車スペースは2台分あるものの、一台は軽自動車しか停めることの出来ないスペースとなっております。

 

加えて、同店は踏切から数十m手前に位置しており、車の往来はかなり多い道路沿い

更には、通りのカーブ沿いに位置していることから、とにかく車の出し入れがしづらくなっているので、これは注意が必要な作りですね。

 

この狭小スペースに、なんとか車を潜らせつつ店内へ

前述した通り、以前は焼鳥店があったテナントをそのまま利用しているのか、

ラーメン店としてはらしくない、テーブル席の多い内装となっております。

 

この日の訪問時刻は、開店直後と思われる11:30を少し回った所ですが、先客は無し

入店と同時に声を掛けて頂いた女性のスタッフさん(店主さんの奥様?)に、

「お好きな席へどうぞ」

とは言われたものの、いくらテーブル席が多いとは言え、独り身で占拠するのは心苦しく、カウンターへ。

 

ひとまずメニューに目を向けてみると、まずTOPに名乗りを上げるのは

 

豚骨ラーメン・・・ではなく、まぜそば(ここでの表記は、油そばでしたが)

確か、みゆき通りのぜろやも、毎月0の付く日に、まぜそばをワンコインで提供するイベントを開催していましたが、

0の付く日は500円! 富士見町ぜろやで、サービスメニューの油そばを食べてみた
先日、2018年の恵方巻について情報収集すべく、ランチ後に千葉駅界隈をフラフラと徘徊・・・散歩していた時のこと。 ふと足下を見ると・・・ 富士見町のみゆき通りにて、こん
2018-02-03 07:55

その流れを継承しているのか、こちらの店舗でも「油そば」が筆頭メニューとされている様です

 

一般的に馴染み深い醤油ダレ、数年前から関東でも主流となってきた、台湾まぜそば

そして・・・「油そば塩」というのは、他店ではなかなか見ない、珍しい一品

 

油そばだというのに、塩だれをベースとしているのでしょうか?

これはどんなものか気になる所・・・ですが、今日の目的はあくまで、豚骨スープ

筆頭メニューとして掲げられながらも恐縮ですが、油そばはまたの機会に先送りし、メニューをめくると

お次に出てきたのは、豚骨とは真逆を走る、あっさり醤油ラーメン

更に、その下のスペースを埋めてきたのは、まさかの魚介つけ麺

その下に至っては、サイドメニューとなる台湾飯にネギチャーシュー丼と来ており、豚骨の姿は未だ確認出来ず

 

ここから更に先、三枚目のページに豚骨があるのか?

とページをめくってみると、

今度はまさかの、夏季限定メニュー

定番風の装いをした冷し中華に、関東ではまだ馴染み浅い、ざるラーメン

 

あれ・・・こちらのお店、ぜろやなのに、豚骨は無いのでしょうか・・・?

ぜろや・・・確か、みゆき通りのお店の正式名称は「豚骨ラーメン ぜろや」

対し、ここ都賀のお店の正式名称は「麺屋 ぜろや」

 

確かに冠から「豚骨ラーメン」の一文は外れている

いやむしろ、豚骨ラーメンではなく、油そばをメインにしている事からの「麺屋」表記ということでしょうか?

 

豚骨を目当てに訪問しただけに、これは手痛い仕打ち・・・いや、事前に店名の違いに気付けなかった自分が悪いw

かといって、目的にしていた豚骨ラーメンが存在すらないとなると、なにを頼むかこれも悩む所・・・

 

そういえば、ホールのスタッフさんが

「夏季限定メニュー、新しく始めましたので良かったらどうぞ」

とお勧めしていたことを思い出し、同メニューから「豚ざるラーメン」をオーダーしつつ、ぜろやの定番となる台湾飯も合わせてみることに。

スポンサーリンク

夏限定メニュー豚ざるラーメンと共に、ぜろやの看板メニュー「台湾飯」も食べてみた

注文を終え、暇を持て余した所で店内に目を向けてみると、やたらと焼酎のボトルが陳列されていることに気付きます

どうやらこちらのお店、夜は居酒屋感覚で利用するお客さんが多く、またそれに合わせたメニューも多数提供されている模様

スポンサーリンク

 

立地や元のお店(かつては焼鳥店だった)ことを考えると、確かに飲み目的で利用したくなるお店かも

都賀も駅前までいけば居酒屋等はいくつかあるものの、駅から徒歩7~8分となるこの界隈に飲めるお店は少ない上、近隣には

・かじろうramen7

・結いまーる

などのラーメン店もあるわけだから、それらとの差別化を図る意味でも、アルコール類に合わせたメニュー増加に力を注ぐのは、差別化とも言えそうな

 

・・・・あ。

結いまーるもかじろうも、豚骨じゃんw

 

まあ、今更仕方ない

今日は豚骨が食べたかったのではなく、ざるラーメンが食べたかったんだ

と、自分に言い聞かせ、今の現状を楽しむモードへシフト

 

注文から待つこと10分弱、まず先に配膳されたのは

こちらの「豚ざるラーメン」となります。

関東では、夏の定番と言えば冷し中華ですが、東北では冷し中華同様に「ざるラーメン(ざる中華)」が定番なんだとか

 

東北のざる中華に倣った、のかどうかは定かじゃありませんが、茹でた麺を水で締め、

トッピングには、長ネギと海苔、そして豚しゃぶ

組み合わせとしては、確かにざる中華の様でもあり、港屋系の肉そばの様でもあります

麺は中細のやや縮れで、漬け汁との相性は良さそうですね。

 

そして、これを浸けて頂く漬け汁ですが、

こちらは鰹出汁がベースとなっており、タップリのラー油で辛味を追加

ここ、ぜろや都賀店で提供している「あっさり醤油ラーメン」には、鰹出汁がベースになっているとの説明があったので、そちらのスープを流用しているのかも知れませんね。

そして、漬け汁の上に浮かぶのは、胡麻に卵の黄身となっており、やはり私の好きな「港屋系肉そば」を彷彿とさせます

 

食べ方としては、当然、

麺とネギ、海苔、豚しゃぶを一斉に鷲掴み、漬け汁の中へIN

それをラー油の辛味でむせないよう注意を払いながら、勢いよく啜る訳です・・・が

 

前半はやはり、ラー油が強く感じられなかなかの辛さが伝わってきます

ただ、ここに黄身を混ぜ合わせる事で辛味はマイルドになり、また後半へ進むにつれ、ラー油感は薄まり、鰹出汁が前面に押し上がってきます

この鰹出汁が、ラーメンの漬け汁とは思えない(良い意味でw)品の良さとなっており、あっさりしながらも奥深い味わいです

 

ただ全体的に、後半に進むと味が大人しくなるので、もう1つなにかしらの味変を加えられたら面白くなりそうですね

シンプルなだけに食べ飽きない美味しさですが、それで居ながら、夏の暑さを忘れられる清涼感も味わえる上、この近所のお店では提供されていないメニューでもあるのも(周囲はガッツリ&濃厚系ばかり)、こちらの強みとなりそうです

ただ、良くも悪くも「豚骨ラーメン ぜろや」のイメージが先行してしまうため、同店とは一線を画した品を提供している事をアピールする事も必要に感じました。

 

そしてもう一品のサイドメニューですが、

こちらは、富士見町の「豚骨ラーメン ぜろや」でもお馴染み、台湾飯となります

ご飯の上に、辛味タップリの挽き肉、ネギ、卵の黄身

・・・・先ほどの豚ざるラーメンと良く似た組み合わせですね(笑)

 

早速頂いてみたのですが、まず挽き肉の味付け、辛味が、富士見町のお店に比べて薄く感じます

地域柄を考えて、敢えて辛味抑えめの薄味にしているのかも知れませんが、これだと「台湾」を感じない程に、辛さも濃さも弱め

 

加えて、丼の大きさの割にご飯の量が少なく、わずか4口で食べ終えてしまいました

メニューの写真と比較しても、丼サイズは同等ながら、丼に対するご飯の量はだいぶ少なくなっており、これで350円だと思うと、ちょっとやるせなく感じます

ただ、今の味付けでご飯だけ増えてしまっても、今以上に挽き肉の味付け&辛味を薄く感じてしまいますので、こちらの台湾飯については、是非とも改良して欲しく感じます。

 

といった具合に、初訪問となった「麺屋 ぜろや 都賀店」

ですが、当初抱いていた「豚骨ラーメン ぜろや」の新店といった立ち位置ではない、「麺屋 ぜろや」らしさを味わえるお店となっておりました

それ故に、まだブラッシュアップ出来る部分が多く見つかりそうですが、それらが改善できれば、新たな良店ともなりそうです。

今回食べられなかった「油そば 塩」も気になる所なので、次はそちらを食べてみたいですね。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

 麺屋 ぜろや 都賀店

■めんやぜろや つがてん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区都賀5-25-5

■ 営業時間:11:30~23:00

■ 定休日:不明

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。