孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

八街 激うまラーメン祭りが八街駅すぐけやきの森公園にて開催 県外の人気店が集結のイベントへ初日訪問

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

新型コロナの影響で、様々なイベントが中止となり早2年

今年になってようやく、以前のように少しずつイベントが開催されるようになってきた中

 

この9月、2週にわたる3連休を活用し

八街市にて「八街 激うまラーメン祭り」なるイベントが開催されるとのこと

 

会場となるのは、JR八街駅から徒歩5分ほどとなる

けやきの森公園という所の特設会場

 

私自身、普段はあまり八街に足を運ぶ事が無く

同会場がどの様な場所で、どの程度の規模なのかも全く予想は付かず

 

ただ、こちらのイベントは1陣2陣と2週に渡って開催され

それぞれ、普段では足を運べない県外の名店が出店されるとのこと

 

特に第一陣では、以前より足を運んでみたかった

豊島区東長崎の名店、カネキッチンヌードルらが出店とのこと

 

幸いにも、家族が出払っているこの3連休

仕事はまだまだ残っておりますが、こちらのイベントへ足を運ぶ事だって仕事の1つ

 

と、自分に言い聞かせながら

SNS等でも日頃より親しくしている「よしぞうさん」と共に

こちら、八街市にあるけやきの森公園にて開催となります

「八街 激うまラーメン祭り」の第一陣へ足を運んでみるものとなったのです。

JR八街駅から徒歩5分、けやきの森公園にて「八街 激うまラーメン祭り」が開催 第一陣の初日を訪問

という訳で、足を運んでみるものとなった

八街 激うまラーメン祭りの第一陣

 

こちらのイベント会場には駐車場が無いとのことで

近隣のパーキング利用、もしくは公共の交通手段を使っての訪問が推奨とのこと

 

ただ、同会場のある駅南口とは反対側

北口側にはコインパーキングがいくつもある他

 

同駅から徒歩3分ほどにあります八街市役所

こちらの駐車場が土日祝日には無料開放、との情報をよしぞうさんが事前に調べてくれまして

 

 

そちらを頼りにしながら車を市役所に停車

駅の反対側より歩いて10分程にて、会場へ到着するものとなりました

 

 

さて、第1&2陣と2週にわたるこちらのイベント

今回私が足を運んだ第1陣には、全8軒のお店が出店とのこと

 

掲載順に店舗を紹介しますと

・ど・みそ(東京 京橋)

・ラーメン神豚(神奈川 横須賀市)

・気むずかし家×肉玉そば越智 (長野×八街)

・頑者(埼玉 川越)

・カネキッチンヌードル(東京 東長崎)

・鬼そば藤谷(東京 渋谷)

・らあめん元(東京 板橋)

・若武者(福島 二本松)

以上の8店が出店するものとなります

 

いずれも当然、1度は頂いてみたい品揃いになるのですが

このうち、鬼そば藤谷と

ど・みそについては過去に訪問済みで

参照:渋谷センター街のオニソバフジヤ プレミアム 豪華伊勢海老味噌らぁ麺 ⇒

 

また、ラーメン神豚については

お店には足を運んでおらずも、近所の自販機で購入経験あり

 

残るお店については甲乙付けがたい所となる中

今回、一番食べてみたかったのは東長崎のカネキッチンヌードル

まずはこちらに足を運びながら

その後の体調次第で、2杯目のエントリーを如何にするか検討することに

 

 

という訳で、まず一軒目にカネキッチンヌードルを選定

こちらのイベントで購入するラーメンは全店共通の食券になっており

先にこちらの券売機にて900円の券を購入スタイルになっております

 

ラーメンに関しては全店共通となりますが

それ以外に、各店舗ごとで追加トッピングも可能

トッピングの内容、価格は店舗ごとで異なるものとなり

本日の一軒目となる「カネキッチンヌードル」では、上記2品が追加可能となっております

 

なお、こちらのトッピングは全て現金での手渡し

ただ本日は、他のお店も食べてみたい事から、まずはトッピング無しにてオーダー

 

列に着ける事15分ほど、

八街 激うまラーメン祭り 第一陣にて頂く、まず1杯目はこちら

カネキッチンヌードルの

「地鶏と鴨ロースの醤油そば」になります

 

全粒粉入りとなるストレート麺に鴨が3枚

鶏ベースとなる醤油スープも綺麗な輝きを放つ一杯となります

 

それではまず、麺の方から頂きますが

全粒粉入りとなる見た目の通り

パツッとした歯ごたえが心地良いこちらの麺

 

使用しているのは鴨の脂でしょうか

見た目以上にアツアツとなるスープの熱を閉じ込め、麺と共に熱が駆け上がってきます

 

スープの方は鶏出汁を潤沢に感じるものとなっており

気品のある旨みが程よく麺に絡む仕様

 

イベントとなるためレンゲが無い事から

スープはダイレクトに頂くものとなりますが、この熱さにはちょっと注意が必要ですね

 

続いて頂くのはトッピング

もちろん、こちらの鴨ローストになります

 

厨房設備が限られるイベント会場ながら

こちらの鴨ローストは、提供のタイミングごとに焼いているのか

 

いずれにせよ、スープとはまた異なる熱を感じるものとなり

加えて、薫香のような芳ばしさをも感じさせてくれます

 

鶏出汁をふんだんに感じるスープとも相性良く

ガッシリした食感の奥から湧き上がる、鴨の旨みを存分に味わえます

 

そんな鴨が強く主張している事もあってか

その他のトッピングはメインを引き立てるかの如く控えめ

食感と甘み良好なこちらの太メンマ

更には青ネギとシンプルな面々ですが、それで十分な充実ぶり

 

通常の店舗で頂く品と思えば、ボリュームは抑えめ

且つトッピング各品も控え気味にはなります

 

が、連食を前提としたイベント用のラーメンとしては

十分過ぎる美味しさを味わう、そんな1杯目となりました。

八街 激うまラーメン祭りで都内の名店「カネキッチンヌードル」に「らあめん元」らを食べ比べ

本日のイベント、1杯目に頂くものとなったカネキッチンヌードル

こちらを完食した所で、続く2杯目のお店を吟味する事に

 

ちなみに、店舗ごとの行列度合いはまちまちな上に

時間帯によっても列の長さは変化しておりまして

 

また、店舗の列こそ長いながらも

イベント慣れしているお店は提供も早く、その列以上に超スピードで回転していることも

 

本日の一軒目である「カネキッチンヌードル」について

私が並んだ時点では最も長い列となっていました

 

が、それでも待ち時間は15分ほどとなっており

イベント慣れした手際の良さが伝わってきます

 

さて、続く2杯目を吟味するものとなりますが

まずはこちら、

地元八街にお店を構える「肉玉そば越智」と

長野のお店「気むずかし家」のコラボとなる八街タンメン

 

更には、埼玉は川越が誇る

濃厚つけ麺の人気店「頑者」ですが

本日は魚介豚骨ラーメンの提供になるとの事

 

そして、こちらは初めて目にするお店となりますが

福島の二本松市にあります

「麺処 若武者」というお店で、鶏白湯が頂けるとの事

 

いずれも甲乙付けがたい、

ラーメンフェスらしい品々が提供されますが

 

やはり連食となる以上、少しでも重たさを軽減したい事から

本日の2杯目にセレクトしたのはこちら

東京は板橋にある「らあめん元(はじめ)」になります

 

私が2杯目に向かった時間では

もっとも長い列を付けていた、こちらのらあめん元

 

それでも、列に並ぶ事20分弱で列の先頭に到達

行列ほどの待ち時間にはならずで、

こちらも店頭にてトッピングを追加可能

味玉に鶏つみれらが頂ける他、特製トッピングも用意されております

 

が、すでに2杯目となりますので

ここもトッピングは加えず、デフォの状態で注文

こちらが、らあめん元にて頂く

「琥珀煮干し塩麺」となります

 

先ほどの金色に輝く鶏スープとは相反し

こちらは煮干しの香り漂う塩ラーメン

 

背脂も少量ながらトッピングされている他

低温調理のチャーシューも美味しそうな色合いを見せてくれます

 

同じくこちらも、まず麺から頂きますが

1杯目と同様、ストレート麺になりますが

食感は柔らか目の茹で加減で、ムチッとした歯ごたえを感じます

 

そこに絡むスープの方は、薫り通りの煮干しが優しく届き

淡麗ながらに優しい旨みを届けてくれます

 

加わる背脂も甘みを増すものとなっており

優しい味わいにはなりますが、過不足を感じる事無いバランス

 

そんな中で頂くトッピングの方ですが、

まずはこちらの鶏つみれ

ふっくらした食感で良好な仕上がり

 

そしてメンマですが、

こちらは私の好きな穂先メンマ

柔らか目の食感ながら、心地良い甘みを感じさせてくれます

 

そして、綺麗な色味を残しております

こちらの低温調理となるチャーシュー

 

サイズ感はしっかり目ですが、低温らしい柔らかさ

脂の甘みもしっかりと広がっており、これも満足の味わいに

 

お値段900円ながら、トッピングも充実しており

なによりスープのバランス良い味わいが好みの一杯でして

 

最初に頂いた、カネキッチンヌードルにも満足したものの

連食ながらにスルッと頂ける優しい風合いを、しっかり楽しませて頂きました。

 

 

といった次第で、3連休の初日

晴天に恵まれながらの開催となった、八街 激うまラーメン祭り

 

千葉ではそう目にする事無いイベントという事で

連休の初日から足を運び、しっかり楽しませて頂くものとなりました

 

今回は第1陣での訪問となるので、

カネキッチンヌードル、そしてらあめん元の2品を連食

 

いずれも満足いく品となりましたが

一方、来週23日からの3連休では第2陣も開催

 

こちらもまた別のお店が出店となり

第1陣同様に楽しみなイベントになりそうな予感

 

なお、9月とは言えまだまだ残暑も厳しく

待ち時間の間は、かなりの暑さになる事が予想されます

 

最大でも20分ほどの待ち時間にはなりますが

お店の前に並ぶ際は、日差しを遮るものが無いのが難点でして

 

しっかり暑さ対策を施して足を運ぶ事はもちろん

公演での開催故に、蚊が多いのも注意点となりまして(私は6箇所刺されました)

 

なお、飲食スペースについてはテントとなるので屋根もある他

立ち食いによるイートインだけでなく、椅子付きのテーブル席も用意されております

 

お子さん連れで訪問しているファミリー層も多く見かけられ

残る3連休(台風がちょっと心配ですが)に次週の第2陣と、ぜひ楽しんで欲しいイベントでした。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

八街 激うまラーメン祭り(けやきの森公園)

■ やちまたげきうまらーめんまつり

■ 住所:千葉県八街市ほ239−62

■ 営業時間:10:30~20:00

■ 開催日程:9/17~19(第1陣) 9/23~25(第2陣)

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。