スポンサードリンク

そごう千葉店にて、第70回記念 秋の九州物産展がスタート! 福岡の名店、博多一双の「一双スペシャル」&沖縄そばダイニング川の三種盛りそばを一挙連食してみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

午前中から2年に1度の定期検診

「大腸胃カメラ」を控えており、前日は消化の良いものしか食べられず

(しかも、夜20時過ぎから絶食)

 

そして当日も、朝ごはんはもちろん、昼ご飯も検診が終わるまではNG

午前中から病院に籠もりっぱなしのまま、ようやく検診が終わったのは、夕方17時前

 

前日の昼、夜も軽めな上に、この日に至っては、ここまで口にしているのは

・水

・下剤

・飴ちゃん(検診が終わった人のみどうぞ、と病院より頂きました)

以上!!

 

二年に一度とは言え、近年稀に見る空腹を抱えながら、病院を出発

向かった先は、すぐお向かいにある「そごう千葉店」

 

そう、この日の前日より「秋の九州物産展」がスタートしているのです

しかも今回は、70回記念という事で、過去最長の19日間開催

出店するお店もパート1~パート3まで、1週間毎に様々な九州のグルメが一一同に集結するとのこと

 

ただ、開催期間そのものは長いものの、各店舗の出店期間は1週間程

狙いを定めたお店に関しては、急ぎ向かわなければ地元に帰られてしまうことから、私もまた急ぎ足でそごう千葉店6Fへ

(絶食が続いており、お腹がよじれる程に空いていただけでもあります)

 

イベントフロアとなる6Fには、

ぶどうのパフェや、フルーツサンド

あまおうを使ったスイーツなどなど

 

更に、鹿児島からは

この時期にはお馴染みの白熊が登場

これまた、空腹に響きそうなはちみつレモンたっぷりの一品

 

どれも今の空腹なら受け止められる自信があるものの、やはりここはガッツリご飯

という訳で、催場奥にあるイートインエリアを目指すことに。

そごう千葉店にて秋の九州物産展がスタート 第70回記念は過去最長、19日間の開催に!!

9/5から始まり、9/23(月曜日)まで、19日間に渡るロングランがスタートした、そごう千葉店の

「第70回記念 秋の九州物産展」

 

今回は長丁場である事から、出店も従来の前後半では無く、3部制にて開催

現在開催中のパート1は9/5~11(水曜)までの一週間

 

その間に出店しているイートイン、まず一軒目となるのがこちら

福岡の有名ラーメン店、博多一双となります

 

私もこれまで、何度と福岡には足を運んでいるものの、実はここ「博多一双」は未訪問のお店

同店のご主人が修行した先となる「博多一幸舎」には訪問しており、同店のスープに感激した身としては、こちら博多一双のラーメンもまた、必然的に期待出来る一杯となります

 

さて、そんな博多一双で頂けるメニューはと言うと、

レギュラーメニューとなるラーメンを軸に、トッピングの有無で全4品

また、イートインながらも博多のお店らしく、替え玉も提供されております

 

現状の空腹度合いを考えると、全トッピング乗せとなる

「博多一双スペシャル」から始まり、替え玉1つ・・・いや、2つも行けそうな勢い

 

ただ、前述した通り今回のイベント開催期間が変則的となる事から

各店舗あたりの出店期間は短く、現在出店中のお店を訪れるチャンスは、そう多くありません

となれば、ここ博多一双だけで終わらせず、2軒目までハシゴすることを考えると・・・

 

やはりトッピングだけは譲れず

「博多一双スペシャル(いわゆる全部乗せ)」をオーダーする事に

 

テーブルに付き、食券を手渡すと、何やら新しいサービスが始まっている模様

そごう、西武系デパートの公式アプリとのことですが

イートインコーナーに複数回、足を運ぶ事でプレゼントが貰える、スタンプラリーとのこと

 

ただ、貰える商品となるのは「太平燕」の即席麺

うーん、要するにスープの付いた春雨だもんなあ

そこまで頑張る程かというと、悩む所です

(どうせパート2、パート3と足を運ぶだろうけどw)

 

そんなアプリの説明書を読む事5分

細麺の博多豚骨らしく、手早く提供された本日のランチ?

・・・いや晩ご飯??まあ、イイや

 

本日の一食目となるのがこちら、

福岡が誇る名店、博多一双の「博多一双スペシャル」となります

 

丼の半分を埋め尽くす、たっぷりのチャーシュー

トッピングにはキクラゲ、海苔、青ネギ、更には味玉

辛子高菜に関して、お店で頂く際には卓上より乗せ放題ながら、こちらはイートインという事で、最初から盛り付けられた状態にて提供となりました

 

約20時間ぶりの食事となる為、はやる気持ちを抑えつつも、まずはスープへ

こちら「博多一双」については未訪問ながら、「博多一幸舎」出身ということで、泡系豚骨になるもの・・・

と勝手に推測していたのですが、吹き上がる香りこそド豚骨ながら、その見た目はわりとアッサリ風

 

まあ、アッサリと言っても豚骨界隈で見比べた際のアッサリというだけで、しっかりとした豚骨の旨味は中心に据えられております

クリーミーな豚骨の味わいながらもクドさが無く、香り立つ程のしつこさも無し

しっかりした美味しさではありながら、私が想像していたよりも大人しめだけに、物産展用にチューニングされているのかも知れません

 

本店の味を知らないだけに、判断が難しい所ですが、これはこれで好きな風合いの豚骨

そんなスープと頂く麺の方は、

こちらもイートインだけに、特に指定は出来なかったものの、固めの茹で加減となる細麺にて提供

一般的な博多豚骨系よりは、気持ち太くも感じますが、濃厚なスープとのバランスは最高な組み合わせ

 

そこに浮かぶトッピングですが、

キクラゲに青ネギ、そして辛子高菜

関東にある豚骨系のお店でも、高菜こそ提供されはするものの、辛子高菜では無いのが個人的には寂しい部分でして

対する、本場博多のお店では、しっかりした辛みを帯びた高菜が提供されるのも、私的には好みな要素

 

ただ、イートインだけに、同高菜が「スペシャル」を頼まないと盛り付けられないこと

加えて、卓上調味料が一切置かれていないのも、仕方ない事でありますが、一抹の寂しさを感じます

 

そして、目を惹くトッピングとなるのが、

こちらのチャーシュー

博多系のお店らしく、薄切りで提供されているものの、枚数は5~6枚とたっぷり

一枚ずつシミジミ味わうのも乙ですが、二枚重ねで豪快にも食べられてしまう、この選択肢の幅が広いことも楽しみ方の1つですね

 

そして、麺を半分程食べきったところで、味変に突入

普段なら替え玉後の味変に取っておく高菜ですが、

今日はもう一軒、ハシゴしたいお店がある事から、替え玉を諦め、この時点で味変へ

高菜の辛みが全体に行き渡り、旨辛な豚骨へとステップアップ

 

トッピングの最後を飾るのは、

こちらの味玉

プリンとした白身ながら、その弾力は相当なもの

トロンと仕上がった黄身をスープと共に頂き、豚骨の旨味を最後の瞬間まで堪能します

 

そして、この後が控えていると頭では分っているものの

条件反射的に、身体の方は留まることが出来ず、

結果的に、最後はスープの一滴までしっかり完飲

替え玉こそ我慢出来たものの、完飲だけは踏みとどまることが出来ない、それ程にも極上な一杯となりました。

第1弾のイートインには、博多一双 そして沖縄そばダイニング川の両店が出店中!もちろん両者を連食

そんな感じで、一軒目をしっかり完食した、そごう千葉店の九州物産展

 

先に訪問した「博多一双」に関して、想像していたよりもアッサリ目であった訳ですが

これが物産展向けのチューニングなのか否か、その真偽は分らないものの

いずれにせよ美味しく頂けた以上、次はぜひ本場福岡で巡り会いたい

 

そんな気持ちを昂ぶらせながら、次に向かった先は、すぐお隣

先ほどの「博多一双」と、パネル一枚挟んだ隣に出展している

「沖縄そばダイニング 川(せん)」というお店になります

 

その店名通り、沖縄発の沖縄そばを提供するお店

先ほどの「博多一双」とは異なり、事前情報が無く調べて見た所、各所の物産展へ頻繁に出展しているお店に見受けられます

 

ここ千葉駅界隈でも、沖縄そばを食べられるお店はあるものの、

正直言って、印象の良いお店は・・・な状況

 

かといって、本場沖縄のお店だからと、すこぶる差があるかと言われれば

これもまたぶっちゃけ、大差を感じるお店はごく僅か

なのですが、まあ20時間の絶食明けに頂くご飯、という訳でハシゴさせて頂くものとなりました。

 

 

さて、こちら「沖縄そばダイニング 川」のメニューはと言うと、

メインに掲げられているのは、ソーキそば

 

その他に、

・三枚肉そば

・島豆腐そば

とあり、これら3品のトッピングを全て載せたものが

 

・3種盛りそば

といった内訳になっております

 

この他に、サイドメニューとして

・じゅーしぃー(炊き込みご飯)

も提供されていたり、お土産用の沖縄そばも販売されていたりと

 

つい2分前に、ラーメン一杯を完食しただけに、トッピングの内訳には悩むものとなります

が、せっかくなら・・・とメニューでも伝えている以上、これを裏切ることは出来ず

ここでもまた、調子に乗って「3種盛りそば」を頂いてみる事に。

 

 

店内に入ると、こちらのお店には卓上調味料を発見

沖縄と言えば、の島唐辛子

こーれーぐーすに紅生姜、更には七味唐辛子も用意されております

 

こーれーぐーす好きとしては、これらを揃えてくれているのは嬉しいサービス

あっさり鰹出汁(←食べる前から、勝手に決めつけてます)を味変するイメージを膨らませながら、待つこと7分程

本日の二食目、沖縄そばダイニング 川で頂く

「3種盛りそば」の到着となりました

 

お皿一面に浮かぶ、

・ソーキ

・三枚肉

・島豆腐

と、豪華なトッピング

小口ネギもたっぷり広がり、アッサリした風合いのスープを彩っております

 

それではまず、そんなスープの方から頂いてみましょう

こちらのスープは、予想を裏切ることない、イメージ通り

アッサリした鰹の出汁を感じる、優しい味わい

直前に頂いた品が品だけに、拍車を掛けてアッサリした品の良い味わいに感じます

 

ただこちらのお店、調べた情報によると、沖縄にある本店では鰹出汁の他に

・ゆずかつお

・わさびかつお

・とんこつ

・にんにくとんこつ

と、アッサリだけに傾倒せず、濃厚な味わいのスープまで、多様に富んだ品を提供しているとの事

 

さすがにフードコートで、5種のスープを使い分け、提供する事は難しいでしょうが

この情報を知ってしまった以上、次の沖縄訪問時には、ぜひ本店のスープを食べ比べたい所でもあります。

 

 

続いては、麺に・・・と、行きたいものの

トッピングがモリモリすぎて、麺には辿り着けず

 

先に数品、トッピングの方から頂いてみます

まずはこちら、三枚肉

下味の具合、柔らかさ、素材の美味しさ共にまずまずのお肉

スープがアッサリだけに、脂質の美味しさが光りますね

 

そしてもう一方の豚肉となるのが、

こちらのソーキ

甘めの下味で仕込まれており、ホロホロの柔らかさ

肉らしい食感と旨味ある三枚肉とは異なる味わいで、食べ応えも申し分なし

 

両トッピングを少しずつ頂いた所で、ようやく姿の確認が出来たのが、

こちら、沖縄そば

太めの縮れ麺で食感はモチモチ、やや平打ち気味なのも特徴的な麺を使用してます

 

ちなみに、沖縄にある同店では、スープだけで無く麺についても、

・細麺

・丸麺

・ちぢれ麺

と、3種類の麺を選ぶことが出来るんだとか

 

5種類のスープに、3種の麺・・・

これらの組み合わせだけで15パターンも選べる上、トッピングも様々あるとの事

これはやはり、次回の沖縄訪問時には外せないお店となりそうです

 

そして、本そばもう一つのトッピングとなるのが、

こちらの島豆腐

見た目的には、普段口にする豆腐と差がないものの、製法の違いもあり、大豆の味が濃いのが特徴

ほんのりとした塩味も感じられるので、アッサリしたそばの中でも良い役割を果たしています

 

とは言え、やはり私にはアッサリし過ぎてしまい、後半に入ると物足りなさを感じる部分も

となれば、ここで追加するのが卓上調味料

 

まずは、こーれーぐーすー、そして紅生姜も加え、

残り半分はこんな具合に、ジワッとくる辛さと、紅生姜の酸味をトッピング

上品だった味わいに、ほのかなジャンクさを加えてフィニッシュを迎えるものとなりました。

 

 

といった流れで、イートイン2軒を連続食べ比べた、そごう千葉店「第70回記念 秋の九州物産展」

博多一双で頂く、濃厚ながら、しつこさのない「博多一双スペシャル」

アッサリ鰹だしにたっぷりトッピングを味わう、沖縄そばダイニング 川の「3種盛りそば」

 

個性が全く逆を向いた二杯を、それぞれ美味しく頂くものとなりました

ただ、唯一の誤算となるのは食べる順番

 

先にアッサリした3種盛りそばを頂き、その後に濃厚な旨味の博多一双スペシャル・・・

と流れれば良かったものの、その場の食欲に勝てず、博多一双を先に頂いてしまったこと

 

濃厚な味わいで満たされた後に、繊細で上品な味わいの「3種盛りそば」を頂いたため、

その淡麗な旨味を存分に味わえたか?と言えば、なんとも言えない結末に

 

まあ、そもそもがこの二軒をハシゴする前提で、お店も並んでいる訳じゃありませんしね

こればかりは、私の不徳の致すところとなりましたが、万が一ハシゴされる際には、

沖縄そばダイニング 川 → 博多一双 の順番をお勧めいたします。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

博多一双&沖縄そばダイニング 川(そごう千葉店 イートイン)

■ はかたいっそう&おきなわそばだいにんぐ せん

■ 住所:千葉県千葉市中央区新町1000- そごう千葉店 6F

■ 開催期間:開催中~2019/9/11まで(イベント自体は9/23まで開催)

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。