スポンサードリンク

千葉駅西口徒歩0分 北海道魚鮮水産の海鮮丼がランパス特価の540円!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

先週のこと。

朝一の仕事で「中性脂肪」について色々まとめていくに連れ、最近の食生活に一縷の不安を抱えるハメに。

結果、『今日のお昼は、善玉コレステロール(EPAやDHA)を摂取しよう』という思いが急上昇。

 

とはいえ、肉や脂を避けたランチを考えるも、思い浮かぶネタは無く、手元にあったランパスを頼ってみると

【定価1280円 → 540円】のバリュープライスに彩られた海鮮丼を発見。

 

お値段もお得な上に、悪玉コレステロールを避けたい今日の気分に、DHAやEPA豊富な海鮮丼はドンピシャ。

という訳で、最新ランパスの掲載店となる、

千葉駅西口ロータリー内の居酒屋

「北海道魚鮮水産 千葉駅西口店」にランチへと伺いました。

スポンサーリンク

千葉駅西口 ロータリー内の大型居酒屋、北海道魚鮮水産

北海道を中心とした海鮮料理が取りそろう居酒屋「北海道魚鮮水産」ですが、同店の海鮮丼は、以前よりランパスに掲載されていた人気メニューとなります。

1~2年程前にも一度、ランパスを片手に海鮮丼を頂こうと伺ったのですが、その時は行列が出来る程の盛況ぶりでした。

 

さすがに、列に並んでまでは・・・

と、諦めてしまった同店のランパスメニュー「特撰海鮮丼」に、数年ぶりのリベンジを決行。

 

ただし、過去の大盛況が記憶にあったため、同じ轍を踏まぬ様、オープンとなる11:30にお店へ到着。

幸い数年前の様な行列は無く、スムーズに入店出来る様子。

ひとまず、店先に掲載されているランチメニューを確認してみると、

現在のランチ帯では、日替わりを含む全7品が提供されております。

今回目当ての海鮮丼を始め、お刺身御膳やすき焼、日替わりの焼き魚定食。

更には、店名にもある「北海道」を感じさせるジンギスカンやザンギの定食も取りそろっています。

 

ちなみに、この日の日替わりには、

ハンバーグおろしポン酢と、焼き鯖(焼魚定食)が提供されていました。

 

思いのほか色々なメニューがあるとは言え、今日の目当てはDHAとEPA。

しかも1280円が540円と半額以下のプライスダウンとあらば、お得感の詰まった「特撰海鮮丼」以外、迷う余地も無し。

第一希望一点突破を胸に秘め、いざ入店!!

スポンサーリンク

ランパス限定、定価1280円が半額以下の540円! 海鮮丼を頂いてみた

1~2年前には、ランパス発売時に行列が出来る人気店であった「北海道魚鮮水産 千葉駅西口店」ですが、現在はそこまでの混雑は無い模様。

ランパスの定着率が下がってきたのか、掲載店舗が増えた事による分散化なのか。

はてまた、入店時間が早かったのか、たまたまなのか、理由の程は分りませんが、いずれにせよスムーズな入店となりました。

 

入店と同時に店員さんから

「ランチパスポートはお持ちでしょうか?」

との確認を受けると、その場で押印されテーブルへと誘導。

長らくランパス掲載を行っている店だけに、この辺の作業は見事なまでルーチン化されておりますね。

 

席へ着くと、今度は

「ランチタイムはフリードリンクとなっておりますので、ご自由にどうぞ」

とのこと。

 

1280円が540円まで割引される上に、ドリンクの飲み放題まで付いてくるとは、なんたるサービスの大盤振る舞い!

いささか申し訳なくなりつつも、お言葉に甘えてドリンクコーナーへ。

ドリンクバーとまでは言わずも、これだけの種類が飲み放題ならば、十分有り難いですね。

 

ドリンクバーからも糖質を控えるべく「温かい麦茶」を選び、再び席へ。

つい数日前に、ラーメンのスープを一滴残らず完飲していながら、今日に限り中性脂肪を敵視する自分の慎ましさに辟易すること3分。

早くも「特撰海鮮丼」が到着となりました。

マグロ、サーモン、ぶりなど、どんぶり一杯に広がるお刺身たち。

更には、サラダとあら汁、そしてドリンク飲み放題。

これら全て合せて、そのお値段は定価1280円の所を、ランパスの使用により540円となりました。

 

540円というお値段を知ると、驚きを隠せない豪華な海鮮丼。

しかも、お刺身だけに留まらず、ウニ、イクラ、カニも・・・

乗ってるっちゃ、乗ってます。

ただ、わさびと同じか・・・むしろわさびの方が多い程の控えめに(笑)

まあ、そうは言っても540円ですからね!

わさびと同程度の量であれ、この気持ちが嬉しいじゃないですか。

 

ささやかなウニ&イクラ&カニにほっこりしながらも、では早速頂いてみましょう。

まずはマグロを一口・・・うん、それなりですね。

脂が乗って、劇的に美味いという訳ではないものの、鮮度もそこそこ旨味もそれなり。

 

続いて、切り身の下からご飯を頂いてみると・・・

あれ、想像していたよりも、ご飯少なくないか?

 

刺身も広がって盛り付けられているので、ボリュームありそうに見えるも、実はそうでも・・ない?

黙々と食べ進めること、4分弱で完食。

うーん、やっぱボリューム少ない…

 

最初のマグロに始まり、「これは!!」と、特筆すべきネタは見当たらなかった上、ボリュームも今ひとつ。

(セットのあら汁からは、カニを始めとする様々な出汁が出ており、これは特筆できる美味さでした)

もちろん、そうであっても【540円】で頂ける事を考えれば、これは十分なお値打ち品である事に間違いありません。

 

ですが、これと同じ品が通常【1280円】で提供されている、と思うと・・・ちょっと話が変わりますね。

もし考えられるとすれば、こちらの特撰海鮮丼は、通常1280円の海鮮丼ではなく

「ランパス用」の海鮮丼、ということでしょうか?

 

まあ、それであっても納得出来るお値段&ボリュームと言えるのですが。

なんと言うか・・・私にとってのランパスの存在は、

「これまでランチに伺うことの無かったお店へ訪問するきっかけ」

として活用している訳ですが、当然お客さん毎に利用の目的は様々なはず。

 

お店にとっても、ランパスへの掲載は新規のお客さんを開拓するきっかけのはずですが、

・ランパス目当てのお客さんが増え、既存のお客さんが入店出来ない

・ランパスによる訪問がリピート化に繋がらない

といったケースの方が目に付くのであれば、ランパス掲載はただの安売りに過ぎなくなるでしょうし。

 

もちろん、双方のメリット・デメリットを考慮してランパスへの掲載を行い、その後のリピート化に繋げているお店もあるので、

結局の所は「やり方次第」の一言に尽きてしまうのでしょうが。

 

敢えてグレードを落とす海鮮丼が提供されるのなら、定価の海鮮丼でも別に構わないのに・・

むしろ、日替わりの「ハンバーグ定食」の方が当たりだったかな?(← 中性脂肪の危機は完全に忘れていますw)

などの思いがよぎってしまい、どことなく腑に落ちないまま、お店を後にする結果となりました。

 

PS.でも、あら汁はガチでウマかったです!(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

北海道魚鮮水産 千葉駅西口店

■ ほかいどう うおせんすいさん ちばえきにしぐちてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区新千葉1-4 ウェストリオ1 1F

■ 営業時間:11:30~14:00 / 16:00~翌1:00(金・土・祝前日は~3:00)

■ 定休日:無休

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。