JR稲毛駅から徒歩7分 味処 會津 次男坊をランチ訪問 ふっくら塩鯖にカレイの煮付けを食べ比べ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日のランチは、数日前に不発に終わったお店

JR稲毛駅が最寄りとなる(千葉女子高校飲む会)お店への再訪に

 

こちらのお店、以前から気に掛けていた

千葉では珍しい、会津料理のお店になるのだそうで

 

私は勿論、カミさんの方が特に気に掛けており

つい先日も足を運んでみたのですが、ランチ営業は週4日(水木金土のみ)となり、訪問は失敗

 

 

そこから数日、本日こそは営業日であることを

朝からカレンダーで3度見して確認

 

満を持して、開店時刻の11:30を目指して稲毛駅界隈へ到着

近隣のコインパーキングへ車を停め、歩く事数分

 

こちらが、本日のお目当てとなります

「味処 會津 次男坊」になります

 

先日は閉まっていたシャッターも開いており

また道路脇にはノボリの姿も確認

 

それでは2度目の訪問となる

「味処 會津 次男坊」を訪れてみようと思います。

JR稲毛駅から徒歩6~7分 大通り沿いの会津料理専門店「味処 會津 次男坊」をランチ訪問

という訳で、2日越し

ようやくランチ営業している所に巡り会えた、稲毛の「味処 會津 次男坊」

 

事前の情報によれば、同店のランチは数量限定もあるらしく

早めに足を運ぶ事が、選択肢を広げる事は間違い無し

 

営業開始時刻は11:30となりますので

同時刻に合わせて、お店の方へも到着

 

道中、少し道が混んでいたこともあり

開店時刻より5分遅れて店内の方へ

 

お店はカウンターが6席、

加えてテーブル席が2卓、更に店内奥にはお座敷もある様で

 

1人でも足を運びやすい

そんな印象を受ける、居酒屋形式のお店になっております

 

先日、お店へ足を運んだ際は定休日だったものの

ご主人と居合わせ、ランチの営業について確認しておりまして

 

またその際に、顔を覚えていてくれたようで

ご主人の方から「先日はスイマセンでした」と声をかけて頂くなど、気さくな雰囲気も良好なお店

 

 

さて、そんな「味処 會津 次男坊」のランチメニューは以下の通りで

光が反射してしまい、見づらいメニューとなりましたが

塩鮭に塩サバ焼きといった焼き魚に始まり巻いて

 

鰺フライにイカフライ、とんかつに生姜焼き

鰈の煮付けに鰹のお刺身、そして秋刀魚の塩焼きらが定食で頂けるとの事

 

事前情報ではこれらに加え、会津のお料理が複数入った

限定ランチもあるとのことでしたが、どうやら現在は提供が無い様でして

 

コロナ禍の影響もあるのでしょうか

その他、会津らしい定食として「馬刺し定食」の名を発見

 

当然、会津らしいこちらの品が気になりはしますが

かといって、白米と馬刺しの組み合わせは如何なものか

 

なにより、つい1週間ほど前にも

自宅でたっぷり馬刺しを食べたばかりでして

 

そんな事情もあり、本日の所は馬刺しには流れず

私は同メニューから「塩サバ焼き定食」を頂いてみる事に

 

そしてカミさんの方は、これまた好物となります

「鰈の煮付け定食」をそれぞれ頂いてみるものとなりました。

ふっくら身厚なサバが香ばしく焼き上がった焼き魚定食 會津 次男坊にて二種のお魚定食食べ比べ

開店から5分ほど遅れ、お店を訪れるものとなった

稲毛にある会津料理のお店、味処 會津 次男坊

 

前述したランチメニューに加え、店内には夜のメニューも発見

定食の仕上がりを待つ間、こちらにも目を向けていきますが

やはり会津の名物、馬刺しがメニューの中心になるようで

お刺身に加えてユッケ、唐揚げ、桜なべらも頂けるとの事

 

その他のメニューは居酒屋らしい定番系が中心ですが

いかげそのわた焼きや豆腐のにんにく煮など、気になる品もチラホラ

 

お店については、ご主人1人で営業しているのか

けっしてメニュー数は多くありませんが、丁寧な調理が期待出来そうな品ばかり

 

ちなみに以下は、アルコールメニューになっており、

こちらには記載が無いものの

上記以外のメニューとして、福島・会津地方の地酒も取り揃っているとのこと

 

加えて、店内には夜の黒板メニューも掲載があり

前述した馬刺し、馬肉の唐揚げ以外にも、

豚トロ焼きに牛タン焼、牛ステーキらの肉料理各品

 

更には、お魚料理も

刺身に焼きにと、まだまだ多くの品が頂けるご様子

 

そんなメニューを吟味しながら、注文より待つこと10分少々

まずこちらが、カミさんのオーダーした

「カレイの煮付け定食」となります

 

メインとなるカレイは、煮汁たっぷり

ホロッとした煮汁仕上がった身が

箸を入れただけでも解けそうな柔らかさを醸し出しています

 

続けて提供となりましたのが、

本日私のオーダーしたこちらの定食

味処 會津 次男坊にて頂く、

塩サバ焼き定食になります

 

付け合わせの2品はカレイの方と同様で

キュウリのお漬物に切り干し大根

更にお味噌汁までがセットとなる定食

 

そしてメインとなるのはこちら、

皮目のこんがりした焼き目が芳ばしさを感じさせる

ふっくら身の厚い塩サバになっております

 

皮目から滲み出る脂もご飯に合うこと間違い無し

大根おろしも添えられており、両者の混ざり合いも楽しみな所

 

そんな鯖を、まずは一口頂くべく

箸を入れ身をほぐした所で、

当然もう、ご飯と一緒に掻き込ませて頂きましょう

 

塩焼きらしく、程よい塩味を纏っており

醤油ら別の調味料を一切必要としない、味わいの濃さ

 

当然、ご飯にも良く馴染むものとなりまして

一口分の鯖でご飯2口が進む、気持ちいい塩味の加減

 

全体への火の入り具合も良好で

身もほぐれやすく、食べやすさにも文句なし

 

ただ、唯一の欠点を挙げるとしますと

こちらのお店、店内の明かりが抑えめでして

お昼時ながらに、少し暗さを感じる所も

 

もちろん、普通に食事を頂く分には

なんら不満を感じない程の明るさなのですが

 

ただ本日頂く、焼き鯖のように

骨を取りながら頂く品になると、この暗さが厄介に感じる所で

 

私の塩サバはもちろん

カミさんが食べていたカレイの煮付けも同様でして

 

暗めの照明が照らす店内にて

2人して骨を探す作業に四苦八苦

 

お店の作り上、難しい所かとは思いますが

焼き魚や煮魚を注文している際だけでも、もう少し明かりがあれば・・・と、願ってしまう一食に

 

なお、カミさんのオーダーしていたカレイの煮付け

こちらも一口頂きましたが、甘みも程々、味わいも濃すぎず良い塩梅に

 

我が家としては珍しく

2人して魚料理を食べ比べるランチとなりましたが

 

いずれも相応に満足

ボリューム面でも納得の一食となりました。

 

  

という訳で、2日に渡って足を運び

ようやく初訪問達成となった、稲毛の「味処 會津 次男坊」

 

事前に目にしていた情報では、会津らしい一品が頂ける

との事で期待を寄せておりましたが、そちらの望みは残念ながら叶わず

 

代わって頂いたのが、上記の通り

塩焼き鯖とカレイの煮付け、お魚料理二品の食べ比べに

 

いずれも派手さや目立った特徴こそありませんが

想像する品通り、しっかり素材の美味しさを味わえる2品に

 

これに加えて、付け合わせの切り干し大根も美味しく

これまたご飯が進むおかずとなりました

 

役を言えば、ここにもう後1品ほど

それこそ会津を感じられるものなんかがあればなあ、

 

と思いはするものの

それについては、恐らく夜の部へ足を運ぶべきなのかなと

 

ご主人の人当たりも良く

また次の機会には、肉料理や馬刺しなんかも頂いてみたい

 

そう思わせてくれる、

家庭的な空気も感じさせる、居酒屋らしい1食となりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

味処 會津 次男坊

■ あじどころ あいづじなんぼう

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区小仲台2-11-6 メゾン小仲台1F

■ 営業時間:11:30~13:30 / 18:00~22:30

■ 定休日:火曜日(ランチは水木金土のみ営業)

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。