スポンサーリンク

千葉駅徒歩3分、ガブ飲みビストロ酒場 ねぎらいやがカレーで二毛作!? ボリューム満点ド迫力、欧風カツカレーに遭遇!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

先日、旧三越近くにある肉バル

「肉酒場 g (グラム) 千葉駅前店」でランチを頂いた帰り道

 

千葉駅方面へと歩く道中で、見慣れない看板を発見

そこに記された一文は、

うーん、心に染みる名言

 

どうやらこの名言の主、同看板の目の前にあるこちらのビル

塚田農場や、我が家でもお世話になっている焼肉屋さん

「焼肉にくがとう」の入っているビル、その4Fにある「ねぎらいや」のものでして

 

これまで、夜のみの営業であったここ、ねぎらいやが

この6月からランチ営業も始めたとのこと

 

また、先ほどの名言にもあった通り

ランチの営業については、カレーの提供に特化したものとなるそうでして

 

ここ最近、やたらとカレー日和が続いており、さすがに・・・

とは思うものの、先ほどの名言通り

「なんだかんだ言って、カレーが好き」である事は間違いなし

 

しかもここ、ねぎらいやについては

過去に良い印象しか無いお店だけに、カレーについても期待値は高め

 

そんな経緯もあり、この日のランチは千葉富士見町にある

「ガブ飲みビストロ酒場 ねぎらいや」を訪れるものとなったのです。

千葉駅近く、富士見町のビストロ酒場ねぎらいやが、ランチ営業を開始! 二毛作となるランチはカレー屋さん!?

つい二日前にも訪れた、千葉駅近く富士見町

またしても、ランチ目当てに訪れるものとなったのですが

 

それもそのはず、同エリアではこれまで

夜のみの営業に特化していたお店が次々とランチ営業を開始

 

先日、訪れたばかりの「肉酒場 g (グラム) 」然り

少し前にまぐろを頂いた、「音波」などなど

 

そして本日もまた、新たにランチ営業を始めたばかりとなる

「ガブ飲みビストロ酒場 ねぎらいや」を訪れるものとなったのです

 

この日、お店を訪れた時刻は11:40

ランチ営業は11:30からとのことでしたが、まだお昼の繁忙帯には早く、

この日の1組目としてお店の方へ入店となりました

 

店内の様子は以下の様な作りとなっており、

テーブル席を中心に、一部カウンター席も設けられている店内

 

そんなねぎらいやですが、実はこれが初訪問では無く

今から4~5年前にも、1度訪問したことがありまして

 

都内かどこかで飲んできた帰り道、

友人と共に、家に帰る前にもう1軒・・・

といった展開になったところ、ちょうど深夜まで営業していたのが同店

 

正直最初は、何ら期待を寄せず

「ゆっくり飲めればそれで良い」

といったノリでお店を訪れたものの、頂くおつまみがどれも予想外にハイレベル

 

これは二軒目三軒目と言わず

しっかり一軒目で訪れるべきだった・・・

 

と反省したものの、ビストロ酒場といった形式な事もあり

子供連れでは足を運びづらく、結局今に至るまでリピートが無いままとなっておりました

 

そんな好印象を抱きつつも、再訪出来ずにいたねぎらいやですが、

まずこちらが、夜の部のレギュラーメニュー

 

気軽に利用出来る、ビストロダイニング

といった印象通り、和洋様々な肉、魚、野菜料理が並ぶ品揃えとなります

 

そして本日頂く、ランチのメニューがこちら

前述した通り、ランチの営業については

「欧風カレー」に特化したメニュー揃いでの営業となりまして

 

全てのベースとなっているのが「ビーフカレー」で、お値段800円

ここにやいさや豚カツ、ハラミなど、様々なトッピングを加え

オリジナルなカレーを作り出すことが可能となっております

 

このトッピングもまた、種類が豊富となっており、

上記メニューにある品に加えて、

温玉やチーズなど、小さなトッピングから

チキンカツに豚カツ、ハラミなど、大きなトッピングまで追加が可能

 

ご飯の量についても、少なめ~大盛まで調整が可能となり

自分好みのカレーを作り出すことが可能となっております

 

そんなメニューとなるねぎらいやですが、実は既に予習済みでして

(正確には、先日同通りを通った際に、チラシを頂いたのです)

 

すでに自宅でシュミレーションを繰り返していたものの

困ったことに、本日は予定したよりも、空腹加減が控えめ

 

シュミレーション時点では

・ビーフビーフカレー×豚カツ

・デラックスビーフカレー

これらいずれかを頼む体でいたのですが、恐らく本日の空腹度合いでは厳しい様子

 

急遽、現場で予定を組み直した結果

「恋する豚カツビーフカレー」を頂こうと・・・

 

いや、カレーだけだと野菜が足りないな

という訳で、若干のアレンジを加え

「恋する豚カツビーフカレー+有機野菜トッピング」を頂いてみようと思います。

ねぎらいやで頂く、ランチ限定の欧風ビーフカレー 豚カツ&野菜を乗せたら、とんでもないことに!?

カツカレー単品でも十分な満足度は得られ様なものの

やはり野菜不足を補っておかなければ・・・

 

と、急遽有機野菜をトッピングしてみるものとなった

ねぎらいやにて頂く、初ランチ

 

カレーの到着まで、レギュラーメニューらを眺めながら待とうとすると

そこにまさかの、サラダが登場

 

どうやらこちらのカレーランチ

サラダがセットで付いてくる様でして

 

それなら、わざわざ有機野菜をトッピングすることも無かったかな

まあ、この機に野菜を多めに食べておいても損は無かろう

 

ひとまず、提供されたサラダを頂いてみたのですが

こちらの野菜が、まあ美味しい訳でして

 

カレーのトッピング同様、有機野菜を使用しているのかどうか

とにかく、各素材が瑞々しく、味が濃いんですよ

 

ドレッシングも掛かってはいるものの、

それを必要とせずに、野菜の味のみでも頂けてしまう

そんなサラダの提供で、これまたテンションアップ

 

そして、サラダを頂きながら、更に待つこと10分弱

見るからにイカツイ風貌で提供となった、本日のランチがこちら

ガブ飲みビストロ酒場 ねぎらいやで頂く

「恋する豚カツビーフカレー&有機野菜トッピング」となります

 

真っ白な器に、これでもか!?と盛り付けられたカレーとご飯

そして、その両者の存在を覆い隠すかの如く

これまた、たっぷりサイズの恋する豚カツ&有機野菜たち

 

豚カツトッピングのお値段400円でのこのサイズは納得として

トッピング200円で、この有機野菜の量は圧巻

※ 豚カツの下にも、続々と眠っております

 

これは、某カレーチェーン店にも見習って欲しい

サービス価格過ぎる、豪華トッピングですね

 

そして、もう一方の豚カツもまた

カレーと共にで食べやすいサイズ

ということで厚さこそ控えめですが

お肉の大きさとしては申し分無いボリュームを誇っております

 

さてさて、肝心要なカレーはイカに!?

スプーンを差し入れる隙が見当たらない程、密な状態に隙間を見つけ

まずはこちらのカレーを一口

 

説明には欧風カレーとありましたが

確かに、欧風な風合いを感じさせるも、スパイスの風味も深く感じられ

欧風×スパイスカレーが融合した、ハイブリッドな味わいに仕上がっています

 

野菜らが溶け出した様な甘さを感じさせ

香りやほのかな苦みには、スパイスの風味を

見た目程、辛味は感じないものの、食べながらに体が温まっていくのを如実に感じます

 

深みとコク、そこに旨味もしっかり感じるカレー

といった所でしょうか

 

予想通り、ハイレベルな欧風カレーに満足しつつ

お次は、若干の手ぶれこそありますが

こちら、豚カツの方を頂いてみます

 

カレースプーンで食べやすい様、薄めの豚カツにはなりますが

それに倣って衣も薄付きとなり、カレーと良く馴染むサイズ感

 

お肉は柔らかく、そして甘みもしっとり

単体でも抜群に美味しい豚カツとなっておりますので

当然、カレーをソースとすれば、その旨味は倍増

 

複数の主役級トッピングが並んではいたものの

やはり、カレーと共に食べるのなら、カツっきゃないですね

 

そしてお次は、有機野菜の方へ

まず取り出したるは、カレーの表に顔を出していた茄子から

 

こちらは、別途調理が施されており

素揚げされた上で、カレーの上にトッピング

 

雰囲気としては、スープカレーの野菜に近い状態で

しっとり柔らかに仕上がっており、カレーとの相性も文句なし

 

なにより、先ほどのサラダ同様に野菜1つ1つの味が濃く

個々の味に、食感がしっかり感じられ

野菜でありながらも、十分すぎる食べ応えを感じます

 

しかもこの野菜も種類豊富となっており、

前述した茄子に始まり、

オクラにトマトと、夏の野菜がたっぷり盛り付け済み

 

更には、カレーの奥からはゴロッとした牛肉も発見

柔らかくホロッとほぐれる食感に、甘みある味わいを感じさせてくれます

 

さて、どこをつついても申し分無いカレーですが

辛党の私としては、もうひと越えした辛味が欲しいところでして

 

そこで取り出したのが、配膳の際にスタッフさんより

「お好みで足してお使いください」

と、提供されたこちら

自家製のスパイスオイルとのこと

 

あまり聞き馴染みの無い調味料ですので

まずはスプーンに取りだし、一口頂いてみますが

 

うーん、なんだろう

 

特別辛味を感じる訳では無いし

そのまま舐めてみたものの、特段何かの味を感じる訳でも無い

強いて言えば、コク?のようなものが加わった様な

 

いずれにせよ、辛味を足したい

といった望みを叶えるものにはならず

デフォの味わいのまま、残るカレーを一挙に頂くものとなりました。

 

 

そんな訳で、数年ぶりながら

今回はランチで初訪問を果たした、ビストロ酒場 ねぎらいや

 

期待を込めて挑んだカツカレーですが

その期待を裏切ること無い味、そしてボリュームに大満足となりました

(野菜のボリュームを計算出来ず、若干オーバーw)

 

ただ良くを言えば、後乗せの形でも

なにかしらで辛味をプラス出来たらなあ・・・

と感じる部分が少なからず

 

特に夏場は、辛いもので汗を掻き、その反動で体を冷やしたい訳ですし

好みに合わせた辛さ調節が出来るようになると

私としては、より嬉しくも感じます

 

余談ですが、この日の帰り道

京成千葉駅の方から、車を停めた駐車場に向かう途中

京成の線路沿いにある「炙りや楽蔵」の前を通ったところ

こちらもまた、ランチ営業を始めたとの告知を発見

 

残念ながら、ランチメニューを確認するには至りませんでしたが

これもまた、近日中に足を運び、確認せねばならないですね

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

ガブ飲みビストロ酒場 ねぎらいや

■ がぶのみビストロさかば ねぎらいや

■ URL:https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12023282/

(ネット予約 可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-4-16 金子ビル4F

■ 営業時間:11:30〜14:00 /17:00~23:30 [土、日]16:00~23:30

■ 定休日:年末年始

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。