西千葉徒歩圏、ジョリーパスタ 千葉登戸店で頂く、炙り明太子と海老の明太子クリームスープパスタ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

週末日曜日ながら

珍しく本日は、子供と2人でのランチ

 

カミさんを先に駅へ送り届け、

子供と2人で何を食べるか話合う中、候補に挙がったのはパスタとのこと

(この日の夜は、ラーメンに行くと早々に決まっていたため)

 

千葉駅近くで、日曜日に足を運べるパスタのお店と言えば

登戸一丁目界隈にパスタ店は様々ありますが、その大半は定休日

 

となると、ペリエもしくはそごうが候補に挙がるも

いずれも12時を過ぎてしまった以上、混雑は避けられない時間帯

 

あと、千葉駅から足を運びやすい距離感で

子供連れが満足&車で足を運びやすいお店・・・

 

という事で候補に挙がったのがこちら、

国道357沿いにありますパスタチェーン店

「ジョリーパスタ 千葉登戸店」

 

何年・・・十何年ぶり??

となるこちらのジョリーパスタを、ランチ訪問してみようと思います。

国道357号沿いのパスタレストラン ジョリーパスタ 千葉登戸店をランチ訪問

という訳で、子供を連れながら

10数年ぶりに足を運んだ、ジョリーパスタ 千葉登戸店

 

ご存じの通りのパスタチェーン店となるこちら

我が家でも子供を連れての際にはファミレス等を利用しますが

 

ここジョリーパスタはパスタの専門店になる手前

パスタをNGとするカミさんがいる我が家では、まず候補に挙がらないお店でもあります

 

その為、私ですら10数年ぶりの訪問

子供にとっても、これが初訪問となる訳でして

 

初めて目にするパスタ専門店のメニューに、子供の興味は沸き立つばかり

しかもこの日は、炙り明太にカルボナーラと

いずれも子供が好きな品を使った限定メニュー揃い

 

初訪問ながら、選り取り見取りな好きなものに囲まれましたが

久々となる私は、同店のメニュー全体についても目を通して見ることに

 

まず目にするのが、

パスタから始まるものと思いきや

メニュートップを飾るのはピザ各種から

 

パスタに比べ品数はソコソコとなっておりますが

通常サイズに加え、ちょっと小さめの「ピッコロ」も頂けるとの事

 

続いてのページを見ると、

こちらに並ぶは和風のパスタ

またそのお隣にはドリアも発見しまして、品数多くはありませんが、ご飯の選択があったとは意外な発見

 

続くページからは、本格的にパスタ系へ

まずは主役の1つ、トマト系になっており

ミートソースにボロネーゼ

 

隣を見ると、たまごチーノ??

ちょっと気になるネーミングのパスタも発見

 

更に続きへ目を向けていきますと、

こちらは健康系パスタとなっており

大豆ミートのパスタや糖質を下げたパスタ各種も提供

 

こういった選択肢の多さもまた

全国展開するチェーン店ならではの持ち味になりますね

 

更にメニューの続きを見ていくと、

こちらにはペペロンチーノに、何故かのペンネ

 

そして次は

スープパスタにフェットチーネ

 

そしてこちらもパスタの人気メニュー

クリームソース系が複数品並ぶほか

和風明太子も続くなど、人気メニューが勢揃い

 

そして最後に辿り着くは

パスタと言えば、やっぱり主役のトマトソース

これがメニューの一番前になっているようで、どうやら後ろからめくっていたことが発覚

 

そんなメニューの順番はさておき

とにかく品数の豊富さは、さすがと言うべき専門店

 

加えてセットメニューも多数用意されており

ガーリックトーストなんぞは、パスタのみでは確実に足りない男性にとって、有り難い救済措置になります

 

私も1人で訪れるのなら、間違いなくこのセットメニューより

ガーリックトーストを頂くものとなったことでしょう

 

ただ本日は、子供を連れての訪問となるので

子供が食べきれなかった分は、自動的に私の元へ流れてくるシステム

 

そこを鑑みると、ガーリックトーストに手を伸ばすのを躊躇するものとなりまして

迷った末、本日のオーダーは限定メニューより「炙り明太子と海老の明太子クリームスープパスタ」を頂いてみようと思います。

ジョリーパスタで頂く限定メニュー、炙り明太子と海老の明太子クリームスープパスタ

という訳で、子供と足を運ぶものとなった、ジョリーパスタ 千葉登戸店

前述した通り、私は明太子のクリームスープパスタを選んだ一方

 

同じく明太子、更にカルボナーラの限定メニューで悩んだ子供は

最終的に「炙りベーコンとボルチーニ茸のカルボナーラ」をオーダー

 

私の選択肢には絶対無いパスタ、とはいえキノコとなるの

残した時にそのリカバリへ回れるかどうか、少し不安な部分も

 

 

そんな心配をしつつ、待つ店内ですが

週末日曜のお昼ど真ん中とあって、店内は満席

 

しかもお店の方はスタッフさん不足なのか

入り口にはチェーン店らしからぬ「提供までに時間が掛かります」との注意書きも

 

日曜のお昼ど真ん中、この繁忙帯にも関わらず

ホールを担当しているスタッフさんは1人しかいない様で

 

飲食業はどこも人手不足との話を聞きますが

ここジョリーパスタ 千葉登戸店にもその影響を感じさせます

 

 

とは言え、急ぐ理由のない日曜日

のんびり店内で待つこと20分少々

まずこちらが、子供のオーダーしたパスタ

「炙りベーコンとボルチーニ茸のカルボナーラ」になります

 

後乗せした黄身を掻き混ぜるスタイルのカルボナーラとなりますが

この距離からも、しっかり伝わって来るキノコの香り

 

好きな人には嬉しいひと品でしょうが、

これは私には手強そうな予感

 

 

そんなパスタに続き、提供となったのがこちら

ジョリーパスタ 千葉登戸店で頂く秋の限定メニュー

「炙り明太子と海老の明太子クリームスープパスタ」となります

 

たっぷりのクリームソースをスープに仕立て

エビに明太子、貝類と具沢山なこちらのパスタ

 

まずはスープから頂きますが、

生クリームを基調とした味わい

 

序盤は見た目程に重たさのないスープとなるのですが

具材のバター、そして明太子が溶け出すことで濃厚な味わいに変化

 

このスープと共に頂くパスタの方は、茹で加減固めな食感

使用されているのか乾麺と思われますが

スープが濃厚な反面、そこまでパスタに絡んで来ず、重たさを感じること無く頂けます

 

トッピングには、あさりに帆立、海老らを使用

あさりについては簡単に貝から外れる一方

 

食べづらさを感じてしまったの海老になりまして

ただでさえ、スープが熱い所に加え、殻から外しづらいエビ

海老自体の可食部位も大きく無い事も食べづらさに拍車を掛ける結果に

 

エビ自体は好きなので、目にすると思わず飛びつくのですが

毎度ながら、殻を取る食べづらさには苦労するばかり

 

そこへ行くと、食べやすさは良好ながら

美味しさに於いても満足を与えてくれる貝類の優秀さ

 

そして、このパスタに於いては具材でもありつつ

スープの中へ沈めていくことで、味変をも与えてくれるのが

こちらの炙り明太子

 

そのまま食べても具材として楽しめる品ですが

スープの中に溶かして頂けば、旨味・コクを増す調味料に

 

アサリら貝類との組み合わせはもちろん

パスタの美味しさをも増すトッピングとして、最後まで楽しませてくれるものとなりました。

 

 

といった品々を頂くものとなった

ジョリーパスタ 千葉登戸店へのランチ訪問

 

専門店らしく、多種多様なパスタが提供される同店ですが

今回は限定メニュー「炙り明太子と海老の明太子クリームスープパスタ」を頂く事に

貝類を中心とした様々な魚介の旨味出たスープあればこそ

共に頂くパスタとの組み合わせも、当然の美味しさに

 

加えて、素材としても十分な美味しさを与えつつ

味変アイテムとしても働く炙り明太子はさすがの存在感を発揮するものとなりました

 

ただ、これはもう毎度思うことにはなるのですが

どうしても割高に感じてしまうのがパスタ、でして

 

本日頂いた品も、単品ながらにお値段は1340円

そこに対するボリュームはと言えば、ここはサイドメニューと共に頂き、ようやく満足に到達する程

 

ただ、サイドメニューをセットオーダーすれば

そのお値段も2000円近くに手が届くものとなりまして

 

パスタを頂く度に思う、お値段に対する満足度

ここを納得&満足させてくれるお店、なかなか出会えないもんですね。。。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

ジョリーパスタ 千葉登戸店

■ ジョリーパスタ ちばのぶとてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区登戸4-13-10

■ 営業時間:11:00~24:00

■ 定休日:無休

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。