スポンサードリンク

都賀のお座敷ダイニングカフェ醍醐に新たな冷やしメニューが登場! 欧風テイスト満載な醍醐風冷やしジャージャー麺

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

8月に入り、連日の暑さに冷たいランチを求める日々が続く中

久々に家族も出払い、自由な時間が取れた日曜日、1人でランチへと赴くことに

 

そしてこの日のランチもまた、連日同様に暑さを凌ぐべく

冷たい麺料理を頂くべく、都賀方面へ

 

都賀方面で頂くランチと言えば、そう

もはや私の中で、定番となってきたこちらのお店

「お座敷ダイニングカフェ 醍醐」となります

 

つい1ヶ月半前にも、同店では夏の冷製メニューが提供されていたのですが、

都賀のイタリアン、お座敷ダイニングカフェ醍醐に夏メニューが登場! 暑さ吹き飛ばす奇跡のフュージョン、ボローニャ風汁なし担々麺!!
先日のこと 末広街道沿いにある「来んさいや」のママさんより、一通のメールが そちらのメールによると、その日ママさんは都賀にあるイタリアン 「お座敷ダイニングカフェ 醍醐」
2019-06-17 07:07

こちらの品は、7月いっぱいで提供が終了となってしまいました

 

しかし、同担々麺に代わる、8月からの冷たい麺メニューが登場したとの情報をTwitterでキャッチ

今回の目的はもちろん、

8月から提供が始まったばかりの冷やしメニュー

そちらを頂くべく、醍醐にてランチを頂いてみようと思います。

都賀のお座敷ダイニングカフェ醍醐、2019第二弾の冷やしメニューは欧風テイストのジャージャー麺!?

前回訪問時に頂いた、汁なし担々麺が、とにかく絶品な一杯であった、お座敷ダイニングカフェ醍醐

2019年、第二弾となる冷やしメニューにも期待が高まるところとなり、日曜日のランチにお店を訪れることに

 

こちらのお店には、カミさんや子供を連れ、ちょくちょくお邪魔しており

ご主人&奥様ともども、顔なじみとなります

 

新たな冷やしメニューを食べに来た事が、その空気感からも伝わっている様ですが(笑)

一応、それとなーくメニューを見てみると、これまで並んでいた欧風カレーに代わり

「夏野菜のキーマカレー」の方が提供されております

 

こちらのカレーはトマトベースながら、辛さの調節が3段階で可能との事

3つめの大辛まで調節可能とあらば、これもぜひ食べてみたいひと品ですが・・・

 

いやいや、今日の所はカレーよりも麺

しかも、冷めたとかヌルいとかでは無く、しっかりと冷やされた麺をツルッといきたいのです

 

そんな訳ですから、今日の目的も自動的にこちらへ

その名も

「醍醐風 冷やしジャージャー麺」となります

 

奥様から聞いたところによると、実はこちらの品、昨年の夏にも提供されていたとのこと

それでありながら、私が同品の提供に気付かずいた理由

それは・・・

 

実は私が、醍醐に通い出したのは昨年の夏からでして

しかも、当初はランチでは無くディナーが中心

その為、ランチのジャージャー麺にまで目が行かず、今年が実質初めての出会い

 

まあ、なんてことない「ただの見落とし」の様な事情で

昨年は頂く事が叶わなかった、醍醐風ジャージャー麺

当然ながら、こちらを頂くものとなります。

 

 

注文を終え、またもや奥様から一言

『Twitterって、見て頂きました?』との質問が

 

見るもなにも、毎日の如く定期的にチェックしていますよ、そりゃ

(前回の汁なし担々麺は見落としていたことを隠しつつ・・)

といった話になると

 

『Twitterを見て、お越し頂いた方にドリンクをサービスしてますのでどうぞ』

とのことでして、

まさかの、アイスコーヒーをサービスして頂くものとなりました

(しかも嬉しいことに、私がブラック派であることも、しっかり覚えてくれています)

 

そして、ランチのセットメニューとなる、

これまたお馴染み、激ウマドレッシングがたっぷりのサラダ

そしてスープですが、この暑さを考慮してか、じゃが芋の冷製スープが提供されました

 

野菜の瑞々しさ、ドレッシングの美味しさはこれまでにも散々語ってきた通り

対し、今回初めて頂くのが、冷製スープの方

 

こちらは、しっかり冷やされながらも、素材の味がたっぷり感じられる品

セットの付け合わせとは言え、細部にまで抜かりの無い、手の込んだ品が提供され、メインを待つこと無く満足度は既に高まっております。

甘辛肉味噌にオムレツ、ラタトゥイユまでが乗った煌びやかな一杯、冷やしジャージャー麺を食べてみた

サラダ、スープ、ドリンクらを頂きながら、メインの到着を待つことに

その間、奥様と少しお話しさせて頂いたのですが、

昨年提供されていたジャージャー麺は、肉味噌を乗せた昔ながらのスタイルだったとのこと

 

今年も当初は、そのスタイルを継承する予定・・・

ではあったのですが、やはりお店のコンセプト通り、ご主人が手を加えたくなったのだとか

 

それに伴い、手間は掛かるものの

・オムレツ

・ラタトゥイユ

これらをトッピングする、2019Verのジャージャー麺が出来たのだそうです

 

 

また、これらを加える事によって悩んだのが、麺との組み合わせ

前回頂いた「汁なし担々麺」でも、特に際立っていたのが麺の存在感でして

さすが、パスタを始めとした麺類を扱うお店だけに、麺と具材との相性にはだいぶ悩んだとのこと

 

この様な背景を聞けば聞くほど、興味が沸き立つジャージャー麺

その登場を、今か今かと待ちわびていたところへ、いよいよ姿を現わしました

こちらが、お座敷ダイニングカフェ醍醐にて、8月より提供が開始された新メニュー

「醍醐風 冷やしジャージャー麺」となります

 

事前に聞いていたお話通り、ただのジャージャー麺に留まらない、その存在感

肉味噌に関しては、見た所シンプルというか、昔懐かしいジャージャー麺のらしさを感じさせてくれます

しかし、その一方で醍醐らしさを彷彿とさせているのが、

まず、こちらのオムレツ

こちらは作り置きでは無く、出来たてのアツアツオムレツがトッピング

冷たい麺の上に乗る、トロトロのオムレツによって、ヒヤアツ効果を産み出してくれる事でしょう

 

続いて、見逃すことが出来ないのが、

こちら、トマトを中心に夏野菜を盛り込んだラタトゥイユ

ラタトゥイユ自体は決して珍しい料理では無いものの、これが麺の上に、そして肉味噌やオムレツと絡んだ先に、何が待ち受けているのか!?

醍醐のご主人が作り出した品となりますので、絶大な信頼は於けるものの、味の想像が付かない未知なるジャージャー麺となりそうです

 

こちらの召し上がり方ですが、各部位をそのまま食べてもOKながら

各食材をまぜ合わせて食べても、味変を楽しめるとのこと

まずは各個撃破を狙って行きつつ、途中から全弾発射(要するに全て混ぜる)にシフトしてみようと思います

 

ではまず、麺の方から頂いてみましょう

今回の麺については、その細さにだいぶ悩んだとのこと

シンプルなジャージャー麺であれば、肉味噌が乗りやすい太麺もアリでしょうが、

こちらには更なるトッピングが多数

 

見た目の雰囲気からして、現状の中細麺くらいが最適解かな

と私は思うのですが・・・

うん予想通り、間違いのない麺セレクトですね

 

麺は当然ながら、茹で上げ後にしっかり締められ、冷たくツルッと心地良い食感を与えてくれます

その麺に追随する肉味噌ですが、甘みをしっかり伝えながらも、僅かなスパイシーさを残しています

これにより、一層甘みが引き立ち、味噌のコクと挽肉の旨味も閉じ込められ、麺を美味しくコーティング

 

さあ、次はこの麺にどんな変化をもたらしてくれるのか、

楽しみで仕方ない、オムレツの方へ

同店のディナーメニューでは、三種類のオムレツが提供されており、

そのどれもが洋食の技術を存分に発揮した、素晴らしい仕上がりの品

 

対しこちらは、フワトロ具合は同様ながら、プレーンのオムレツ

しかも、ジャージャー麺に合わせて中華風に仕立てているとのこと

 

トロっとしたフワフワな焼き加減は、そのままでも美味しく頂ける一品

ですが、ここに肉味噌、更にはラタトゥイユを絡めると表情が激変

演技派女優の如く、組む相手次第で様々な表情を見せるこのオムレツの汎用性はただ者じゃありません

 

そして、恐らくこのジャージャー麺を特別なひと品に仕上げている

その可能性を大きく広げる存在となっているのが、

こちらのラタトゥイユでは無いでしょうか

 

単体で食べれば、各野菜の甘みや苦みといった、素材の風味が感じられる品

ですが、ここに肉味噌やオムレツが加わることで、旨味同士の結びつきが更なる旨味成分を呼び寄せます

 

それもそのはず、こちらのラタトゥイユはトマトをたっぷり使用

グルタミン酸をたっぷり含むトマト

ここに同じく旨味の強い肉味噌の甜麺醤が混ざり合うことで、相互に旨味を引き出し合います

 

それぞれを個々に食べても美味しいとの話でしたが、

ここはもう、肉味噌とラタトゥイユはもちろんのこと

オムレツまでをも混ぜ合わせ、全ての旨味を混ぜ合わせる事に

 

赤、黄、茶色(たまにネギ)の各色旨味が手を取り合い、麺に乗り込むその姿は、正にヒーローの大結集

ここに辣油を加えるのもアリとのことで、そちらを投下すれば、油のコクと辛味も増量

 

昔懐かしい味わいのジャージャー麺から始まったものの、

令和元年を象徴する様な、新世代の幕開けに相応しい、進化型ジャージャー麺となりました。

 

そして食後には、

これまた醍醐の定番スイーツ

自家製パンナコッタを頂きながら、本日のランチもめでたく終焉を迎えることに。

 

 

といった感じで頂きました、2019醍醐の冷やしメニュー第二弾

「醍醐風 冷やしジャージャー麺」

 

その名の通り、誰もが良く知るジャージャー麺が基軸にあるものの

ここに2つの食材が加わることで、その姿はまだ見ぬジャージャー麺へと進化

 

しかも、ただの進化では留まらず

旨味同士の掛け合いという、化学式の様な相乗効果を以て、偉大な進化を果たすジャージャー麺となりました

 

ちなみにこちらの品も前回同様、期間限定とのこと

8月いっぱいまで提供される予定とのことですので、ぜひ暑いうちに足をお運び下さい。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

お座敷ダイニングカフェ 醍醐

■ おざしきだいにんぐかふぇ だいご

■ 住所:千葉県千葉市若葉区桜木北3-16-4

■ 営業時間:11:30~14:00 / 17:00~22:00

■ 定休日:月曜日・火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。