スポンサードリンク

京成千葉駅から徒歩3分、est Y(エストワイ)を初訪問! コースメインの本格派イタリアンながら、ランチには1000円のパスタセットも

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

午後から勝田台に向かう予定があったため、そちらに合わせて時間を調節し、普段より遅めのランチとなった日のこと

 

京成の電車に乗り込む前に、千葉駅界隈でランチを頂くものとなったのですが

この機会に、長らく気になっていながらも、タイミングが合わずにいたお店を訪れてみることに

 

それがこちら、

京成千葉駅からセンシティビルの脇道を抜け、新千葉方面に2~3分

京成の線路沿いとなるビルの2Fにお店を構える「est Y(エストワイ)」になります

 

こちらのお店は、2年ほど前に幕張本郷から現在の場所に移転

千葉駅界隈に数あるイタリアンのお店の中でも、特に評判の良いお店となるのですが・・・

いかんせん、ランチ開始時刻が12:00と遅めでして

 

ご存じの方も多い通り、朝ごはんは基本食べない派となる私は、1分1秒でも早く、ランチを食べたいタイプ

出来れば11時開店、我慢したとして11:30が限界となる私にとって、12時開店となるこちらのお店は、近くて遠い存在として長らく君臨していたのです

 

加えて、イタリアンとは言え、ランチはパスタメインとのこと

12時まで待った私のお腹を、パスタひと皿で満たす事は難しく、様々な理由から足を運べずに居たお店となるのですが

 

前述した通り、この日は所用で遅めのランチ

しかも、向かう先の勝田台では、オヤツがてらに「蕎麦」を頂くつもりでいたので、全ての懸念材料がクリア

煌びやかに彩られたドアをくぐり、estYへの初訪問を迎えるものとなりました

京成、JRの両千葉駅から徒歩数分 本格イタリアンレストラン、estY(エストワイ)を初訪問

京成千葉駅、JR千葉駅の西口から、徒歩3~5分ほどに位置する、イタリアンレストラン「estY(エストワイ)」

 

同ビル1Fには炙りや楽蔵、すぐ並びにはラーメンのたかし屋(現在は閉店&新たに改装?中)

更には、鳥万や、てんちら あ・まると、えびすやなどらが、半径数十m以内にお店を構えており、千葉でも有数の名店が揃うエリア

そんな地に2年ほど前、幕張本郷から移転オープンしたのが、estY(エストワイ)となります

 

同店のテナントには、長らく「遊禅房」という創作系の洋食屋さんがお店を構えておりまして

私の実家も近かいことから、幾度と足を運んできたビル

ただ、現在のestY(エストワイ)については前述した通り、いくつかの懸念材料が重なってしまい、これまで未訪問のままとなっていたのです

 

移転オープンから2年が経過してしまった同店ですが、

店内の説明によると、幕張本郷にお店を構えたのは2013年とのこと

現在の場所では2年半となりますが、お店の歴史自体は今年で丸6年になる様です

 

店内は、隠れ家的な雰囲気ある内装となっておりますが、

見た目以上に広い作りとなっており、最大では60席ほどを作る事が可能とのこと

 

この日の入店時刻は、12時を5分ほど過ぎた所

先客は3組となりますが、その全てが女性となり、男性は見事なくらいに私一人

その後も、予約されていた団体さん(6名ほど?)らが続々と入店してきましたが、入店から退店に至るまで、私の視界に入る男性客は0

 

かといって、男性が入りづらい雰囲気か?と言えば、決してそんな事は無し

女性でないと入りにくいお店と言うより、女性からの支持率が高いお店、といった方がシックリくるかも知れませんね。

 

女性ばかりの店内ではありますが、ホールをメインで担当しているのは男性のスタッフさん

いや、身のこなしや会話の雰囲気からして、スタッフさんでは無くオーナー・・・

もしくは、ギャルソンといった雰囲気を持ち合わせており、丁寧かつ気さくに案内して頂き、席の方へ

テーブル上には、厳かな雰囲気漂うグラス、そしてお水のボトルが

 

そして、ランチのメニューですが、

こちらでは、A~Cまで3つのコースが提供

これらに加えて、ビジネスランチと称される、パスタにサラダ&スープ、ドリンクまで付いて1000円のセットメニューも提供

 

パスタの方は日替わりとなっており、全4種から選択可能

加えて、+150円の追加料金が掛かりますが、リゾットを注文する事も出来るようです

 

3種あるコースのウチ、Aコースは前菜の盛り合わせが付いたパスタセット

お値段も1700円と、コースながらリーズナブルなので、これも良さそうですね

 

その他のB、Cコースについては、メイン料理やドルチェまでが提供されるガッツリコース

これをランチ帯に、お一人様の中年男性が注文している様は、さすがに滑稽すぎるのでこれは選べないなあ

 

となると、選ぶべきはAコースかビジネスランチとなるのですが

この後、オヤツに蕎麦を食べたいことから、ビジネスランチを選択

パスタの方は、全4種の中から「桜エビとサボイキャベツのペペロンチーノ」を頂いてみようと思います。

 

 

ちなみに、お店の外になりますが、ディナーメニューも発見

ディナー帯も、以下の通りコースがメインとなっていますが、

こちらの価格帯も、3000円台から5000円台まであり、割とお手頃な様子

 

通常コース以外に、事前予約が必要となるコースも用意されていますが、説明によると

「estY(エストワイ)の人気メニューを抜粋」したコースになるんだとか

お店の味を一通り堪能出来るとあるなら、これもまた面白そうなコースですね

 

また、上記のコース以外にアラカルトや単品でのオーダーも可能との事

こちらでは、パスタメニューの数も一気に増加

アラカルトについては、お手頃価格の品が多数揃っており、コースを頼まず、飲み食いするにも楽しめそうなメニューとなっています

 

そして、アルコールメニューですが、

こちらの取り揃え以外に、ワイン類も多数

うーん、これならコースと言わず、普通に飲みに来ても楽しそうかも。

ランチのメインは3種のコースながら、サラダ&スープのパスタセットなら1,000円で提供!

勝手なイメージながら、敷居の高いイタリアンを想像していたものの

その実は、1000円で頂けるビジネスランチを筆頭に、普段使いしやすいお値段、メニューでもあった、estY(エストワイ)

 

その全容を味わうなら、もちろんコースで・・・

となるのでしょうが、一人でのランチならパスタ、複数名ならコース

夜ともなれば、コースからアラカルトまで、用途に応じた選択が出来る利便性の高いお店とも言えそうです

 

12時オープンを理由に、これまで訪問せずに居たことを反省すると共に

リゾットメニューの注文が可能であることから、次はカミさんを連れてコースを頂いてみよう

(ウチの奥様、小麦系がNGとなるため)

 

そんな事を考えながら、まずはサラダ&スープから

本日のスープは、カブのポタージュスープ

サラダの方は、フライドオニオンを散りばめた、葉物野菜となっております

 

まずは温かいウチにスープから頂いてみると

これがもう、余裕な顔して出鼻をくじいてくる美味しさ

 

トロっとしたカブの食感を残しつつも、ポタージュらしい甘さとコクが伝わってきます

表面に振りかけられたペッパーが、香りと辛味のアクセントを与えているのも良いですね

 

続くサラダですが、こちらもまた、不思議な味わい

自家製と思われるドレッシングはオイル系でありながら、しつこさを感じさせません

なにより、散りばめられたフライドオニオンが風味豊かで、一粒残さず食べ干してしまいたい味わいです

 

本格派イタリアンアンながら、1000円のランチセットで、サラダ&スープが付いてくるだけでも御の字、

しかも気の利いた、美味しい品ぞろいときたら、女性客が殺到するのも納得

 

先ほどの店主さん?と会話するお客さんらの雰囲気からも、常連さんが多い様子も伺えますが

確かにこの価格帯で美味しいイタリアンが、しかも駅チカで頂けるとなれば、通いたくもなりますね

 

と、まだ本ランチの主役を頂いていないながら、早くもファンになりつつある中

サラダ&スープを食べ終え数分のタイミングにて、パスタが到着となりました

こちらがestY(エストワイ)で頂く本日のパスタ

「桜エビとサボイキャベツのペペロンチーノ」となります

 

サボイキャベツという名前に、ちょっと聞き馴染み無かったので事前に調べた所

一般に「ちりめんキャベツ」と呼ばれている品を指すのだとか

同キャベツは、フランスのサボイ地方で生産されることから呼ばれており、これが日本では、その見た目から「ちりめん」として浸透しているそうです

 

そんな、ちりめんあらためサボイキャベツがたっぷり

それを上回る様に、更にたっぷり盛られているのが、桜エビと

盛り沢山となった2種の具材が光る品ではあります・・・が!

 

ここで私が、まず注目して見たのは

こちら、お皿の色になります

 

一般的なお店では、パスタ皿と言えば白が定番となる中

ここ「エスト ワイ」では、見ての通り、漆黒とも言うべき真っ黒のお皿を使用しているんですね

 

お造りや茶碗ならまだしも、パスタの盛り付けに黒い皿を選ぶというのは、なかなかエッジの効いたチョイスでしょう

しかし、上記の通り、黒い皿に盛り付けられたパスタが、見事に映えるんですよ

 

黄色みがかったパスタの色合い、そこに盛られる2種の具材どちらも淡いパステル調

これらの色合いが、白いお皿に盛られたとして、不自然さはありません

 

が、敢えて黒いお皿に盛り付けることでグッと引き締まり、パステル調の色合いにコントラストを与えております

こういった盛り付けひとつからも、美味しく見えるのですから、料理ってホント奥深いなあ

 

そんな様に感心しながらも、まずはパスタを頂いてみましょう

しっかりアルデンテに茹で上がったパスタは、僅かに芯を感じさせながらもっちりした食感

使用しているのは乾麺だと思いますが、風味も感じられます

 

ペペロンチーノの肝とも言うべき、オイルはしっかりと乳化しパスタに旨味を与えています

ニンニクの風味とコクを感じさせながら、それらがパスタに絡み、均一に行き渡っていますね

 

続いて具材の方ですが

淡いピンク色した桜エビ、そしてサボイキャベツたち

キャベツには、ソースの旨味が行き渡っており、甘さも感じさせます

 

そして桜エビですが、ざくっとした食感の奥から湧き上がるエビの旨味、そして僅かな苦みがアクセントに

シンプルな味付けであるペペロンチーノだからこそ、キャベツと桜エビといった大人し目な具材の旨味が、しっかり引き立てられています

 

ただ、こちらのパスタ

食べ進めることで気付いたのですが・・・

具材が、結構なまでに盛り沢山

 

ペペロンチーノに限らず、パスタの具材って麺の量に対し、毎度少ないよなあ

と感じることばかりですが、こちらエストワイには、そんなしみったれたイメージを感じさせず

 

最後の最後に至るまで、たっぷりのキャベツ、桜エビとのマリアージュを楽しめるどころか

気付いたら、麺の方が先に姿を消してしまうほど

思わず替え玉や、〆のご飯をオーダーしてしまいそうな程、具沢山でお得感を受けるパスタとなりました

 

そして、食後のタイミングをしっかり見計らい、

この通り、ドリンクも提供

 

アイスコーヒーを頂くタイミングで、お皿を下げられた事により、気付いたのですが

先ほどまでフォーク&スプーンが置かれていたカトラリーレスト

君・・・実は、ダックスフンドだったのね(笑)

 

細かな部分に遊び心も感じさせながら、隙のない接客に、しっかり美味しいパスタ

そして、お値段1000円ながら、充実のセットメニューを美味しく頂くものとなりました。

 

 

更に、帰り際には、

ドリンクサービスのチケットが付いた、マシュマロまでプレゼント

今更ながらの初訪問となってしまいましたが、もっと早いウチからチェックしておくべき、千葉駅近くの名店発見となりました。

 

 

なお、最後に余談ですが

この後、京成に乗り込み向かった先は勝田台駅

 

同駅からすぐの距離にあるお蕎麦屋さんで、オヤツがてらのセイロを頂く予定だったのですが

お店の前に着くと、この通り

 

火曜日定休のお店だと理解した上で、水曜日であることを確認し向かった筈なのに、

伝統芸とも言うべき、臨時休業を引き当てるものとなりました

こんなことなら、大人しくAコースを頂いておけば良かったなあ。。。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

est Y

■ エスト ワイ

■ 食べログURL:

https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12032915/

(ネット予約 可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区新町15-13 2F

■ 営業時間:12:00〜14:30 / 18:00〜22:30

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。