スポンサードリンク

イル・キャンティ アズーロが西千葉にオープン! 名物、真夜中のスパゲッティ&シラスのマルゲリータを食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

仕事の影響で、日常的に抱えている腰痛や背中の痛み

これらを改善すべく、以前から定期的に通っているのが、都賀駅前にある鍼灸院

 

気付けば半年以上もお世話になっているのですが、

(ちなみに、こちらで「猫背治療」を受けた結果、身長が3センチ伸びました)

 

そちらで施術を受けながら、話題はランチの話になった際

幕張にある「アズーロ」というイタリアンのお店が、西千葉に新店を出したとの話を耳に。

 

アズーロ・・・聞き覚えがある様で無い様な

それにしても、西千葉のどこだろう??

 

そんな話題を気に留めていたものの、イタリアンのお店であることから1人では訪問しづらく、機を待つこと1ヵ月

久々に家族総出でランチへと出る機会となった、週末の土曜日

JR西千葉駅の西口(千葉大じゃ無い側)から徒歩三分

 

以前は「アロハキッチン」のあった跡地に、この10月オープンとなった新店

「イル・キャンティ アズーロ 」を初訪問してみることとなりました。

スポンサーリンク

西千葉駅から徒歩3分、アロハキッチン跡地に10月オープンのイル・キャンティ アズーロ 

学生向けの格安店や大衆食堂がひしめく、JR西千葉駅界隈

そんな土地柄の中、異彩を放っていたお店の一軒となるのが、この2月に惜しまれつつ閉店した、アロハキッチン 西千葉店

その跡地に、この10月オープンしたばかりのイタリアンレストランとなるのが、本日ランチに伺ったイル・キャンティ アズーロ となります。

 

幕張にも系列店があるとのことで、事前に話を聞いていたものの、店名だけではイメージが沸かずにいたのですが・・・

看板を見てなるほど、JR幕張駅から国道14号を渡った先の大通り、ステーキ共和国 幕張大使館のお隣にあるイタリアンレストランと同じ看板です

つまりは、ステーキ共和国お隣にあったイタリアンのお店の西千葉店と言う事になる様です

 

疑念も払拭出来て安心した所で、早速店内へ

壁紙を始めとする内装については、以前の店舗より変更されているものの

大まかな店内の造りは、アロハキッチン時代を継承しているようで、入り口から向かって正面に厨房&カウンター席

その反対側にはテーブル席、更に奥には個室風の席が設けられている造りとなっております

 

そんなお店の気になるメニューですが・・・

平日に関しては、ちょっとお得なランチメニューの提供が行われているとのこと

 

対し、土日についてはグランドメニューのみの提供となるそうで

イタリア食堂、の名前通りピザはもちろん

アラカルトメニューもランチから注文が可能とのこと

 

こちらをザッと目を通しただけでも、

・ウニ・マルゲリータ

・フォアグラ・マルゲリータ

・ボッタルガ(イタリア風のからすみ)ピッツァ

など、プリン体をたっぷり蓄えた、旨味の塊とおぼしき品々が私を誘惑してきます。

 

ピザだけでも、3~4日は通い続けられそうな魅力が溢れているにも関わらず、

更に下へ目をやれば、今度はご飯もの、スープ類からも誘惑が立て続けに

・ローマ風ガーリックスープ

・イタリアンピラフ

・石焼リゾット(具材は日替わりで、この日は的鯛のカルパッチョとのこと)

などなど、これまた2~3日は通い続けられそうなメニューが押し寄せてきました。

 

そして、まだまだ続く誘惑の嵐

次に押し寄せてくるのは、当然パスタ

・ギリシャのスパゲッティ

・真夜中のスパゲティ

・ペスカトーレ

・ボッタルガ

と、ここでもまた、怒濤の如く姿を現わす美味しそうなメニュー達

 

グランドメニューにザッと目を通しただけでも、1週間以上通い続けたくなる程に、魅惑的で官能的な料理達が一斉共演

この中から、ひと品に絞り込むなんて、これは間違いなく、今月一番の至難の業

 

しかも、事前に得ていた情報では「ドレッシングが美味い」との話

となればサラダも必然的に頼まなければならず、散々悩みに悩み抜いた挙げ句、

・カリブサラダ

・真夜中のスパゲティ(少し辛目なガーリックトマトスープのパスタ)

・シラスのマルゲリータ

・ズッパディベッシェリゾット(魚介のリゾット)

以上4品をオーダーし、シェアして頂く事となりました。

 

ちなみに、フードメニューだけで無く、ドリンクも充実

 

イタリアンという事で、特にワインの品揃えは圧巻レベル

私はワインに疎いので、この品揃えがどうなのかは分りませんが、その豊富さだけは間違い無し

ランチだけと言わず、アラカルト類をつまみながらの夜メニューも、間違いなく面白そうな展開が繰り広げられそうです。

スポンサーリンク

個性溢れるピザ&パスタの数々 土日のランチなら、多数あるグランドメニューも注文可能!!

お店の開店となる11時ジャストに入店した、イル・キャンティ アズーロ 

この日は土曜日ということもあってか、まだ先客はなくお客さんは我が家のみ

 

学校の多い土地柄、この界隈には格安、デカ盛り系の飲食店が多い場所となるのですが、確実にそれらとは一線を画したお店となるイル・キャンティ アズーロ 。

ただ、前述した「学生向け」といった飲食店だけで無く、マロニエ通り(西千葉駅の西口ロータリーから、国道14号方面に向かう通り)周辺には、小洒落た飲食店やレストラン、ダイニングも多く、学生向けのお店とはまた違う表情を持つのも西千葉駅周辺の特徴

加えて、春日周辺は千葉市内でも有数の高級住宅街として知られているので、これらの層を掴めるかどうかが、この地で営業していく要所となりそうです。

 

いずれにせよ、西千葉駅周辺は、本格的なイタリアンのお店が無いエリア

価格こそ学生向けで無かったとしても、確かな料理が頂けるお店であれば、私的には嬉しい限り。

 

そんなこんなを考えつつ、まずはサラダが登場

スポンサーリンク

こちらが「カリブサラダ」となります

何故イタリアンでカリブかはさておき、海の名にちなんだ商品らしく、シーフードがたっぷり

海老にアサリ、ムール貝にイカとタコ、家族3人でシェアするにはサイズも申し分なし

 

そして、そのお隣にボトル入りで提供されたのが、噂で耳にしていた自家製ドレッシング

真夜中のスパゲティやギリシャのスパゲッティらと同じく

「当店自慢」とされる自家製ドレッシングとのことで、これを目当てに訪れるお客さんもいるとのこと

 

そんなドレッシングを、惜しげもなくたっぷり掛けてみたサラダがこちら

早速頂いてみると、やはり飛び込んでくるのは噂のドレッシング

 

ニンニクを始めとした香味野菜に、玉ねぎらの野菜も存分に含まれています

そして、特徴的なのが、味噌・・・ではないものの、それに近しい発酵食品のような味わい

イタリアの素材なのか、詳しくは判別出来ませんが、市販のドレッシングには無い、深みを感じさせており、これはファンが出来るのも頷けます

ちなみに、こちらのドレッシング、600円にて購入も可能とのことなので、これはお土産に買って帰らなければ!!

 

サラダから遅れること10分

続いて提供された品が、私のオーダーしたこちら

真夜中のスパゲティとなります

 

器に並々注がれた、トマトベースのスープ

そこにガーリックの風味がたっぷり、更には唐辛子の辛味も思いのほか強め

一口目には、トマトの甘みと酸味が感じられ、それ程でも無いかな・・・

と思いきや、食べ進めるにつれ、ジワジワと増してくる辛味

そして、とにかくたっぷり入っているニンニクが旨味の肝となっており、これは確かに名物らしいパンチあるひと品です。

 

具材のマッシュルームが私的には余計ですが、ベーコンにシーフード、更には追いトマトも加わっており、具材も充実

そして、要となる麺の方は、

他のパスタには、生パスタが使用されている品もある様ですが、こちらには乾麺が使われております

スープがとにかくインパクトをもたらしており、風味がどうこう・・・を感じるには至りません

が、たっぷり入ったスープにあわせて、パスタもちょい固めに茹でられており、スープとの絡みが実に良好

 

パスタ1人前では、まず満たされることのない私のお腹ですが、こちらはなかなかのボリューム

なにより、スープがとにかく美味く、これならパスタと言わずに、ご飯を入れたリゾットや、パンを付けて食べたりなど、様々な施策を繰り広げたくなる味わいです

 

パスタを食べ干した所で、追加でガーリックトーストなんぞ頂き、このスープで・・・

などとも考えてしまったのですが、この日は家族との同伴

この後に配膳される、残り2品も頂くことになりそうなので、パスタのみで断念することに。

 

パスタから遅れること数分、続いて現れたのは、

ズッパディベッシェリゾットとなります。

 

小麦を食べられない、我が家の奥様がオーダーしたこちらは、トマトベースのに魚介をふんだんに使ったリゾット

先ほどの「真夜中のスパゲティ」に近しい色合いのトマトスープですが、こちらの辛味は控えめ

後味に僅かな唐辛子感を受けますが、子供でも食べられる程度に抑えられています

 

辛味が抑えられていると言うより、ふんだんに使われているシーフードたち

これらから染み出た旨味が、トマトへと存分に溶け込んでいるので、辛味を感じさせない、といった方が近いのかも

そのふんだんな旨味は、余すこと無くご飯にも染み入っており、お米の一粒一粒すら、凝縮&結合された旨味成分を纏っております。

パスタに比べ、提供までに少し時間が掛かるのは難点ですが、その待ち時間すら忘れさせる旨味が溢れかえった一杯でした。

 

そして、先ほどのリゾットと時同じくして提供されたのは、

こちら、シラスのマルゲリータとなります

 

シンプルなマルゲリータにトッピングされる、タップリのしらす

トマトの甘みとチーズの塩味、そこに加わるしらすの塩味とカリッとした食感が実に巧妙

ピザ単体でも、しっかり美味しいものの、備え付けられた唐辛子入りオリーブオイルを掛けると、これが更に豹変

 

オリーブオイルがチーズとトマトの旨味を一層引き立て、また新たに加わる辛味が、全体に見事マッチ

シンプル故に単調な味わいであるマルゲリータですが、その味わいを深め、また辛味で食欲もアップ

ピザ生地もカリッと焼き上がっており、小麦の味わいも充実

すでにパスタを平らげた後にも関わらず、子供の残したピザ(全体の1/3)を全て平らげてしまうほど、旨味に溢れた一枚となりました。

 

という訳で、数あるメニューの中から、悩みに悩み厳選した4品を頂いた、イル・キャンティ アズーロ への初訪問

前述した通り、とにかく私好みなピザ、パスタ、リゾット、更にはおつまみが溢れかえっており、このお店が最寄りとなる西千葉にオープンしたのは嬉しい限り

まだまだ食べておくべきメニューは多く(そしてプリン体も多めw)、今後も定期的に通いつつ、その独創性溢れるイタリアンを、しっかり堪能していきたくなる、そんなお店となりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

 イル・キャンティ アズーロ

■ イル・キャンティ アズーロ

■ 住所:千葉県千葉市中央区春日2-19-1 MS90 1F

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~23:00

■ 定休日:月曜日

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。