スポンサードリンク

千葉の人気イタリアン サクラ(SAKURA) 予約殺到のお店へついにランチ初訪問!!

LINEで送る
Pocket

日頃のランチは、このブログのコンセプトもあり

「1人でフラッと立ち寄れるお店」

の紹介が中心となるため、気になるものの、なかなか行けずにいたお店。

 

それが、中央区本町の住宅街に忽然とオープンした「サクラ(SAKURA)」。

コースを中心としたイタリアンを提供しているお店なのだが、オープンからまだ2年足らずだというのに

・食べログ 3.94(時期により変動はします)

・食べログ 全国ベスト1000入り

と、実質的に千葉市のTOPクラス入りを果たしたイタリアンのお店となる。

 

それもそのはず、同店の支配人は千葉市のグルメ好きなら誰もが知る

同じく千葉の有名イタリアン「トラットリア アルベロ」にいらっしゃったKさん。

(端正な顔立ちながら、えー声のジェントルマン、と言えば、思わずうなずく方も多いかと)

市内で多くのイタリアンのお店を繁盛店にして来た、Kさんが手がけるお店となれば、この評価も理解できる。

 

ただ、それが故にフラッと立ち寄ることが出来ず、事前予約が必須なほどの人気店となり、

しかもコースのイタリアンとなると、1人で立ち寄るわけにも行かず、これまで訪問できずにいた。

 

が、ここに来てついにチャンス到来!

2週間前に予約を済ませ、ついに

dsc_0145

千葉市の人気急上昇イタリアン、「サクラ(SAKURA)」の門を叩いてきました!!

 

スポンサーリンク

千葉の大人気イタリアンサクラ(SAKURA) 本格的なコースが、ランチなら2000円から

同じく千葉の人気イタリアンであるアルベロもそうだが、ただ美味いだけで無く

それでいながら、無理なく食べられる価格帯で提供して頂けることが、人気の理由じゃないだろうか。

 

千葉市民にとって、「ただ美味いモノ」を食べるのなら、小一時間電車に揺られ、都内まで足を伸ばせば、美味しい「だけ」の店は幾らでも見つかる。

が、都内まで向かい美味いモノを食べたとして、それは「高いのだから、美味くて当然」が付きまとうものであり、しかも往復の移動時間を加味した際、それが果たして普段使い出来るお店と言えようものか。

 

対し、私が居を構える千葉市。

様々な魅力を抱える、都心からもほど近い100万人都市ながら、

・都内のベッドタウンにするには不便

・なんだかんだ、必要品が市内で賄える

・働き口も案外多い

等の理由で、千葉市外に足も目も向けない修正が根付いており、それ故に対外交渉や地元アピールもヘタすぎてしまい、市外の住人はおろか、市内の住人にすら「何をやっているのか」を、分りやすく伝えられない程。

 

まあ、何が言いたいかと言うと、魅力在りながらそのPRが出来ない千葉市全域に代わり

「千葉市外からもお客さんを呼べるだけの魅力あるイタリアン」

となりつつあるのが、このサクラ(SAKURA)。

 

その理由は、このメニューを見ても分かる通り

dsc_0150

都内に足を向ければ、「倍」はしても不思議じゃ無い、イタリアンのコースがランチなら2000円から。

また、メインを1品加えたとしても3500円。

毎日通うランチ、としては値が張るものの、月に1度、自分へのご褒美として食べるのなら、バチのあたらない範疇という良心的な値段設定。

 

支配人曰く「本来、イタリアンにはオードブルを出す風習が無い」中、そうは言っても千葉でコースを提供する以上、無くてはならないとシェフに懇願し、同価格ながらオードブル(5点盛り合わせ)まで付いてくる。

 

この良心的な価格設定のコース料理を、

dsc_0148

白を基調とした、ステキな店内の中で、

 

dsc_0147

ナプキン1つに至るまで趣向を凝らされた、万全のホスピタリティと共に頂けるのだから、都内までわざわざ足を運ぶ理由も無く、本町の住宅街に店を構えるサクラ(SAKURA)が人気店となるのも頷けてしまう。

 

スポンサーリンク

サクラ(SAKURA)の【地(3500円)】は想像を上回る衝撃の連発だった

せっかく待ち焦がれ、初訪問することが叶ったサクラ(SAKURA)。

最近の胃の積載量を考えると、「桜」でも十分満足できるボリュームに思えるが、やはり予約から2週間待った以上、パスタだけで無く主菜(メイン料理)も食べたい。

 

となれば、ランチとしては少し贅沢ではあるものの「地」を選択。

しかし、ここから更にアタマを抱えるのが、パスタとメインのチョイス。

説明を聞けば聞くほど「どれも食べたい!」と脳内がヨダレで溢れかえる状態ながら

・キノコはアレルギーなので回避する(アレルギーと言っても重くは無いが)

・気分的には魚よりも肉、そして普段味わえないものを

この2点に意識を傾け、消去法で候補減らしすること5分、

 

・パスタ → ズワイガニとブロッコリーのオイルソース

・メイン → 子鹿のロースト(本日のお勧め)

を選択する事に。

 

本来なら、ここで食前酒など頂きたい所なのだが、そこはランチ&車なので断念。

フォカッチャを頂きながら、まずは1品目

dsc_0151

お通しこと、シェフからのお愉しみ

 

続いては

dsc_0152

5点盛りのオードブル

食べる事を急ぐあまり、若干手ぶれしてしまったことを後悔・・・

 

そして、パスタは

dsc_0153

ズワイガニとブロッコリーのオイルパスタ

鼻から抜けるオリーブオイルの香りが本当に素晴らしい

そして麺もオイルソースには珍しいフェットチーネなのだが、蟹とオリーブオイルがソース状に絡まり、これをうまくまとめ上げてくれている。

パスタの歯ごたえ、蟹の風味、ブロッコリーの甘み、ボリューム感も含め、明日また食べたい1品だった。

 

そして、メインは

dsc_0154

そうそう食べる機会の無い鹿肉のロースト。

生臭さや血合いを感じやすいジビエ料理ながら、下処理が早いからか、食べにくさは一切ない。

むしろ、赤肉らしい「肉々しさ」を堪能するなら、牛よりも柔らかく、羊よりも旨味が強い。

私も、数えるほどしか鹿肉を食べたことが無いので、他店の料理と比べることすら出来ないが、単なる肉料理として比較しても相当な上位に滑り込む一品だった。

 

ここまででも、イタリアを十二分に堪能したランチとなるのだが、そこはコース。

最後のひと品には、

dsc_0155

千葉県の名産である、サツマイモを使ったモンブラン。

上記ドルチェに限らず、多くのメニューで千葉県産の食材を使っている所にも、支配人の千葉愛を感じてしまう。

(地元の食材の方が、鮮度の良いものを安定して仕入れられる、というのもあるのだろうが)

 

ボリューム、味、価格、これらに加え、

邪魔にならない程度にテーブルへ訪れ、小咄を差し込んでくれる支配人のホスピタリティ。

 

全ての面から、少なからず千葉市近郊では、これに適う店は無いと絶賛されていることにも納得。

帰り際に思わず、次回来店の予約を取り付けてしまう程、定期的に通いたくなるお店でした。

 

ちなみに、常時予約必須なのかと思いきや、比較的金曜日のランチは空きが出やすいとのこと。

とはいえ、週末はランチ、ディナー共に年内予約で埋まっているため、やはり来店時には事前の予約をお勧めします。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

サクラ(SAKURA)

■さくら

■ 住所:千葉県千葉市中央区本町2-5-5 プライムスクウェア 1F

■ 営業時間:11:30~14:30 / 18:00~22:30(ランチ、ディナー共に予約必須です)

■ 定休日:月曜日

 

スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントを残す

CAPTCHA