孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

若葉区加曽利町の中華屋さん、加曾利屋 話題のデカ盛り純レバ丼に海老チリ&チャーハンら食べ比べ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

お盆も開け、少し暑さも和らいだかと思いきや

今度はうって変わって、朝から勢い溢れる大雨に突入

 

本日もまた、家族でのランチへ出掛けるものとなるのですが

雨が一時小康状態になりはしたものの、雨雲レーダーは鳴り止まず

 

とりあえず駐車場を完備しているお店を訪れるべく

気になるお店を複数調べ回った結果、本日は国道126号沿いの「加曾利屋」を目指すことに

 

2年半前に国道126号沿いへオープンし

メニュー豊富な中華屋さん、といった印象を感じた同店

 

ただ、その後SNS各所で目にする同店のメニューには

私が初回訪問時に感じた印象を覆す品が数多く投稿されておりまして

 

以来、もう一度腰を据えて訪問したい・・・

と思っていたものの、なかなか機会に恵まれなかった同店

 

ですが、前述した通り本日の候補は駐車場完備のお店

加えて、家族三人となることから、メニュー数豊富なお店が適任となりまして

そんなこんなの事情から

本日はこちら、加曾利屋をランチ訪問するものとなったのです。

※ 本日スマホの調子が悪く、こちらの外観は以前の写真になります

若葉区加曽利町のメニュー豊富な中華料理店、加曾利屋をランチ訪問

という訳で、オープン時以来となるので

約2年ぶりの再訪となった、若葉区加曽利町の中華屋さん、加曾利屋

 

この日お店に着いたのは12時をだいぶ過ぎた頃

お昼の繁忙帯ど真ん中となりますが、駐車場には複数車が停車中

 

とは言え、広い店内に提供の早い中華料理店

店内にも3~4組の先客はおりますが、問題無く店内へと案内される形に

 

早速メニューを見ていきまして、

まずこちらが麺類、そしてお勧めメニューとなっております

同店のラーメン各品については未注文ながら

こちらの麺類にも根強いファンがいるそうでして

 

あらためてメニューを眺めると

黒胡麻担々麺など、気になる麺類の姿も発見

 

ただ本日、それにも増して気になっていたのが

お隣に並ぶお勧めメニュー

 

こちらにある海南チキンライスもそそるものとなりますが

それ以上にぜひ一度食べてみたかったのが、こちらの純レバ丼になります

 

その他メニューも充実しており、

前述したお勧めメニューとは別途

更なるお勧めメニューも全10品

 

中華の定番系からもつ煮込み定食

更には、前回私の食べた角煮焼そばなど、ボリュームあるメニューが並びます

 

そのお隣もまた、更なるボリュームある定食で

多数のおかずを同時に味わえる定食ながら、お値段はいずれも1,000円以下とリーズナブル

 

更にもう1つ気になったのが、

こちら壁面にのみ掲載のあるメニューでして

こちらを見ると、冷やし中華らしき品を発見

更には、冷やしラーメン??にも見える品も

 

ただ光の反射でメニューを目視では確認出来ず

その詳細を解き明かすことは出来ずですが

 

以前に同店を訪問した際よりも

更にメニューは増えている上、個性的な品も多く見つかります

 

とは言え、本日の目的はすでに決定済み

冷やし中華にも浮気しそうになるも気を確かに持ち、本日は純レバ丼を頂く事に

 

そしてカミさんは、毎度おなじみの如く海老チリ定食を

更に子供は、梅チャーハンとマニアックな品を、それぞれオーダーするものとなりました。

ガッツリ盛られたご飯に、それを覆って余りあるレバ焼き 加曾利屋で頂く大ボリュームの純レバ丼

お昼の繁忙帯ど真ん中に訪れるものとなった

若葉区加曽利町の中華屋さん、加曾利屋

 

他のお店ならば待ち時間も覚悟しなければならない時間帯ですが

そこは中華料理店、とにかく調理の速さが魅力でして

 

本日もまた、注文からのスピードは流石なものとなり

オーダーを告げてから待つこと5分少々

 

早々に提供となったのが、本日私がオーダーしたこちらの品

加曾利屋にて頂く、純レバ丼になります

 

以前よりも様々なSNSで目にして来ましたが

それらを上回る、大ボリュームで提供となったこちらの丼

 

たっぷりのご飯もさる事ながら

それを覆い隠す純レバ、そして大量のねぎ

 

スタミナ丼と呼ぶに相応しい、そのビジュアル

隣にスープが付いてはきているものの、その姿が霞むほどの圧巻な盛り付け

 

早速、スプーンを差し入れてみますと、

ネギを避けた先から、出てくる出てくる

ご飯に負けじと、たっぷりのレバーが姿を現します

 

まずはこちらのレバーを頂いてみますと

使用されているのは豚レバで、細かく一口大にカット

 

味付けはレバニラを彷彿とさせる濃い目の味わいでして

ピリッとした辛味が感じられ、これはご飯に間違いなくマッチしますね

 

続いてはネギにご飯も盛り付け

レバーと共に3種を味わってみますと

これもまあ、予想通りのマッチング

レバーの甘辛い味付けとご飯は、否応なく好相性

 

共に頂くネギの方は、シャキッとした食感がアクセントに

また、特有の辛味が濃い目の味付けに対する口直しにもなります

 

大量のご飯が盛り付けられる丼となりますが、

そこに染み入るレバーのタレもまた

ご飯を食べ進める為の調味料として大活躍

 

そんなボリュームあるご飯にはなりますが

反対側を覗いてみると、

こちらも負けず劣らず、ボリューム満点

レバーも十二分な量で盛り付けられ、最後までご飯を余すこと無く頂けそうなほど

 

ただ問題となるのは、そのシンプルな味付けでして

スタート当初こそ勢いよく走り出したものの、やはりそのボリュームだけに食べ飽きる感が

 

そこで後半戦からは、卓上調味料より取り出した

自家製の辣油?と七味をトッピングし、食べ比べてみること

 

辣油の方は正直今ひとつの取り合わせでしたが

予想通り七味は味変役として効果てきめん

 

大ボリュームの丼にはなりましたが

七味の助けを借りることにより、なんとか完食まで辿り着くものとなりました

 

 

一方、この日カミさんがオーダーしていたのがこちら

毎度おなじみの如く、中華屋さんで食べ比べている

海老チリ定食になります

 

こちらもまた、平皿一杯の盛り付けとなりますが

実は海老自体は6尾ほどと、そこまでのボリュームにはなっておらず

 

残るソースの大半を占めているのは玉子になりまして

たっぷり玉子とチリソースのマリアージュを楽しむものとなっております

 

こちらの海老も1つ頂いてみたのですが、

尻尾を残したままとなっているので

カミさんにとっては、若干食べづらさを感じる所があった様で

 

ただ、私は尻尾も含めて丸かじりする派

そんな立場としては、尻尾も気にならず、大ぶりでプリッとした海老は食べ応え十分

 

しかも、たっぷりご飯を盛り付けてありますが

これにも玉子とチリソースがあれば、最後まで完走可能

 

いずれも変わらずの大ボリュームな品々ですが

それであっても完食出来る変化に富んでいるのも魅力と言えます

 

そして最後は、子供がオーダーしたこちらの品

梅チャーハンになります

 

これもまた、シンプルなチャーハンになりまして

その名の通り、具材は刻んだ梅に玉子、大葉といった品々

 

こちらも一口頂いてみたのですが

もうそのまんま、梅の風味が満載

 

そこに紫蘇、更には大根の葉でしょうか

といった面々も加わる事で、チャーハンながらも爽やかな味付け

 

味付けそのものも決して濃すぎず

具材こそシンプルですが、最後まで食べやすい炒飯となりました

 

そして食後には、

私とカミさんにはアイスコーヒーが

 

子供には気を遣って頂けた様で、コーラがサービスで提供

ボリューム面でもさる事ながら、気遣いまで嬉しい1食となりました。

 

 

という訳で、久々に足を運んだ

若葉区加曽利町の中華料理店、加曾利屋でのランチ

 

以前より気になっていた純レバ丼とようやくのご対面となり

そのボリューム、溢れるスタミナ感を存分に堪能するものとなりました

 

また、カミさんらがオーダーしていた

海老チリに梅チャーハンらも、なかなかの品々となりまして

 

初回訪問時に頂いていた印象よりも

その好感度はより、増すものとなる一食に

 

加えて同店では、定番の中華料理に留まらず

海南チキンライスなど、一歩踏み込んだ品も多数

 

中でも気になったままとなっているのが

店内の掲示にのみ記載のある「カツレツ中華」なる品でして

 

また次の機会にはぜひ

こちらのカツレツ中華を頂くべく、足を運びたい所となります。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

加曾利屋

■ かそりや

■ 住所:千葉県千葉市若葉区加曽利町412-24

■ 営業時間:11:00〜23:00

■ 定休日:不定休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。