孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

東千葉駅近く、お食事処たか山 名物多数の老舗にてカツカレーラーメン&肉感満載な焼き餃子

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

春休みとなり、本日もまた家族でのランチへ

 

午前中は子供が習い事となり、

そちらへ迎えに行きながら、少し遅めとなる12時過ぎにお店を探すものとなりまして

 

鮮魚系か中華・定食系、いずれにしようかとの話を進めた結果

子供の方からは中華、ないし定食系のお店に行きたいとのこと

 

となれば私もテンション上がるものとなりまして

向かった先は東千葉駅からすぐとなるこちら、

お食事処 たか山になります

 

東千葉駅からすぐとなる立地にお店を構え70数年

同地を代表する老舗の中華、定食やさん

 

メニュー豊富な同店であればこそ、家族全員が満足するのは必至

なにより私も、まだまだ食べてみたい品が多数となる同店を、久々訪れるものとなったのです。

店舗改装から早4年も、メニューの豊富さは変わらず 東千葉の老舗中華、たか山

という訳で、私は久々の訪問ながら

家族では初訪問となります東千葉のたか山

 

同店へ最後に足を運んだのは、どうやら4年前になるそうで

参照:東千葉のレジェンド中華、たか山がリニューアル! とり皮にかしわら盛り沢山なホルモン定食⇒

 

だいぶご無沙汰となっていた同店ですが

提供される品々は変わらず、豊富なメニューの取り揃えも未だに健在

 

まずご飯ものから見ていくだけでも、

親子丼にカツ丼、チャーハンにカレーライス

もつ煮ライスにオムライス、ハムエッグライスなんて品も頂ける豊富さ

 

そして、他のジャンルに比べ多めな中華ゾーンには

八宝菜に酢豚、ニラレバ炒めらも頂けるなど、とにかく多彩

 

更には麺類も充実するものとなりまして

ラーメンから始まりワンタンメンに味噌ラーメン

 

そして、たか山と言えば外せないのがそう、氷ラーメン

たださすがに、暖かくなってきたとは言えまだ3月

 

氷ラーメンは夏の楽しみにとっておくものとなり

本日、私が目的としてきたのは、カツカレーラーメンになります

 

かつカレーにカレーラーメン

このいずれもが好物となりますが、その2品の足し算はさすがに経験無し

 

とは言え、おおよそ予想できる範疇の品にはなるのでしょうが

その予想が正しかったことを確認したい一心で、本日は早々にカツカレーラーメンを選択

 

一方、同店のメニューはまだまだ続いており、

更にはうどん類も提供されている他

上記の通り4品のセットメニュー、更には日替わり定食も頂けます

 

ちなみに本日の日替わりは、鶏のたれやき定食とのこと

ここに納豆を付けられることから、納豆好きなカミさんは日替わりを選択

 

そして子供は・・・というと

カレーラーメンセットにコロッケが付くことに惹かれた様で

 

ただ、外で食べるカレーの場合

子供には手厳しい辛さであることも起こりえるものとなりまして

 

私もここ、たか山のカレーを食べたことがないだけに

カレーの辛さの程は分からず・・・

 

そんなこんなを悩んでいると、同店のお父さんが相変わらずの優しい笑顔を浮かべ

『そんなに辛くはしてないけど、子供さんだともしかしたら辛いかなぁ』とのアドバイスが

 

結果、カレーラーメンは諦めるものとなり

その代替案として何故にか、ハムエッグライス&コーンクリームコロッケをオーダーするものとなりました。

予想を裏切らないワンパクぶりに大満足! 東千葉のたか山で頂く、カツカレーラーメン

前述した通り、本日はカツカレーラーメンと決め打ちし

足を運ぶものとなった、東千葉のたか山

 

オーダーを終え、あらためてメニューを見る中

ふと気になったのが、こちらの餃子

 

同店へ足を運ぶ際は大概一人となる為

これまでオーダーしたことの無かった同品

 

ですが、あらためて説明を読むと

そこには自家製、とのひと言が

 

せっかく家族で足を運んでいるし、

シェアであれば十分食べられるであろう、と餃子も追加して頂くことに

 

そんな注文から待つこと10分ほど

まず最初に提供となりましたのが、

こちらの焼き餃子からとなります

 

サイズ的には小ぶりとなりますが、1皿6個入り

焦げ目の感じが、何処となく家庭的にも見える餃子でして

 

早速こちらを頂いてみると、これが驚き

私の祖母が作ってくれた餃子に良く似たタイプなんです

 

ゴロッと肉が多め、そこにニンニクとニラを加え

ジューシーさは無いものの、肉感と香味野菜ならではの強い味わい

 

餃子の好みも様々あるので、これをどう分類するか難しいところですが

私にとっては懐かしさを感じると共に、幼き頃に好きだった餃子と酷似

 

今後、同店を訪れる際には

この餃子は是非とも食べ続けたい、そんな大発見を得るものとなりました

 

そんな餃子に続き、提供となりましたのが

まずはカミさんのオーダーした

本日の日替わり、鶏のたれやき定食になります

 

その後すぐに提供となったのが、

こちら、子供のオーダーしたハムエッグ定食

 

ちなみに同店のご飯は丼サイズでの提供でして

こちらについてもオーダー時に、お店のお父さんから

 

『子供さんのご飯は半分に減らしておきましょうか?』

との確認を頂いたりと、気配りは抜群

 

加えて、子供の前に品出しする際には

味噌汁がこぼれると危ないからと、わざわざひと皿ずつ並べてくれたり

 

とにかく優しさに溢れるお父さんの接客

これもまた、同店が70数年も愛されてきた理由の1つに違いありません

 

そんな2品から遅れ、ようやくお出ましとなりましたのが、

こちら、私のオーダーした

カツカレーラーメンになります

 

小脇にご飯をセットしておりますが、こちらは

カミさんのオーダーした定食から分けて頂いたものとなりまして

 

その利用法は説明不要の通り

最後にこのご飯で締めていくフルコースとなります

 

さて、まずは主役となるカレーラーメンですが

これがまあ、麺すら見えないほどにたっぷりのカレー

いや、スープと呼ぶべきなのでしょうか

 

メインとなる豚カツもしっかりしたサイズ感ですが

その下のカレーにもまた、たっぷりの野菜や豚肉が見え隠れ

 

ご飯無しでも十分なボリュームであることが伝わってきますが

まずはそんなカレー、いやスープから頂きます

ベースとなるカレーは家庭的なスタイルになり

事前に子供には辛いかも・・・とありましたが、そこまでの辛さは感じず

 

そのカレーをラーメンのスープで割ったものとなりますので

そこまでの濃厚さは無く、サラッと頂けるカレーに仕上がっております

 

ただ、カレー自体が粘度高めである事からか

スープ全体が、まるで餡かけラーメンの如く熱を閉じ込めておりまして

 

このスープで頂くとなれば、麺の方も相当なアツアツぶりなのが必至

注意を払いつつ麺を頂いていますと

 

やはり予想通り、

いや、予想の45度上をいく熱さを誇っており、注意が追いつかないほど

 

しかしながら、カレーとの絡みあいも見事なもので

想像通りの組み合わせながら、寸分足りと期待を裏切らない

 

私が描く「こうあって欲しい」を

そのまま再現したかのような、カレーラーメンになっております

 

そんなカレーラーメンの陰の主役

それがこちらの豚カツとなりまして

 

これも豚肉自体は薄めなカットとなり

ラーメンと共であっても、食べやすいサイズ感に仕上がっています

 

また、衣に含まれる油の旨味が

時間の経過と共に、スープの方にも移って行きまして

 

序盤こそ、濃度控えめにも感じていたカレースープですが

食べ進めるに連れ、旨味を増していくのも嬉しいポイントに

 

豚カツだけでも満足いく具材ながら、

カレー自体もしっかり具沢山でして

玉ねぎに人参、豚バラ肉

 

更には、カレーとしては珍しい

もやしまでもが加わり、大賑わいの一杯に

 

そんなカレーラーメンの熱さに苦戦はするも、しっかり完食

その後に待ち構えているのが、この〆ご飯

カミさんより譲り受けたご飯

そこに豚カツ1枚とカレーの残りを掛けて頂く、一口かつカレーになります

 

当然ながら、同スープとご飯の組み合わせは文句なしのマッチング

加えて、豚バラらの具材も豊富とあらば、カレーライスとしても隙の無い出来映え

 

その組み合わせこそ、力業のような豪快さを感じるものの

カレーにラーメン、そして豚カツと、1品1品は丁寧な仕事が光るものばかり

 

その合わせ技、集大成とも言うべき

ボリューム溢れるカツカレーラーメン、存分に堪能させて頂きました。

 

 

という訳で久々ながら

家族で複数品を食べ比べるものとなった、東千葉のたか山

 

氷ラーメンを始め、他店では味わえない名物の多い同店ですが

本日頂いた、カツカレーラーメンもまた、その名に恥じない1品

 

ラーメン、カレーと、いずれもしっかりした品である所に

更なる豚カツによるボリューム増に大満足を得るものとなりました

 

また、意外な発見となったのが同店の餃子

これが私にとってはノスタルジーくすぐる1品になりまして

 

今後も、更なる未食メニューを頂いてはいきたいものの

その上でこちらの餃子もまた、欠かすこと出来ない存在に

 

多彩なメニューが溢れる同店の特徴もまた変わらず

言葉通り、毎日足を運んでも満足出来る、そんなお店になります。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

お食事処 たか山

■おしょくじどころ たかやま

■ 住所:千葉県千葉市中央区椿森1-10-7

■ 営業時間: 11:00~15:00 / 17:00~20:30(土曜 ~19:30)

■ 定休日:日曜日・祝日

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。