スポンサードリンク

都賀駅から徒歩2分 広東料理 茶居銘(チャイナ) 昼から飲みたくなる町中華

LINEで送る
Pocket

夏本番には遠いものの、暑い日が続く6月。

本領を発揮する猛暑が訪れる前に、今年の夏を乗り切れる「パンチある冷やし中華」を、ここ最近模索中。

 

その過程で、情報を発見したのがこちら。

都賀駅西口から、徒歩2分という駅チカながら、ロータリー裏手にあり、これまで未訪問だった町中華屋さん。

広東料理 茶居銘(ちゃいな)に初訪問してみました。

スポンサーリンク

都賀駅徒歩2分の茶居銘(チャイナ) 昼からビール、紹興酒の気持ちが分る中華屋さん

冷やし中華に関する情報収集を行っていた際、こちらの冷やし中華が絶品だという情報をキャッチ。

当然、私の目標は冷やし中華となるものの、町中華には必ずといって良いほど、私の決意を鈍らせるだけの魅力を発揮するメニューと遭遇してしまう。

そんな時に、初動の決意を鈍らせずに済む様、この日は家族連れで訪問してみることに。

(要は、気になった品を家族に注文させ、シェアしてもらうだけの貧相な作戦)

 

店内に入り、メニューに目を向けてみると

同じ千葉の都町で、激安過ぎる中華店の価格を目にしてきた後だけに、価格とセット内容を見る限り、そこまでの感動は湧き上がらず。

参考:都町の新店、聚福順 (シュウフクジュン) 激安中華はラーメン一杯まさかの100円!? ⇒

 

良い意味で期待を裏切らなそうな、オーソドックスなランチメニューたち。

そして、こちらが大本命。

「食べるべき一品」と店側からしてプレッシャーを掛けてくる、冷やし中華。

定番の具材が載った、シンプルな冷やし中華にも見えるが、他店には無い何かが潜んでいるに違いない。

 

その他、通常メニューにも目を向けてみると

見るからに、酒のアテになりそうな一品物が実に豊富。

開店直後だというのに、入り口付近のテーブル席に、ジョッキ片手に大声を張り上げている大先輩がいる訳だ。

あ、早くも二杯目に紹興酒を注文している…

 

今日の所は注文を避ける予定だが、麺類のメニューもチェック。

広東料理のお店だというのに、台湾ラーメンや豚骨ラーメン。

果ては味噌ラーメンまでも取り揃えており、日本人の好みをしっかり掴んでいる。

チャーハンもシンプルそうに見えるが、これもまたウマそう。

 

危うく、紆余曲折するところではあったが、今日の所は強い信念を保ち、

・冷やし中華

・五目チャーハンセット

・千鍋ホルモン

以上3品をオーダー。

スポンサーリンク

茶居銘といえば話題の冷やし中華、そしてチャーハンを注文してみた

私の勝手なイメージながら、冷やし中華といえば具材豊富ながら、量は少なめといった感覚がある。

そのため、平らげた頃に腹が空くケースも少なくなく、空腹防止に向けて、普段より多めのオーダーをしてみたのだが…

 

到着した、茶居銘の冷やし中華はこちら

想像していたより、ずっと量が多い(笑)

有り難いことではあるのだが、具材も豊富で、

・千切りレタス

・トマト

・きゅうり

・錦糸玉子

・キクラゲ

・鶏チャーシュー

・エビ

と、その数実に7種類。

更には、なぜだか分らないザーサイ&杏仁豆腐までがセットとなり、現れてしまった。

 

まず、麺から頂いてみると、これがキンキンに冷えている。

茹でた中華麺を水で締めただけで無く、皿の中には氷が多数盛られており、これが食べる直前まで、キッチリ麺を冷やしている様だ。

この氷により、味が薄まらない様、酸味の効いたタレも濃いめに味付けられており、濃度のバランスは実に均整が取れている。

具材も全て、均等に千切りされており、手間の掛かる料理であることが十分に伝わってきた。

 

奇を衒わず、良い意味で定番のど真ん中を突き詰めた様な、冷やし中華。

冷やし中華好きにとっては、こういった真正直で実直な品が好まれるのだろう。

そこに横入りする訳じゃ無いが、不真面目で横道にそれてしまいながらも、忘れられるパンチを魅せる冷やし中華を、私は求めていただけに、「食べるべき一品」とまで語られるこちらの品には、正直言って物足りなさを感じてしまった。

 

さて、その他の注文についてですが、まずこちらが

千鍋ホルモンなる品。

タップリの豚ホルモンを、ニンニクの芽と辛みダレと共に炒めた品。

言うまでも無く、ビールの飲みたくなる最強ツマミ。

これと白米であっても、ランチは十分成立してしまいます。

 

そして、空腹を満たすために掛けていた保険の一品、五目チャーハンセット。

これが…実にデカい(汗)

写真ではそのサイズ感が伝わらず、相も変わらず自分のカメラ技術の無さに呆れてしまう。

が、茶碗であればゆうに3杯を越えるであろう、ご飯の量。

そして、表だっては主張しないものの、中にはチャーシューを始めとしたタップリの具材。

 

油をキレイに纏い、パラッとした食感に炒められているお米は、中華の火力あってこそ。

シンプルな味付けながら、均整なバランスが取れているその姿は、ど真ん中ストレートながら三振の取れる一球、とでも形容できる品。

要は、シンプルなチャーハンなのに、物凄くウマかった、ということですね。

 

数々の期待を寄せていただけに、王道過ぎる冷やし中華は好みとは言えなかったものの、王道を愛する人にとっては納得出来るひと皿じゃ無いでしょうか。

むしろ、同じく王道を突き進んでいるチャーハンの方が、私はドハマリしてしまい、また一品物にも目を光らせてしまう品が数々。

無理にランチだから、と我慢を通すより、欲望に身を委ね、ビール片手につまみたくなる、そんな町中華との遭遇でした。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

 

広東料理 茶居銘(チャイナ)

■かんとんりょうり ちゃいな

■ 住所:千葉県千葉市若葉区西都賀3-17-1

■ 営業時間:11:30~15:00 / 17:30~23:30

■ 定休日:火曜の午後のみ休み

スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。