孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

長崎ちゃんぽんでお馴染み、リンガーハットに背脂たっぷり限定メニュー!? 背脂豚骨醤油とくちゃんぽんを食べてみた

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

12月に入り、特に仕事が立て込みだし

のんびりランチに時間を割く時間がなかなか得られない中

 

この日は、その忙し中でも朝からジムに足を運んでしまい

より一層、ランチの時間短縮を迫られることに

 

ランチの行き先を考える余裕も無いことから

本ブログの更新を楽しみにされている読者さんには

申し訳無く思いつつも、吸い込まれるように近所のお店へ

 

向かった先は、そう

今更私がブログを通じて紹介する必要など無い様な

誰もが知ってるあのお店

 

長崎ちゃんぽんのチェーン店でお馴染み

「リンガーハット 千葉祐光店」となります

 

ただそんな、誰もが知るリンガーハットではあるものの

少し前より気に掛けていた、とある限定メニューがありまして

本日はその限定メニューを目当てに、お店の方へと足を運ぶものとなったのです。

野菜たっぷり長崎ちゃんぽんでお馴染みのリンガーハットに背脂たっぷり?限定メニューが登場??

ランチに時間を掛ける余裕がない中

ご近所で済ませるべく、足を運ぶものとなったリンガーハット 千葉祐光店

 

ランチ時には毎度、満車&満席となっている人気店ですが

この日はたまたまか、それとも私が気付いていないだけで、コロナ渦の影響なのか

 

いずれにせよ、私が知るリンガーハットとしては珍しいほど

お昼真っ只中にも関わらず、空席が目立つ店内

 

その影響もあってか、一人での訪問となれば普段はカウンター席に通されるものの

何事もなかったかのように、テーブル席へとご案内頂く事に

 

さて、誰もが勝手知ったるリンガーハット

一杯のちゃんぽんで1日分の野菜を摂取できることでお馴染み、

野菜たっぷりちゃんぽんを筆頭に

皿うどん、各種セット、まぜ辛めんなどを取りそろえる同店ですが

 

なんだかんだ言いつつも、レギュラーのちゃんぽん

ないし、野菜たっぷりちゃんぽんが、同店に於ける間違いの無い選択とも言えます

 

誰もがよく知るチェーン店故に、

本ブログでは取り上げる機会は少ないものの

我が家からも近いことから、なんだかんだ頻繁に足を運ぶ同店

 

また、足を運ばずとも週に数度は必ず

お店の前を車で通っている訳でして

その過程で気になっていた新メニューが1つ

 

それがこちら、

期間限定メニューとして、

店外のノボリでも大々的に告知されている

「とくちゃんぽん 背脂とんこつ醤油」なる一品

 

これまでは店外のノボリで目にするのみだったのですが

あらためて写真で商品を見てみると、

通常のスープよりも、だいぶ濃厚そうな雰囲気を感じさせる同品

 

ただ前述した通り、期間限定商品を多数輩出する同店ですが

結局、最後は野菜たっぷりちゃんぽんが一番美味い

との結論に辿り着くこともしばしばでして

 

今回の限定メニューも

「背脂とんこつ醤油」と私に刺さるキラーフレーズが

所狭しと並ぶ商品だけに、気になる所ではあるものの・・・

 

果たしてこちらの品が、野菜たっぷりちゃんぽんをも凌ぐ

「さすが!!」と言わしめる程の品になるのかどうか・・・

 

むしろ、そのお隣に並ぶもう一つの限定商品

「かきちゃんぽん」にも心揺れ動くものとなりますが

今日の所は初志貫徹、以前より気に掛けていた「とくちゃんぽん」を頂く事に

 

 

同ちゃんぽんに加えて、本日はジム帰り

空腹も絶好調である事から、餃子&半チャーハンの付くDセットを注文

 

オーダーを告げ、待つこと僅か5分という

さすがチェーン店とも言うべき手早さで提供となった本日のランチがこちら

リンガーハット 千葉祐光店にて頂く限定メニュー

「背脂とんこつ醤油とくちゃんぽん」のDセットとなります。

リンガーハット初の試み?たっぷり背脂に豚骨醤油で頂く限定メニュー、とくちゃんぽんを食べてみた

一見すれば、いつものちゃんぽんと差程変わらない見た目

 

が、しかし

スープをよくよく眺めてみますと、

この通り、その表面にはたっぷりの背脂を確認出来る

限定メニュー「とくちゃんぽん」

 

他のメニュー同様、たっぷりの野菜も盛り付けられる中

もう一つ気になる存在となるのが

その中央に盛り付けられる・・・肉みそ・・でしょうか??

 

担々麺ならともかく、こちらの品はとんこつ醤油

しかも、背脂入りとなる中に肉みそ??

 

何を意味するトッピングかは定かではありませんが、

これについては、後ほどしっかり検証することに

 

ちなみに、本日はとくちゃんぽん&Dセットということで、

こちらの半チャーハン

 

更には、

薄皮餃子3つまでもがセット

同サイドメニュー2品で+400円のオプションとなっております

 

それでは早速、スープの方から頂いてみましょう

よくよく見ると、通常のスープよりも

若干ながら、茶色身を増したようにも見える同品のスープ

 

一口運ぶと、なる程・・・確かに違う

通常のちゃんぽんと言えば、とんこつがベースながらにも

そこに野菜の甘みを強く感じる味わい

 

対する、こちらのスープは

とんこつはしっかり感じるものの

それと同じく、醤油の風味も強く感じられます

 

こちら、リンガーハット 千葉祐光店のすぐお隣には

千葉を代表する・・・といっても過言ではない

 

かの有名な豚骨醤油の名店がある故

豚骨醤油、と言えば同系統のスープを想像しますが

 

それとは明らかに異なる味わいながら、

あっさりした豚骨の風味、そこに優しく味付けされた醤油

加えて、背脂の甘みが最後に残る、そんなスープに仕上がっています

 

さて、お次は丼中央に鎮座されていた、謎の肉みそ

その正体を探るべく、まず一口頂くと・・・・

 

肉、じゃないな

なんだこれは・・・天かす?

 

いや、違う

食感こそ天かす感があるけど、もっと柔らかい

押し麦・・・か??

 

更には、このもち麦と思しき品からは

スープとは相反する、別角度から来る甘み

これは味噌??

 

更に食べ進めると、若干ながら挽肉の存在も確認

どうやら、肉味噌ではあるものの

その食感にアクセントを加える目的でか、押し麦も加えられているようです

 

醤油がベースとなるスープであるにも関わらず

まさかの肉味噌を合わせてくると言う離れ業

背脂の甘みに加え、味噌の甘みも重ねてくるとは、その発想はなかったなぁ

 

さて、そんな真新しいスープと共に頂く

その他の具材らですが、

ここはやっぱり、お馴染みのリンガーハット

もやしやキャベツら野菜は通常通りたっぷり

 

そして、ちゃんぽん麺についてですが

これもツルッとした独特の喉ごしに

柔らかながらも程良い食感を兼ね備えた麺

 

スープは通常と異なるものの

その他トッピング、麺については変わらず健在となっております

 

そして後半は、恐らく同品への味変として提供された、

こちらの柚子胡椒を加えながら、辛みをプラス

背脂に肉味噌の甘みが強いスープとなりますので

柚子胡椒のもたらす辛みが程良いアクセントとなりました

 

そして、サイドメニューについては

半チャーハンながらも具沢山なこちらの品

 

一説によれば、リンガーハットのメニュー

その大半は全自動にて調理されているとのことですが

このレベルの調理を全て自動化して作れる技術は相当なもの

 

オーダーから提供までの早さもさることながら

それを実現している技術の高さにも、あらためて敬服するものとなりました

 

 

という訳で、お店へは久々の訪問となった

リンガーハット 千葉祐光店

 

前述した通り、以前より気になっていた限定メニュー

背脂とんこつ醤油とくちゃんぽんを頂くものとなったのですが

総称すれば、良くも悪くもリンガーハットらしいチャレンジ、といった印象に

 

同店が提供する通常メニューに比べれば

その商品名通り、濃厚さを感じる1品にはなる一方

 

一般的に「濃厚」と表現されるラーメンらと比較すれば

おとなしさを感じてしまい、若干の物足りなさを受けるものとなりました

 

その辺もまた、家族連れの多いチェーン店故

ではあるのでしょうが、せっかく「初の試み」を掲げるのであればこそ

もっと振り切った濃厚な一杯でも良かったのでは?と感じる部分も

 

いずれにせよ、確かに他の品と比べれば濃厚な一杯にはなりますので

野菜をしっかり摂取しつつ、それだけでは補いきれない物足りなさ

 

そこを埋める目的であれば、十分に満足出来る

リンガーハットらしい安定感を感じるひと品となりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

リンガーハット 千葉祐光店

■りんがーはっと ちばゆうこうてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区祐光4-17-1

■ 営業時間:11:00~24:30

■ 定休日:年中無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。