スポンサードリンク

千葉駅近くの激辛料理といえば陳麻家 千葉の激辛好きを虜にする人気店

LINEで送る
Pocket

ランチで無性に辛いものが食べたい。

暑くなると、そんな日が1度や2度は訪れるはず。

かといって、千葉のランチで辛いモノといえば、

・ラーメン

・カレー

の2択しか無い方も多いはず。

 

そんな、辛いもの好きに是非お勧めしたいのが、

C-one内にある陳麻家の、外観からは想像付かない本格中華となります。

 

スポンサーリンク

食べログの評価がオカシイ?と思わせるくらい絶品 陳麻家の陳麻飯

京成千葉駅からペリエを通り、C-oneを千葉中央方面に歩いた一番端に位置する陳麻家。

スクランブル交差点からも見えるお店となるので、存在を知っている方は多いはず。

 

が、その大衆中華的なビジュアルからか、意外な程に

「存在は知っているけど、行ったことが無い」

と口を揃える方が多い、知られざる人気店でもあります。

 

こちらのお店、都内に数店お店を抱えている会社が、何故か千葉に出店したお店となっており、都内に於ける陳麻家の人気はかなり高いモノに。

というのも、こちらの名物である「陳麻飯」は、いわゆる麻婆豆腐丼になるのですが、その辛さときたらスーパーなだけでなく、旨味とのバランスが抜群。

辛すぎて味が分からない、といったラインには届かない、絶妙な線引きでありながら、子供だったら思わず泣き出す程の辛味も配合。

赤唐辛子の辛さだけで無く、山椒の辛味も程良くブレンドされており、そんじょそこらではまず、食べる事の無い「ホンモノ」の麻婆豆腐となるのです。

 

が、それだけハイパーな麻婆豆腐(陳麻飯)でありながら、お値段はお手頃。

並の580円に始まり大盛りは100円増し、ラーメンと共に食べたい方向けのハーフサイズが350円。

更には、ハーフサイズよりも小ぶりなミニサイズであれば200円となっております。

1000円かからず、本気の辛味を味わえる麻婆豆腐が食べられるお店、それが陳麻家なのです。

スポンサーリンク

とはいえ、ランチにお勧めなのがパーコー担々麺

といった感じに、知られざる陳麻家の魅力を切々と語ってきたモノの、私がここで最も好きなメニューがこちら

千葉,グルメ,陳麻家,千葉中央,中華料理,

その名も、パーコー担々麺なのです。

 

パーコー(排骨)とは、本来だと豚のスペアリブの唐揚となるのですが、多くの場合は骨の邪魔なスペアリブに代わり、脂の少ないロース肉が使われます。

こちら、陳麻家のパーコーもロース肉の唐揚となるのですが、衣にカレー粉を使っている為、肉の下味に加え衣にも旨味がタップリ。

で、その旨味の塊であるパーコーを、ピーナッツの香り&味が濃厚な担々麺スープに絡ませると、言葉にはしがたい、斬新な旨味が訪れる訳です。

 

このパーコー担々麺が食べたいが故に向かう陳麻家ですが、やはりこちらも外せません。

千葉,グルメ,陳麻家,千葉中央,中華料理,

陳麻家の名物料理でもある陳麻飯。

 

ラーメンと合わせて食べるには、少しボリュームが・・・

といった方にも安心して食べられるサイズとなるのが、ミニ陳麻飯(200円)。

小ぶりなお茶碗にご飯と、大量の麻婆豆腐が掛けられた一杯となります。

 

もちろん、ミニサイズとは言え、その辛さは本物。

見かけからは想像付かない、本場中華の香辛料が凝縮された辛さに、スッキリした汗を流せる一杯となっています。

 

陳麻家の2台看板メニューを同時に味わえる、上記の組み合わせ。

ぜひ暑い夏が訪れる前に、陳麻家でスッキリ汗を流してみて下さい(笑)

 

■■ ブログランキング、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

陳麻家 千葉C-one店

■ 陳麻家(ちんまーや)千葉C-one(シーワン)店

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-24-1 C-One

■ 営業時間:[月~木] 11:00~翌3:00 / [金・土] 11:00~翌5:00 / [日] 11:00~22:30

■ 定休日:無休

京成(JR)千葉駅から千葉ペリエ~C-oneを千葉中央方面へ進み、C-oneの一番端っことなります。

千葉方面から数え、2つ目のスクランブル交差点に差し掛かる手前の左手。

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントを残す

CAPTCHA