孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

フレスポ稲毛向かい、パンカフェ ananをランチ初訪問 40種のスパイスを使用、特製スパイスカレー

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

以前よりインスタにて目にしており、

気にはなっていたものの、詳細が分からず、足を運べなかったお店

 

それが、稲毛区長沼原にある

パンカフェ anan というお店になります

 

インスタで目にしていた情報によれば

お店の場所は、フレスポ稲毛のすぐ向かいとのこと

 

店名通り、自家製のパンを販売している他

店内飲食が可能となっており、更にはスパイスカレーなども頂けるとのこと

 

目にする情報を見る限りでは、すぐにでも足を運びたい

そんな要素満載なお店となるのです・・・

 

 

が、頻繁に足を運んでいるフレスポ稲毛

しかしながら、何度その周辺を車で走っても、同店の姿が見当たらず

 

結果、これまで幾度と足踏みしていた「パンカフェ anan 」なのですが

先日、ウチのカミさんがフレスポ稲毛近くの病院へ行った帰り道

 

長らく私が気になっていながら、お店の場所を探せずにいた同店を見つけ

しかもあろうことか、すでにランチを食べてきたとのこと

 

そんなカミさんに導かれて

本日のランチは、長らく気になっていたお店

こちら「パンカフェ anan 」を訪問するものとなったのです。

フレスポ稲毛のCoCo壱番屋から道路を挟んだお向かい、パンカフェ anan を初訪問

上記の通り、あらためてお店の前に着くと気付く

「パン屋さん」のノボリ

 

こちらが、私が長らく探し求めていた

「パンカフェ anan 」となります

 

写真を見れば、そのお店の存在は一目瞭然

ですが、私が幾度と同店前を通りながらも気付かなかった理由

 

その1つが、店舗目の前にある駐車場スーペス

ここに車が停まっていると、中の様子はおろか、先ほどのノボリさえも道路からは見えず

 

加えて、カフェとなってはいるものの

外観からはむしろ、パン屋さんの風貌を強く感じることも、気付けずにいた理由なのかと

 

更にもう一つ理由を挙げるとすれば

事前に目にしていたインスタでは、同店の名前を「パンカフェ anan 」と認識していまして

 

しかし、実際にお店へ向かってみると

入り口らにはそれらしき看板が設置されておらず

 

唯一、店名に関して記載のあるガラス戸部分には

「安安」と漢字表記されていたのです

 

これらの条件が積み重なったことから、長く気付けずにいた同店

今回ばかりは、カミさんのファインプレーにお礼を告げながら、早速お店の方へ

 

 

店内入り口を入り、すぐ目の前がパン屋さんスペース

その奥がイートインスペースとなっており、テーブル席が3組

 

最大8名ほどが入店出来る作りとなっております

 

そんなテーブル席に通されながら、まずはメニューへ

店内で販売されているパン類各種を店内で頂く事も出来るのですが

それとは別途、ランチメニューも提供されております

 

そのメニューも、

・スパイスカレー

・オムライスセット

・ハッシュドセット

・海老ドリアセット

 

となっており、一見すればよくあるカフェ・・・

喫茶店のメニューに見えなくも無いのですが、

 

これら各メニューには、更なる説明書きも用意されておりまして

ハッシュドセットには特製のデミソースを使用していたり

オムライスについてはホワイトソースにて提供

 

スパイスカレーに至っては

使用しているスパイスの数、なんと40種

 

専門店でも40巣のスパイス配合は、まず見ないほどですので

こちらのカレーに対する拘りは、相当な様子

 

また、更に興味を惹くのが

こちらに掲載のある、フォーラーメン

 

同店では、自家製スープを使ったフォーも提供されているのですが

同スープをベースに、サッパリした鶏白湯風仕立てとのこと

 

また、こちらはフォーでは無く、ラーメンとなりますので

使用している麺もまた中華麺だそうで、興味をそそられます

 

ただ、この前日までに

3日連続でラーメンを食べていることから、本日ばかりはラーメン以外の気分に

 

同伴したカミさんは「フォーセット」を早々に選択済み

となれば私は、40種のスパイスが生み出す「特製スパイスカレー」を頂いてみようと思います

 

 

なお、同店のランチでは

前述した特製スパイスカレー以外のメニューはいずれも「セット」となりまして

 

この「セット」に付いてくるのは

なんと、店内で販売されているパン各品から

1つを選び、メインと共に頂けてしまうのだとか

 

販売されているパン類も多種多様で、上記の甘い系パン類だけでなく

反対側のスペースには

いわゆるお惣菜パンも販売されております

 

ちなみに本日、カミさんが

「フォーセット」を注文しておりますが、ご承知の通り小麦類はNG

 

従って、カミさんに代わり私が

こちらの「ガーリックフランス」を頂くものとなります。

スパイスの多様な絡みあいに、使用している豚肉までも多用 パンカフェ anan で頂く特製スパイスカレー

本日、お店を訪れた時刻は11:30

店内情報によれば、10時オープンとなる同店

 

パン屋さんとして営業しているだけでなく、開店から11時までは

販売されているパンを店内で頂くと、ワンドリンクがサービスされるとのこと

 

また、本日オーダーしたランチにも

それぞれソフトドリンクが付いてきまして

 

カミさんの方は、赤紫蘇ジュースを

私の方は、毎度おなじみアイスコーヒーをオーダーしたのですが

 

こちらのドリンクを注げる際に、お店の方より

『シナモンはいかがしましょうか?』との質問が

 

アイスコーヒーのオーダー時に

初めて訊ねられた、シナモンの有無・・・

 

ここは乗りかかった船という事で、シナモンありにて頂いてみる事に

 

上記以外にも、店内各所には

カレーに使用しているスパイスに関する解説

 

赤紫蘇ジュースがもたらす抗ウイルス作用

更にはスキンケアグッズの紹介らも並んでいる多様ぶり

 

こちらの店主さんが料理だけで無く、提供する品の素材を含め、

様々な角度から、健康面に対する高い意識を持っていることが伝わって来ます

 

 

そんな店内を眺めながら、待つこと10分弱

まず提供となったのが、カミさんのオーダーした

「ベトナムフォー」となります

 

同品はポーク、チキン、フィッシュ、カレー

と4品からの選択制となっており、こちらはチキンを選択

 

これに加えて、先ほどのパンも付いてくるのですが

そちらは私が頂くものとなりまして

 

更に、フォーの味変には

定番となるライムに始まり

チリソースのようなものから、ガーリック酢など、三種の調味料も提供

 

かなりバラエティに富んだフォーである事を確認しつつ

続いて提供となりました、私のオーダーした品がこちら

パンカフェ ananにて頂く「特製スパイスカレー」となります

 

同品には、前述したドリンクの他に

スープとサラダもセット

 

そして、メインとなる特製スパイスカレーですが

左右で色味の異なる、二種のご飯

 

そしてカレーには、豚肉がたっぷり入っているのですが

この豚肉もまた、一筋縄ではいかない、多様性を醸し出しています

 

なにより気になるのが、40種ものスパイスを配合したカレー本体

まずは右側、白いご飯と共にカレーを一口頂くと・・・

うん、かなり個性的な仕上がりのカレーですね

 

カレーながらに辛味は強くないものの

ブラックペッパー系のスパイシーさがまず到来

 

その後を追って甘み、そして優しい苦み

加えて・・・なんだろう、これは??

 

かなり独特の風味を残すのですが、一体…

40種のスパイスを使用、との説明にも頷ける、複雑な味わいを形成しています

 

また、カレー同様に個性的なのが、

盛り付けられた左側のご飯

こちらはうっすらと、赤く色づいたご飯となっております

 

こちらを頂くと、これまた不思議な味わいが到来

シナモンの様な香りも感じられ、カレーとの組み合わせも面白い味わいになります

 

カレー、ご飯だけでも多彩な風味を与えてきますが

具材として使われる豚肉

こちらもまた、多様性に富んだものとなりまして

 

まずはカレーの定番、豚バラから始まりますが、

こちら、チャーシューでもお馴染みとなる

ロースもカレーの具材として投入

 

他にもう一種の部位も使用されており

スパイスの織り成す複雑な味わいだけに留まらず

 

口に運ぶ豚肉、更にはご飯に至るまでもひと仕事が加わっており

スプーンを口へ運ぶ度、様々な表情を見せるスパイスカレーとなっておりました

 

更に、食後近く提供されたドリンクですが、

これもまさかの、ジョッキサイズでアイスコーヒーが提供

しかも、前述した通りシナモン入りとなっているのです

 

シナモン由来の甘みをほのかに感じさせ

独特の香りもしっかり立った。こちらのアイスコーヒー

 

更に奥に並ぶのが、カミさんのオーダーした

赤紫蘇ジュースとなるのですが

 

こちらに至っては、提供前に店主さんが

シェイカーを振って作られたジュースになりまして

 

パンカフェ、というネーミングからは予想付かない

斜め45度、上を行くおもてなしを堪能させて頂きました。

 

 

という訳で、念願の初訪問となった

フレスポ稲毛お向かい、パンカフェ ananでの初ランチ

 

パンの販売、イートインスペースがあるだけのお店・・・

と思いきや、カフェメニューの充実ぶりも見事

 

更には、提供される品々いずれにも

店主さんの拘りや、健康面への高い意識

 

これらが詰まりに詰まった、個性溢れる一食となりました

 

また嬉しいのが、上記の通り盛り沢山なランチに加え

ドリンクまでもが付いていながら、お値段はいずれも800円前後とリーズナブル

 

帰り際には、パンを買うことも出来ますし

ちょっと物足りないと感じれば、こちらのパンで調節も可能

 

お店の佇まい、店舗前の駐車場に影響され

これまで発見できずにいたものの

 

見つけられて「良かった」と

ホッと肩をなで下ろせる、そんなパンカフェへの初訪問でした。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

パンカフェ anan

■パンカフェ anan

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区長沼原町785-3 101

■ 営業時間:10:00~18:00

■ 定休日:日・月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。