孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

西千葉駅近く、グリヴェージュを初訪問 たっぷり牛肉にウニいくら、更にはねぎとろ満載な牛しゃぶ海鮮丼

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日は朝から仕事が立て込んでおり、一段落を迎えた所で時計は11:30手前

なにも予定を立てておらず、更にカミさんと子供もおらず1人でのランチ

 

時間も時間だけに、手短で且つ満足出来るランチと言えば・・・

「まるわ」だな。

 

と、ササッと支度を済ませ、作草部駅前まで向かった所

お店の前に着くと、なぜかシャッターが降りているのです

 

なにがあったか・・・?と、車を停めてTwitterを確認したところ

まさかのまさか、本日がワクチン接種2回目の日だったか

 

さすがの私も店長のワクチン接種日

しかも2回目の日までは把握しておらず、見事に予定が撃沈

 

 

さて、どうしたものか

近くで見つかる、その他ランチの候補と言えば・・・

 

先日、子供と向かおうとしたものの

駐車場が満車だった「麺聞録」が思い浮かび、車でお店近くまで向かったものの・・・

 

ダメだ、本日もすぐ近くの駐車場は満車

ここを逃すと、次なる駐車場からは徒歩7分ほど

 

この直射日光照りつける中、7分も歩けば溶け出してしまう

と判断し、早々に見切りを付けることに

 

 

こうなったら、今週2回目の粋やか?

と、Twitterを確認したところ、体調不良につきお休み

 

となれば、あとは同じく西千葉の総信か、と車を走り西千葉駅へと近づくと…

あ、そう言えば・・・と、気になるお店に出くわし急転

 

急ぎ近くのコインパーキングへと車を入れ、向かった先がこちら

西千葉駅から徒歩3分ほど

「Cafe&Bar GRIVAGE(グリベージュ)」となります

 

二転三転はしたものの、本日のランチはこちら

グリベージュを初訪問してみることに。

JR西千葉駅近く、肉野菜工房うまいメシがリニューアル Cafe&Bar GRIVAGEを初訪問

一昨年の秋、西千葉駅から徒歩3分ほどの距離にオープンした

「肉野菜工房うまいメシ」というお店

 

千葉大を左手に、作草部方面へと走るゆりの木通り沿いの同店ですが

私も昨年の春に1度訪問しているものの、その後再訪が無いままだったお店

 

 

そんな「肉野菜工房うまいメシ」が今年の夏前にリニューアル

現在の店名「Cafe&Bar GRIVAGE」になったとの情報をインスタにて目にしておりまして

 

足を運ぼうとカミさんを幾度か誘ったものの

「行かない」と、はねのけられたまま早数ヶ月

 

私も、同店がリニューアルしたことを忘れかけていたのですが

西千葉駅方面へと向かう道中、ふとお店の前を走ったときに飛び込んで来た、こちらの看板

これを前にしたら、急ブレーキを踏まずにはいられず

※ 実際は安全に運転し、ゆっくり車を停めております

 

同メニュー写真に惹かれるがまま、

「肉野菜工房うまいメシ」あらため、Cafe&Bar GRIVAGE(グリベージュ)を訪れてみる事になったのです

 

早速、お店の中へと足を踏み入れると

昨年春に訪問した時にくらべ、席数は少なくなっているようで

感染症対策の一環からか、各席の間も広く開けられてテーブルが設置

 

が、お店に入りはしたものの、人の気配が感じられず・・・

「すいませーん」と声をあげてみますが・・・返事は無い

 

お店の入り口が開いている以上、お休みという事は無さそうですが、さて・・・

と、判断に迷っていたところ、店内奥から電話中の男性がご登場

 

どうやらワンオペで営業している様でして

ちょうどこのタイミングに電話を受けていた模様

 

 

とりあえず、無事?を確認したところで席の方へ

まずメニューから見ていきますと、

以前の「肉野菜工房うまいメシ」とはメニューもガラッと変わっており

現在のランチで提供されているのは上記の品々

 

油を使わず調理されたヘルシーチキンプレートは

3種の味付けから好きな味付けを1~2種選ぶシステム

 

もう1品のタコライスですが、

こちらはトッピングらを選択し、好みのプレートにアレンジが可能との事

 

裏面を見てみますと、

こちらは、先ほどの2品に関する説明

そしてインスタアカウントのご案内となっております

 

そんな2品に加えて、1日5食限定で提供されているのがこちら

その名も「牛しゃぶサラダ海鮮丼」と名付けられたご飯もの

 

たっぷり盛り付けられた牛しゃぶしゃぶですが

その上には、あろうことうかウニ、そしていくらをトッピング

 

更に、ウニの下にもなにやら隠れている様で

なんにしても豪華絢爛な丼となる事は間違い無さそうな1品となります

 

その他、カフェメニューも用意されており、

こちらはリニューアル前の同店でも提供されていたパスタ類に

加えて、カフェらしいデザート4品も頂くことが可能となります

 

さて、そんな品々の提供にリニューアルされたグリヴェージュですが

もちろん狙うは、1日5食限定とされるあのメニュー

 

悩むこと無く本日の注文は

「牛しゃぶサラダ海鮮丼」を頂いてみようと思います。

レア感が嬉しい大量の牛しゃぶ、いくらにウニ、更にはねぎとろ満載な牛しゃぶサラダ海鮮丼

本日、お店に着いた時刻は12時少し手前

 

前述した通り、私が入店した時点でホールに人気は無く、

お客さんも私が1組目としての入店となったグリヴェージュ

 

以前のお店と比べ、内装も若干のイメチェンが施されており、

店内にはテーブル席に加え、カウンター席もあり

店名通り、カフェでありながらバーの雰囲気も宿しております

 

店内にはダーツも置かれており、

本来なら近隣に住む学生らが、夜な夜な遊びに来たくなるようなお店

 

ですが、このコロナ渦では夜の営業は難しいものとなるでしょうし

そんなタイミングでのリニューアル、なんとも言えない心境となります

 

さて、そんな中にまずは

ランチのセットとなる、ドリンクが先に提供

こちら、アイスコーヒーとなるのですが…色、薄い気も

 

試しに飲んでみますが・・・

確かにアイスコーヒー、だけど薄い…

 

入店時にこそ姿は無かったものの

お店のスタッフさんの対応が良かっただけに、本日のランチにも期待しているのですが

 

このアイスコーヒーが、何故にか薄い姿を見ると

ちょっと不安がよぎるところも少なからず・・・

 

写真に載せられ過ぎたかな、と心配しながら待つこと数分

こちらが本日のランチ、

グリヴェージュで頂く、牛しゃぶサラダ海鮮丼となります

 

商品名こそ牛しゃぶとなっておりますが

見ての通り、牛肉はかなりレアな状態で盛り付け

 

提供時に説明がありましたが、こちらの牛肉

本来ならお刺身で提供出来る品になるのだとか

 

ただ、昨今の状況もあり、お刺身では無く

サッと火を通した牛しゃぶでの提供とのこと

 

そんな牛しゃぶを彩るトッピングとなるのが、

こちら、雲丹といくら

いずれも量は多くありませんが、それもまたたっぷり盛り付けられた牛しゃぶ故

 

更に、ウニの下に眠っているのはねぎとろでしょうか

牛しゃぶばかりが目立つものの、海鮮の占める割合もなかなかなご様子

 

どこから手を付けようか悩みますが、

まずは牛肉の方から1口目を獲得

 

共に提供されたポン酢ベースのソース?

を掛けて頂くのがお勧めだそうですが、まずはそのまま一口

シットリした柔らかな牛肉となっており

口内の温度で脂が溶け出す、なかなかな質感

 

ただ、そのままで頂くには味付け薄めとなりますので

指示通り、ポン酢ベースのソースを掛けながら頂く方が良さそうです

 

ソースを掛けつつ仕切り直し

続く2口目は、そんな牛しゃぶにいくらをトッピングし、ご飯と共に

これはもう、良い意味で予想通り

牛肉の味わいに、いくらの持つ塩味が良い塩梅に絡まってくれます

 

いくら自体は粒も大きくなく、そこそこの品となるのでしょうが

同品が持つ塩味が、イイ具合に牛肉の旨味を引き出してくれます

 

いくら自体を味わう、と言うよりも

同品が持つ塩味と甘み、これが調味料のように牛しゃぶへ旨味を与えてくれますね

 

続いては、同じくプラスαの相乗効果を期待したい、

こちら、ウニと共に牛しゃぶご飯を頂くことに

 

これはもう、説明不要

いわゆる「ウニク」が成立する、最強の組み合わせ

 

このタイプのウニですと、どうしても磯臭さを感じやすくなるのですが

同店で使用されているウニの質が良いのか、それともポン酢らとの組み合わせか

 

詳細は判断出来ませんが、いずれにせよ

ウニの持つ磯臭さを感じること無く、牛しゃぶに特有の甘みをプラスしてくれます

 

いくらとはまた異なる旨味の引き出し方となりまして

当然ながら、ご飯との相性も抜群のウニク、これもまた最強の付け合わせと言えます

 

そして、食べ進めて行く中で顔を出してくるのが、

こちらの野菜達

たっぷり盛られた牛しゃぶの下からは、レタスに水菜、アボカドらを発見

 

中でもアボカドは、その特有の脂質が海鮮類ともマッチ

ヘルシーながら旨味もしっかりしており、食感の妙を含め良いアクセントに

 

そして、次はねぎとろへと移りたいのですが、

こちらには別途、提供されたフンドーキンのさしみ醤油がお勧めとのこと

 

こちらをかけながら、

これもまた、牛しゃぶと共に一口

 

あ、美味いわこの組み合わせ

あまり体感した事無い2品の妙ですが、ねぎとろと牛しゃぶ、双方の甘みが面白く広がります

 

口に入れた瞬間広がる、ねぎとろの旨味に

遅れて広がり出す、牛しゃぶの旨味

 

異なる旨味が、別々のタイミングで広がっていき

深みのある味わいに押し上げてくれます

 

もちろん、いくらやウニらとの組み合わせは文句無しとなる上

ご飯にサラダ、そして何よりたっぷりの牛しゃぶでボリュームも文句なし

 

お値段1580円となっておりますが

その価格に見合った、満足出来る牛しゃぶサラダ海鮮丼となりました。

 

 

という訳で、二転三転からの初訪問となった

西千葉のCafe&Bar GRIVAGE、リニューアル後の初ランチ

 

1日5食限定となる牛しゃぶサラダ海鮮丼を頂きましたが

事前に写真で目にしていた以上にレアな牛しゃぶは、海鮮とも見事な共演を果たしてくれました

 

中でも、いくらとうに、これらと牛肉の取り合わせが秀逸で

いずれも単体で頂けばそこそこ・・・となるものの、牛肉と頂く事で変化

 

それぞれが主役では無く、牛肉の旨味を引き出す

バイプレーヤーとして、見事な仕事を果たす丼となりました

 

そして、十分なボリュームを兼ね備えているものの

頂く食材の大半がヘルシーな品ぞろいとなるのも嬉しい所

 

入店時にこそ不安を抱えましたが

その不安を払拭し、良い方向に裏切ってくれる一食となりました

 

ただ、アイスコーヒーが妙に薄かったのだけは残念・・・

もうちょっと濃い目で頂けると、嬉しいです(笑)

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

Cafe&Bar GRIVAGE

■ カフェ&バー グリベージュ

■ 住所:千葉県千葉市中央区松波2-18-8 新葉ビル 1F

■ 営業時間:11:30~20:00

■ 定休日:火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。