孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

西千葉駅から徒歩8分、松波公園向かい「えいとのパパ」を初訪問! AM9~11時まで限定、モーニングプレートを食べてみた

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

西千葉界隈では指折りのオムライスが食べられるお店

として、私も足を運んでいた、松波公園向かいのプチガーデン

参照:松波の喫茶 プチ・ガーデン、4種のソース×2種の卵が選べる名物オムライス ⇒

 

こちらが、コロナ渦にてヒッソリお店を閉めて数ヶ月

この年末になって同店の改装工事が行われており

それに伴い、新店がオープンするとのことで、年末より近隣ではちょっとした話題に

 

私も頻繁に通る道となりますので、こちらに出来る新店のオープンを楽しみにしていたところ

年末も年末になってついに明かりが付いている姿を発見

 

また、この新店は喫茶店?となるらしく

表で見た張り紙によれば、モーニング営業も行っているとのこと

 

それならせっかくのモーニングを頂いてみようということで

12月31日、大晦日にも関わらず、千葉商業前のコインパーキングに車を停車

松波公園を左手に見た、

そのお向かいにオープンした新店、

こちら「えいとのパパ」となります

 

看板の上には、喫茶軽食の文字

そして表の出窓には、モーニング営業の一文も

 

それより何より気になるのが、その風変わりな店名

えいとのパパ、ということですから、息子さんがえいと君?

 

えいと・・・

 

えいと・・・

 

・・・瑛人?

 

まさか、な(笑)

 

薄らではありますが、

店内から、ドルチェ&ガッバーナの香水が薫るかも知れない

そんな可能性を感じつつ、その扉を開いてみることに。

JR西千葉駅から徒歩7~8分、松波公園向かいに12/27オープン、えいとのパパを初訪問

香水の薫りが届くことに、淡い期待を抱きながら扉を潜ったえいとのパパ

 

この日はミーニング目当てということで、朝9時に同店を訪問

さすがに大晦日の朝とあってか、店内にお客さんの姿は無し

 

店主さん(えいと君のお父さん?)に笑顔で出迎えられ、まずはカウンター席へ

店内の様子ですが、前述したカウンター席に加え、

上記の様な4人掛けテーブル席が3席といった造りに

 

内装も綺麗に新調されており

オープンしたてのお店、といった雰囲気が伝わってきます

 

 

さて、まずは気になっていた「香水」の薫りですが・・・

こちらの匂いは特に感じられず

そもそも私、ドルチェ&ガッバーナの香水の匂い、知らないわ

 

いや、まさかを裏付けるきっかけは香水だけにあらず

店内BGMにてさりげなく「香水」が流れてくる可能性だって残されているし

 

そんなワンチャンに期待を寄せてはみましたが・・・

店内に流れるBGMは、まさかのコンプレックス

 

その後も、BOØWYら8~90年代のロックが流れるばかりで

期待していたあの一曲は、やはり流れる気配は無い様です

 

さて、気を取り直し(?)まずはメニューへ

まずこちらがモーニングのメニューとなります

 

いわゆる「モーニング」の様に

ドリンクを注文するとセットになる・・・といったシステムでは無く

 

開店時刻となる7時から11時までに限り

・モーニングセット(200円)

・モーニングプレート(400円)

といった2品の注文が可能となっているようです

 

上記とドリンクは、別途の注文となっている様で

続くメニューはランチとなっており、

こちらには、パスタにグラタン

オムライスにカレーと、喫茶店らしい軽食が4品

 

そしてもう一つ、

何故か写真が曇ってしまったのですが

サンドイッチにピザトーストら、パン食メニューも全6品といった取りそろえに

 

いわゆる最近のカフェ、というよりも

昔ながらの喫茶店、といった様子が伺えるえいとのパパですが

本日は朝ごはん目当て、ということで

 

・モーニングプレート

・ホットコーヒー

の2品を頂いてみようと思います。

ヨード卵をふんだんに使った、フワトロ過ぎる絶品オムライス

注文を終え、店内メニューを眺めながら数分

それと同時進行で、ドラクエウォークをプレイしていたところ

このタイミングでついに・・・!

今年最後の目標でもあった、ヒュンケルのS獲得に成功

 

これで残すは、フレイザードのみとなるのですが

それは年明け以降の目標として持ち越すことに

 

そんなこんなで待つこと10数分

こちら、えいとのパパにて頂く

「モーニングプレート」となります

 

通常であれば、トースト半分サイズでの提供となる様ですが

どういう訳か、本日はトースト1枚分にての提供

 

それを見て驚いた表情を浮かべた私に気付いたご主人から

『5日ぶりのモーニングだったので、つい(笑)』

と、なにが『つい』かは分からずも、サービスをして頂いてしまった様です

 

聞くところによると、こちらがオープンしたのは

この週の日曜日からとのこと

 

そして本日が31日、木曜日となりますので

モーニング帯での訪問は、開店初日以来、私が初ということでしょうか?

 

まあ、西千葉駅から徒歩圏とは言え、住宅街のど真ん中

すぐ向かいに千葉商業高校があるとは言え

すでに冬休みにも入っていますし、そもそも高校生って朝から喫茶店には寄らないよなあ

 

そんなことを思いつつも、せっかくサービスされたトーストが冷めぬうちに

あらためてアップでもう1枚

厚切りカットのトーストとなりますので、半分でも十分なサイズ

これあ1枚分とあらば、朝ごはんとしてはけっこうなボリュームですね

 

それでは早速、トーストの方から

サクッとした表面に、内側はしっとり柔らか

 

パン自体に、すこぶる特徴があるものではありませんが

平均的に美味しく頂けるトーストといった次第になっております

 

そして、メインとなるプレートはというと、

こちら、朝ごはんながらに

キャベツのせん切り、キュウリ、トマト

更にはポテトサラダと、野菜たっぷりな1皿

 

そして、ゆで卵に代わりスクランブルエッグが主役となるのですが、

その下には、ベーコンも2枚盛り付けられ

食べ応えある1皿となっております

 

野菜の方に使用されるドレッシングは

恐らく既製品、と思われるサウザンドレッシング

 

そして、スクランブルエッグですが、

 

綺麗な色味の玉子には、たっぷりのバター

それに塩で味を調えており、標準的な仕上がりながら

しっとりフワッとした食感を与えてくれています

 

同じくベーコンも、ちょっと塩味強めの味付けですが

トーストと共に頂くには、申し分無い味付け

 

どれが突出する訳では無いものの

その見た目の雰囲気通り、家庭的な朝のワンプレート、といった品々になりました

 

 

そんな訳で、開店間もない松波の新店

「えいとのパパ」への初訪問にて頂く、モーニングプレート

 

となりましたが、総評すれば平均的な朝の1皿が頂けるお店

といった印象を受けるものとなりました

 

西千葉から千葉駅に至る界隈には、モーニング営業するお店が少ないので

そういった意味合いからすれば、希少な存在とも言える同店

 

ただ、こちらを飛び越えてしまうと

・さかいコーヒー

・コメダ珈琲

と、駐車場も完備したカフェが並ぶものとなりますので

それらと差別化した「喫茶店」「モーニングメニュー」と成り得るかどうかが分岐点に感じます

 

とは言え、ここ松波は昔からの一軒家も多く

近隣に住む方にとっては、憩いの場にも成り得そうな雰囲気のお店

 

店主さんも人当たり良く、和やかな笑顔を終始浮かべておりまして

のんびりコーヒーを頂きながら、朝ごはんを頂くには

アリなお店かな、といった印象を受けるものとなりました

 

また、ランチメニューに記載のあったオムライスも気になる所ですので

次回はそちらを目当てに、ランチの訪問も考えてみようと思います。

 

※ なお、ご連絡頂いた情報によりますと

2021/1/7時点での営業開始時刻は【9:00~】とのことでしたのでご注意下さい

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

えいとのパパ

■ えいとのパパ

■ 住所:千葉県千葉市中央区松波4-5-7 浦山ビル 1F 102

■ 営業時間:9:00~

■ 定休日:不定休

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。