スポンサードリンク

千葉大学病院、いのはなテラスの「キッチンぴなこ 」を初訪問 消化優先で選んだランチ、具沢山?うーぽんを食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

この日の昼ご飯を頂くべく、向かった先

それがこちら、

千葉大学医学部附属病院こと、中央区亥鼻にある通称、大学病院となります

 

友人知人のお見舞いでも無ければ、もちろん私自身の通院目的でもありません

それでありながら、何故に大学病院でランチ?

話し出すと少し長い事情となるのですが・・・

 

実はこの日の翌日、2年に1度の大腸胃カメラ検診を控えておりまして

で、前日から食事制限があり

「消化の良いものを食べて置いて下さい」とのこと

※ 前回までは別の病院に行っており、そこでは特に食事制限が無かったのです

 

あらためて、消化の良いものについて思考を張り巡らせるものの・・・

全く良いアイディアが浮かんでこず

 

思いつくものと言ったら

・中華粥

・うどん

この2品位となるのですが、近所に中華粥を食べられるお店は、案の定見つからず

 

海浜幕張のイオンまで足を伸ばせば、満足度高い中華粥には出会えるものの

イオンモール幕張の中華粥専門店、花粥 イメージを覆す美味しさ&ボリュームのお粥セットは、幕張イオン史上NO1の満足度だった
先日購入した枕を微調整して貰うべく、イオンモール幕張へ 枕の調整ついでにランチも、イオンで頂く事となったのですが・・・ 今更ながら、食べたいランチが見つからない(笑)
2018-12-27 07:03

あちらはあちらで、副菜が多数付いてくるため、必ずしも消化に良いとは呼べず

 

となれば「うどん」ですが、私がうどんを求め足を伸ばす先は、四街道方面ないしは大網白里

近隣はおろか、千葉市内で探しても、チェーン店を除いた「これぞ!」といううどんには、未だ出会えておらず

 

消化の良いものって、あと何があるんだ?

そんな相談をカミさんにしてみたところ

「大学病院のレストランとかならアリそうじゃん?

 新しくなってから行ってないし、こんな機会じゃないと行かないだろうし」

 

・・・なるほど、言われてみれば一理あるな

 

そんな流れから、消化の良いランチを求めて向かった先となるのが、大学病院

そして、同施設内に2年程前にオープンした、こちらのレストラン

千葉大学病院の外来診療棟

その向かって右側に出来た「いのはなテラス」の1Fにある、キッチンぴなこ

 

本日のランチは、こちらで「消化の良いランチ」を頂いてみようと思います。

リニューアルした千葉大病院敷地内に隣接する、いのはなテラス1Fのレストラン「キッチンぴなこ」

そんな訳で、消化の良いランチを求めて訪れるものとなった、千葉大学病院内のレストラン

いのはなテラス1Fの「キッチンぴなこ」

 

約7年ぶりに訪れた大学病院となるのですが、その様変わりに驚くも、やはり一番の驚きはこちらの施設

これまで院内には、2軒のレストラン、そしてパン屋さんが運営していたものの、これらは全て閉店

代って、これまであった店舗を1箇所に集約したのが、キッチンぴなこになるんだとか

 

その為、お店の作りや様相はカフェレストラン調になっているものの、

 

店内に入ると、まず飛び込んでくるのが、

小麦の香りと共に並べられる、これら焼き立てパンの数々

説明書によると、こちらの店内でパンを焼き、提供も行っているとのこと

病院内の施設ながら、これはまた面白い試みですね

 

とは言ってみたものの、パンは決して消化に良い食材と言えず

今日の所は、自分の食べたいものでも興味そそられるものでも無く

「消化の良さ」を優先して、ランチを選ばせて頂きます

 

先ほどのベーカリーから奥に進むと、

天井高く、開放感あるレストランフロアに

 

席数はかなり多く、総合病院の患者さんを賄うに十分な広さを誇っております

さて、そんな店内に着いた時点で、時刻は11:00を過ぎたところ

 

間もなくお昼のピークを迎えるのか

それとも、病院内施設という都合上、お昼のタイミングもまばらなのか

いずれにせよ、まだランチに早い時間ながら、広い店内の6~7割が埋まる盛況ぶり

 

流石というか当然というか

店内は全面バリアフリーとなっており、車椅子のまま訪れているお客さん(患者さん?)の姿もちらほら

 

そんな様子を伺いながら、まず目を向ける先はメニューとなるのですが、

これまた、病院内施設とは言え侮れない

「特製海老フライ定食」を発見

 

相当な大きさ、と呼んで間違い無さそうな特大エビフライが2尾

更には、健康応援1皿と名付けられた、ヘルシー系お惣菜でしょうか

こちらもセットになりながら、お値段は1500円となっております

 

写真通りの海老フライが提供されるのなら、1500円でも安いかも・・・

・・・・違う

そもそも海老フライって、絶対に消化悪いだろ

 

そのお隣にも、限定メニューとおぼしき

・冷やし中華

・冷やし豚しゃぶとサラダパスタ

など、季節を意識したメニューもしっかり提供されております

 

続いて、グランドメニューの方を見ていきますと、

やはり病院内施設とあってか、野菜に対する拘りを感じさせます

地産地消はもちろんのこと、見る限りどのメニューにも、多数の野菜が使われている様子

 

ただ、その割には揚げ物や丼物のメニューが多く

また、消化に良い食材代表、とも言うべきうどんにも、天ぷらトッピングを欠かさないなど、普段の私なら

「やるじゃん、病院食!!」

と喜びの声をあげそうなものの、この日に限っては、消化の邪魔をする天ぷらの存在が疎ましい一品に

 

思いの外、消化良さそうな品が見つからず、最後のページに到達すると、

こちらも期間限定なのか、特別メニューなのか

通常メニューとは別紙として

・夏野菜のスープカレー

・夏の健康応援メニュー

といった2品が掲載

 

中でも「夏の健康応援メニュー」の方には

山形の郷土料理である「だしごはん」を筆頭に、カレースープや海老のフリットなども付いており、これは興味そそる一品

普段の私なら、迷うこと無くこちらの品を選んだのでしょうが・・・

 

いかんせん、消化に良いかと言えば、微妙な気も

 

結果、これぞという消化良さげなメニューが見つからない中、

「細うどんを使った、野菜と魚介たっぷりのちゃんぽん」という説明から

「うーぽん」なる、キッチンぴなこオリジナル?とおぼしき品をオーダーする事に。

病院とは思えない小洒落た店内で頂く、メニュー写真との剥離激しい一品、うーぽんを食べてみた

注文を終え、店内にいるお客さんの数も更に増加

ホールで働くスタッフさんの多くは、忙しく走り回っている一方

 

一応、飲食店なのだから、もう少し落ち着いて仕事出来ないものかなあ・・・

と感じさせる程、その慌ただしさが顕著に伝わって来る働きぶり

ホールの規模に対し、スタッフの数が足りていないのでしょうか

 

そんな様子を眺めつつ、周囲のお客さんに配膳される料理を眺めていると

やはり、多くの方から注文されているのは、前述した特製海老フライ定食

 

ただ、遠目ではありますが、メニューで見るよりは小ぶりに映る上

中には、サイズが足りないからか、特大エビ2尾のところを、小ぶりな海老3尾で提供しているお皿も

まあ、最終的なボリュームが満たされているなら文句無いでしょうし、なにより頼んだのは私じゃないしなあ

 

そんなこんなで待つこと10分

本日ばかりは、華やかさや豪華さ、美味しさを諦めオーダーした、こちらの品

こちらの・・・品?

 

これホントに、私がオーダーした「うーぽん」?

ぱっと見の印象は、余った野菜と共にうどんを盛り付けただけにも、見えなくは無いのですが

 

念のために、メニューと見比べてみると、

・・・これ絶対、他人だろ

 

同メニューを形成している

・細うどん

・ちゃんぽんスープ

ここまでの2点は良しとしよう

 

で、肝心要な、ちゃんぽんの主役とも言うべき具材

メニュー上には「旬野菜と魚介がたっぷり」との説明になりますが

これを「たっぷり」と呼ぶことに、誰も抵抗を感じないのでしょうか??

 

旬の野菜とおぼしき具材は、カリフラワーのみ

また、目に付く具材の中で、魚介類と呼べそうなのは・・・100歩譲って、かまぼこ?

メニュー写真ではこんもり盛られているキノコ類も、ひとつとして盛り付けられておらず

(まあこの点に関しては、運が良かったと)

 

市営プールや海の家ならともかく

観光地でもない病院内レストランで、良くもここまでのパネマジを・・・

 

つうか、メニュー上ではこの品「1011kcal」になってるけど

(思ったより高いw)

実際の品が、こんだけスカスカじゃ、絶対そんなカロリーないでしょ

 

病院内レストランなだけに、カロリー計算して食事している人も多い中

さすがに、明らかなカロリー誤差が出る品の提供は、いかがなもんでしょうか?

 

そんな感じに、食べる前から憤りを隠せないものの、食べない訳にもいかず

いろいろ不納得ではありますが、まずはスープの方から

ベースとなっているのは魚介系で、ちゃんぽん特有の動物性の旨味はあまり感じられず

ちゃんぽんスープと言うよりむしろ、うどんのスープに近い気がします

塩分そのものを抑えているあたりは、確かに病院内レストランらしさを感じます

 

続いて麺の方ですが、

説明通り、こちらには細めのうどんを使用

細さ、平打ちの感じからして、水沢うどんなどに近い形状となります

 

うどん自体は柔らかく茹でられ、コシは無し

食感的には、福岡のうどんに近い柔らかさとなっており、これは確かに消化に良い気がしますね

 

そして、たっぷり投入された、旬の野菜と魚介類ですが

夏を旬としている野菜で見つかったのは、こちらのカリフラワー

ブロッコリーは秋~冬が旬ではあるものの、今や通年食べられる野菜ですしね

 

そして、スープ全体をしっかり探し回った結果、

かまぼこだけで無く、えび、いか、さつま揚げの3品も発見

見事なまでに、魚介たっぷりです(笑)

 

そして、残る旬の具材達は、

にんじんともやしと長ネギ

そして、チャーシューの端肉?

 

・・・なんだこりゃ。

 

 

野菜類については、素材の旨味等を感じる訳では無いものの

しっかり火が通されており、消化良さそうな程の柔らかさにはなっておりました

また、かまぼこはともかく、さつま揚げらも消化に良い部類の食材となるので、この日の目的である「消化良いランチ」については、無事達成出来たのでは無いかと

 

うどんとちゃんぽんの、良いとこ取りをした合いの子を期待して注文すれば、激しく裏切られる一方

いずれかの食事制限を設けられ、それを満たす目的で頂くのなら、まあ納得出来る一杯じゃないでしょうか

(でも同じ値段でリンガーハットなら、この5倍くらいの野菜が食べられますがw)

 

なお、こちらのうーぽんですが、あまりにも消化に良すぎたのか

お店を出る頃には、すでに空腹モードへ突入

かといって、サイドメニューも見つからず、パンを買う訳にも行かず・・・

 

結果、この日最大の学びとなったのは

「健康、大事よ」ってことですかね

※ 明日に控えているのは、あくまで検査でして、現状どこも悪くはありません

 

あーーーーー

消化に悪いもの、めっちゃ食べたい。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

キッチンぴなこ

■ きっちんぴなこ

■ 住所:千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1 千葉大学医学部附属病院 いのはなテラス 1F

■ 営業時間:8:00~17:00

■ 定休日:土曜日・日曜日・祝日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。