スポンサードリンク

ペリエ千葉で頂くグルメバーガー、ヴィレッジバンガードダイナー 人気NO1のペッパー&チェダーメルトバーガーに絶品過ぎるふわとろパンケーキも!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

帰省前に買い物をしたい、というカミさん&子供

そのお供をすべく、午前中から千葉駅界隈へ

そごうでの買い物を済ませつつ、今度は千葉駅のペリエに向かい、その流れでランチを頂くことに

 

とは言ってみたものの、ペリエ内の飲食店はご存じの通り、ほぼ制覇済み

これといった新規のお店が無い中、数ある店舗の中で私が再訪したいお店

 

その第一候補となるのは、こちら

ヴィレッジバンガードダイナーとなります

 

ファストフードとは一線を画したハンバーガーを提供する、通称グルメバーガー

そのパイオニアとして、千葉パルコにオープンしたのが10年程前

その後、パルコの閉店に伴い、1度は千葉駅界隈から姿を消したものの、昨年のペリエリニューアルと共に、再び凱旋

 

フワッと焼き上げたバンズに、肉汁滴るハンバーグ

カリッと焼き上がったジューシーなベーコンにチーズ

うーん、思い出すだけでも美味い。

 

ただ、ウチのカミさんは日頃、小麦を食べない派となるため、こちらのお店も普段なら候補外・・

となるのですが、この日に限っては、こちらを訪れてみたいとのこと

(どうやら、店頭で見たとあるメニューに心を奪われた様子)

 

という訳で、昨年のオープン以来、早くも3~4度目

ヴィレッジバンガードダイナーにて、ランチを頂くものとなりました。

ペリエ千葉の地下1F、ヴィレッジバンガードダイナー 新メニューにはキッズメニューも発見!!

この日、お店を訪れたのは11時ちょうど

ペリエ千葉地下フロアの飲食店は、この時間にオープンとなる傍ら

こちら、ヴィレッジバンガードダイナーについては、一足早い10時より開店

 

その為、ランチには早い時間ながらも、既に先客がチラホラ

他店に比べ営業開始時間が早いのは私的にも嬉しいポイントで、ちょくちょく立ち寄ってしまう理由のひとつでもあります

 

そんな店内の様子ですが、

上記の様なテーブル席主体の作りとなっており、

 

お一人様用にはカウンター席も完備

このカウンター席にはコンセント、そしてUSBの利用も可能

スマホ等の充電にも利用できる、嬉しい仕様になっております

 

さて、メニューの方ですが、現在は限定メニューも提供中とのこと

まずはこちら、

3種のプレミアムチーズバーガーが限定メニューとして提供されております

(提供期間は当初5/12までだったものの、チーズを手配する都合で5/6までに短縮されたそうです)

 

そのお隣には、これまた新メニューと思われる「タピオカ抹茶アーモンドラテ」を発見

同じくペリエ千葉の3Fへ、少し前にオープンした「ゴンチャ」が毎日行列を作っていますが、まさかこちらにもタピオカがあったとは

しかも、定番のミルクティーでは無く抹茶・・・これは面白そう

 

続いて、レギュラーメニューの方になりますが、

こちらには以前訪問した際に比べ、若干のメニュー変更が加えられている様です

 

定番となるハンバーガー6種は健在ながら、その下にキッズプレートを2種発見

しかもこのキッズプレート、かなり立派なハンバーガーだというのに・・・安い(汗)

 

このボリューム&ここの品質で480円だったら、親としてはファストフードよりも断然、こちらを選びたいところです

(むしろこの値段なら、大人だって注文したい 笑)

 

続いて新メニューをチェックして見ると、

先ほども目に留めたタピオカにポテトをセットした軽食メニューを発見

ちょっと休憩がてらで立ち寄るには、このセットも重宝しそう

 

そして次のページでは、

入れ立ての有機コーヒーがお試し価格、100円との告知

12時~15時までの限定だそうですが、お試し価格とは言え、100円は安いですね

 

更にドリンクメニューは続き、

ソフトドリンク各種に加え、ビールも提供されているようです

 

しかもこちらのビール、八海山酒造のクラフトビールとのこと

同酒蔵では以前、「八海山ビール」という商品を提供していましたが、そちらとは違うのかな?

ちょっと頂いてみたい所ではありますが、車での訪問に付き、ビールは断念

 

そして最後は、

各種ハンバーガーにサラダ&ドリンクを付けたセットメニュー

+400円と、若干お高めではありますが、具沢山なコブサラダにソフトドリンク付き

こちらのドリンクにも、+100円の差額でタピオカが選べる様です

 

 

と、数ヶ月ぶりの訪問にはなるのですが、その間にメニューやセットなどが大きく変更された様子

また、せっかく家族での訪問となるので、以前は諦めてしまった「パンケーキ」もこの機会に食べておきたいひと品

 

パンケーキをゴールに設定しつつ、その手前のメインについては

・私 → ペッパー&チェダーメルトバーガー(サラダ・ドリンクセット)

・カミさん → アボカドののりわさびバーガー(ポテト・ドリンクのセット)

・子供 → キッズプレート

以上の3品を選ぶことに

 

注文後、即提供された

 

こちらの新メニュー、抹茶タピオカを頂きながら、ハンバーガーの到着を待つものとなります。

豪華&リーズナブルなキッズプレートにペッパー&チェダーメルトバーガー、パンケーキも絶品!!

何の気なしに注文したタピオカ(抹茶)の美味しさに笑みを浮かべる中

我が子の食べこぼしを案じたのか、店長さん自らウチの子にエプロンを提供

チェーン展開するお店とは言え、こういった気配りが行き届いているのは嬉しい所です

 

エプロンを装着し、準備万端となった我が子の前に提供されたのが、

こちらのキッズプレートとなります

サイズこそキッズ仕様で小ぶりになるものの、ハンバーガーは大人仕様とほぼ同様

 

ふっくら焼かれたバンズにとろけるチーズがたっぷり

主役のハンバーグも肉汁滴る焼き立てとなっており、その下にはレタス&トマト

 

副菜には、これまたヴィレヴァン名物、手割りポテトフライが添えられています

(このポテトがまた、地味に美味いんですよね)

 

ジュースにゼリー、オマケにチュッパチャップスまでセット

これでお値段480円ですから、数あるペリエ内の飲食店でも、頭ひとつ抜けたキッズメニューじゃないでしょうか

 

想像以上に豪華なキッズプレートを前に、満面の笑みを浮かべる我が子

その姿に、親としても「したり顔」を浮かべている中、

続いては、私の注文した

「ペッパー&チェダーメルトバーガー」の到着となりました

 

天辺から最下層まで滴り落ちる、チェダーチーズ

その間を埋める、厚切りのベーコン、ボリューム満点180gのハンバーグ

トマトにレタス、レッドオニオンなどなど、豪勢な出で立ちのハンバーガー

 

その豪華さは、横から見ると一層際立つものとなり、

もうこの断層なんかは、いつまでも目にしていたい美しさ

流れるチェダーチーズは、もはや滝

自然の恵みが作り出すような、勇ましい姿をいつまでも眺めていたいのですが・・・

 

とりあえずは血糖値の急上昇を防ぐべく、サラダから頂いてみましょう

こちら、セットのコブサラダ(ミニサイズ)となります

レタスにトマト、アボカドにゆで卵、ベーコンにスコーン、レンズ豆と具沢山仕様

 

ドレッシングは、いわゆるコブドレッシング?と呼ぶべきでしょうか

スパイシーで、どことなくメキシカンな味わいを感じさせます

それでいて、しつこさも無いので、肉汁溢れるハンバーグとでも文句なしの相性

 

サラダをひとしきり頂いた所で、先ほどのバーガーへ

しっかり写真に収めたタイミングを見計らい、再度店長さんがテーブルを訪れ

「宜しければ、お二人でシェアしやすくカット致しましょうか?」との事

 

せっかく、小麦を解禁しているカミさんもいることなので、お言葉に甘えてカットして貰うと

その断層の美しさが、まるで教科書の様に分りやすい構造となり、テーブルへと戻って参りました

この角度であらためて見ると、このハンバーグ、ホントにデカい(笑)

 

では、ハンバーグ&チーズが冷めぬ間に、さっそく一口

表面はサクッとしながら、柔らかな食感と甘さが広がるバンズ

 

その下から一気に溢れ出す、ハンバーグの肉汁とチーズのコク

しっかり焼かれたハンバーグながら、溢れる肉汁がとにかく滝

 

これを吸い上げたトマト、レタスのも流石なのですが、何よりバンズが美味い

バターの風味を感じさせながら、ほのかに甘く、肉ともソースとも相性抜群

チーズと絡まるベーコンも圧巻のボリュームを誇っており、食べ応えも文句無しなハンバーガーとなります。

 

しかし、そんなペッパー&チェダーメルトバーガーを脅かす存在が出現

それが、こちら

アボカドののりわさびバーガーとなります

 

普段なら、小麦を食べないウチのカミさん

それをして「これは食べたい!!」と言わしめたのが、このハンバーガー

 

先ほどの「ペッパー&チェダーメルトバーガー」の迫力も相当ですが、これもなかなかのビジュアル

レタスの上に180gの大ぶりなハンバーグ

しかし、それをも覆い隠すたっぷりのアボカドが、海苔と共にバンズに収納

 

こちらも、先ほどのメルトバーガー同様、撮影後に半分にカットして貰うと、

また斬新な断面を作り出しております

たっぷりのアボカド、そしてハンバーグ

各層の間には、わさび醤油に海苔、鷹の爪も加わり、一体これらが、どんな合わせ技を生み出すものか

 

シェアして貰った半分を頂いてみると、まずガッツリ届くのがアボカドのコク

森のバターと呼ぶに相応しい濃厚さですが、わさび醤油と合わさることでしつこさを感じさせず

アボカドの濃厚さでハンバーグも旨味を増し、海苔とわさびの風味も加わることで、和風のテイストを感じます

 

加えて、鷹の爪の辛味も合わさることで、従来のハンバーガーには無い、新しい味わい

ですが、和テイストにまとまっていることで、斬新ながら、受け入れやすい味わいに仕上がっています

 

なによりこの組み合わせが、私の好みにドストライク

女性にお勧めとの説明でしたが、今後私が選ぶバーガーの中でも、優先順位の上位に加わるひと品となりました。

 

 

ハンバーグ各種を食べ比べ、大満足を果たしたものの、ここから最後の大勝負が待ち構えています

そう、本日のラストを飾るのがこちら、

ヴィレッジバンガードダイナーが誇る、もう一つの名物

その名も「パンケーキ」となります

 

昨今ブームを起こすパンケーキの多くは、

・生クリーム

・フルーツ

これらに彩られ、見た目もボリュームも艶やかなスタイルが主流

 

対し、ここヴィレッジバンガードダイナーが提供するパンケーキは

ご覧頂いた通り、ド直球に「パンケーキ」のみで勝負する、クラシカルなスタイル

 

ですが、このクラシカルなパンケーキであるからこそ

素材の風味と、確かな技術で作られた、パンケーキそのものの味わいが楽しめるんですね

 

ではこのパンケーキが、どの程度「凄い」のかというと・・・

とにかく、プルプルでフワフワ・・・

を、伝えるべく、ありとあらゆる角度からシャッターを切ってはみたのですが・・・

やっぱ、静止画で伝えるには無理があったようでして

 

それならば、と

 

カットした断面より、そのフワ&プル感を伝えてみようと思うのですが・・・

やはり分りづらい(悩)

 

写真で伝えきれないことが無念なほど、とにかくこのパンケーキ、フワプル極まりない焼き上がりでして

生クリームやフルーツらの彩りを必要としない程、パンケーキの食感と味わいが、とにかく抜きんでたひと品

 

粉砂糖のほのかな甘みだけでも、十分な満足出来る甘みですが

バター&メープルシロップを少量加える事で、素材の旨味が格段にアップ

たっぷりのメレンゲが作り出す、パンケーキそのものの美味しさを堪能させて頂きました。

 

 

といった具合に、家族総出で堪能するものとなった、ヴィレッジバンガードダイナー

普段は私一人での訪問となるため、食べられる品数にも限度があるものの

(というか、男一人ではパンケーキを頼もうにも、気後れするし)

 

子供&カミさんを同伴したことにより、普段では味わう事が出来ないハンバーガー

更には、パンケーキまでをも、存分に堪能するものとなりました

 

チェーン店、といったイメージが先行するお店ではありますが、

スタッフさんからの気の利く対応や、丁寧な商品説明は、個人店にも引けを取らないレベル

なにより、ハンバーガーを始めとした、各品のレベルの高さは、さすがグルメバーガーの草分けならでは

 

もちろん、その品質の高さに見合ったお値段にはなりますが(ここだけは、ちょっと難点)

その分、キッズメニューのお得さが際立っているので、家族連れでも安心して頂けるお店となりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

ヴィレッジヴァンガード ダイナー ペリエ千葉店

■ う゛ぃれっじう゛ぁんがーどだいなー ぺりえちばてん

■ 食べログURL:

https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12044486/

(ネット予約 可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉 地下1F

■ 営業時間:10:00~21:00

■ 定休日:ペリエ千葉の定休日と同じ

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。