スポンサードリンク

西千葉に昨年オープンしたオシャレなカフェ、フラット ダイニングを初訪問 週替わりランチ「ミラノ風カツレツ」を食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

前日にジム帰りからのランチ難民を繰り広げていた日のこと

何を食べようか、そして何が食べたいのかを悩みながら彷徨いつつ、最初に辿り着いたのが西千葉

 

駅前から少し歩いたマロニエ通りをフラッとしていると、視界に飛び込んできたのがこちらの看板

こちらは確か、昨年夏頃に出来た新しいビルで、同ビル開業と共に1Fにお店もオープンしていたのは知っていたのですが

当初のランチは、キンパを含み3~4品とメニューが少なめだった記憶が

 

しかし、今こうして目にしているメニュー上には、キンパは健在ながらもメニューは7品まで増大

しかもしかも、私の好物であるミラノ風カツレツまでもが頂けるとの事!!

 

これはもう、食欲に任せ飛び込むしか無い・・・

と思ったのですが、この時点での時刻は11:00少し前

ランチ開始は11:30となり、30分以上を待たなければなりません

 

結局この日のランチはミラノ風カツレツを諦め、この後千葉駅方面へと向かうものとなったのですが

 

その翌日、やはりミラノ風カツレツを捨てきれず

今度はカミさんを連れながら、11:30の開店時間を目指し再度西千葉へ

昨日は時間が合わず、諦めるものとなったランチを頂くべく

「フラット ダイニング 」を再訪?するものとなりました。

スポンサーリンク

JR西千葉駅、東口から徒歩3分 線路沿いに昨年オープンしたオシャレなカフェ、フラット ダイニング 

この日、お店に着いたのは11:40頃

開店から10分程が経過したもの・・・と思いきや、ランチ開始は11:30ながら、カフェタイムとして11:00から営業しているとの事

その影響からか、一足先に訪れているお客さん(女性二人)もおり、そちらはお茶を頂きながらくつろいでいる様子

 

しかし、私の目的はあくまでご飯

「茶をすすった所で、腹が膨れるか!?」

とでも言わんばかりの空腹を引っ提げて店内へ

 

店内は、カウンター席を始めテーブル席、ソファー席など

各席毎に異なるセットを使用

 

敢えて統一感をもたせない、不揃いの美学と言ったところでしょうか

お好きな席へどうぞ、との事でしたが、さすがにソファー席でご飯は頂きづらいことから、店内奥のテーブル席へ

 

ここで再度メニューとご対面

入り口前とは打って変わり、今度は写真付きでのランチメニューとなります

通常のランチメニューとなるのが、左側メニューの5品

 

今年の1月よりメニューがリニューアルされたとのことでしたが、それに伴い

・アジアンそぼろライスプレート(いわゆるガパオライス?)

・唐揚げプレート(夜の人気メニューとか)

こちらの2品がランチに追加された様です

 

そしてもう一方もまた、1月から登場したとされる週替わりメニューで

・ビーフステーキサンド

・ミラノ風カツレツ

これら2品が、今週のランチメニューになるとのこと

 

さて・・・前日の段階では

「ミラノ風カツレツ」の一本勝負で心を決めていたものの

いざメニューを前にすると

「ビーフステーキサンド」の神々しい輝きが、私をジッと見つめてくるのです

 

しかもこのサンドイッチに使われているパンは、西千葉の人気店「ツィーゲル」のパンとのこと

普段、パン食派では無いだけに、食べる機会の無かったパン屋さんですが

だからこそ、こういった機会にこそ食べてみたいものだったりします

 

メニューを決めかねていた所で、1つ妙案が

もしカミさんが、ミラノ風カツレツを注文するのなら、そちらをシェアして貰い

私は迷うこと無く、ビーフステーキサンドが頼めるのでは無いか!?

 

と、モノは試しに、何を食べるのか尋ねてみると

「アジアンそぼろライスプレート」との返事がw

 

コイツ、ガチで歩み寄る気ないな。

 

となれば仕方ない、ここは当初の希望通りミラノ風カツレツを頂いてみましょう

そしてビーフステーキサンドとは、またどこかの機会で再会できることを信じております

 

ちなみにこちら、ランチ開始前はカフェ営業を行っているとのことで、

こちらの通り、スイーツメニューも取り揃っております

 

また、スイーツの方にも月替わりメニューがあり、

2月のデザートには「メルヴェイユ」というヨーロッパのお菓子が提供

メレンゲのクッキーにチョコレートムースを乗せた品なんだとか

 

そしてドリンクメニューの方も、

こんな感じに

 

夜はダイニングとして営業していることから、アルコール類も豊富

特にカクテル類の種類が多く揃っており、女性向けのメニュー構成に見受けられます。

 

ひとまずランチのオーダーについては、

・私 → ミラノ風カツレツ

・カミさん → アジアンそぼろライスプレート

をそれぞれオーダー

 

なお、ランチメニューにはソフトドリンクが付くとのこと

両者ともホットドリンクを注文した所、

こちらのコインがテーブルの上に

 

店内奥には、セルフのコーヒーマシンが設けられていて、

スポンサーリンク

こちらにメダルを投入する事で、好きなホットドリンクを頂くことが出来る様です

 

ちなみに私、モカを押したと思いきや、その下のココアを間違って押してしまった模様

押し間違いには、くれぐれもご注意を。

スポンサーリンク

♭はbではなくフラットなお店で頂く初ランチ、週替わりメニューのミラノ風カツレツに大満足!!

店内の作りはもちろん、建物の作り、内装に至るまでもが

「良い意味で千葉らしくない」洒落っ気に満ちあふれた、フラットダイニング

 

マロニエ通りの最東端(京成の線路沿い)となるため、車で通ることはまず無い上

近隣に住んでいたとしても、そうそう用事が無ければ足を伸ばすことの無いエリア

 

加えて、そのオシャレ過ぎる作り故に、パッと見ではお店があることすら気付かない、建物の作り

(しかも、こちらのお店の隣には、お寿司屋さんも発見)

 

更には、ランチメニューの記載に関して、全商品名の頭に「b」と謎の記載

一般的なお店では、Aランチ~Eランチのように、商品名を区分する目的で、頭に符号を付けるもの

しかし、ここフラットダイニングのメニュー、全ての頭は「b」

 

なぜに全てのメニューを「b」ランチと記しているのか?

と思いきや、私が「b」と認識していたマーク、その正体、実は「♭(フラット)」だったのです

 

店名のフラットが「平ら」ではなく「♭(半音さげる)」だったとは…

その事実に気付いた以上、ここからは半音下げて、イイ感じの低音を響かせてご飯を頂いてみましょう

 

また1つ謎を解き明かした所で、まずは手始めに

カミさんがオーダーした、

「アジアンそぼろライスプレート」の登場

 

想像通り、ガパオライスと呼んでも差し支えない、そんなご飯

しかし、パクチーの量は相当となっており、好きな人にはたまらない、そんな様相が伺えます

(ちなみに私、パクチーはそんなに好きでもない)

 

アジアンそぼろライスプレートから遅れること一呼吸

続いて登場した、フラットダイニング、今週のランチが

こちら、ミラノ風カツレツとなります

主食はパンorご飯を選択できるとのことで、ご飯をチョイス

 

 

カツレツと言えば、一般的には薄いお肉を使うイメージですが、

こちらは丸々と肉厚スタイル

食べ応えバッチリなカツレツに、トマトとガーリックの香りが食欲そそるソースもたっぷり

 

付け合わせにはサラダ、そしてマッシュポテト

外観こそ和風なトンカツながら、その周囲を固めるのはミラノの風吹く欧風スタイル

地中海の雰囲気を身に纏った、イタリアンなひと皿となります。

 

まずはカツレツをカットし、その断面をズーム

使用しているのは肩ロース肉?と思われますが、脂は少なめのアッサリした肉質

その分、旨味を補っているのが、衣の間に挟まれたチーズ

そして、これらを頂くトマトソースとなっております

 

衣から感じるチーズのコクと、トマトの酸味にガーリックの旨味が加わったソース

これらが組み合わさり産み出す味わいを堪能するには、トンカツがアッサリ目なのはむしろ良好

チーズ、トマト、そして豚肉と、三種の持ち合わせる旨味成分が互いに乗算し合い

理論的にも見た目的にも、そして感情的にも、溢れかえった旨味に溺れそうなカツレツ

 

いわゆる和食系豚カツのように、肉の柔らかさや脂の美味さを味わう

といった方向性では無いものの、素材、ソース、技術で旨味を高めあうスタンスは、欧風ならではの仕上がり

 

イメージしていた以上にボリュームもしっかりしており、食べ応えも十分

付け合わせの野菜、ポテトも申し分なく、ご飯との相性も当然バッチリ

 

しかも、これにドリンクまで付いて、お値段は1000円ジャスト

ここ西千葉のマロニエ通りには、いくつかの飲食店が並んでいますが、どちらかと言えばハイソ系なお店が多い通りでもあります

そんな中で、ジャスト1000円のランチだけでも有り難いのに、そのクオリティにも非の打ち所は見つからず

 

お昼時ともなれば、お客さんが溢れかえっても不思議では無い料理のクオリティ、オシャレな作り、そしてコスパの良さ

ただ、お店の立地が分りづらいことや、提供しているランチメニューの豊富さが知れ渡っていない事などが、惜しまれる部分でしょうか

 

SNSらをしっかり活用すれば、間違い無く映えるお店になるだろうに、なんだか勿体なく思いつつも

お店に代わって応援したくなる、クオリティ高い&再訪したくなるランチを、西千葉では久々に頂きました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

flat DINING

■ フラットダイニング

■ 住所:千葉県千葉市中央区春日2-1-8 西千葉フラット 1F

■ 営業時間:11:00 – 14:30(ランチは11:30~)/ 18:00 – 22:30

■ 定休日:日曜日はディナーのみ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。