スポンサードリンク

西千葉の大人気店、カフェ ル グレに初訪問 ランチ前にフライングで頂く帆立のドリア

LINEで送る
Pocket

ここ最近、千葉駅界隈で朝早くから活動する機会が多いものの、この日はお隣西千葉にて朝イチの案件が勃発

 

10:30を過ぎた所で仕事がひと段落し、早めのランチを食べたいものの、近隣のお店はまだ営業開始前

あと30分だけ待てば、武蔵家を始めランチをスタートするお店が続々現れるものの、そのわずか30分が待てず、今すぐ入店出来るお店を探してみた所、

西千葉駅前から西友を越えた先、マロニエ通り沿いの「カフェ ルグレ」が10:30オープンであることを発見

 

こちらの店、以前より気にはなっていたものの、

・中が見えない怪しげなカフェ

・入店するお客さんの大半が女性

・とにかくいつも混雑している

などの理由から、今日に至るまで未訪問となっていたお店の1つとなります。

 

普段なら、女性のお客さんが多いカフェだけに、二の足を踏むものの、まだ開店直後とあってお客さんも少ない様子

今のタイミングであれば、女性客に囲まれ気まずさを感じるることなく、サッサとランチを済ますことが出来るのでは?

そんな予測を企て、カフェルグレに初訪問してみることとしました

 

なお、お店向かいのコインパーキングに駐車した後に知ったのですが、

同店の裏手には、契約駐車場があるとのこと

2つの駐車場合わせて6台分となりますが、ご参考までに。

スポンサーリンク

JR西千葉駅から徒歩3分 10:30オープンの大人気店、CAFE LE GREに初訪問

そんなわけで、普段なら入店を躊躇してしまうものの、開店直後の10:30という後押しもあり、勇気を出して初めてドアを叩いた、西千葉のカフェ ルグレ

 

薄暗いドアを開けて店内に入ると、外からは気付かなかいながら、意外に奥行きある造りとなっております

この日の訪問は1人となる為、入り口近く手前側の小さな席に通されるものかと思いきや、何に気を遣ったのか、店内奥へと誘導・・・

 

奥には、8人掛けくらいの大テーブルがあるのですが、どうやらお一人様は全て、こちらのテーブルに通すシステムの様子

開店直後の入店ながら、同テーブルには既にお一人様でランチ中の女性がおり、こちらと相席?となることに

 

事前の目論見では、ランチ目当てのお客さんで混み合う前に、サッとご飯を頂き姿を消す予定が、早くも計画にほころびが発生

とりあえず、ランチだけでも早々に頂こうとメニューに目を通すと、

開店となる10:30から12:00までは、タイムサービスとのこと

ただ、こちらのタイムサービスは、ドリンクもしくはケーキに対してのみ

 

となると、食事の方は?

と、次のページをめくってみると、

ここで予定していた計画に対し、早くも2つ目の綻びが発生

こちら、カフェ ルグレの営業開始は10:30ながら、ランチタイムが開始となるのは11:30からとのこと

 

せっかく気まずさを感じず、ランチにある付けるものと思いきや、ランチを頂くには今から1時間も待たなければならないのです

今の時間でも食事が出来ないものか、念のため店員さんに尋ねてみると

「通常のランチメニューは11:30からとなりますが、タラコと青じそのパスタと本日のドリアだけは、お出しすることが出来ますよ」

との返事が

 

タラコのパスタか本日のドリア・・・

どちらも低ウエイト感が否めないものの、かといってケーキ類でお茶を濁す訳にもいかない

最悪、足りないウエイトは別の場面で補うとして、ここは「本日のドリア」を注文してみるものとなりました。

 

なお、ランチ開始前の時間帯に注文が可能となるメニューは以下の通りで、

こちらのドリンク類、

 

そして、ライムサービスにも名を連ねていた、

こちらのケーキ類

 

更には、

もう1ページケーキが並ぶ、正にカフェと呼ぶべきメニュー構成となります

 

メニューを見る限り、インスタ映えやSNSで拡散されそうな派手さは感じられず

それで居ながら、連日女性のお客さんで賑わっている訳ですが、その秘密は一体、どこにあるというのでしょうか…

スポンサーリンク

オープンは10:30ながらランチは11:30からという大誤算…本日のドリアを食べてみた

とりあえずの腹ごしらえをすべく、ランチ開始前ながら注文が可能となる

「本日のドリア」を頼み終えると、まだまだ昼前ながらお客さんが続々と来店

スポンサーリンク

 

前述した通り、私が掛けている席は、8人掛けの大テーブルとなるのですが、次から次へと同テーブルにお客さんが押し寄せてきます

しかも、来るお客さんは全員女性(というか、近くの大学生ばかり)

しかもしかも、こちらの席はお一人様用かと思いきや、2人組でもお構いなしに通している様子

 

気付けば、8人掛けの大テーブルに、女性のお客さんが3組5名

そして、ギリ30代の中年男性(もちろん私)が1人…という、間違い探しにもならない程、場違いすぎる謎のテーブルが誕生するものとなりました。

 

ちなみに、私の後に訪れた女子大生たちは、全員ケーキセットをオーダー

いや、正確にはランチが始まるまでの1時間をケーキセットで凌ぎ、その後11:30からはランチメニューに移行しようとしている様です

 

ケーキセットだけでも1000円近くするというのに、そこから更にランチにまで流れてしまうとは、最近の女子大生って優雅だなあ

などと、中年らしく余計な心配をしつつも、とにかく手持ち無沙汰な私にはやる事が無く、周りの会話が否応にも耳に入ってくるばかり

 

女子大生らしい、華やかな恋バナが始まったかと思いきや、数秒後には「うつ病」について語り合うなど、その会話の持つリズミカルさと、枠にとらわれない奔放さにヒヤヒヤしつつ、1秒でも早くランチを食べ終え、店を後にしたい気まずさを感じている所へ、

ようやく本日のドリアこと「帆立のドリア」が到着となりました。

 

ある程度予想は出来ていたものの、予想にバッチリはまった小ぶりな器のドリア

対し、予想を大きく反したというか、想像もしていなかったのが、たっぷり掛かったベシャメルソースの形状

ドリアの上に並々と注がれている、こちらのベシャメルソースですが

この通り、とってもクリーミーな液状となっています

ここまでトロっと液状化していると、ベシャメルソースと言うよりむしろ、クリームソースのよう

間違いなくアツアツなこのソースを、ご飯に絡めてまず一口

 

うん、ウマい

さすが連日お客さんが殺到する人気店だけあり、申し分ない美味さですね

クリーミーにも程があるくらい、ソースが液状な反面、その下のご飯は固めになっており、ソースとマッチしてちょうど良い風合いに到達しています

柔と剛のバランスが、アツアツの器内で等しく混ざり合い、香ばしいご飯にソースがキッチリ融合を果たしています

 

ドリアに入っている具材の方も、

主役となる帆立がたっぷり入っており、「帆立のドリア」を名乗るにふさわしい主役感を作り出しています

彩りを兼ねたルッコラのちょっとした苦みも、甘み溢れる中でアクセントになっており、ただの色づけには留まらず、自らの役割をしっかり全う

その他具材には玉ねぎ、そして個人的には邪魔な存在ながら、世の中的には評価されるべきキノコも入っており、器1つではあるものの、多くの食材が詰まったカフェらしい一杯となっています。

 

・・・が、当然私の空腹を満たすには程遠く、事前の予想通り、満腹バロメーターは腹4分程で頭打ちに

結局、ここカフェ ルグレが人気店とされている秘密も見えてこず、空腹を抱えたままお店を後にするものとなりました

 

なお、帰り際にレジの前を眺めていると

色彩豊かなケーキを多数発見

ケーキ専門店にも負けない種類の豊富さに加え、季節の果物も溢れかえっています

もしや、このケーキ類こそが、カフェルグレが人気店とされる理由なのかも知れません

 

加えて、店外に出た所で目にしたのが、

カフェらしい「珈琲への拘り」の一文

そういや、せっかくカフェに来たというのに、コーヒーの1つも飲まずに出てきてしまったなあ

これだけコーヒーへの拘りを語っているお店なのだから、まずはそっちを味わうべきだったか

 

なんにせよ、お店がオススメする2大巨頭

・コーヒー

・ケーキ

のいずれも味わうことなく、お店を後にしてしまった事を少し後悔

次はしっかりランチの営業時間を確認しつつ、カフェらしくコーヒー&ケーキも嗜んでみないとなりませんね。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

CAFE LE GRE

■ かふぇ る ぐれ

■ 住所:千葉県千葉市中央区春日2-10-8 ラ・ペール春日 1F

■ 営業時間:10:30~22:00

■ 定休日:無休

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。