スポンサードリンク

【画像多数】東京ディズニーランド内のビュッフェレストラン、クリスタルパレスでランチ 行列必至の人気レストランも、事前予約でスムーズ入店が可能に!?

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

『アァッ!?明日、学校休み??』

 

10月の最終日、学校から帰ってきた子供から告げられた、まさかの一言

翌日の11月1日は、学校内の行事?だかなんだか知らないのですが、とにかく学校が休みになるとのこと

 

翌2日からは、土~月までの三連休

つまりは、ここに加え1日にも休みとなる、魔の4連休がスタートするとのこと

 

数日前まで、胃腸炎で寝込んでおり、仕事も鬼の如く貯まっている中

そこに加えて、子供の学校はまさかの4連休とあっては、にっちもさっちもいかない状況に

 

さて、この4連休をどう乗り越えるかをカミさんと協議した結果・・・

もうここは開き直り、とにかく初日に子供を散々遊ばせ、満足させる代わり、残る3日間を仕事へと費やすことに

 

そんな訳で迎えた、11月1日

私たち家族が急遽向かった先、それは千葉県民が唯一、神奈川、埼玉県民に対しイニシアチブを取れる、

日本・・いや世界に誇れる一大アミューズメントパーク

 

そう、東京ディズニーランドとなります

 

 

前日までは、年間で最も混雑すると言われる「ハロウィンイベントの期間」となるのですが

それを終えた11月1日、しかも平日の金曜日であれば、そうそう混雑すること無く、子供を遊ばせられるだろう

と読み、その場のノリながらTDRへ向かうことに

 

ただ、世の中は翌日から三連休へ突入する影響もあってか、

事前に予想していた程の隙具合では無かったものの、この夏から導入されたアプリを駆使し

混雑状況の確認、ファストパスの獲得をスムーズに行うことで、午前中からランドを満喫

 

となれば、次に頂くべきものはそう、ランチ

この日のランチは、ディズニーランド内でも屈指の人気と言われる、こちらのレストラン

クリスタルパレスレストランを訪れるものとなりました

 

ランチ時に限らず、他のアトラクション同様、行列必至と呼ばれる同レストラン

この日も、ビッグサンダーマウンテンが70分待ちであるのに対し、

クリスタルパレスレストランの待ち時間は、約60分とのこと(AM11:50時点)

 

しかし我が家はと言うと、TDRへ向かう道中、

カミさんが同レストランの当日キャンセル枠から予約を済ませたことで、並ぶこと無く店内へ

こちらは、TDRの中では唯一?となるビュッフェ形式のレストラン

 

お値段の方は90分食べ放題にて

・大人 → 3,150円

・7才~12才 → 2,000円

・4~6才 → 1,250円

といった価格設定となっております

 

一般のビュッフェと比較すれば、『??』な価格帯ながらも、ここは東京ディズニーランド

世界でも有数の高物価大国に於けるビュッフェとして考えれば、決して割高ではない、との見方も出来ます

 

しかもその店内は、

クリスタルパレスの名前に見劣りすることない、豪華絢爛なお城の如き造り

高々とした天井に加え、一面に張り巡らされたガラスからの採光

 

この豪華な建物が、入り口前頭上だけで無く、

ぐるっと店内、全面に行き渡るのですから、そりゃお城と呼ぶにも相応しい造り

 

そんな店内で頂くランチ

しかもビュッフェスタイルでありながら、そのお値段は3000円

 

TDR内にある、その他レストランで頂いたとして、1人前2000円程が主流

であることを踏まえるのなら、大人一人3150円のランチは、むしろ割安とも言えます

 

なお、子供用の席にはしっかり

ミッキーさんとその仲間達をあしらったランチョンマット付き

子供が食べ飽きた際には、各キャラクターを立たせることも出来る遊び心も亜すれておりません

という訳で、そんなクリスタルパレスにてランチを頂いてみるものとなりました

昼時は90分待ちも当たり前!? TDLの大人気ビュッフェ式レストラン、クリスタルパレス初訪問

事前に予約を入れ、クリスタルパレスレストランを訪れた時刻は、12:50

ランチとしては少し遅めの時間にはなるものの、当日予約の兼ね合いで同時間に

 

ちなみに、この時点で店外に掲載される待ち時間は約50分

多くのお客さんが、他のアトラクション同様に列を作る中、我が家はファストパスよろしく、スマホアプリの予約画面を見せながらゆうゆう店内へ

 

前述した通り、同店はTDL内唯一のビュッフェレストランとなっているため、メニュー等は無し

席へと案内されるや否や、まずは食べ放題メニューのチェックへ

 

まずはこちら、

ご飯にスープ、そしてビュッフェの定番カレー

日替わりとなるかどうかは分かりませんが、この日のカレーにはポークカレーが提供されておりました

 

続いてはサラダ類のコーナーへ

品数は6~7品ですが、

レタスにきゅうり、わかめにコーン、海藻のサラダなどもスタンバイ

ちなみにドレッシングは4種類がセッティングされております

 

サラダに続くコーナーでは、

こちらも先ほどのサラダの延長線、野菜を使ったメニューが中心のエリア

春雨のサラダやチキンとポテトのサラダ、ムール貝のマリネがあったり

中にはちょっと珍しい、赤パプリカのムースなんて品も発見

 

大人はもちろんのこと、子供も多く訪れるお店となるので、

色彩豊か且つ、多品目を一度に摂取できるメニューが目立つようです

 

続いてのエリアは、ここでようやくおかず系に

みんな大好き白身魚のフライに始まり、メカジキのオーブン焼き

サーモンのクリームソースに、麻婆なすと、その多国籍ぶりはさすが、イッツアスモールワールド

 

野菜に魚に、イタリアンに中華にと

国の垣根を跳び越え、世界中の全年齢をカバーする網羅性は、ディズニーで無ければ真似できません

 

続いてもおかずエリアへと続き、

ローストポークにはまさかの、青じそソース

お隣にはシーフードが見当たらないながらも

「シーフードクリームパスタ」がキノコたっぷりで提供中

 

そのお向かいには、

ハンバーグにフライドポテト、そしてえびフライと

急に対象年齢が下がった様に思ったのも納得、どうやらキッズコーナーとのこと

 

同コーナーに用意されているボローニャソーセージは、流石とばかりのミッキーデザイン

子供心だけで無く、思わず大人も笑顔を浮かべる、隠れミッキーの発見です

 

その他、ドリアにパン、ミートソースにビーフストロガノフ

更には、正体不明の「今日のお勧め」まで、品数は想像以上に豊富なビュッフェ

ひとまずは、めぼしいおかずを中心にお皿へ盛り付け、第一回戦を繰り広げてみましょう。

老若男女が満足できる、クリスタルパレスのランチビュッフェ 品数の豊富さはもちろん、スイーツも注目

そんな感じで、一通りのメニューを回りきった、クリスタルパレスでのランチ

同店のビュッフェ皿は5エリアに分割された造りとなっており、他店と比べ若干小さめのお皿となります

 

そんな影響に加え、普段は11時にランチを食べる私が、12:50まで待った事による空腹度合いも絶好調

結果、欲張った訳では無いものの・・・

一回戦目にも関わらず、早くも終戦を迎えそうなボリュームランチに到達

 

それでは、個々のプレート、品々を細かく見ていきたいと思います

まずこちらは、炭水化物ゾーン

ポークカレーは子供の多い同店らしく、辛味のない甘め仕立て

豚肉の割合は多めとなる、具だくさん仕様です

 

お隣はシーフードピラフとの記載でしたが、目立った魚介類はホタテのみ

ソーセージにパプリカ2種が、色づいたサフランライスと共に提供されます

 

同じく、シーフードと書かれたクリームパスタですが

こちらは前述した通り、魚介は見当たらず、具材はキノコのみ

私は盛り付け時点でキノコを避けてしまった為、終始ただのクリームパスタで完結する結果に

 

そのお隣左側は「今日のお勧め」と記された品

気になったことから取得してきたのですが・・・

中身は白身魚ながら、フライというよりは、ピカタの様な衣の揚げ物

これもきっと、私の知らない未知なる国では、主食か名物として食べられているのでしょう

 

続くお皿は、おかずメイン

ちょっと遅くなったランチとは言え、野菜は必須

という訳で、わかめたっぷりレタスとツナを盛り込み、ドレッシングには和風をチョイス

 

そのお隣は、今回のビュッフェに於けるMVP候補2品

豚のなんとか炒めと、鶏のなんとかソース

 

聞き慣れない名前の2品でしたが、他のメニューに比べ味付けが好み

加えて、使用している鶏・豚共に素材の持ち味も感じられ、食べ慣れない味付けながら、お替わりも辞さない2品となりました

 

同2品に並び、意外な美味しさを感じさせてくれたのが

原色がドキドキさせる、赤パプリカのムース

ブルーベリーも共にムースへと仕上げており、パプリカの臭みや苦みは感じず、ほのかな甘さで食べやすい味わい

ピリッとした辛味も感じさせており、大人味ながらも、ここのビュッフェらしからぬ手間暇を感じさせます

 

そんなパプリカのムース脇に隠し持ってきたクルトンですが、この使い道はもちろん

本日のスープ、コーンポタージュの中へ

これにてただのコーンポタージュが、ちょっとリッチでボリュームあるスープにデザインし直されましたとさ

 

そんな2皿を次々と平らげていく私を、横目で眺めている子供

そのお皿に目を向けてみると、

子供らしくキッズプレートから取得してきたおかずが盛られているのですが

前述したボローニャソーセージだけでなく、にんじんやポテトフライにも隠れミッキーを発見

 

これだけ至る所にミッキーが見つかると、これはもう、隠れミッキーとは呼べそうにありませんね

なんならケチャップにもミッキーが隠れているのでは・・・

と隙を見て確認しましたが、ここは既製品そのままだった様です

 

そんな2皿をしっかり平らげた後、気になる品をいくつかお替わり

加えて、キッズメニューなどへも足を運び、ハンバーグらも頂いたところで、お腹も大分満足

 

最後はビュッフェらしく、スイーツで〆ようと、同エリアに足を運ぶと

タイミングによって、ケーキの数は左右するものの、全10品程のケーキ類がお出迎え

サイズはどれも小ぶりとなっており、少しずついろんな種類を選ぶことが可能となっております

 

普段、スイーツ類には目をくれない私も

これぞというメインが見つからなかったディズニーのビュッフェであれば、スイーツでも頂かなければ納得も行かず

 

ビュッフェ代の元を取らねば・・・

という器量の小ささを見せる訳では無いものの、せめて満腹にはなっておこうと、

一足早くスタートした、クリスマスビュッフェらしく

ブッシュドノエルを始めとしたケーキ類、全7品をセレクトし、終焉を迎えることに

 

なお、頂いたスイーツ類(&一部、キッズメニューのおかず)に関してですが

まあなんと言いましょうか、お値段相応・・・とは言いがたいものの

TDRの物価から見たお値段にして、納得の水準といった品々になっておりました。

 

 

そんな感じで一通りのメニューを頂くものとなった

東京ディズニーランド内のビュッフェレストラン、クリスタルパレスでのランチ

 

同パーク外のお店で頂くビュッフェと、そのお値段を比較すれば

様々出てくる言葉はあるかと思いますが、それを差し置いてもここは、夢の国ディズニーランド

 

他店舗では今も、一杯2000円のカレーが提供されることや

私が子供の頃に頂いていたピザなどはSサイズにも満たないサイズで1000円程だったことなど

比較対象があやふやにはなるものの、同ランドの物価から見ればだいぶ割安なイメージを受けるランチとなりました。

 

 

行列必至のクリスタルパレスレストラン WEBサイトより予約すれば、待たずに入店が可能!

最後に、入店までの待ち時間が長いことでも有名なクリスタルパレスですが、

・前日までにプライオリティ・シーティングで予約

・当日にキャンセル枠を、プライオリティ・シーティングで予約

上記いずれかの方法で、時間を指定した席の予約が可能となっております

 

いずれも、東京ディズニーランドのWEBサイトより予約が可能となっており

前日までの予約は、なかなか空きが見つからない反面

当日の方はキャンセル枠に滑り込みやすく、割と予約しやすい・・・といったメリットも

 

その代わり、当日になってからで無ければ予約が出来ず

キャンセル枠が無い際には、当然予約が出来ないといった欠点もあります

 

週末は厳しいにせよ、平日なら意外とキャンセル枠も拾いやすいので、

ディズニーランド訪問の際には、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

クリスタルパレス レストラン

■ くりすたるぱれす れすとらん

■ 住所:千葉県浦安市舞浜1-1 東京ディズニーランド

■ 営業時間:不明

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。