稲毛駅前のテイクアウト専門店、ザンギとカレー内村くん シーフード&ザンギカレーを食べ比べ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

全国的に一斉ブームとなった高級食パン

 

千葉でも一時、同系等の食パン専門店が増えたものの

このブームも長続きすること無く、半年~1年で閉店するお店が続出

 

そのウチの1軒となったのが、JR稲毛駅

同西口すぐにも高級食パン専門店がオープンしたものの、気付けば閉店となりまして

 

そんな食パン専門店のあとにオープンしたのがこちら

「ザンギとカレー内村くん」というお店になります

 

店名から察するに、北海道の唐揚げことザンギ

それとカレーを提供するお店になるようですが

 

こちら、この9月にオープンしたものの

テイクアウト専門店となることから、なかなか利用機会が得られずでして

 

 

そんな同店を気に掛けること数ヶ月

ちょうどこの日はカミさんがいない為、子供と2人での家ご飯に

 

なにかお弁当的なものを買って帰ろうか・・・

と悩んでいた所に、ちょうど思いだしたのがこちらのお店でして

 

カレーに唐揚げとなれば、

子供と私、いずれも満足いく晩ご飯になること間違い無し

 

という訳で本日はこちら

「ザンギとカレー内村くん」をテイクアウト利用してみることに。

JR稲毛駅西口に9月オープンのテイクアウト専門店、ザンギとカレー内村くん

という訳で、今晩のテイクアウトに

初利用すべく足を運んだ、ザンギとカレー内村くん

 

ストレートな店名となっており

ザンギとカレーを提供している同店

 

まあ、それに続く「内村くん」がなにを指しているのかは気になりますが

とりあえずカレーとザンギ、こちらを目的にしてお店の方へ

 

まずメニューの方から見ていきますが、

こちら、店頭に並んでいるのはザンギ

 

ザンギは旨塩、ニンニク醤油の二種が用意されており

いずれも2個240円からの購入が可能となっております

 

その他、6個入りのザンギパックや

16個入りで家族分を賄えそうなファミリーパックらも購入可能とのこと

 

いずれも注文後に揚げたてで提供されるとのことですから

晩ご飯の時間に合わせて購入出来れば、揚げたてを頂く事も出来そうです

 

 

そして、もう1つのお目当てとなってくるのが、

こちらのカレーになりまして

 

カレーそのものは一種の提供となりますが

ここにトッピングで、ザンギ、更には豚カツの追加も可能

 

その他、先ほどのザンギが主役となるザンギ弁当や

ザンギ南蛮?弁当もあったりと、唐揚げとカレーながらにバリエーションは様々楽しめるご様子

 

更に期間限定メニューとなっておりますが

「シーフードカレー」の販売も行われておりまして

 

こちら、通常価格1580円となるところを

期間限定として、1280円にて購入可能とのこと

 

 

といった所が「ザンギとカレー内村くん」の各種メニューとなりますが

やはり晩ご飯を思うと、本日はカレーを購入したい所でして

 

普段であれば、カレーに+してザンギも・・・

とイケるボリュームに見受けられるのですが

 

この数日前から、微妙に体調が悪く

食欲にも自信が無かったことで、この日のオーダーは抑えめに

 

結果、私はシーフードカレーを

そして子供にはザンギカレーをそれぞれ、購入してみるものとなりました。

具沢山でコクある旨味を味わうシーフードカレーに、ザンギカレーを食べ比べ

という訳で、二種のカレーを購入

晩ご飯に子供と2人、食べ比べてみるものとなった「ザンギとカレー内村くん」

 

カレーはいずれもテイクアウト専用の容器で販売されており

当然、いずれもレンジでの温めが可能との事

 

そんな2品を購入し

帰宅後温め直して頂くものとなりましたが

まずこちらが、子供用に購入してみた

「ザンギカレー」になります

 

事前に確認したところ、こちらのカレー

スパイスは使用していますが、辛さは控えめとのこと

 

別料金での辛さアップは可能だそうですが

こちらは子供用となるので、デフォにてオーダーとなります

 

メインとなるカレーは、様々な具材が溶け込んだタイプとなり

ご飯の上には、この通り

ザンギをトッピングしての提供となります

 

店頭のメニュー写真ではザンギ2つ入りとなってましたが

実際の所は4つ入りにて提供

 

写真で見るよりも、1つ1つが小ぶりな為でしょうか

いずれにせよ、カレーと共にスプーンで頂くには食べやすいサイズ感となりそうです

 

 

一方、私がオーダーしたのがこちら

「ザンギとカレー内村くん」で頂く、もうひと品のカレー

シーフードカレーになります

 

上記したザンギカレーが850円に対し

こちらのシーフードカレーは、お値段1,280円

 

だいぶ価格差のあるカレーとなっておりますが

それを裏付けるかの如く、目視でも確認出来る具沢山ぶり

 

加えて、カレー自体の色味も異なっており

ベースのカレーそもそもが、通常の品とは異なる様です

 

 

では、そんなシーフードカレーを早速頂きますがが、

スプーンを差し入れた瞬間から

ごろごろと出てくる具沢山ぶり

 

あさりにイカ、エビに帆立などなど

想像を上回る具沢山ぶりとなっており、そのボリュームも相当なもの

 

また、多彩な具材を使用していることもあってか

通常のカレー以上に、奥深い味わいなのも大きな特徴でして

 

二種のカレーを食べ比べればこそ分かるものとなりましたが

その価格差にも納得となる、ワンランク上の豪華さを感じさせます

 

また、スパイス感についても、こちらの方が深みを帯びてまして

私的には・・・ですが、子供的には気持ち辛さを感じるところに

 

まあ、そんな辛さについては

自宅に常備している各種スパイスで調節しつつ

適時な辛さでご飯頂けば、

出汁感あるカレーの旨味もより引き出されるものに

 

ただ、カレーとその具材の割合に対し、少しご飯は少なめな印象も

とは言えテイクアウトになりますので、ご家庭でご飯を調節してみるのも良さそうですね

 

また、これはお弁当ならではの難しい部分となるのですが

私の頂いたシーフードカレーについては、レンジの温めで美味しく頂けますが

 

一方の、揚げ物をトッピングするザンギカレー

こちら、カレーとご飯については適温に温まる一方

ザンギについては、上手いこといかず・・・でして

 

カレーとは別途、唐揚げのみを別途で温め直せば

より美味しく頂けるところとなりそうですが

 

本日はその一手間を惜しんでしまった為

カレーはともかく、ザンギに関しては不完全燃焼な結果に

 

この反省を活かし、次回は揚げ物は別途でオーダーしてみるなど

より美味しく食べられる方法を模索してみたい所ですね

 

 

という訳で、この9月オープンながら

初利用となった稲毛の新店、ザンギとカレー内村くん

 

今回はカレーがメインとなり、

シーフードとザンギカレーを食べ比べる事に

 

中でもシーフードカレーの豪華さは

お値段にも納得の仕様となり、これには大満足

 

一方のザンギについては、カレーと共に頂くだけでなく

ザンギそのままでも、食べ比べてみたい所となりまして

 

また本日のザンギは「旨塩」となりましたが

もう一方のニンニク醤油も当然気になる所で

 

次は、これらのザンギをテイクアウトするか

もしくはザンギ南蛮弁当、といった選択肢も面白そうなテイクアウト専門店となりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

ザンギとカレー内村くん

■ ザンギとカレーうちむらくん

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区稲毛東3-18-20 丸吉駅前ビル

■ 営業時間:11:00~21:00

■ 定休日:不明

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。