孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

京成千葉中央駅前、フォーレタントンに新メニュー バインミーを発見! パリサクフランスパンに絶品ソース入り、BBQポークを食べてみた

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

日曜日のランチ、本日は久々家族総出で出掛けることに

カミさん&子供のリクエストを訊ねると、返ってきた答えは「ブンチャー」

 

どの程度のご家庭で「お昼、なに食べたい?」との問いかけに

果たして『ブンチャー』などという答えが返ってくるものでしょうか??

 

かなりレア、いやマニアック過ぎる回答

そのブンチャーが示す先は、そう

昨年、京成千葉中央の駅前に移転してきたこちらのお店

「フォーレタントン」になります

 

以前は末広街道沿いにあった同店ですが、昨年秋に千葉中央へ移転

オープン当初にもちろん訪問済みの同店ですが

千葉中央に移転&リニューアルオープン、フォー・レタントンを初訪問 ベトナム式つけ麺、ブンチャーの美味しさに思わず感激!!

こちらで頂ける様になった、ブンチャーというベトナム風つけ麺

これをカミさん&子供共々気に入ってしまい、以来すでに4~5回は訪問している同店

 

当然、ほぼ全メニューを制覇(限定を含む)していることから

すでに私は、若干飽き気味ではあるのですが・・・

 

前回の訪問が3月で、その頃はまだ冬の限定メニューを提供

(確か、牡蠣とキノコ満載のフォーでしたね)

 

あれから2ヶ月が経過しているので

そろそろ新たな限定メニューが加わっているのでは無いか、と画策し足を運ぶと

そこで見つけたのは夏の限定メニュー

ではなく、新たなレギュラーメニューに加わった、全5品のバインミー

 

でも、ここのバインミーは・・・

まあ、ひとまず店内へと足を運んでみましょう。

従来からのフォーに加え、ベトナム風つけ麺&まぜそばも加わったフォーレタントン 更に新メニューが?

カミさん&子供共に

「ブンチャー」と口を揃え、足を運ぶものとなったフォーレタントン

 

この日、お店に着いた時刻は11:30を回った所となり

すでに店内には3~4組のお客さんが来店中となります

 

そしてメニューの方ですが、

まずこちらは、フォーのメニュー各種

全7種のフォーは、末広街道時代から変わらず提供されており、同時期から今に至るまででほぼ制覇済み

 

唯一、前回限定で提供されていた牡蠣のフォーに関しては

キノコ満載であった事から、手を出すこと無く終わっておりました

 

そして、本日カミさん&子供が目当てとしたのが、

こちら「ブン」と呼ばれるベトナム風の麺料理

 

 

ブンチャー、とブンテットヌン、2種が用意されており

いずれも米粉の麺を使ったまぜそば、つけ麺となっております

 

まぜそばの方は合わせるタレに辛味がある一方

つけ麺の方は、我が家の子供でも難なく食べられるクセの無い味わいが特徴

 

加えて卓上には、様々な調味料が常備されておりますので

それらを用いて、好みの辛みなどに調整出来るのも、同店ならではの特徴となります

 

が、上記2品も既に食べている私

ここで本日、目を付けた品となるのがこちらの新メニュー

全5種の具材が並ぶものとなったバインミーになります

 

都内の方ではバインミーをスープに漬けて食べる、オシャレな食べ方が流行っている

そんな情報を聞きつけ、一時千葉でもバインミーを探し放浪したこともありましたが

そんなもの、千葉にはまだ無い事に気付き早々に終了

 

以来、久々となるバインミーがこちら、フォーレタントンの新メニューとして登場

ただ、同店のバインミーについては一点気掛かりなことが

こちらのフォーやブンには、ランチセットとして

上記の様なサイドメニュー、ご飯ものをリーズナブルに付けることが可能となっております

 

その中には、以前からバインミーも名を連ねており

以前に1度、同バインミーを注文したことがあるのですが、その印象は・・・でして

 

サイドメニューのバインミーと、上記新メニューのバインミー

これが果たして、同等のものとなるのか、それとも専用メニューらしさを見せるのか

 

その違いを身を挺して学ぶべく、本日は

「バーベキューポーク」のバインミーセットを頂いてみようと思います。

甘みに濃厚なコクを備えたソースが絶品、千葉中央・フォーレタントンで頂く新メニューBBQポークのバインミー

オープン当初は、スマホを介してQRコードより注文・・・

といった斬新、且つややこしい注文スタイルを採用していたフォーレタントン

 

ですが、同システムは早々に終了?となってしまい

現在は、一般の飲食店同様、口頭での注文スタイルへと変更されております

 

そんな普段通りの注文を終え、待つこと10分弱

まず最初に提供となったのが、こちら

千葉中央フォーレタントンへ、新たに加わったメニュー

バインミープレート(バーベキューポーク)となります

 

バインミー単品での注文も可能となる同品ですが

さすがにパン1つでお腹が満ち足りない事を、誰よりも理解している私

 

サラダとポテト、杏仁豆腐とバインミーとの相性、

その組み合わせの妙は想像付かずも、取りあえずお腹は満ちることを期待し、+200円のプレートにてオーダー

 

まずはこちらのサラダですが、

ごま油をベースに胡椒らのスパイシーさ

そして爽やかな酸味も加わったドレッシングが使われております

 

味わい的に、叙々苑ドレッシングを彷彿とさえ

どんな野菜にも美味しくマッチする味付け、と言えますね

 

お隣にはフライドポテトも盛り付けられ

こちらのお供にはケチャップも添えられております

 

そして主役となるバインミーですが、

サイドメニューでの同品はオープンサンドとなっていたものの

こちらでは、しっかりフランスパンの中に具材を挟み込んだサンドイッチ形式に

 

パクチーの有無は選択制となっており、私はもちろん「アリ」での注文

溢れそうになるパクチーの下からは、玉ねぎや人参、豚肉らの姿も確認出来ます

 

ちょっと角度を変えてもう一枚撮影すると、

具材の奥には、なにやら黒光りする液体の姿を確認

これがBBQソース的なものになるのでしょうか??

 

一般的にBBQソース=カレー味、に相当するとのことでしたが

(サッポロポテトなんかはモロにそれ)

この色味からするに、カレーでは無さそうな予感

 

とりあえず、バゲットの方からガッツリかぶり付くと

外側はしっかり焼けたサクッ、パリッとした食感

 

その奥からは、フンワリ柔らかなパンの食感に、フワッと香る小麦の味わい

想像していた以上に、バゲットそのものが美味しさを感じさせてくれる仕上がりとなっています

 

さすがに一口では具材に辿り着けず

更にもう一口、食べ進めていくと、

ここでようやく、具材の方ともご対面

 

先ほどの黒光りしていたのは、やはりソースの様でして

甘みを強く感じさせ、胡麻の様な濃厚さ

 

更には・・・レバーでしょうか??

鶏レバーのムースのような、別ベクトルの濃厚な甘みをも兼ね備えています

 

これが想像以上に美味しいソースとなっておりまして

具材となる野菜、豚肉はもちろん、何よりパクチーとの相性が抜群

 

特徴ある香りと苦みをもたらすパクチーですが

その逆ベクトルから発するコクある甘みが、両者の持ち味を引き立て合ってくれます

 

そんなパクチーも、相当量が盛り込まれており

提供時のままで食べ続けると、ほぼ例外なくパクチーがこぼれるハメに

 

その打開策として見つけたテクニックが、

お箸を使い、パクチーを中へと押し込む

(テクニックでも何でも無いw)

 

これによって、濃厚なソースとパクチーの絡みあいも更に急上昇

このソース、ホント想定外だったけど、美味いなぁ

もちろん、豚肉ともしっかり馴染む味わいとなっており

パンの美味しさから始まり、ソースの意外性にパクチーの妙

 

当初の期待値が低かったことを差し引いても

十分に美味しいと声を上げられる、そんなバインミーが頂けるものとなりました

 

ただ、、、

どの辺がバーベキューだったのか、この疑問だけは解決に至らず(笑)

 

 

一方、カミさん&子供がオーダーしたのは、

こちらのベトナム風つけ麺

こと、ブンチャーになります

 

たっぷり入った米粉の麺、更には野菜も具沢山

つけ汁の方は、甘みある味付けとなっており、麺との相性も良好なつけ麺となります

 

ただ見ての通り、けっこうなボリュームを備えた品となりまして

カミさんなら問題無いにせよ、子供が一人で完食するのは恐らく至難の業

 

子供が残せば、そのお鉢は私に回ってくるだろう・・・

と予測し、バインミー1つの軽めなランチを終え、待機していたところ

案の定、残ったブンチャー(麺は既に固くなってるw)が私の元へ到着

 

すでに水分を失ってしまった米粉の麺ですが

これもつけ汁の中へ投下すれば、なんとか元の形状へと復活

 

後は、子供がデフォのままで食べていたつけ汁に対し、

卓上に並べられた、各種調味料(主に辛み増し)を加えたところでブンチャーを頂く事に

 

提供から時間はだいぶ経過してしまったものの

つけ汁に絡ませながら頂けば、案の定変わらずの美味しさを発揮

 

完全に子供の食べ残しではありますが(笑)

こちらまで併せて頂くことで、バインミー1つでは不足を感じた分も満足する所まで到達

 

本日もまた、大満足の1食を味わうものとなりました。

 

 

という訳で、本ブログでの紹介は2度目ながら

この半年だけでも4~5回は足を運んでいる、フォーレタントンでのランチ

 

今回は初、となるバインミーを頂いたのですが

サイドメニューで頂くオープンサンドとは異なる、バケットそのものの美味しさに始まり

 

中に詰まったたっぷり野菜、そしてそこに絡むソースの美味しさは想定外のものに

 

想像していたバーベキューのイメージとは異なるものの、

よそで味わう事無い、唯一無二のバインミーを堪能させて頂きました

 

本日頂いた具材以外に、まだ4種のバインミーがある同店

それぞれの品でソース等も異なるのかどうか、これも今後食べ比べてみたい所となりそうです。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

フォー・レタントン

■ フォー・レタントン

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-22-18 富士見センタービル1F

■ 営業時間:11:00~16:00 / 17:00~23:00

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。