孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千葉中央の新店、インドカレー専門店 Pinch of Spice(ピンチオブスパイス)を初訪問 刺激満載の激辛仕様、チキン&ラムカレーセットを食べてみた

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

先日、千葉中央でランチをした帰り道

車を走らせ、きぼーる方面に向かったところ、なにか見慣れない風景に遭遇

 

一昨年の2月に同地へオープンし、鮮やかな色味の看板や

情報量多めのノボリ、ポスターを掲載していたインドカレーのお店、ガガル 千葉中央店

 

同地にあった筈の賑やかな装飾が全て姿を隠し

いや、全く別の風景に彩られているのです

 

この日は車で通りがかったため、詳しく確認する事が出来なかったのですが

その後、帰宅し調べたところ、同地に新しいインドレストランがオープンしていた事が発覚

 

 

ガガル千葉中央店は、お値段お手頃ながらボリューム満点

加えて、子供用のメニューもあったりと重宝していただけに、閉店してしまったとは残念…

 

とは言え、新たなお店が早くもオープンしているとしれば

今度はそちらへお邪魔しなければなりません

 

という訳で本日のランチは、ガガル千葉中央店跡にオープンとなったこちら

Pinch of Spice(ピンチオブスパイス)での初ランチへと、足を運ぶものとなりました。

今年2月、千葉中央にオープンしたインドレストラン、Pinch of Spice(ピンチオブスパイス)を初訪問

以前のお店からは打って変わって、シックでモダンな外装へと変貌した、千葉中央の進展

「Pinch of Spice(ピンチオブスパイス)」

 

前述した通り、同地へ新たにオープンとなった同店も

以前のガガル同様、インドカレーをメインに扱うレストランになるとのこと

 

白とを青を基調とした、インド系カレー店としては珍しい色味のお店ですが

表に掲載されるメニューはこの通り

4つのランチセットに本日の日替わりカレーが、ほうれん草と豆のカレーになるとのこと

 

同様子を表で眺めていると、中からお店のスタッフさんが出てきて下さり、そのままの流れで店内の方へ

 

店内の内装についても、外装同様、青と白を基調とした色味に作り直されていますが、

こちら、インドのようでどこか中国の水墨画を思わせる絵は、同店にもそのまま引き継がれております

 

後にお店のオーナーさんと思しき男性がテーブルへ挨拶に来て下さり、その際に話を聞いたところ

昨年12月に以前のお店(ガガル)からお店を引き継ぎ、この2月よりピンチオブスパイスとして営業しているとの事

 

上記の通り経営者も変われば、調理するスタッフさん

カレーを作るレシピそのものも変えているとのことで、以前とは異なるカレーが頂けるのだとか

 

更に良く見てみると、

前のお店では、厨房内がのぞき込めたカウンターの小窓も、この通り

 

提供される品がカレーである、というコンセプトを除けば

以前のガガルとは、ガラッと雰囲気を変えたお店に変貌されたように見受けられます

 

 

早速、テーブルの方でメニューをチェックしていきますと、

表でも目にしたとおり、ランチのセットは全4種

 

A、B、Cと3つのセットでは

・日替わり(この日はほうれん草&豆)

・チキン

・ラム(+110円)

・キーマ

・豆

・ベジタブル

・バターチキン(+110円)

といった全7種のカレーから、1~3種を選択

 

Cセットのみ、ナン&ライスがお替わり自由になる他

もう1つのセット「ベジタブルターリーランチ」では、上記の他にほうれん草チーズカレーなどが選択可能となっております

 

以前のガガルに比べ、セットに選べるカレーの数もスッキリしており

また、子供用のメニューもランチ帯では提供していないとのこと

 

※ こちらもオーナーさんから聞いた話ですが

『昼は子供連れのお客さんがいないからやってないけど、夜にはキッズセットもありますよ』

との話でした

 

そんな4種のセットが提供されるピンチオブスパイスですが

やはりせっかくなら、2つのカレーを食べ比べてみたいところ

 

私、カミさん共にBセットを選択しながら、

・私 ・・・ ラム&チキン(激辛)

・カミさん ・・・ バターチキン&キーマ(普通)

と、イイ具合にばらけた4種のカレーをオーダーしてみることに

 

なお、同注文を告げた際、お店の方から

『ラム? マトンですね』と、謎の返しが

 

その理由は後ほど・・・としまして、

注文と同時に提供となったのが、オシャレなグラスに入れられたお水

 

そしてサラダはキャベツを中心に、ドレッシングはサウザンアイランド

同品を頂きながら、カレーの到着を待つものとなりました。

2種のカレーにケバブ&チキン ライスにサラダ(2つw)、そして特大ナンが出迎える、ボリュームあり過ぎCセット

この日、お店に到着した時刻は11時を回ったばかり

開店直後を狙っての訪問となりますが、さすがにまだ先客はおらず

 

後に1組、テイクアウトのカレーを受取にお客さんが来店

以前のガガル同様、こちらでもテイクアウトカレーの販売が行われている様です

 

そんな様子を眺めながら待つこと10分弱

カレー店としては早めの調理時間にて提供となったのが、

まずはこちら、カミさんのオーダーしたバターチキン&キーマカレーセットとなります

 

同店は北インドカレーのお店、となっておりますが

見た所、確かにバターチキンは粘度高めなカレーとなる反面、キーマカレーは意外にもサラリとした仕上がり

 

チキンがゴロッと大ぶりで使用されており

共に頂くご飯は、国産米が使用されております

 

同品の到着から、間髪入れず私の元にも注文の品が到着

こちらが同じくBセット、ラム&チキンカレーとなります

 

カミさんがオーダーしたカレーの方は、三段階から選べる辛みのウチ、普通を選択

対する私のカレーは、最上位となる激辛を選択しておりますが、その影響からか、カレーの色味も赤さを増しているように見えます

 

まずはこちらが、チキンカレー

ベースの風合いは、先ほどのバターチキンカレーより

バターを除いた造り、といった印象を受けますが、やはり赤みはこちらが上

 

早速、チキンを取り出し一口頂いてみますと、

おぉぉ、一口目からズバッと響く辛味

 

おおよそどこのお店でも、激辛にてカレーをオーダーする私ですが

それをしても一撃で「辛い!」と感じさせてくれる、直線的は辛みがビビッと響きます

 

辛みを追う形でスパイスの風味も広がりますが

こちらは尖った風味を感じさせず、各種スパイスがバランス良く調和

 

そちらの調和が整っていればこそか

辛みがより強く響いて伝わってきまして、激辛とは言えその辛さは相当なもの

 

試しに一口食べたカミさん曰く

「辛すぎて頭にくる」との感想が飛び出る、かなりの辛さを誇っております

 

とはいえ、こちらに使われているチキンの大ぶり加減もなかなか

弾力ある食感に、鳥の持つ旨味も感じられる鳥肉となりました

 

一方、もうひと品のカレーが、

こちらのラムカレー

 

チキンカレーより、更に多様なスパイスを使用しているらしく

色味は若干茶色みを帯びており、せん切りした生姜もトッピング

 

カレー自体の辛味は、先ほどのチキンと同様、攻めた辛さを感じさせますが

こちらのカレ-は、より複雑なスパイスの調和を感じさせます

 

そんなカレーの具材となっているのが、

こちらのラム・・・

と思いきや、これってマトンだよな

 

メニュー上にはラムカレーとの記載があったものの

注文時にお店の方からは『マトンカレーですね』との返答がありましたので、まあ間違い無いかと

 

若干のパサつきとマトン特有の風味を感じさせますが

カレーに使われている複数スパイスらの香りと風味により、臭みには感じさせない仕上がり

 

またこちらも、チキンカレー同様の強い辛みがあればこそ

時折スパイスの風味を感じはしますが、それを推して伝わって来る強い辛味

 

この辛味の粒子が細かいようで、引き際を知らず長いこと口の中に滞在

辛みが「刺激」である事を、あらためて感じさせてくれる、強い刺激を受けるカレーとなりました

 

 

そんなカレーと共に頂くのが、

こちらのナンになりまして

 

お皿一杯、いやそこからはみ出すほどの特大サイズ

ふっくらと仕上がったタイプのナンとなり、見た目以上に食べ応えもバツグン

 

加えて、同セットにはタンドリーチキンもセット

更に、もうひと品

遠目からは玉子焼き・・・?

にも見えた、こちらの小鉢ですが、その正体はマンゴーのプリン

 

プリンと言うより、寒天を思わせる弾力ある品となりながら

マンゴーらしい、程良い甘みを与え、辛みに満ちた口内へ一差しの癒やしを与えてくれるスイーツとなりました

 

 

といった感じで初訪問を果たした、

千葉中央の進展、ピンチオブスパイス

 

以前のお店と比べ、メニュー数、セットの数共に少なくはなりましたが

頂くカレーは丁寧な調理を感じるカレー揃い

 

加えて、今回激辛を選択してみた訳ですが

日頃より辛さに慣れ親しんでる私をして、こちらの激辛はかなりなレベル

 

同店のカレーを頂く際には、まずは辛口からの様子見・・・

その上での激辛へと進むか否かを判断されることが賢明となりそうです

(完食はしたものの、激辛のチョイスにはちょっと後悔…)

 

なお、上記はランチメニューになる一方

夜は夜とてまた、異なるメニューも用意されているとのこと

 

次の機会には、同店夜メニューも忘れずチェックしておかなければ、ですね、

 

 

千葉中央駅周辺で食べるべき絶品ランチ厳選13店! 新店から名店まで勢揃い!!⇒

【2021年最新】千葉中央駅周辺で食べるべき絶品ランチ厳選13店! 新店から名店まで勢揃い!!
千葉市内でも随一の繁華街となる、京成千葉中央駅 JR千葉駅、京成千葉駅らからも徒歩圏となるため、駅としては目立たないものの 駅の東口を降りれば、千葉随一の歓楽街である富士見
2020-03-07 07:46

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

Pinch of Spice

■ ピンチオブスパイス

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央3-15-6

■ 営業時間:11:00~15:00 /  17:00~22:00

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。