孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

稲毛の絶品アジアンレストラン、バグースに新メニュー! グラミーフィッシュの魚醤を使った、ウマ辛魚出汁スープの米麺BAGOOS風!!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

カミさんの方から

「友達の誕生日にお酒を贈りたい」

との話になって、天台にある「させ酒店」へと向かうことに

 

そのついでにランチも、との話になったのですが

天台の方でランチとなれば、我が家の定番は、すぐ向かいの北葉飯店

もしくは、稲毛区役所向かいのバグース、そのどちらかに

 

しかし、この時点で時刻は11時になるところ

北葉飯店であれば、開店と同時に席が埋まっており、密になっている頃合い

 

となれば、店内も広く密にはなりづらい

かつ、場合によってはテイクアウトにも切り替えられることから

 

この日のランチはこちら、

稲毛区役所向かいとなる、千葉市を代表するアジアンレストラン

「BAGOOS(バグース)」を久々、訪れてみるものとなりました。

情報入り乱れるアジアン屋台料理、ホッケンミーの詳細を知るべく、稲毛のアジアンレストラン、バグースへ

昨年の10月?11月??以来

2~3ヶ月ぶりのランチ訪問となった、稲毛区役所向かいのバグース

 

昨年は、店内飲食に始まり

テイクアウトにお惣菜購入にと、何かとお世話になった同店ですが

今年はこれが最初の訪問

 

店内には変わらず、冷蔵ケースにてお惣菜が販売されておりまして

BBQポークにパネンカレー

バグース名物のフライドチキンに、オリエンタル焼鳥ピーナッツソースなどなど

 

また、暫く見ぬ間に新メニューも加わっており

エキゾチッククリームシチューなんて品も販売中となります

 

テイクアウトメニューも新たな品が加わっており、

前述したエキゾチッククリームシチューも持ち帰りOKな他

以前に本ブログ読者さんから寄せられた質問の元、こちらでお願いしてみた

「マレーシア風 海鮮福建麺」もテイクアウト可能とのこと

東南アジアの屋台料理「ホッケンミー」を探し、稲毛のBAGOOS(バグース)へ! イカスミベースに魚介と旨味盛り沢山、バグース流福建麺に舌鼓!!

 

その他、バインミーも以前より改良が加わり

より美味しくなったとの話でしたが

(当然、以前の状態でも十二分に美味しかったのです)

 

本日は先客も無かったことより、店内にて頂く事に

 

早速、メニューに向かって見はしたものの

本日は、2021年最初のバグース詣で

となりますので、やはり一番に頂きたいのは、同店名物と言うべき

「アジアンフライドチキンオムライス」と行きたいところ

 

ちなみに、新型コロナの感染が再拡大したことによって、

一時は再開したものの

スープ、お惣菜の食べ放題がセットとなる

「スペシャルランチ」は、再度お休みになってしまったようです

 

あの絶品スープが頂けないのは、ちと寂しいな・・・

と、カミさんと二人、肩を落としていたところへ

バグースのママさんからひと言

 

『ぜひ食べて貰いたい新メニューがあるんですよ』

と、手渡されたのがこちらのメニュー

 

期間限定、新メニューとなります

「魚出汁スープの米麺 BAGOOS風」なる品だそうで

 

日本では珍しいものの、タイではポピュラーな

少し変わった魚の魚醤、出汁を使ったスープのセンミーになるのだとか

 

これが、今までのバグースには無かった、新しい味わいらしく

しかも、辛さについても調節が可能で、辛さに応じ様々な味わい方が出来るのだとか

 

ほんの数分前までオムライスに傾いていた私のストマック

ですが、そんな説明をされてしまえば、心変わり・・・胃腸変わりも止む無し

 

幸い、この日は子供の方も

「オムライスを食べたい」

との話になりましたので、同品については子供が残した分を私が頂く事に

 

そんな流れで、本日の注文はバグースの新メニュー

「魚出汁スープの米麺 BAGOOS風」を辛さMAX、☆3つで頂いてみようと思います。

甘みと酸味の絶妙バランスに響く、魚介出汁 後味に残る辛さも心地よい「魚出汁スープの米麺 BAGOOS風」

日本では馴染みの無い、珍しい魚ながら

微笑みの国、タイではポピュラー且つ、人気の絶品調味料

 

なんだろう、一体・・・と不思議に思いはするものの

ここは、勝手知ったるバグース

 

ママさんがお勧めしてくれる以上、絶品であるのは間違いなし!!

そんな期待と、絶対的な安心感を込め、注文に至った新メニュー

 

そちらの出来上がりを待つ間に、まずは一足先に

こちら、子供用にとオーダーしました

「アジアンフライドチキンオムライス」の到着となりました

 

通常なら、上記に加えて甘辛ソースたっぷり・・・で頂く品となるのですが

本日は子供用、ということで同ソースは別添えにて提供(後ほど、私が頂く為用)

 

また、子供用の味付けも楽しめる様に、これまた別添えながら、ケチャップも提供して頂き、味変も多彩に頂けるオムライス&フライドチキン

 

トロッとした玉子と共に頂くご飯も、

ご覧の通り、味付け済みとなりまして

各種味変せずとも、すでに美味しい状態

 

加えて、同店名物フライドチキンの美味しさたるや・・・

眺めているだけでも、食べたくなるオムライスになりますので

あとは子供が食べきれず、残すそのタイミングを待つのみ

 

さて、そんなオムライスに続き、提供となりましたのがこちら

本日、私が頂くバグースの新メニュー

「魚出汁スープの米麺 BAGOOS風」となります

 

同スープは辛さを3段階から調節出来る仕様となりまして、私は迷うこと無く☆3をチョイス

ちなみに、同じ品を注文したカミさんは☆1の辛さにてオーダーとなります

 

見た感じでは、従来のセンミーやフォーらと比べても

そこまでの違いを感じない盛り付け、となっておりまして

 

オレンジみをしたスープたっぷり、野菜に海産物らがトッピング

パクチーもしっかり乗せられており、味変も楽しめそうな一杯となります

 

それではまず、その気になるスープからチェックを

色味からして、しっかりした辛さを感じさせますが果たして・・・

 

まず一口目に伝わってくるのは、独特の甘さ

これが噂の、タイでは人気の魚醤でしょうか

 

いわゆる魚介出汁・・・とは違った、オリエンタルな味わいとなるのですが

しつこさを感じず、スッキリした甘みが口いっぱいに広がります

 

それをよりスッキリした飲み口に感じさせるのが、これまた独特な酸味

柑橘系とはまた違った甘酸っぱさを感じさせてくれるのですが、その中にはしっかりとした旨味も

 

しっかりした出汁感があるものの、それがラーメンや和食の様では無く

私如きの語彙では「独特」としか表現できないのですが

今まで食べてきた魚醤のどれとも違う、個性的な甘酸っぱさに旨味を感じさせます

 

聞くところによると、こちらのスープに使っている魚醤

日本では観賞用として知られている

「グラミーフィッシュ」を使った魚醤なのだとか

 

熱帯魚の仲間となるのですが、日本では珍しいものの

タイでは、塩漬けや干物にしたりと、食用としても身近な魚になるそうでして

 

そんなスープを飲みきったところで伝わってくるのが、さすがの辛み

ファーストタッチに甘みと酸味が強く伝わるものの、それを後続から一気に追い抜く爆発力

この甘さからの激しいカウンターこそが、バグースならではの魅力ですね

 

そして、共に頂く麺の方は、

これまた、スープに良く馴染む極細のセンミー

 

中華麺の様に、ツルッとした食感では無く

ドッシリと来る食感になりますが、その分スープをしっかり掬い上げてきます

 

その極細な見た目ながら、相反した食べ応えを感じさせ

しかも、スープにもとにかくよく絡む、このセンミー

 

こちらを頂くだけでも、特有の甘酸っぱさ・旨味が届いてくる上

そのMAXな辛みもジワジワと伝わり、早くも額には汗が滴る程に

 

そんな麺と共に支えてくれる具材が、

たっぷりのもやしにほうれん草、

そして魚介の練り物?でしょうか

 

具材も豊富に含まれており、そのどれもがスープに良く馴染みます

更には、より魚介の旨味を引き立てる役目を担って、

海老などもしっかりトッピング

甘辛なスープに、しっかり旨味を携えてくれます

 

そんなスープに味変を加える・・・とするなら、

やっぱりここは、辛さの追い足し以外ありませんね

 

別添え頂いた唐辛子を更に2さじ程追加

より辛みをダイレクトに感じるスープへと変貌するのですが

こうなると欲しくなるのが、そう・・・白いご飯

 

麺を食べきった後に、追いメシ的に入れるご飯が絶対合うよなあ

と想像を膨らませると・・・うん、絶対美味いわ

 

となれば、ここはご飯を貰ってしまうか?

いや待て・・・

子供が残したオムライスを食べる予定があるんだった 汗

 

甘辛スープと共に頂くご飯、そんなの絶対美味いに決まってる

しかし、目の前にはこの後、子供が残す絶品オムライス&フライドチキンが

 

非常に悩ましい展開となりましたが、両者を全て完食するのは流石に困難

今日の所は、子供のオムライスを優先することとし、ご飯の投入は断念

スープそのままを、美味しく完飲させて頂くものとなったのです

 

 

といった流れで、新メニューを頂くものとなった

稲毛区役所お向かいの絶品アジアンレストラン、バグースでの本年初ランチ

 

タイではポピュラーながら、日本では馴染み無い魚醤

ということで、どんなセンミーになるものか楽しみにしておりましたが

 

その期待を裏切らない・・・

いや、期待値を軽めのジャンプで優雅に上回る、絶品新メニューを堪能

 

私は同品を辛さMAXにて頂きましたが

カミさんのオーダーした辛さ控えめであれば、よりその旨味と甘みが顕著に

 

辛さの段階によって、味わい方も変わるだけで無く

センミーに加え、ご飯で食べてもきっと美味い、そんな絶品スープとなりました

 

ちなみに、本日の所はご飯投入を諦め

子供の残すオムライスに備え、入念な準備を整えてみたものの

 

そんな日に限って、子供はオムライスを残すこと無く、綺麗に完食w

新メニューのセンミーだけで無く

子供ですら、思わず完食してしまう絶品オムライスも、存分に堪能させて頂きました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

バグース (BAGOOS)

■ ばぐーす

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区穴川2-4-4 リヴファームANAGAWA 1F

■ TEL:043-206-5558

■ 営業時間:11:00~14:30 / 17:30~21:30

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。