スポンサードリンク

池袋で連日行列が出来るラーメン店、無敵家に初訪問! 今年の暑さは待ち時間なしのチャンス?

LINEで送る
Pocket

午前中に西千葉で一仕事を終え、軽いランチを頂きつつ、午後は一転、車で池袋へ

午後イチの仕事を終えた14時過ぎ、池袋の駅前を歩いていると・・・

池袋東口の名物ともされる「無敵家」前の行列が、まさかの0…

 

ご存じない方に説明しますと、JR池袋駅東口側にある、こちらの無敵家というラーメン店

数多くのラーメン店がひしめく池袋にあって、開店前から深夜まで、常に行列が出来ている事で知られる人気店となります。

こちらの交差点、日頃の光景は

この様な行列を成す姿が、いわゆる池袋名物でもあるのです

が、私が知る限り、この無敵家前に店外待ちの列が1人もいない状況を目にしたのはこれが初

 

しかも、すでに西千葉でランチを食べ終えているとは言え、この日のランチは腹4分止まりのドリアのみ

西千葉の大人気店、カフェ ル グレに初訪問 ランチ前にフライングで頂く帆立のドリア

 

加えて、ランチを頂いてからの経過時間はおよそ4時間

これだけの条件が整えば、先ほどのドリアはカロリー0みたいなもの!

という訳で池袋の大行列店、無敵家に初訪問してみることとなりました。

スポンサーリンク

10年以上にわたり、昼夜問わず常に行列が出来る人気店、池袋 無敵家に初訪問を達成

池袋の無敵家、その行列を初めて目にしたのは・・・確か10年近く前の事

一緒に居た友人から聞いた話によると

「海外向けの雑誌等で高く評価されている」

とかの話から、訪日外国人が数多く訪問しており、行列を作っているとかなんとか

 

その話を聞く限りでは、訪日外国人が殺到しているだけの人気店、と聞こえたものの、それは今から10年前の話

初めて行列を目にした日から、今に至るまでの10年間、昼夜問わずいつでも行列を作るお店が、

「海外向けの雑誌等で高く評価されている」

といった理由のみで、行列を作り続けるとは思えず、機会があればいつか訪れてみたい

そんな野望を頂いていた、池袋の行列店「無敵家」、そして私の目の前には初めて、行列0にて入店出来るチャンスが訪れたのです

 

意気揚々と店内に入り、すぐ手前のカウンター席へ

今の時間、表の行列こそ0ではあるものの、店内はしっかり賑わいを見せており、空席は2~3席程

その一席に腰を掛け、まずはメニューから拝見していきましょう

無敵家の基本となるラーメンは豚骨ベースの醤油ラーメン

店名からして「家系」を思わせますが、濃口の豚骨スープに醤油を合わせた、東京系の豚骨ラーメンがメインとなる様です

 

しかし、ベースの豚骨醤油だけではなく、創作メニューも豊富となっており、

こちらのメニューは多岐に富んだ構成で

・旨辛麺(辛さ増しもあり)

・ベジ辛麺

・かにみそ味麺

・麻婆まぜそば

・ぶっかけまぜそば

と、ベースの豚骨醤油どこ吹く風に、自在な創作ラーメンが提供されている模様

 

更には、

つけ麺のラインナップも豊富に整っており、メインの豚骨醤油を主体としながら

・つけ麺Black

・旨辛つけ麺

など、エッジの効いたつけダレも提供されております。

 

なお、トッピングにもエッジが効いたものは多数揃っており、

各種100円のトッピングながら

・炙り厚切りチャーシュー

・5種野菜炒め

・茹で菜の花

・あぶり九条ネギ

・瀬戸内の岩のり

・バリバリ揚げニンニク

など、他店ではあまり見かけない珍しいモノから、100円ではおよそ採算が取れないのでは?と不安視してしまう豪華なモノまで

 

事前の情報等から予想していた以上に、バラエティ豊富な上、メニュー上からも興味をそそるメニューが多数

事前の行列から察するイメージとして「一度試しに食べられればOK」と思っていたものの、初見では味わいきれない程、私のラーメン心をくすぐるメニューを多数発見するものとなりました

 

数ある品の中から、、まずは絞り込みを行い

・本丸-X(一番オーソドックスなやつ)

・旨辛麺(辛いもの好きには堪らないフレーズ)

・かにみそ味麺(海老と蟹は文句なしの正義)

・麻婆まぜそば(ありそうで見かけない、最強コラボ)

以上4つまでに厳選することに成功

 

あとは、今の空腹度合いを読み込むと共に、日頃は行列を成しており、そうそう入店できないお店の稀少度合いを考慮した結果…

随時行列の絶えない人気店の表看板を知るべく「本丸-X」をオーダーする事となりました。

スポンサーリンク

豊富な創作麺も気になるものの、初見らしくスタンダードな「本丸-X」を注文してみた

これまで10年もの間、一度として行列の途切れている姿を見たことのなかった、池袋の無敵家

たまたま池袋に用事があり、14時過ぎというアイドルタイムに突入したとは言え、ここまでスムーズに入店できた裏には何があったというのか・・・

もしや、連日続く、アホのような暑さ故に、ラーメンをすする気分ではなくなっているのでしょうか?

 

生まれてこの方、夏バテというのものを経験したことがなく、当然夏場であろうと食欲が落ちない私には分らない

スポンサーリンク

「今日はちょっと、無敵家の気分じゃない」ナニカが左右したのか・・・

 

いや、お店にとってはアイドルタイムの14時台とは言え、外気温はもっとも高くなる時間帯

そんな時間帯に、外待ちをして炎天下の中を並ぶ気概など、無くなって当然

今年の尋常じゃ無い暑さは、冷しメニューを提供しない多くのラーメン店にとっては、苦戦を強いられる暑さなのかも知れません。

 

暑さに負けない体を与えられたことにより、こうして無敵家に並ぶことなく入店出来たことへ感謝しつつ、待つこと5分

10年来ながら初めての出会い、無敵家の看板メニュー「本丸-X」の登場となりました。

 

器から漂う、食欲そそる豚骨の香り

醤油は濃すぎずまろやかな風合いに見え、具材の方はチャーシュー、味玉、メンマ

そして、ほうれん草かと思いきや、こちらは菜の花が使われているとのこと

菜の花には珍しさこそあるものの、その他具材は看板メニューらしいオーソドックスな一杯となります。

 

それではまず、スープの方から

表面の油を掻き混ぜながら、バランスを整えたスープからは、まろやかな豚骨を感じます

博多系の様な野太い豚骨ではなく、東京ラーメンらしい穏やかな旨味、そこに醤油ダレも加わるのですが、決して濃すぎず辛味を与えない、上品さを感じさせます

そこに加わる背脂が、濃厚さを上乗せしつつも、決してしつこくならない程度に抑えられ、バランスの整ったステータスの高さを感じさせます。

 

奇を衒った個性溢れるスープではないものの、全ての素材がそれぞれに高い仕事をしており、それで居ながらクセも感じられず、幅広い層が支持できるラーメンと言えます

逆を言えば、強い個性を持たせないからこそ、観光で訪れる訪日外国人が安心して食べられ、それが多くの支持を集める要因なのかも知れません。

 

続いては麺を頂いてみましょう

こちらは中太麺となっており、ツルツルした食感が心地よくスープに絡みます

濃厚よりなスープだけに、麺は太さと歯ごたえを残しており、スープとのバランスもしっかり追求されていますね。

この日は、すでに千葉でランチを食べていることから(といっても、軽めのドリアですがw)、麺量を150gの並に抑えましたが、80gアップの大盛り230gを同価格で提供しているのも、良い意味で繁盛店らしくない良心的な値段設定じゃないでしょうか。

 

続いてトッピングですが、

中でも気に入ったのが、こちらの太めなメンマ

最近、メンマに拘ったラーメン店が少なく、メンマ愛好家としては寂しい思いを感じていましたが、こちらのメンマはなかなかの一品

固さも程良く食感があり、それでいて煮汁の味も感じられ、スープとの調和も文句なし

煮卵、チャーシューも丁寧な仕事が成されており、表の行列に見るような派手さは無いものの、実直に一つ一つの丁寧な仕事を積み重ねていることが感じられます。

 

また、メニューやトッピングの豊富さにばかり目が行きがちですが、

こちらの無敵家、実は卓上調味料もバラエティ豊か

中でも目を惹いたのが「激辛たか菜」となり、こちらを入れて味変してみると

 

先ほどまでのマイルド系豚骨スープにエッジの効いた辛味が加わり、一層好みのスープに進化

この他にもにんにく、節粉などもあるので、トッピング含め好みに合わせたオリジナルな一杯を作り出すことが出来そうです。

 

そんな訳で、奇跡的に行列無く、待ち時間0で入店となった、池袋の無敵家

四六時中、店外に列を成している姿から、インパクトある一杯を想像してしまいがちですが、蓋を開けてみると、良い意味で意外性のないオーソドックスな豚骨醤油ラーメンに出会うものとなりました。

オーソドックスとは言え、一つ一つの要素は丁寧な仕事がなされており、全体のバランスは極めて高水準な一杯

それに加えて、創作ラーメンや豊富なトッピングも取り揃えているので、チャンスさえあれば何度でも通いたくなるお店に思いました。

 

ただ、この日は猛暑の影響からか、言葉通り「キセキ的」にも待ち時間0で入店が叶いましたが、普段の行列であっては、待ち時間30~60分はザラとのこと

その行列を待ってまで食べるべき一杯か、となると・・・(困)

今回同様「キセキ的に行列が無いタイミング」に遭遇した際にこそ、再訪のチャンスですね(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

 

麺創房 無敵家

■ めんそうぼう むてきや

■ 住所:東京都豊島区南池袋1-17-1 崎本ビル

■ 営業時間:10:30~翌4:00

■ 定休日:無休

スポンサーリンク


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。