スポンサーリンク

西千葉の洋食屋さん、ダイニング カーサで頂くポークジンジャー 各種メニューもさることながら、実は「お子様プレート」が凄い!?

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

本日土曜日は、久々

子供と2人でのランチへと出向くことに

 

リクエストを聞いてみたところ

(一応、「ピザ」と返ってきた時の準備済み)

「ハンバーグ」との答えが

 

ピザの準備を進めていただけに、この回答は予想外

さて、ハンバーグとは言え食べるのは子供

大人同等の1人前では、完食出来るかも危うい所でして

 

まあ、余ったとして普段なら私が頂くのですが

地味にここ数週間、体重を落とすことに専念している身として

出来るだけ子供のあまりを食べることなく、済ませたいというのが本音

 

となれば、お子様サイズのハンバーグがあるお店が最適なのですが・・・

そんなやりとりの末、この日白羽の矢を立てた先がこちら

 

西千葉駅から徒歩7~8分

京成みどり台駅からなら徒歩5~6分

千葉大正門からだと徒歩3分となる、同エリアきっての洋食屋さん

Dining Casa(ダイニング カーサ)を訪れ、

子供のリクエストである、ハンバーグを頂くものとなりました。

西千葉駅から徒歩7分、子供も満足する一食を求め「Dining Casa(ダイニング カーサ)」へランチ訪問

西千葉、京成みどり台両駅のほぼ中間

ラーメン太陽のお隣にお店を構える、ダイニングカーサ

 

オープン以来、我が家でも重宝している同店ですが

通常のランチ、日替わりメニューが美味しいことに加え

「お子様プレート」の美味しさに関しても、目を見張るものがあるお店となります

 

私以上に同店を愛しているウチのカミさんも

子供を連れ、昼夜にと頻繁に足を運んでいるものの

 

その間、子供は毎度同じ「お子様プレート」を頂いていながら、

都度満足している程に手の込んだ1品を頂くことが出来るのです

 

 

そんなDining Casaですが、本日の日替わりメニューはこちら

ガッツリご飯が進むこと間違いなし

生姜焼きこと、ポークジンジャーになります

 

そして、恒例のレギュラーメニューについては以下の通りで

パスタの一部が「お休み中」となってはいるものの

安定感バツグンのオムライスにハンバーグ

そして、私もまだ手が出ずにいる牛ロースステーキなどが並ぶものとなります

 

もちろん、子供の注文はメニューを見る間でもなく

「お子様ワンプレート」一択

 

さて私はというと、いまだ未注文となるステーキも気になるものの

やはり、本日限定という日替わりが魅力的

 

そんな訳で、ご飯のお供の最高峰

「ポークジンジャー」を頂いてみようと思います。

レギュラー、日替わりメニュー共に安定感バツグンも、輪を掛けた充実ぶりを見せるキッズプレート!!

この日、お店に着いた時刻は11:40

予定では開店時刻となる11:30を目標としていたものの

何故にか今日に限り、近隣のコインパーキングは満車ばかり

 

結果、車を停めるまでに四苦八苦してしまい

気付けば開店時刻を10分越えてのお店到着となりました

 

この時点で既に、先客は3組入店中

つい2週間前に同店を訪れようとした時も

タッチの差で近隣学生の団体がお店を訪れ入店ならず・・・

 

でしたが、本日は残る1席に滑り込む形で入店に成功

席に着くや否や、注文を告げ待つこと10分少々

 

まずは、ランチのセットとなる

ドリンク、スープの方から提供となります

 

同品を頂きながら、更に待つこと5分

こちらが本日のランチ

西千葉、Dining Casa(ダイニング カーサ)で頂く日替わりメニュー

ポークジンジャーとなります

 

たっぷりのソースを絡め、焼き色も芳ばしい豚肉

一般的な生姜焼きの様に、バラ肉ではなくロースを使用しているので、

こちらの角度で見ると、より分かりやすくなる通り

肉厚で食べ応えもバツグンなポークジンジャーとなっております

 

ちなみに、オムライスやパスタ

ハンバーグらを注文する際にはサラダが別添えとなり

スープと共に先に提供されるものとなりますが

 

こちら、日替わりについてはワンプレートメニューとなるため

サラダもメインのオカズと共に盛り付けての提供

トマトにレタス、キュウリといった野菜になりますが

キュウリには飾り切りが施されているなど、洋食屋さんらしい拘りも

 

そして、メインとなるポークジンジャーの方へ

豚肉の上に見える生姜、そして分葱

ソースもたっぷり滴っており、これだけでご飯が頂けそうなビジュアル

 

豚肉については、ロースを使用していることから、

この通り、しっかりした厚みを持たせての提供となっております

 

調理によっては、この厚み故に

固さを感じてしまう事もありますが、こちらではそんな心配も無用

 

しっかり染みこんだ生姜の持つ酵素の働きか

それとも焼く前にお肉をきっちり叩き上げているのか

 

方法については分かりませんが、厚みある豚肉ではあるものの

その柔らかさもまた、丁寧な仕事故であることを感じる仕上がり

 

タレの甘みと生姜の辛味、

そして豚肉の旨味に脂質のコクも加わったポークジンジャーですから、

この通り、ご飯との相性も最上級の1品となります

 

白米が進む、甘辛い味付け

そこに豚肉由来の旨味と、脂の甘みも広がる訳ですから

こんなん、ご飯がいくらあっても困ること無し

 

本音を言えば、ご飯を大盛にすべきだったか・・・

と後悔する部分も少なからずですが

 

冒頭でもお話しした通り、現在は体重増加に気を配る期間

加えて本日は、子供と2人でのランチ故

子供が残した分も担当せねば、といった責任感より、通常1人前のご飯を平らげるものといたしました

 

さて、お子様プレートを注文している子供ですが

それであっても「食べきれない可能性」を秘めているのが

ここ、Dining Casaのお子様プレートの豪華さ故

 

そんなお子様プレートがこちら、

主役となるのは、みんな大好きハンバーグ

薄焼き玉子に包まれた、ケチャップたっぷりオムライス

更には、揚げたての皮付きポテトフライまでがセットとなる豪華な1皿にて登場

 

こちらのオムライスも、

お子様用と呼ぶには不釣り合いなサイズとなっており

食の細い女性なら、これだけでも満足出来るボリュ-ムになります

 

にも関わらず、こちらのプレートには、

一応、お子様用として小ぶりにはなっているものの

それでも80gはありそうなハンバーグがオカズとして提供

 

ちなみに、同ハンバーグは「お子様プレート用」

という訳ではなく、レギュラーメニューのハンバーグと同じ品が提供されます

※ サイズについては、お子様サイズに小さくなっております

 

共に添えられたソースも、レギュラーハンバーグと同じ

自家製のデミソースたっぷりでの提供となりますので

お子様プレートながら、レギュラーメニューと遜色ない出来映え

 

子供用の料理だからとして、一切手抜き・妥協のない豪華さで

提供されてしまう、こちらのお子様プレート

 

それだけに、ボリュームもバツグンとなっておりまして

やはり私の読み通り、子供はハンバーグ少々と

オムライス2口程を残しギブアップ

 

計算通り、残った品を私が頂くものとなり

この日もまた、絶品洋食を余すこと無く堪能するものとなりました。

 

 

という訳で、頻繁に足を運んではいるものの

ブログの方で紹介するのは久々となった、西千葉のDining Casa(ダイニング カーサ)

 

本日はレギュラーメニューではなく

日替わりとなるポークジンジャーを頂くものとなりましたが

いつ足を運んだとしても、満足出来る安定感はさすがのひと言

 

そして何より、同店を我が家が支持する最大の理由が

本日ご紹介した、お子様プレートのクオリティの高さ

 

子供はもちろん、女性なら大人でも満足出来そうなボリュームな上に

ハンバーグ、オムライス共にレギュラーメニューと同等のクオリティ

 

それでいて、お値段も780円とリーズナブルとなりますので

大人はもちろん、子供連れでも利用しやすく

且つどちらも満足出来る、町の洋食屋さんらしさ満載な一食となりました

 

なお、同店については

HOT PEPPERより予約が可能となっております

同経由であればGo To Eatの対象にもなりますので、ご参照までに。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

Dining Casa

■ ダイニング カーサ

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区緑町1-25-5 加納ビル 1F

■ URL:https://www.hotpepper.jp/strJ001233256/

(ネット予約 可)

■ 営業時間:11:30~14:30 /  17:00~22:00

■ 定休日:日曜日

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。