スポンサードリンク

6/28オープンのペリエ千葉、ペリチカバル「らかん」で初ランチ! 限定メニューは・・冷しおでん!?

LINEで送る
Pocket

先日の記事でも伝えた通り、開店初日にその熱気を味わうべく向かった、ペリエ千葉のリニューアルオープン。

6/28 ペリエ千葉1F&地下フロアがついにオープン! 気になる飲食店と混雑状況をまとめてみた

 

過去にも

ペリエ駅ナカ

ペリエ千葉 本館(2F~)

これらの開店初日に全て訪問してきましたが、そのどれをも凌ぐ混雑と活気を見せた、今回のリニューアル。

 

中でも混雑具合の酷かった地下フロアをかき分け、向かった先は飲食店街となる「ペリチカバル」部分

全6店の飲食店で形成される「ペリチカバル」を一通り見て回り、この日のランチに選んだお店がこちら

串揚げとおでんの2品を看板に掲げる和食のお店「らかん」となります。

 

ランチメニューには、牛すじを中心に

全8品のメニューが提供されており、加えて現在は「開業記念」の特別メニューも提供中とのこと。

どこもかしこも、尋常じゃ無い混雑を見せている中、とりあえず人混みから逃げるようにお店へ。

スポンサーリンク

ペリチカバルに6/28オープン、おでんと串揚げのお店「らかん」へオープン初日に訪問

店外に溢れかえっている人混みに、押し出されるようにして店内へと入った「らかん」

こちらのランチメニューは、全8品が提供されており、

中でも、お勧めメニューとして掲載されているのが「牛すじ豆腐丼」。

八丁味噌で煮込まれた牛すじを、ご飯にかけた丼にが「牛すじ丼」となっており、同メニューへ更に焼き豆腐?を加えた品となっております

 

それ以外には、味噌カツ、おろしカツ、鯛もしくは、サーモン&いくらのおひつ飯(出汁茶漬け的な品)

そして、同店の看板でもあるおでん、もしくは串揚げの定食といった品々が、ランチメニューとして並んでおります。

 

ちなみに、夜のメニューを見せて貰うと、

こちらでも、自慢の一品として掲載されているのは「牛すじ味噌煮込み」。

串揚げや出汁で煮込んだおでんを店名に掲げているので、関西系のお店なのかと思いきや、煮込みに使われているのは思いっきり八丁味噌

加えて豚カツにも「味噌カツ」があるなど、特に執着せず、全国の美味そうな食材を使った料理を展開している様です。

 

また、ランチでは決められた品々が並ぶ定食のみであったものの、

夜のメニューでは、

・おでん

・串揚げ

共に、様々な食材を頂くことが可能。

定番は一通り抑えつつ、珍しい&面白そうなところでは

「小松菜、木の葉揚げ、わかめ、ねぎま(全ておでん)」

「天使の海老、帆立いくら、鶏(全て串揚げ)」

などのタネを使ったおでん&串揚げを頂く事が出来る模様。

 

また、メニュー数こそ少ないながら、

夜でも定食メニューの注文は可能とのこと

見た限り、夜は食事よりもお酒をベースとしたおつまみの提供をメインとしている様です。

 

そして最後に、本日(6/28)から7/8までの期間限定として提供されているのが、

「生本鮪と特製冷しおでん定食」という、開業記念メニュー

同店の看板メニューである、おでんと串揚げを同時に味わえるほか、本鮪の丼まで付いてくると言うこちらの品。

 

おでんが「冷し」という点に引っ掛かりを覚えるものの、それ以上に魅力的な「期間限定」というフレーズ

この魔力を帯びたキャチコピーにそそのかされ、私は「生本鮪と特製冷しおでん定食」をオーダーしてみることに

ついでに、この日同伴していたかみさんには、「牛すじ丼」をオーダーして貰う事により、とりあえず同店の看板&お勧めメニュー全制覇へ挑むものとなりました。

スポンサーリンク

開業記念の限定メニュー「生本鮪丼と特製冷しおでん定食」を食べてみた

この日、お店に入店したのは11:10頃

開店から10分とはいえ、ここペリチカバル全体のオープン日でもあるため、どこのお店も大賑わい

 

本日のランチへ入った「らかん」も、私が訪問した時点では多少の空席があったものの、その後10分ほどで全ての席が埋まってしまい、気付けば店外に長蛇の列が

当然、お店のオープン日でもある以上、中で働くスタッフさん達も、プレオープンくらいは経験していたにせよ、実際のお客さん相手は本日が初(の筈)

その割には、どのスタッフさんも、ぎこちないながらしっかり周囲を見ており、ホール内の動きに関しては好感を受けました。

 

ただ、そうは言っても一気に注文が殺到するランチ帯

客席からは見えない、厨房内では相当な激務が詰まっている様で、途中店長さんらしき方が

「お待たせしてしまい、申し訳ございません」と、声を掛けて回る様子も

 

まあ、そういった状況込みで、オープン初日に訪問している訳なので、そこはのんびり構え、待つこと20数分

まずは先に、かみさんがオーダーした

牛すじ丼(830円)が配膳されるものとなりました。

 

丼一杯に乗った、八丁味噌ベ-スとなる牛すじ、そしてタップリのネギと卵の黄身

これに、香の物とお味噌汁・・・

かと思いきや、こちらは「おでん出汁」のすまし汁?になっており、具材には同じくおでんのタネとなる、大根&鰯のつみれが

品数の少ない丼メニューながら、椀ものに工夫を凝らし、品数を増やす点には工夫が見えます。

 

こちらの丼、一口頂いてみましたが、見かけほど味の濃さを感じず、それでいて甘さはしっかり

牛すじも柔らかく煮込まれ、八丁味噌の旨味を吸い上げており、ご飯との相性もバッチリ

こちらに「豆腐」を加えた方の品が、一番のお勧めメニューとされていましたが、豆腐を加える事で牛すじが減るのなら、個人的には「牛すじ丼」単体の方に分がありそうに思います。

 

そんな丼を吟味しながら、遅れること1分

ようやく私の方にも、ランチが配膳されるものとなりました

こちらが、開店初日となる本日より、7/8までの限定となるメニュー

「生本鮪と特製冷しおでん定食」となります。

 

ビジュアル的には、なかなか綺麗に取り揃った色合いの中、まずは主役となる

生本鮪丼から頂いてみることに

 

赤身と中トロ、2つの部位が盛られた本鮪ですが・・・

本・・・鮪・・・なのかなあ

 

解凍した際にドリップとして旨味も抜け落ちてしまったのか、正直言って、鮪特有の旨味はあまり感じられず

かといって、もう一方の中トロに脂が乗っているかと言えば、こちらもそうは感じられず

本鮪であれ、この感じになってしまうのなら、いっそのこと今が旬となるミナミマグロの方が、美味しいかも知れません

まあここは、マグロ問屋でも無けりゃ、専門店でも無く、ペリエ内の「おでん&串揚げ」のお店なので、多くを求める方が野暮でしょう

 

では続いて、もう一つの主役となるであろう

こちらの「冷しおでん」を頂いてみることに

まずはおでんの主役(個人的意見ですがw)、大根を1つ

 

冷たくなってはいるものの、確かに味わいはおでんの大根

出汁の染み入り方、柔らかい煮込み加減ともにまずまずですが、やはり冷えているだけに、味を薄く感じてしまいます

 

温かい状態で提供されるのなら、十分な味の染み入りなのでしょうが、冷えることにより味覚は本来よりも薄く感じるため、この調整こそが「冷しメニュー」の難しさでもあります

その難易度高い、味の濃淡を調整出来ているかというと、うーん難しい所

この冷しおでん単体で頂く分には悪くない味付けと思うのですが、いかんせんご飯のおかずとして考えると、今ひとつと言わざるを得ません

 

同じく看板メニューとして提供される串カツですが、こちらの調味料は何故か柚子胡椒のみ

柚子胡椒と串カツの組み合わせが悪い事はないものの、ご飯との組み合わせを考えると、これもまたなんとも…(苦笑)

 

総合して、一つ一つの品には難を感じませんが、それぞれのおかずを「ご飯」と共に頂こうとすると、どれもご飯が進まない組み合わせばかり

お酒のアテとして提供されたり、それぞれの味を個別に楽しむコース料理ならまだしも、ご飯と共に食べるランチの「定食」として頂くには、バランスに欠ける味付けに感じました。

「限定」という言葉に釣られること無く、王道となるレギュラーメニューを頂く方がベターだった、初ランチとなりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

おでんと串揚げ らかん ペリエ千葉

■ おでんとくしあげ らかん ぺりえちば

■ 住所:千葉県千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉B1F

■ 営業時間:11:00~23:00

■ 定休日:ペリエ千葉の休みに同じ

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。