スポンサードリンク

千葉寺もてなしやの裏メニュー? 大トロ&ビーフのロースト丼をオーダー

LINEで送る
Pocket

千葉の海鮮好きならご存じの方も多い人気店となる、千葉寺のもてなしや。

昨年から千葉寺駅近くに引っ越し、新しいお店へとリニューアルしており、その折からLINE@も始めております。

 

その、もてなしやからのLINE@で2ヵ月程前にこの様な連絡が・・・

千葉に多数の海鮮料理店がある中でも、まぐろをお手頃価格でいただけ、かつ美味さも両立していることで人気を博しているもてなしやが

「大トロと牛肉のロースト丼」を始めたとのこと。

 

これは見逃すことが出来ない、と思いつつ、年末年始に慌ただしくした結果、新メニュー登場の連絡を頂いてから2ヵ月

ようやく、「もてなしや」へお邪魔させて頂くものとなりました。

スポンサーリンク

開店と同時に満席もザラな、千葉寺の人気海鮮料理店、もてなしや

久々の訪問となる「もてなしや」ですので、ここはメニューのおさらいから。

 

前述した通り、とにかく海鮮料理が逸品ぞろいのこちらのお店ですが、

中でも群を抜いて注文するお客さんが多いのが、マグロ料理の数々。

赤身はもちろん、中トロや大トロであっても、他店よりもお安く、しかも鮮度の良い一級品のマグロをたらふく頂く事が出来ます。

 

ちなみに、ランチ帯での注文が多いメニューとなるのは、

こちらの、定食、どんぶり系のメニューとなります。

中トロであれば1200円から、大トロであっても2200円と、さすがに格安とまでは言わないものの、価格以上のバリューを感じられる品々ばかり。

 

更に、もうひと越えした贅沢を味わいたい際には、

こちらの御膳メニューもオススメとなります。

中でも、午後2時以降からしか注文が出来ない「天下一品」は、その名が示す通り、贅の極みと言える豪華さ。

 

比較的、時間に余裕のある私ですら、過去に2度しか味わったことのない、

(正確には、お昼ご飯を2時まで待てない為)

午後2時からのおもてなしを堪能する事が可能です。

 

と、新商品を含めメニューへ一通り目を通したのですが・・・

期待の一品である「大トロとビーフのロースト丼」は、どこにも無いのです(汗)

 

考えてみれば、あのLINE@が送られてきたのは2ヵ月ちょい前。

もしや、すでに販売を終了している限定品なのでは??

 

などと疑問を浮かべ、不安に駆られながら恐る恐る女将さんに尋ねてみると・・・

「あ、はい  ローストビーフ丼ね。大丈夫ですよー」

との返事を頂き、一安心。

どうやら、大トロとビーフのロースト丼は、LINE@でしか公開していない裏メニュー?だったようです。

スポンサーリンク

当然ながら注文は、大トロとビーフのロースト丼を頼んでみた

という訳で、2ヵ月ちょい待ちに待った、大トロとビーフのロースト丼をオーダー。

 

この日の訪問時刻は、11:40。

開店から10分遅れでの入店となったのですが、先客は2組4名と普段に比べて、出足が遅い様子。

 

とはいえ、さすがの人気店ですので、正午が近づくにつれてお客さんは次々に来店。

12時を前にして、店内は早くも満席を迎えておりました。

 

相変わらずの人気ぶりを目の当たりにしながら、待つこと15分強。

2ヶ月間、期待に胸を膨らませていた大トロとビーフのロースト丼が到着となりました。

 

燦然と輝く、大トロの脂。

その脇をガッチリガードするのは、もちろんローストビーフ。

卵の黄身にレモン、ローストビーフのソースまでが掛かった、なんとも豪勢な丼じゃあないですか。

 

薬味には山葵とホースラディッシュの2種が添えられており、それぞれを大トロ&ローストビーフに使い分けることで、複数の味変が楽しめるとのこと。

またご飯に関しては、酢飯と白米、いずれかを選ぶことが出来るとのことで、この日は酢飯を選択してみました。

 

という訳で、まずは大トロから頂いてみます。

一枚口に運ぶと、溢れんばかりの脂と、サッと炙られた香ばしさが口いっぱいに広がってきます。

軽く炙られたことで溶け出した脂が、噛みしめる度に甘みを産み出し、その柔らかさ故にホロッととろけそうなものの、これを飲み干すなんて口惜しいばかり!

 

無理は承知でも許されるなら、家に帰るまでずっと、口の中に置いておきたい・・・

叶わないなら、せめてこの味のガムを作って欲しい!!

そう思わせる程、わずか一口で幸せの絶頂を迎えてしまう、気品と野性味を兼ね備えた大トロの炙り。

 

大トロの余韻が、口内へ広がっている間にご飯を掻き込んでみます。

こちらのご飯には、ローストビーフのタレが染み渡っているのですが、意外なことに、このタレと酢飯との相性が絶妙。

どちらも甘みを持っているものの、それぞれがベクトルの異なる甘みを産み出しており、ご飯だけでも卍な美味さを誇っています。

 

とは言え、主役は大トロである以上、共に掻き込む方が正しい頂き方。

という訳で、大トロと一緒に頂いてみると・・・ヤバい、味覚のセンサーが壊れる。

 

2018年始まって、まだ間もないというのに、これだけの贅を味わってしまった私。

果たして今年、この先の食事で感動することが出来るのか?

そう考えずにはいられない程、大トロ&酢飯&ローストビーフのタレのマリアージュが秀逸過ぎるのです。

 

これだけ突き抜けた大トロの隣を固める、ローストビーフ。

君もきっと、その名に恥じない活躍を見せてくれるのだよね?

と期待を込め、ホースラディッシュを添えながら一口・・・

 

・・・普通だ。

 

もちろん、最近は方々でハイレベルなローストビーフ丼が頂ける

という事実を加味すればこそ、の普通にはなりますが、大トロから溢れかえった様な感動は、残念ながら得られず。

 

大トロから溢れる脂があるだけに、ローストビーフについては、肉肉した食感を残し、脂を控えめにしている

といったバランス調整が入っているのやも知れませんが、できればここは、ダブルで脂を滴せて欲しいところ。

大トロの脂がパッツンパッツンなだけに、余計に寂しさを感じてしまいました。

 

もちろん、これはこれで成立するのでしょうが、なんというか・・・

最後の最後まで、振り切って攻めて欲しかった、というのが率直な感想です。

 

とはいえ、ここ千葉寺にはご高齢のお客さんが多い事を考えると、脂脂した丼では厳しいのかも知れません。

なにより、もてなしやの専売特許はあくまで「魚」な訳ですから、ローストビーフにまで、過度な期待を寄せるのも行き過ぎでしょう(笑)

 

とはいえ、大トロの炙りの美味さには驚愕するばかりとなりましたので、次回は大トロの炙り丼を・・・

それはさすにが贅沢が過ぎてしまいそうです(苦笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

もてなしや

■ もてなしや

■ 住所:千葉県千葉市中央区千葉寺1193-6

■ 営業時間:11:30~22:00

■ 定休日:月曜日(祝日の場合は営業し、翌火曜日)

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。