船橋に9月オープン、卵でとじないかつ丼の専門店 たちばなで頂く限定メニュー、おろし味噌豚勝丼

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

約2週間に渡って入院している中、

仕事をしつつも、やはり暇な時間が大半を占める次第で

 

そんな暇つぶしがてら、毎日目にしていたのが

各種SNSに食べログなどのグルメ情報

 

絶食が続き一周回ると、空腹すら感じなくなる中

毎日目にしていた、千葉県を始めとしたグルメ情報の数々

 

その中でも、一際気になったお店の1つが

この9月末、船橋にオープンしたかつ丼の専門店でして

 

 

そちらのお店、最近人形町などでも話題を集めている

「玉子で綴じないかつ丼」をコンセプトにしたお店とのこと

 

出汁が染み渡る、玉子とじのかつ丼はもちろん好きなのですが

かといって、玉子で綴じないスタイルも、気になっていた品の1つ

 

これは退院次第、是非にも足を運ぼうと画策しており

本日のランチは、船橋まで足を伸ばすことに

 

 

普段は車で向かう船橋方面ですが、

本日の目的となる先は、同駅からもすぐ近くとのこと

 

また、少し前に足を運んだ船橋の新店

かみむら牧場 船橋宮本店」に向かった際にも、途中に大渋滞へ巻き込まれ記憶も新しく

 

そんな面倒な経験が重なっていたことから

本日は電車にて、船橋を目指すことに

 

JR船橋駅を降りて、京成方面へと進んでいく中

途中、見つけた駐輪場には

私の愛読書でもある「江戸前の旬」

こちらの作者さんが手がけた防犯ポスターを発見

 

振込詐欺に遭いそうな鱒之介さんが描かれていたり

上手い話には気をつけましょう、と全力で呼びかけるこちらのポスター

 

そんな船橋らしさを感じながら、JR船橋駅より歩いて5分少々

こちらが、本日のお目当てとなります同駅近くの新店

「豚勝丼専門店 たちばな」になります

 

店舗前にも盛大に掲載される

「とじかいかつ丼」を目的とし、早速お店の方を訪れてみようと思います。

各線船橋駅から徒歩5分、玉子でとじないかつ丼の専門店、豚勝丼専門店 たちばなを初訪問

という訳で、初訪問するものとなった

豚勝丼専門店 たちばな

 

こちらのお店、夜は居酒屋として営業しているのか

表の看板には「居酒屋ちょいちょい」との名前が

 

ただ、ランチ帯については間違いなくかつ丼のお店となるようで

本日のお目当てとなるとじないかつ丼

 

更には、とろろをトッピングしたかつ丼や

和風おろしのかつ丼、更にはソース豚勝丼などのバリエーションも提供されているそうで

 

とは言え、船橋まで足を運んだ以上

一番にお目当てとしたいのは、やっぱり卵でとじないスタイルのかつ丼

まずはこの基本形を味わってみたい所となります

 

そんなかつ丼をお目当てに

早速、店舗の中へ入ってみますと、まずは券売機を発見

夜派居酒屋として営業している、様にも見受ける同店ですが

ランチについてはこちら、券売機からの注文になっている様です

 

前述した通り、基本となる豚勝丼他、

和風やとろろ、ソースなどのバリエーション違いも提供

 

その他、トッピングと言うべきなのか

出汁卵の増量や大根おろしの注文も可能になるとのこと

 

また、追加でロースカツ単体を注文可能だそうで

こちらはお値段700円となっております

 

そんあメニューを吟味する中、ふと気になったのが

「おろし味噌豚勝丼」なる品

 

こちらの品は期間限定になるそうですが

お値段は1100円となっており、通常の豚勝丼と同額になりまして

 

同じ値段にも関わらず、おろし味噌が付いてくるということは、

味噌でも味わいつつ、更には出汁卵との組み合わせと2度も楽しめるお得な品に??

 

お値段が増額するならともかく、

同じ価格で頂けるなら、これは願ったり叶ったり

 

そんなお得メニューがあるなら、ここは迷うこと無く

本日は初見ながらも「おろし味噌豚勝丼」を頂いてみようと思います。

たっぷり乗った大根おろし&味噌で頂く厚切り豚カツ 豚勝丼専門店 たちばなの限定メニュー、おろし味噌豚勝丼

お目当ての品にプラスし

おろし味噌が付いてくるお得感に載せられるがまま

 

本日は「おろし味噌豚勝丼」をオーダーするものとなった

船橋の新店、豚勝丼専門店 たちばなでの初ランチ

 

注文のかつ丼ですが、こちらはご飯の量を選択可能となり

通常では200gの所を、100~150gへと減らす事も可能との事

 

少し悩む部分にはなりますが、本日はまだ無理をしたくない場面

ここは、ちょっとご飯を減らし、150gにてオーダーしてみることに

 

注文を終え、テーブルを見てみますと

こちらのかつ丼は出汁でとじてはいないものの

十分な味付けを施した状態で提供されるとのこと

 

とは言え、好みに応じ味変が加えられる様

卓上には特製和風誰、そして特性甘ダレの2種が準備されております

 

加えて、べにしょうがや和がらしをトッピング出来るそうですが

かつ丼だけに、両者との組み合わせもまだ不透明な所に

 

まずは様子を見ながら、各種味変を期待しようか

と店内を更に見渡してみると、

そこへ所狭しと並ぶのは、各種サイン

 

ただ、これだけのサインが並んでいるにも関わらず

知っている名前は「熊切あさ美」のみ

 

その他は、一体誰のサインが掲載されているのか

私如きの凡庸な知識では、その判断が行えないものとなりますが

更に見渡す店内には、やはり居酒屋営業を匂わせるメニューが多数

 

気になり、お店の方に話を聞いたところ

やはり夜派居酒屋として営業されているそうで

 

そのランチ帯のみを、現在の

かつ丼専門店として利用しているとの話に

 

 

そうこうしながら、待つこと10分弱

まず最初に提供されたのは以下の品々

お味噌汁に香の物

そして、かつ丼には珍しく摺り下ろしする胡麻も提供

 

こちらの胡麻は、おろし味噌豚勝丼専用だそうで

お値段1100円で通常のかつ丼と同額ながら、随分サービスの多い品になっております

 

そんな胡麻を不思議に思いながら、更に待つこと数分

全てが出揃った、本日のランチがこちら

船橋駅近くの新店、豚勝丼専門店 たちばなで頂く

「おろし味噌豚勝丼」となりま・・・す

 

なりま・・・

しまった、こちらの「おろし味噌豚勝丼」

卵でとじてないのはともかくとして、卵がそもそも入ってこないスタイルだったのか!!

 

玉子で綴じないかつ丼をウリにしている同店ですが

あくまでカツを玉子とじにしていないだけであり

 

ご飯については通常のかつ丼同様

出汁を潜らせた玉子がたっぷり乗ってくるのが、同スタイル

 

なので、本日オーダーしたこちら「おろし味噌豚勝丼」についても

豚カツはそのままとして、ご飯の上には出汁卵がたっぷり載るもの

 

と思いきや、そこに広がるのはまさかのせん切りキャベツ

これだったら、普通に豚カツ定食を頼むのと違いない組み合わせになる訳で

 

私が食べたかったのは、そういう事じゃ無いんだよ

と思いつつも、すでに時遅し

 

そう言えばここに来る道中、旬くんにも

「上手い話は無いぞ!!」と、散々言われてきたじゃないか

 

豚勝丼と同額の1100円で

出汁卵、更にはおろし味噌を同時に味わえる?

 

そんな上手い話はある訳無く

これはお店どうこうでは無く、完全に私のミステイク

 

とは言え、頼んでしまったものは止む無し

ここは、おろし味噌豚勝丼を頼みたかったんだ、と気分をあらため頂いてみる事に

まずはご飯に盛られた豚カツから

 

最初は味噌を付けず、そのままの豚カツを一口

使用されているのはロースになるのでしょうが、脂の加減は控えめ

 

程よい厚みを感じるロースカツになっており

パサつきもなく、衣の加減も控えめとなる、食べやすい豚カツ

 

同とんかつは、そのままでも下味が付いているとの事でしたが

それはおろし味噌豚勝丼ではなく、通常の豚勝丼に限った話でしょうか

 

いずれにせよ、こちらのカツについては

そこまでしっかりした下味を感じる事は無いものとなり

 

続く2口目からは

同品ならではのトッピング

おろし味噌をたっぷり乗せて頂いてみる事に

 

一気に広がる味噌の風味ですが、塩味は強くなく

むしろ甘みをしっかり感じるものの、大根おろし効果で後味はサッパリ

 

豚カツのサクサク感を損なうこと無く

それでいて、十分な甘みを感じさせる味噌ダレとの組み合わせ

 

加えて、せん切りキャベツがより一層

サッパリ感を高めるものとなりまして

 

思い描いていたかつ丼では無いものの

この組み合わせ自体は、全然アリな設定と言えそうです

 

更に、同とんかつへの味変となってくるのが、

こちら、事前に提供されていた胡麻

よくよく考えれば、この胡麻が出てきた当たりからして、思ってたシチュエーションでは無かったような

 

まあ、そこは私の確認ミスとなりますので

これ以上は言うまいと、胡麻、更には紫蘇も共に頂いてみることに

 

フワッと抜ける紫蘇の風味が心地良い組み合わせとなる中

一層の旨味を与えてくれるのが、やはり胡麻の存在

 

豊かな風味に加え、胡麻が加わることで甘みも増幅

味噌と胡麻の組み合わせも言うこと無しと、これも当然文句なしのバリエーション

 

更に、食べ進めていく程に厚みを増すのがこちらの豚カツ

ただ、1点惜しまれるのは

中心部に行くに連れ、豚特有の臭みを感じてしまった点でして

 

出汁でとじている豚カツなら、感じる事も無いのでしょうが

それを経由しない豚カツであればこそ、僅かながらにもその特有の風味を顕著に感じる部分も

 

そこで最後は、気になる卓上調味料の方から

こちら、特製和風ダレと共に豚カツを頂く事に

 

鰹系の甘みある出汁となっておりますが、

こちらを衣、そして豚カツへプラスすることで

先ほどまで僅かに感じていた、豚特有の香りも軽減

 

この和風ダレとキャベツとの相性も良好となり

150gと少し小ぶりにしたご飯も、なんなく完食を迎えるものとなりました。

 

 

という訳で、念願だった初訪問となります

船橋の新店、豚勝丼専門店 たちばなでの初ランチ

 

同店名物、とじないかつ丼を頂く気マンマンでいたものの

まさかの上手い話に騙され・・・

 

いや、完全に私が独り相撲で勘違いをした結果

そもそも、玉子の乗らない「おろし味噌豚勝丼」を頂く事に

 

もちろん、同品のおろし味噌と豚カツの組み合わせは良好

たっぷり敷かれたキャベツも頂き、そういう品だと分かっていれば十分満足の1杯に

 

ただ本日の所は、玉子でとじはしないものの

出汁感満載となる玉子とご飯、そして豚カツの組み合わせを楽しむ気分、満々での訪問

 

それだにけに、思い描いていた姿との剥離に

もうひと越え、満足を得る事できない、そんな一食となってしまいました

 

これがご近所であるなら、近日中に再訪

今度こそは・・・と、足を運ぶ場面となるのでしょうが

 

残念ながら船橋までは、そうそう足を運ぶ機会も無く

限られたチャンスだっただけに、残念感もひとしお

 

上手い話は無いんだよ、と旬くんの言葉を刻み直し

次回からはしっかり、メニューと写真を吟味した上で注文を進めようと心に誓うものとなりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

たちばな

■ たちばな

■ 住所:千葉県船橋市本町1-13-18

■ 営業時間:11:00~15:00

■ 定休日:木曜日、祝日

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。