スポンサードリンク

祝!12年目突入となった、作草部の麺処まるわ 19年最後のコラボラーメンは、エモくて美味いスモーブの純情! クリスマスの名物も今年は大進化!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

今年最後の出張となる、岡山旅行も終わり、ようやく千葉へ帰宅

この日のランチは、遠出して帰ってきたら、まず最初に帰りたくなるこちら

モノレール作草部駅すぐ側

麺処 まるわとなります

 

はい、今更説明の必要も無い、本ブログではお馴染みの同店

私にとってもすでに、ホームと化したお店となります

 

この下半期だけでも、函館、福岡、札幌、岡山と出張へ出向いており

各地でそれぞれ、3~6軒のラーメンを食べては来ているものの

その都度、帰ってくるたび、真っ先に立ち寄りたくなるお店となるのは、やはりまるわ

 

正に我が家の様な安心感ではあるのですが、

この日の目的は我が家のレギュラーメニューではなく新作

それも二次創作ラーメンという名のコラボメニューを頂くべく、お店の方へ

 

ていうか、レギュラーメニュー最後に食べたのって何時だっけか?(笑)

19年最後?の二次創作ラーメンはJKハルコラボの新作! エモくて美味いスモーブの純情を食べてみた

本ブログ内で、記事として紹介するのは4ヶ月ぶりとなるものの

その間も変わらず、月2~3回ペースで訪れている、作草部のまるわ

 

ほぼ毎月、3~4品の裏メニューという名の限定メニューが提供される他

今回の目的となる二次創作ラーメン、コラボメニューといった期間限定メニューが提供されるため、何度足を運んでも飽きることを知らない

これが数年にわたり通い続けてしまう理由の1つ

 

ちなみにですが、今回の限定メニューとなるのがこちら

2年前の冬にも、千葉県でラーメンになったJKハル

今回はその最新作というか、その後のお話を元にして作られた創作ラーメン

その名も「スモーブの純情」となります

 

※ ちなみに、2年前の創作ラーメンはこちら

作草部の麺処まるわ 2017年の総決算となるクリスマス限定メニューも、最後までさすがの「まるわ」だった 
この1年を振り返ると、2月にスタートした 「暴食の文法」を皮切りに、様々なコラボラーメン、限定ラーメンを提供し続けてきた、作草部のまるわ。 その殆どを私も完食してきまし
2017-12-24 12:55

 

原作の世界観が分からない私ですが、一目見て間違いなく言えるのは

「食べなくても、美味い」ただそれだけ

 

と言う訳ですので、悩むことなくオーダーした品がこちら

2年前の二次創作ラーメン「スモーブの初恋」からのアンサーソング?

とでも言うべき、新たなる二次創作ラーメン

その名も「スモーブの純情」となります

 

クリーミーなベジポタスープ

その上に広がるバジル・・・いや、こちらはネギソースですね

更には、紅茶オイルで漬けられたドライトマト

 

白のスープに浮かぶ、緑の園

その四方を赤く彩り、中央へ浮かぶホエー豚のチャーシュー

 

なんだこの、エモいラーメン

原作を読んでいない身ながら、そのワンシーンが垣間見えるかの様な世界観

 

その答えはきっと、原作の中にこそ潜んでいるのだから、さっさと読め

と、今すぐにでも答え合わせをしたくなる様な作品・・・いや、ラーメンですが

 

まずは当然ながらも、スープの方から頂いてみましょう

クリーミーに泡だったベジポタスープ

その上に浮かぶネギとのコントラストが、気持ちを高ぶらせます

 

ベースのスープにフワッと広がる野菜の風味

それらをしっかりまとめあげる、ネギのジェノバ風ソースが実に心地よい味わい

後味には、うっすら生姜も香り、一口だけでは表現しきれない、奥深い味わいに仕上がっています

 

ベジポタではあるものの、獣骨の旨味も出ているのだから、野菜のみで完結する訳ではなく

かといって、獣骨が前に出すぎず、後味にはしっかり野菜が残る

 

ラーメンのスープではありながら、そこに背徳感を感じさせない、この味わい・・・

要するに、罪深いスープであることは間違いありません

 

そんなスープと共に頂く麺の方はというと、

こちらのデフォでは、細麺使用となります

※ 別途お願いすれば、平打ち太麺への変更も可能とのこと

 

しっかり縮れた細麺がスープをすくい、見事にキャッチ

白と緑で織りなす罪深きスープが、麺の1本1本に至るまで、罪のお裾分けを果たします

 

そしてトッピングの方ですが、

やはり注目すべきは、こちらのドライトマト

説明によると紅茶のオイル漬けとのことでしたが、どことなくチェリーの様な甘みと酸味を感じさせます

 

乾燥させることで、旨味を凝縮させつつも、噛みしめるたびに染み出る甘酸っぱさ

これが青春の味・・・なのか、齢40ともなれば思い出すことすら出来ない、あの青さ

 

きっと私にも、そんな甘酸っぱい記憶があったはず・・・

あった・・・か?

 

四半世紀前の自分を思い浮かべるには至らないものの

(昨日の晩ご飯すら思い出せない記憶じゃ、遡りようがありません)

きっと今の若者達なら、この甘酸っぱさが表現する純情、感じ取れるのではないでしょうか

 

柔らかなチャーシューも心地よく器を彩り、

芸術点の加点ばかりでなく、構成点にも隙は見当たらないラーメンとしての完成度

そして、食べ進めるごとに、色濃くなるジェノバソースで風味を変えるスープ

半分を食べ干したあたりで、すでに開幕とは異なる味わいを放っているものの

それがまた、最後まで食べ手を飽きさせることない、味変へとつながり、気付けば一滴残らず完飲…

 

ほらね、言った通り罪深いラーメンったらありゃしない

かろうじて合法ながらも、アメリカの州によっては課税対象にもなりかねない一杯

ここが日本で良かったと安堵を浮かべるものの、後日体重計の上で後悔の念を抱くかどうかは、あなた次第です。

リア充爆破のイブ限定メニューは今年も健在! 1杯にニンニク5片投入、精力マシマシなガリポタヌードル 

さてさて、年末のまるわといえば、もう一つの名物が存在

その名も、リア充入店禁止

「クリスマス?何それ美味しいの??」な1日限定企画となります

 

例年開催される同企画ですが、昨年は夜営業のみの開催となり断念

そして今年もまた、夜の部のみの数量限定企画となったのですが・・・

 

幸いにも、この日は子供の帰りが遅く、晩ご飯も普段より遅めになるとのこと

その隙を縫って、ヒッソリと作草部まで足を運び、目にした今年の限定メニューがこちら

サンタクロース出入り禁止から始まり、あらゆるエネルギーを投入し、クリスマスを全否定するPOP

その名も「ガリポタヌードル」となります

 

例年は、店長のソウルフードでもある

「京浜式タンタン麺」をベースにした品が多く見られましたが、

今年は、現在提供中となる「スモーブの純情」と同様、ポタージュ系で挑むとのこと

 

ニンニクを大量投入した一杯を作り上げることで、リア充の入店を妨げてはいるものの

エネルギッシュな程にニンニクを投入してしまうとあれば、より輪を掛けてリア充が盛り上がってしまいそうな予感も…

 

いずれにせよ、頂く品は訪問前から確定済み

店内に入るやいなや、目が合った店長からも注文を確認されること無く、世間話の流れのままガリポタヌードルを頂く事に

 

ちなみに、同限定を注文したお客さんには、

店長からお菓子のプレゼントが

(キットカットなど多数ありましたが、私は源氏パイをチョイス)

ただこの風習って、クリスマスでは無く、ハロウィンの様な・・・

 

まあ、ハロウィンもクリスマスも、西洋の文化として括れば、同一イベント

12月24日を例年「ただの年末」と指定している同店からすれば、誤差の範疇とも言えます

 

そんな源氏パイを、どのタイミングで食べようか模索する間に、本日のオーダーが到着

こちらが、12月24日1夜限りの限定メニュー

クリスマスをぶっ飛ばす、リア充爆発系ラーメン

ガリポタ・ヌードルとなります

 

器に近づくだけでも漂ってくる、たっぷりのニンニク風味

この一杯だけでも、5片ほどのにんにくが使用されているとのことで、みなぎるエネルギーは果てしないものとなりそうです

 

どんな味わいになるものか、興味津々にまずはスープから

こちらは、その商品名通りのポタージュぶりが全開

ところが、一口運ぶとそのイメージが大きく豹変するのです

 

濃厚なニンニク風味を想像するものの、口の中に広がるのは予想外の甘み

5片ものニンニクを使っていれば、特有の辛味を感じるものと思いきや、むしろコクのある甘みが広がるのです

 

というのもこちらのスープ、すりおろし等でニンニクを使用するのでは無く

タマネギと共に時間を掛けて煮込んだ、純然たるポタージュ

 

生のまま使用するすりおろしとは異なり、ニンニクの持つもう一つの顔

根菜(厳密には葉菜ですが)らしい甘みとコクがたっぷり抽出されており、旨味を形成しているのです

 

ニンニクと共にポタージュへ使用されているのは、タマネギ

こちらもニンニク同様、煮詰めることで甘みとコクが高まる野菜だけに、その旨味の広がり方は相当なもの

とは言え、ニンニクの持つ食欲高ぶらせる香りは健在となるのですから、こりゃ確かにクリスマスらしからぬ一杯(笑)

 

そんなスープと共に頂く麺は、

こちら、レギュラーメニューでもお馴染みの細麺を使用

甘みあるポタージュスープに合わせてか、気持ち柔らかめな茹で加減となっております

スープとの絡みも申し分なく、コクのある甘みが麺とも共に広がっていきます

 

そんなガリポタのお供には、小さく刻まれたキャベツ

コクあるスープをしっかり吸い上げ、エネルギッシュな味わいに拍車を掛けます

 

そして、

こちらも小さめにカットされたチャーシュー

一口サイズにカットすることで、スープと共にも口へ運びやすく、事あるごとにガリポタを楽しませてくれます

 

そして、せめてもの慰めとばかりに飾られているのが、

こちら「スモーブの純情」にも使用されている、ドライトマト

濃厚すぎるガーリックの海に、一輪咲く花の如く彩りを与え、どことなくクリスマス感を演出しているのですが・・・

 

向かう所敵なしのガーリック風味を前にすれば、せっかくの甘酸っぱさもどこ吹く風

ガリポタスープの無双ぶりは、クリスマスを駆逐すること間違いありません

 

コクと甘み、そして旨味がほとばしるスープに

更なる濃厚さを加えるチーズ

 

隅から隅まで、ガリポタに埋め尽くされた一杯となるものの

この後に晩ご飯を控えている身としては、完飲だけは避けたい所

 

しかし、そんな理性すら、無双に突き進むガリポタを前にすれば敢えなく瞬殺

完飲はしない、との誓いも無かったものとなり、気付いた時には空の丼を前に自分の弱さを猛省する事に

 

 

という訳で、この12月に提供された限定メニューの連投ですが

どちらも甲乙付けがたい、唯一無二の個性が暴れ出す、麺処まるわならではの一杯、いや二杯となりました

 

その世界観を丼の中に見事再現した、エモさ溢れるスモーブの純情

ジャンクなイメージを覆し、旨味と甘みがたっぷり詰まるも、やはりニンニクたっぷりなガリポタヌードル

 

限定メニューとは言え、他店では到底味わう事が出来ない2品ですが

両者ともに奇をてらう訳でも無く、惑うこと無く美味いと声を挙げられる品ばかり

 

今年も数多くの限定ラーメンを提供してきた同店ですが

例年だと、年末の最終営業日(今年は12月30日)にも限定メニューが提供されるのですが

今年は年末だけで無く、年明け最初の営業日となる1月3日にも、同日限りの限定メニューが提供されるとのこと

 

本年も、これまでに提供された限定メニューを全て完食している身として(恐らく、ですが)、

19年ラスト&20年最初の限定ラーメンも、当然逃すこと出来ない品になることでしょう

 

また翌年も、変わらず多彩なアイディアと世界観の詰まった

様々な限定&裏メニューに出会えることでしょうが・・・

レギュラーメニューを食べる時間、ホント無いんだよなあ(苦笑)

 

まるわの人気メニューが、「自宅」でも食べられるって本当?

本日ご紹介した「麺処 まるわ」のレギュラーメニュー「バジルソルトつけ麺」を始め、食べログやラーメンデータベースで上位に名を連ねる、全国の人気ラーメンが『お取り寄せ』で頂けます!

購入は1個(1杯)単位からOK! 全国各地の有名店ハシゴだって自宅でOK。

昼はお店へ訪問しつつも、深夜の小腹埋めにはお取り寄せ麺・・・お勧めです。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

麺処まるわ

■ めんどころ まるわ

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-1-13

■ 営業時間:[火~金]11:00~14:30/17:30~22:30  [土日祝]11:00~15:00/17:00~22:00

■ 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。