スポンサードリンク

千葉中央の串揚げバル Gyo雷や 初ディナーで創作串揚げ三昧!

LINEで送る
Pocket

以前、ランパスへの掲載を機に知り、ランチで訪問したことのある、千葉中央の串揚げバル Gyo雷や。

参照:千葉中央の串揚げ屋さん Gyo雷やでランパスランチ  ⇒

 

前回のランチ訪問では、わずか540円というリーズナブル価格ながら、非常に満足度高いランチが味わえ、是非次は夜に…

と考えていたものの、なかなか機会に恵まれず、早数ヶ月。

 

そんな中、先日お盆の連休中に、地元の友人と飲みに行く機会が出来たので、このチャンスとばかりに

京成千葉中央駅、すぐ側となる「串揚げバル Gyo雷や」夜の部へ、初訪問を果たしてきました。

スポンサーリンク

リーズナブルなランチのGyo雷やは、夜にもリーズナブルなメニュー発見

今回、夜の部初訪問となり、店先で見つけたこちらの看板。

8月限定のタイムセールではあるものの、19:00までに入店すると

・串揚げ5本

・ワンドリンク

これらがセットで、お値段なんと500円!!

 

ちなみに、この時点で時計が指す時刻は、18:50。

首の皮1~2枚の厚さを残し、タイムセールに間に合わせての入店となりました。

 

ちなみに、私の入店後に訪れた常連さんとおぼしき方達も、次々と

「500円のヤツ、生で!」

「生と、安いヤツ下さい(笑)」

などなど注文が飛び交っており、かなり大盛況を得ているセールに思われます。

 

ひとまず、タイムセールの5本セットを注文し、レギュラーメニューの確認へ。

以前、ランチで訪れた際に気になっていたのがこちら。

串揚げバル Gyo雷やオリジナル、とおぼしき多数の創作串揚げたち。

ありそうで無かった食材同士の組み合わせや、そもそも串揚げにするのか?といった食材も多数。

一般的な串揚げに比べ、お値段が張るものも多いものの、それに見合った期待感を受ける品ばかり。

 

また、上記の創作串揚げだけで無く、

定番の串揚げシリーズも多数。

串揚げの本場となる大阪に比べると、肉類が少なく感じますが、特に野菜の串揚げが豊富なのが特徴的。

場所柄、女性のお客さんも多いので、こういったラインナップなのでしょうかね。

 

串揚げ以外のメニューについてですが、

 

鮮魚を始め、コッテリ系からあっさり系、〆系とバランス良く整っています。

という訳で、これらの中から注文をスタート。

スポンサーリンク

Gyo雷やでしか味わえない、オリジナルの創作串揚げに大満足

注文から10分ほどで、まず到着となったのがこちら。

入店直後に注文した、タイムセールの5本盛り。

内訳は、

・キス

・エビ

・ナス

・ハムカツ

・しいたけ

これら5本に加えて、生ビール1杯が付き、お値段ワンコインの500円!

 

19:00まで限定の品とは言え、この500円にお通しまで合せれば、昨今話題の千ベロ居酒屋にも負けない充実ぶり。

とはいえ、ここで注文を終えるわけが無く、続いて登場したのが、

ゴルゴンゾーラのポテトサラダを注文。

 

匂いがきついイメージあるゴルゴンゾーラですが、炙っていることにより口当たりが軽く、匂いも抑えられています。

その強い匂いで敬遠されがちですが、反面旨味は強く、シンプルなポテトサラダに濃厚な旨味が加わります。

ただ、その代償として一口目が鬼ほど熱いので、焦って口の中に頬張ると、その後の串揚げに響くのでご注意を。

 

そして、ここからは創作串揚げの部に突入。

まず第一陣となったのは、左下から時計回りに

・まぐろの山わさびのせ

・ハムカツ

・イカ

・ソフトシェルシュリンプ

の4品。

 

想像の付かなかった「まぐろの山わさびのせ」ですが、これは意外な組み合わせ。

薄めの衣をまとったマグロに、山わさびが程良いアクセントとなっています。

マグロを揚げただけでは、生の旨味には勝てないものの、山わさびがトッピングされることで、揚げることでしか味わえない旨味が増幅されていますね。

 

続いて気になっていたシリーズ、第二弾となるのが

こちら、アカイカのウニのせ。

使われているウニは、生ウニでは無く瓶ウニ(正式名称は分りませんがw)なので、生臭さが気になる所でしたが…

これが、串揚げの上に乗り、更には海苔がトッピングされることによって、臭みを感じません。

その分、凝縮されたウニがソースの様にアカイカを包んでおり、斬新な味わいを作り出しています。

 

串揚げを2陣まで堪能したところで、一旦小休止。

こちらはソーセージの盛り合わせ。

可も無く不可も無い品ではありますが、580円でこのボリュームはなかなかです。

 

休憩も終わったところで、串揚げ3の陣へ。

左下から、

・チョリソー

・紅ショウガ

・豚バラ柚子胡椒

・イカ

の4品となります。

 

この中で、私のマストとなるのが「紅ショウガ」ですね。

関東ではあまり馴染み無い、紅ショウガの串揚げですが、関西では定番の品。

牛丼などで見かける、千切りでは無く、厚めにスライスされた大ぶりな紅ショウガを串揚げにしています。

 

これがジューシーな生姜汁を吹き出し、かつアッサリしているため、重たい串が続いた際の口直しに最適。

脂の乗った握りの最中に頂く、芽ネギの様な存在で、お腹に溜まってきた油分をリセットし、更なる食欲促進に繋がります。

 

といった具合に、他にも諸々頂きましたが、どれも満足度高い串揚げばかり。

お値段もリーズナブルな品が多く(一部、創作串はお高めですが)、普段使いしても懐へのダメージが少ない、有り難い串揚げバルでした。

なにより、19:00までの入店で頂けるタイムサービスは、お得すぎるサービスでしたので、来店の際にはぜひお役立て下さい(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

 

串揚げバル Gyo雷や

■ くしあげばる ぎょらいや

■ 住所:千葉県千葉市中央区本千葉町4-13

■ 営業時間:11:30~15:00 / 17:00~翌3:00

■ 定休日:日曜日・祝日

スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。