孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千葉中央、隠れ家の様なバー 草の戸がランチ営業 豪華過ぎるお惣菜の付いたハンバーグランチを堪能

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

少し前に本ブログのLINEの方へ

読者さまよりぜひお勧めしたいお店が・・・との連絡が

 

話によると、住所的には千葉中央ながら

大通りを中に入った小道にあるバー

 

従来であれば、夜のみの営業となっていた同店が

少し前よりランチ営業を始めたのだとか

 

ただ、お店の場所が裏路地であることなどから

分かりづらく、ランチの集客にも難儀しているとのこと

 

お店自体は雰囲気のある老舗のバーになるそうで

いずれにせよ、1度足を運んでみたい情報なのは間違い無し

 

 

頂いた情報を頼りに、本日向かったのは千葉中央

モノレール沿いを県庁方面へと進む通り沿い

 

同通りにある「BooBoo太郎。」の一本手前を入ったこちらのお店

千葉の老舗バー「草の戸」となります

 

長らく千葉に住む私も、

こちらのお店について知ったのは、つい先日のこと

 

実に雰囲気のあるバーでして

お店の立地を含め、隠れ家と呼ぶに相応しいお店でして

建物含め、実に趣あるこちらのお店

早速、初訪問を果たしてみようと思います。

京成千葉中央駅から徒歩7分 裏路地にお店を構える隠れ家 草の戸をランチ初訪問

この日、お店に着いた時刻は11:30

LINEで連絡を頂いた読者さんより、営業開始時刻を確認しお店の方へ

 

店外からしても趣のあるバーでしたが

中に入れば、その雰囲気はより増すばかりでして

千葉にこんな拘り詰まったバーがあったとは!?

と、思わず感嘆の声を挙げてしまう、その内観

 

決して広くは無い店内でして

席の方もカウンター席で、全10席ほどでしょうか

店内にはピアノも置かれていたりと

(机代わりにされている様ですが)

 

とにかく本気のバー

と呼ぶに相応しい、オシャレ過ぎる空間が広がっております

 

ちなみに、店内には2Fに続く階段もあり

2Fも2Fで、ステキな空間が広がっているとのこと

 

ランチで初訪問しておいてナンですが

これはぜひ、夜にも足を運んでみたいお店となっております

 

さて、そんな同店のランチメニューですが、

店外にもメニューの記載があり、全5品が提供とのこと

 

生姜焼きにハンバーグ、

しそ巻きかつにアスパラ巻き、そしてライスカレーといった品々

 

雰囲気の良いお店ですので、当然料理も気になるところ

いずれも興味引かれる品となりますが、今日は無難にハンバーグを頂いてみようと思います。

大きなハンバーグ&お惣菜もたっぷりで、お値段破格の1000円 草の戸で頂くハンバーグランチ

あまりに非日常すぎる空間を前に

呆気にとられながら、店内あちこちに目をやりたくなる、草の戸での初ランチ

 

この日は開店直後の入店となった為

店内に先客の姿は無く、私1人のみ

 

老舗のバーと言う事で、勝手ながら厳格な店主さんを想像していたものの

物腰も柔らかく、丁寧な接客にも一安心

 

そんなこんな、店内で待つこと10数分

まさかの2皿に分かれて提供となった、本日のランチがこちら

千葉中央のバー、草の戸で頂く

ハンバーグランチとなります

 

まず、メインとなるハンバーグ

その大きさを前にして、早くも唖然としていたものの

そんなメインに加えて、

ご飯が盛り付けられるプレートには、お惣菜もズラリ

 

ご飯とお味噌汁だけでも十分な所に加えて

冷や奴に煮付け、香の物らも共に提供となっております

 

それより何より、ド迫力となるのが

こちら、大ぶりなハンバーグ

 

デミソースをたっぷり掛けながら

マカロニサラダにキャベツのせん切りも提供

 

これでお値段、1000円ですから驚きの価格

ちょっと申し訳無くなるほどの大ボリュームランチとなっております

 

そんなハンバーグの付け合わせ用には

別途ドレッシングまで提供となりまして

サウザンドレッシングで、まずはキャベツから頂く事に

 

続いてハンバーグへと移りますが、

断面はこの通り

 

肉汁飛び出るタイプ、という訳ではありませんが

しっかり肉厚、食べ応えバツグンのワイルドなサイズ感

 

ソースもたっぷりとなりますので、

これはもう、ミートオンザライスしかありません

 

そんなハンバーグですが、専門店のそれと比較すれば

飛び抜けた要素を感じるもの・・・とはならずも

 

それを凌駕してしまうのが、このボリューム

そしてデミソースもご飯の進む味付けですので、十分な満足を得る1品に

 

更に、嬉しいことにたっぷりの小鉢

冷や奴の方には、しらすに生姜を添え

これも十分、オカズとして働けるレベル

 

更には、大根や厚揚げの煮物

きんぴらまでもがセットとなるのだから、ご飯のお供は十分過ぎるほど

 

それにも関わらず、更に嬉しくなってしまうのが、

こちらのランチにはなんと

一口サイズのカレーまでも付いてきてしまうのです

 

しかも、このカレーがまあ美味い

恐らくお店のランチで提供される、ライスカレーがこの品になるのでは無いかと

 

特大ハンバーグに野菜各品

更に、煮物や冷や奴、カレーまでがセットとなる本日のランチ

 

おかずの数に比例し、ご飯も文句なしのボリュームとなっており

当然ながら、満腹を得るに十分過ぎる一食となりました

 

 

という訳で、初訪問となった

千葉中央のバー、草の戸での初ランチ

 

生姜焼きやライスかレーらが提供されれる中

本日のランチは、ハンバーグを頂くものとなりました

 

ハンバーグ本体の大きさもさる事ながら

付け合わせの豊富さ、更には一口カレーのサービスと

 

1000円ジャストのランチながら

その豪華さには、十分過ぎる満足を得るものとなりました

 

帰り際に、店主さんと少しお話しをした所

こちらのランチは、コロナの影響もあり3ヶ月ほど前から始めたとの事

 

冒頭でも触れた通り、裏路地にお店を構えている上

千葉に長らく住む私ですら、初めて知ったお店でもありまして

 

車では通る事の無い、隠れた路地裏で出会った

隠れ家の様な趣溢れるバー

 

本日、チョロッと頂いたカレーの美味しさも気になる所で

次回のランチには、ぜひともライスカレーを頂きたいところ

 

それより何より、この雰囲気あるバーで

夜にお酒を頂くのもまた、当然ながら楽しみになること間違い無し

 

昼に夜にと、今後も定期的に利用してみたい

そんなお店の発見となりました。

  

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

草の戸

■ くさのと

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央4-13-32

■ 営業時間:11:30~14:00 / 18:00~22:00

■ 定休日:日曜日(土曜のランチも休み)

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。