孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千葉中央、金角 蓮池店がランチ営業にてリニューアル!? 風変わりな一杯、特製ラーメンを食べてみた

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

先日、インスタの方をチェックしていたところ

千葉みなとにある「金角」の投稿を発見

 

同店は4月より休業に入っており

また6月からは外壁等の補修工事に入っている・・・

 

といった所までは、以前の投稿で確認しており

まだ営業が再開されていない点までは確認していたのですが

 

そんな金角が、実は6月末からひっそり?

ランチ営業を開始した、との投稿を目にしたのです

 

 

ただ、ランチ営業を行っているのは千葉みなとのお店では無く

千葉中央、蓮池通りにある店舗とのこと

 

丸万鮨のすぐ近く、裏通りにあたるこちらの店舗で

しかもラーメンを提供しているとの話ですので、これはチェックせずにはいられず

 

本日はすでに、同店ご近所となる「八角 中央店」で1食目を食べておりますが

幸いにもジム帰りとあって、空腹の調子も良好

 

そんな訳で、本日2食目となりますが

こちら、千葉中央の蓮池通りにあります

金角 蓮池店を訪れるものとなったのです。

葭川公園駅からすぐ、千葉中央の金角 蓮池店がランチ営業 しかもラーメンにてリニューアル!?

本日のランチは、先に八角を経由していることもあり

13時を過ぎたところで、こちら金角の方に到着

 

近隣には多数のコインパーキングがある地域ですので

(千葉劇場となりのパーキングが、この辺では格安です)

そちらに車を停めて店内へ

 

すでに昼の繁忙帯を回っていることもあってか

私と入れ替わる形で一名のお客さんが退店

 

店内は、私1人となる中でのランチとなります

 

さて、気になるメニューの方ですが

お店の前には、しっかり「ラーメン」と刻まれた暖簾が

その下には、ランチ営業を知らせる張り紙を発見

 

こちらを詳しく見てみますと、

どうやら6/25にリニューアルとなりまして

ここ蓮池店ではランチ営業を始められたとのこと

 

提供されているのは、特製らーめん

そしてごはんとなっており、いずれもサイズの変更が可能とのこと

 

気になるラーメンについては

イラストにて魚介?豚骨?牛?鶏?

 

と、何かをほのめかすような、不思議な説明が

何ラーメン、と主張しないのにも、何か理由があるのでしょうか??

 

まあ、いずれにしても提供されるメニューは

特製らーめんのみとなる、潔いメニュー構成

 

ここは迷うこと無く、特製らーめんを頂いてみようと思います。

鶏ガラ出汁に鰹ら和出汁を合わせた一杯 居酒屋 金角 蓮池店にて頂く特製らーめん

前述した通り、先客はすでに退店済みとなる金角 蓮池店

店内にいるのは、私以外に調理を担当している若いスタッフさん

 

そして、その奥で目を光らせているのが

いかにも・・・といった雰囲気を纏った板前さんの2人体制

 

カウンター席に通された私の目の前にて

同若いスタッフさんが調理をするものとなり、その一部始終を伺うことが出来てしまいます

 

ラーメン店などの調理行程については

意見様々あるでしょうが、私はどちらかというと見ないでいたい派なんですよね

 

なので、この全開すぎるオープンキッチンというのが

どうにも苦手だったりするのですが・・・

 

実はこの開放感溢れるカウンター席が

後ほどまた、妙な気分にさせられるきっかけを引き起こそうとは・・・

 

さて、注文から10分弱にて提供となったこちら、

千葉中央の金角 蓮池店にて頂く

「特製らーめん」となります

 

白濁したスープにやや太めの麺

チャーシューは小ぶりにカットしたものが3枚、そしてほうれん草になると

 

スープの色味からして、鶏白湯系でしょうか

居酒屋系が提供するラーメンには清湯、醤油系が多いだけにちょっと意外な雰囲気を感じます

 

早速、スープから頂いてみますと

鶏ガラ系・・・にはなりますが、白湯の様な濃厚さは無し

 

代わって魚介系の出汁・・・鰹出汁ですかね

鶏ガラのスープに和出汁のような組み合わせを感じます

 

表で目にした紹介POPでも

不思議な雰囲気を伝えておりましたが、それにも納得

 

オーソドックスなラーメンとは異なる

特製らーめんの名にも頷ける、一風変わったスープに仕上がっています

 

そんなスープと共に頂く麺ですが、

こちらは調理行程を目にしていたところ、冷凍麺を使用

 

生麺に比べ、食感に弱さを感じますが

スープとの絡みは悪くなく、専門店には勝らずとも満足出来る組み合わせに

 

そして、彩り鮮やかな

こちらのほうれん草ですが

鶏ガラ出汁のスープとも良好な関係を築いております

 

その中で、またもや異彩を放ったのが

こちらのチャーシュー

 

下味にお酒を多く使っているのか

甘みある味付けが特徴的で、普段口にするチャーシューとは異なる味わいに

 

スープとの組み合わせでも、面白い変化を見せており

興味を持ちながら、こちらを口にしていたところ・・・

 

調理を担当していた若いスタッフさんに対し

遠目から目を光らせていた、年配の板前さんが近づくや否や

 

調理の手際、導線が良くない!!

と、お小言をスタート

 

まあ、職人さん同士ですし

こういった注意などは気付いた時にすべきなのかも知れません

 

が。

このお説教が行われている場となるのが

私がラーメンを食べている、その真ん前

 

至近距離、わずか50㎝ほどの所で

あそこが悪い、ここが良くないとのやり取りが始まりまして

 

これを聞き入れている若いスタッフさんは

素直にその注意を聞き入れてはいるものの

 

そのカウンターを挟んだ、目の前にいるのは

本日2食目のランチを楽しみにしているお客さん、な訳ですよ(笑)

 

なにもお客さんの目の前

しかもわずか50㎝の距離で、今それをやるか・・・?

 

それが職人さん気質

と言えばそれまでなのでしょうが

 

このお小言タイムを目の前にして頂けば

どんな美味しい食事も、一気に興ざめする次第でして

 

後半は、お店から早く出たい、その一心で麺を啜るものとなり

なんともやりきれない1食となりました

 

 

という訳で、ランチ初訪問となった

千葉中央、金角 蓮池店での特製らーめん

 

ラーメンについては前述した通り

専門店のそれとは異なる、居酒屋さんが作るお手製のラーメン

といった、趣ある個性的な一杯となりました

 

そこに連なるトッピングもバランス良い組み合わせとなり

ラーメンが本業では無いながら、上手くまとまった一杯といった印象を受けました

 

ただ、この連日続く暑さの中で

わざわざ足を運んで食べたいランチになるか?と言われれば難しい所でしょうし

 

またラーメンフリークの方々が

食べてみたくなるラーメンか?と問われれば、これまた悩む所ですね

 

何より、料理もさる事ながら

お客さんが気分良く食べられる環境を作って貰えれば嬉しく思います。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

金角 蓮池店

■ きんかく はすいけてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央3-6-6

■ 営業時間:11:30~14:00

■ 定休日:日・祝

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。