孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千葉・栄町の居酒屋 風雷坊へついにランチ初訪問! 専門店顔負けなラーメン全10種より、人気NO1「風雷中華そば」を食べてみた

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

千葉、栄町にある居酒屋「Fu雷坊(風雷坊)」

 

表通りより一本中に入った裏通りとなり、お向かいには「おでんでんんでん 栄町店」や「炭火焼鳥  おか田」などが並ぶ同店

オープン当初はランチ営業も行っていたのですが、いつからか夜のみの営業に

 

そんなFu雷坊が再び、ランチ営業を始めたのを知ったのは、今年2月のこと

しかもランチは、ラーメンのみを提供している上、その美味しさも専門店顔負けなのだとか

 

そんな噂を方々より耳にしており、これまでにも2度、同店のランチへ足を運んだのですが

・営業時間外(ランチ営業開始が12時からと遅め)

・定休日(ネットでは日・祝休みながら、実は月曜も休み)

 

などの事象に阻まれ、最早縁が無いものと諦め掛けていたところ

三度・・・いや四度??

 

LINE読者さんより

『4/14は11時から営業するらしいです』との情報が舞い込んできたのです

 

 

コレを逃せば、次はなかろう・・・

これぞラストチャンスとばかりに、栄町へと向かってみたところ

ついに・・・ついに

Fu雷坊の前に明かりが灯っている姿をこの目で確認

 

表の張り紙にもしっかり、

「営業時間変わりました! 11:00~13:30まで」の一文を確認

 

可愛らしい書体に加え、何故か描かれたばいきんまんこそ気になるものの

営業中であることだけは間違いありません

 

そんな訳で、三度目の正直となる本日

千葉・栄町の「Fu雷坊」へ念願の初ランチ訪問を敢行するものとなりました。

千葉・栄町の絶品居酒屋「Fu雷坊」のランチ営業に念願の初訪問!! 総勢たる品数が並ぶそのメニューとは!?

2ヶ月以上前から、幾度と機会を伺ってきたものの

その都度縁がなく、諦めの境地に達していた、千葉栄町の居酒屋「Fu雷坊」のランチ営業

 

しかし、事前に得た情報通りついに本日、この目で営業している姿を確認に成功

最早、幻・・・都市伝説だと思っていた同店のランチですが、

そのラインナップはこの通り

 

まさかの、全メニューがラーメン

しかもその品数は、全10種となる上、多くが日替わりで入れ替わっているのだとか

 

いずれにせよ、ラーメンがメインである事には間違い無し

同じ悩むのであれば、店内で・・・と、早速お店の方へ入店

 

女性のホールスタッフさんに出迎えられ、早速カウンター席へ

店内はカウンター数席の他、テーブル席多数と広々とした作りになっております

 

ただ、同店はラーメンの専門店では無く、通常は居酒屋として営業しているお店

その為、麺を茹でる設備等が整っていないこともあり、一度に提供出来る数に限りがあるのだとか

(こちらも読者さんより寄せられた情報になります)

 

なので、混雑時などには提供に時間が掛かる、との話も聞いており

本日は開店直後となる11時過ぎにお店を訪問

 

席に着き、あらためてメニューを吟味していきますと、

 

そこに並ぶ品は全て麺類ながら、その数10種

 

恐らく基本となるのが「風雷中華そば」でしょうが

そこからの派生・・・では到底賄いきれなさそうな、煮干しそばに白湯そば

 

トマトそばに塩ラーメン、柚子醤油に竹岡?二郎??

と、アクの・・・いや、個性の強いネーミングをあしらった麺類が多数並ぶものとなります

 

ご飯ものなどのサイドメニューは用意されていない反面、トッピングもまた充実の品揃え

三種のチャーシューにメンマに味玉、うずら

 

揚げネギやソーセージといったユニークなトッピングを並べつつ

替え玉に替え歌、替え玉受験といった高額なトッピングも満載

 

200万円での替え玉受験が高いか安いか

この判断は、なべおさみにしか下せないものとなりますが

 

ひとまず、今日の所は初めてのランチというわけで

人気NO1となる風雷中華そばに、豚バラチャーシューをトッピングし、頂いてみようと思います。

出汁感に加えコクあるオイリーな醤油ラーメン 居酒屋 風雷坊で頂く、風雷中華そば&バラチャートッピング

前述した通り、この日お店を訪れたのは11時を少し過ぎたところ

 

まだお昼には早い時間である事や

通常は12時開店となる同店ですが、この日に限り11時から営業とのこともあってか、まだ他のお客さんの姿は見えず

 

普段でさえ、ここ栄町界隈のランチ営業が活気づくのは12時を回ってからですので

それより早い時間に足を運ぶお客さんの方が希有なのかも知れません

 

そんな様子を眺めながら待つこと7~8分

女性スタッフさんによって配膳された、本日のランチがこちら

Fu雷坊にて頂く、念願の初ランチ

「風雷中華そば(豚バラチャーシュートッピング)」となります

 

本業は居酒屋さんとなる同店ですが

見ての通り、その雰囲気は専門店さながらの出来映えとなる中華そば

 

油分多めにも美羽けっれますが、トッピングされた2種のチャーシューに

メンマ、糸唐辛子、揚げネギと味変の効いた薬味まで取り揃った一杯

 

それではまず、スープの方から頂いてみますと

しっかり出汁感を感じる、優しい醤油スープ

 

見た目の通り、油分が多く甘みとコクを強く感じさせますが

その後を追って、フワッと伝わるのは鶏出汁

 

加えて、他の食材の風味も感じられ、旨味も強く

言葉通り、専門店に勝るとも劣らない、しっかりした出来映えの中華そばに仕上がっています

 

上品な旨味にコクある油感

味変次第では、イイ感じのジャンクさともマッチしそうなスープですが、

共に頂く麺の方は、これまた中華そばらしい上質な細麺

 

昔懐かしの中華そば・・・と呼ぶには、いささかコクが強すぎる部分はありますが(良い意味で)、

スープの旨味としっかりバランスも採れており、均整の取れた一杯と言えそうです

 

そんなスープに、更なる変化をもたらしてくれるのが、

こちらの糸唐辛子に薬味となる揚げネギ

 

ベースのスープだけでは、上品にまとまり過ぎてしまいそうなところで

どことなくジャンクさと、より強いインパクトを残してくれる薬味の働き

 

このスープだったら、むしろ揚げネギを更に加えても面白そうなので

次に注文するとすれば、間違い無く追加トッピング(+50円)していきたい薬味になります

 

続いてはチャーシューですが、

まずはこちらが、追加トッピングで加えたバラチャーシュー

 

肉厚ながらも柔らかく、芯まで染み入った醤油ダレが個性的

このチャーシューであれば、ラーメンのトッピングと言わず、おかずにしたご飯ものでも通用しそうな味付けです

 

が、同品がサイドメニューに無いあたりを踏まえると

ご飯を炊く余裕がないのか、もしくはチャーシューの仕込みに限りがあるのか

 

いずれにせよ、専門店ではないはずなのに

それを忘れさせる程、しっかり仕上がった旨味満載のチャーシューとなります

 

そしてもう一方のチャーシューが、

こちらは肩ロースでしょうか

 

バラに比べると脂は少なめながら、肉感と甘みの両者を兼ね備えております

こちらも食感良好な仕上がりとなっており、その旨味にも大満足

 

ラーメンの品数が多すぎ・・・なほど揃っているだけに

むしろ不安を覚えるところもありましたが、一口目のスープから始まり、チャーシューに至るまで完璧な布陣

 

前評判でも相当な評価を耳にしていたとおり

専門店に勝るとも劣らない、見事な出来映えの風雷中華そばとなりました

 

一方、そんな上品さだけでなく

何処となくジャンクな風合いを持ち合わせたスープであればこそ

 

どうしても加えてみたくなるのが、

こちら卓上で見つけたニンニクのトッピング

 

前述した「揚げネギ」が与えてくれるヤンチャぶり

あれによりブーストを掛けてくれる存在となるのが、間違い無くこのニンニクでして

 

案の定、こちらを小さじ少々加える事で、スープの甘みや旨味がより引き立つ一杯に

 

メニューや店内POPなど、要所要所で遊び心を感じさせる同店ですが

提供される中華そばにもまた、そんな遊び心を受け入れてくれる余地ある、見事な一杯を堪能させて頂きました

 

 

そんな訳で、苦節2ヶ月が経過してしまったものの

ようやく訪問に成功するものとなった、千葉・栄町「Fu雷坊」での初ランチ

 

事前に得ていた情報でも、相当数のラーメンが提供される一方

それぞれが専門店に勝るとも劣らない出来映え、との話でしたが

 

その噂に尾ひれはひれは無く、

言葉通り、ラーメン店の看板を掲げたとして、申し分無い品となりました

 

 

スープに始まりチャーシューらのトッピング

そして、麺との取り合わせについては満足した一方

唯一、不足に感じてしまったのが、そのボリューム面でして

 

同ラーメンに加え、サイドメニューにご飯もの等があればともかく

こちらではトッピングは多数提供されるものの、サイドメニューは提供されておらず

 

一応、替え玉の用意はあるとのことでしたが

旨味こそシッカリしているものの、博多豚骨のような濃厚さは持ち合わせていない同店

 

ここに果たして、替え玉を加えたとして

最後まで同じ水準を保ち、美味しく頂けるのかどうか・・・に、小さいながら疑問を感じるものとなりました

 

今回は、デフォの一杯で切り上げてしまいましたが

次の機会あれば、ここに替え玉を加えても変わらず満足出来るのか

この点についても、しっかりチャレンジしてみたいところです

 

いずれにせよ、機会さえあれば

(営業開始時間まで、私が我慢出来るのであれば)

 

また足を運び、数ある他の麺類も頂いてみたい

先の楽しみに加えて、遊び心も多分に詰まった、大満足の一食となりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

風雷坊

■ ふうらいぼう

■ 住所:千葉県千葉市中央区栄町41-11 河繁ビル 1F

■ 営業時間:12:00~14:00 / 17:00~24:00(現在は~21:00)

■ 定休日:日、月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。