孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

新千葉駅から徒歩3分、ムーンブロッサムで初ランチ 絶品スープにほっこりする美味しさ、三元豚のロースソテー デミグラスソースを堪能

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

前日から思い立ち、突如始めた秋のダイエット週間

 

昨日は食べる程痩せてしまう、不思議なお蕎麦を頂き大満足となったのですが

今日は今日とて、やはり思い浮かぶのは蕎麦

 

加えて本日は、夜に焼肉&ホルモンの予定を入れているので

(痩せる気、あるのか無いのか)

昼は軽めに済ませたく、再び蕎麦を頂こうと画策

 

今日は、千葉駅周辺の某お蕎麦屋さんへ・・・

と車を走らせ、コインパーキングを探すものの

駅周辺で普段利用している箇所はどこもかしこも満車ばかり

 

祝日開けの火曜日ということもあってか、人の出も多いようで

少し歩くことになるものの、一旦千葉駅を離れ新千葉方面へ向かってみると

 

・・・あれ?

こんなところに、ランチのノボリを発見

確かここ、バーだったよな??

 

いずれにせよ未訪問であることは間違い無いお店

私の地元、新千葉にまだ知らぬランチがあったとは大事件

 

そんな訳で、蕎麦を頂く予定は急遽取りやめ

前述したノボリを目指すべく、近隣のコインパーキングへ駐車

 

予定変更の末、辿り着いた先がこちら

新千葉、農業会館の斜め向かいにお店を構える

「moonblossom(ムーンブロッサム)」を訪れるものとなりました。

新千葉、農業会館向かいのバー ムーンブロッサムのランチ営業へ初訪問!!

JR千葉駅の西口からなら徒歩10分弱

京成の新千葉駅からなら徒歩3~4分の距離に位置する、バー ムーンブロッサム

 

お店の存在には以前から気付いていたものの

バーというコンセプトもあってか、夜しか営業していない

と、勝手に決めつけていたのか、これまで未訪問だった同店

 

車を停め、あらためてお店の前を覗いてみると

時流かコロナの影響からか

パスタを始めとしたテイクアウトメニューが多数掲載

 

照り焼きチキン丼といった

ご飯ものもテイクアウトに対応しているなど

バーながらに、料理にも力を入れている様子が伺えます

 

早速、お店の中へ足を踏み入れてみると、

ここは昼とは言えバーらしく

間接照明を中心とした設計で、やや暗めな店内

 

この日、お店を訪れた時刻は11:30を過ぎたばかり

まだお昼までには時間もあることから、先客のいないお店へ一番乗りとなりました

 

一名である事を告げると、カウンター席へと案内

こちらはもちろん、

バーカウンターとなっておりますが

隣席との間にはクリアパネルが置かれている上

席も間を空けた形でイスが配列されております

 

店内奥にはプロジェクターが完備されていたり

BGMにはJAZZが流れていたりと

最近は足を運ぶ機会がめっきり少なくなった、これぞバーといった久々の雰囲気

 

そんなムーンブロッサムのランチメニューですが、

こちらは店外にも掲載されており

メニューは全4品となっております

 

お値段については、カレーライスのみが880円

それ以外にはパスタ、肉料理、そして魚料理といった品々

 

夜が焼肉となる上、秋のダイエット週間を志し2日目

そんな身としては「ぶりの照焼定食」が気になるのですが

バーでぶり・・・やっぱ違うか

 

かといって、カレーにパスタじゃどちらも

炭水化物がメインとなってしまい、やはりダイエット的でも無い

 

ここはもう一つの候補

「ハーブ三元豚のソテー デミグラスソース」

を頂いてみようと思います

 

注文を終えると、ランチのセットとして

こちらのサラダ、そしてスープからの提供に

 

サラダはサウザンドレッシングで頂く、レタス中心となる中

これまた驚かされたのが、もう一方のスープ

 

クラムチャウダーとなるのでしょうが

これがまあ絶品でして

 

11月ながらに12月後半のような冷え込み

というのもあるのでしょうが、意外な所でまたもや絶品スープに遭遇

なんか最近、美味しいスープと縁があるなあ

肉感しっかりのハーブ三元豚に、ほっこりする美味しさのデミソース 新千葉、ムーンブロッサムでの初ランチ

私が入店した時点では先客のいなかったムーンブロッサムですが

その後、すぐに1組(2名)のお客さんが入店

 

その後も、一人のお客さんが立て続けに入店し

気付けば店内には5組程が来店

 

お昼まではまだ時間があるにも関わらず、すでにこの賑わい

加えて、どのお客さんも席に着くや否や

オーダーを告げる慣れた素振り

 

私の中では

「最近になってランチを始めた」

そんな認識だった同店ですが、実はけっこう前からやってたのでしょうか??

 

その詳細はあらためて・・・

としながら待つこと10分弱

こちらが本日のランチ

「ハーブ三元豚のソテー デミグラスソース」となります

 

平皿に大きく盛り付けられた豚肉のソテー

生クリームがアクセントになったデミソースに

野菜も彩り豊かに盛り付けられたプレートとなっております

マッシュポテトに温野菜各種

どれも色味が濃く、これまた美味しそうな雰囲気・・・

 

ですが、やっぱり目がいくのは主役の豚肉

マッシュルームの存在が、気に掛かるところですが

まあこのサイズであれば、パパッと避けられるので十分

 

早速、一口大にカットしてみますと、

なかなかの厚みを誇っております

芯まで程良く火が入っているものの、お肉にも柔らかさを感じます

 

それではまず、一口目から頂いてみましょう

三元豚とはいえ、決して柔らかすぎず、程良い肉感を残しているものの

そこを噛みしめることで沸き上がる、豚肉らしい甘みある味わい

 

特有の臭みは感じられず、しっとりとした肉の風味に

脂の甘みも一緒に流れ込んできますね

 

下味もしっかり施されており、ソース無しでも頂けそうですが

やはり、このデミソースこそが決め手では無いかと

 

風味はしっかりしているものの、決して濃すぎず、酸味も控えめ

生クリームによってコクと甘みが加えられていますが

素材の味わいを隠すこと無く、程良い主張で豚肉を味付けしています

 

決して濃厚な味わいでは無いものの

その出しゃばらない感じが、豚肉の味を引き立てており、

当然の如く、ご飯にも良く合う味付けに

上記の豚肉ワンカットのみで

ご飯全体の1/3が食べられてしまう、見事な相性です

 

そんな豚肉に負けじと、存在感を発揮していたのが、

序盤に感じた雰囲気通り、こちらの野菜達

 

まずマッシュポテトからですが

こちらは、じゃがいもの原型も残した粗めの調理

それ故に、じゃがいものほくほく感がしっかり感じられます

 

その他野菜も、実にしっかり調理が施されており、

青々とした色味を残したブロッコリーに

甘すぎず、素材の風味も残した人参のグラッセ

 

かぼちゃにオクラにと

どの野菜も素材の味わいを残しながら

それを引き出す味付け、調理が施された品ばかり

 

副菜ながらも、どれも丁寧な調理が施されており

昔ながらの洋食屋さんさながら、

盛り付けられた全ての品が文句なしの逸品ばかり

 

なにより驚かされるのが

これらを頂いたお店が、洋食屋さんでは無くバーである事

 

夜に飲み歩く機会も減ってしまい

これまで未訪問のままだった同店ですが

ランチでこのレベルが頂けるなら、夜にも期待は十分持てそうです

 

 

そんなこんなで、初訪問となった

新千葉のバー、ムーンブロッサム

 

帰り際、お店の方に

「前からランチ営業されてました??」

と、訊ねたところ

 

『はい、ずっとやってます』

との返事が・・・汗

 

一体私は、これまで何を見過ごしてきたのか

地元、新千葉でアリながらも

これだけ美味しいランチが頂けるお店に気付かずいたとは、なんたる不覚

 

ランチのメニューは4品となるものの

表で見かけたテイクアウトメニューを始め

夜は夜とて、様々な料理が頂けそうなお店

 

なかなか機会には恵まれませんが

次は是非とも、夜の同店を訪れてみたいところですね。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

moonblossom

■ ムーンブロッサム

■ 住所:千葉県千葉市中央区新千葉2-16-11 鈴木ビル1F

■ 営業時間:11:00~14:00 / 17:00~翌0:00

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。