スポンサードリンク

キッズメニューもあるイタリアン サルヴァトーレ・クオモ アンド バール千葉のハーフバイキング

LINEで送る
Pocket

JR千葉駅の東口ロータリーから、旧千葉パルコ方面へ進む大通り。

 

同通りにある、ダイワロイネットホテルの1Fに2~3年程前からシレッとオープンしていたのが

「サルヴァトーレ・クオモ アンド バール」というイタリアンのお店になります。

こちらのランチでは、パスタorピザのメイン+ハーフバイキング制となっているとのことで、以前から気になっていたものの、イタリアンだけになかなか機会が得られず。

気付けばオープンから3年近く経過してしまったのですが、先日ようやく初訪問を果たしましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

ハーフバイキング形式のイタリアンでキッズメニューもあり サルヴァトーレ・クオモ アンド バール

富士見町界隈でのランチとなると、大通りから中に入ったみゆき通りにお店が多く、目立つ場所でありながらも、逆に歩くことの少ない大通り。

 

そんな理由で、駅チカながら今更ながらの初訪問となってしまった「サルヴァトーレ・クオモ アンド バール(名前長い…)」ですが、ランチのメニューはというと

まずメインとなる

・パスタ(全4種で、商品毎に価格が変動します)

・ピッツァ(こちらも全4種、商品毎に価格が変動します)

に加えて

・肉料理(この日は熟成牛のタリアータ バルサミコソース)

上記からいずれか一品を選ぶと、サラダやドリンクを中心としたハーフバイキングが付いてくるシステムとなっております。

 

なお、お子様用のキッズプレートも用意がある上、

・~2歳まで(無料)

・3~6歳まで(キッズパスタ580円にハーフバイキング付き)

・7~12歳まで(通常メニューのピザ、パスタから1品+ハーフバイキングで980円)

といったシステムになっています。

 

そこで、この日は子連れである利点を活かし、

・私 → パスタ

・子供 → ピザ

を注文し、同店の看板メニュー両方を一挙に味わうことを目論んでみました。

 

続いて、各種バイキングについてですが、まずドリンクの方はというと、

柑橘系のジュースを始め、コーヒー、お茶、紅茶と、品数はそこそこ。

 

対しサラダ等のハーフバイキングは、

サラダと言うよりも、イタリアンのお惣菜となっており、品数もさることながらボリューム感あるものばかり。

 

加えて、

チキンライスやゼッポレ(ピザ生地で作る、磯辺揚げの様なもの)、

更にはミートボールのワイン煮込みも・・・品切れておりましたが、あるとのことです。

 

更には、ドルチェ・・・と気取る程ではありませんが

簡単ながらスイーツも用意されているので、コースさながらイタリアンを堪能することで出来ます。

スポンサーリンク

ピザからはクレーマを、パスタは海の幸のトマトソースを頼んでみた

という訳で、メインのピザ&パスタが到着するまではハーフバイキングの方で空腹を満たすことに。

第一陣として集まってきたお料理達はこんな感じです。

どれも小難しい名前となっており、覚えることは叶いませんでしたが

・チキンライスのドリア

・ゼッポレ

など、なかなかボリューム感ある食材が多く、食べ応えはバッチリ。

味付けも、バイキングではあるもののなかなかの高水準でした。

 

特に、幾度でもお替わりしたくなったのが「ミートボール」なのですが、上記した1個で品切れに。

新たに作り直したものを提供してくれるとの事でしたが、新しい品が到着したのは30分以上後となってしまい、結局1つしか頂く事は出来ず。

仕方がないこととは言え、入店のタイミング如何でハーフバイキングの食材(しかも結構なメイン)が頂けない、というのは少し残念ですね。

 

という訳で、サラダ類をつまみながら待つこと10分弱、まず先にピザが到着となりました。

この日注文したピザは「クレーマ」というピザ。

(イタリア語だから仕方ないにせよ、「クレーマになります」と提供されると、素直には喜べない…)

子供と一緒に食べられる様、凝った具材を乗せていないものを選んだのですが、クリームとモッツァレラ、2種のチーズが良い香りをあげています。

 

では早速一口。

窯で焼き上げられ、パリッとした香ばしさを感じながら、生地の中身はモッチリ。

加えて、この2種類のチーズが画も言わぬハーモニーを醸し出しており、そんじょそこらとはひと味違うピザであることが伝わります。

トッピングはズッキーニとサラミになり、控えめではあるものの、程良い辛味や食感のアクセントが加わり、これもイイ感じですね。

性格上、普段はシンプル系より、ゴテゴテ具材の乗ったピザを好むのですが、チーズと生地が美味いと、シンプルなピザの魅力がしっかりと感じられます。

 

ピザをつまみながら、遅れること5分後にパスタが到着。

パスタの方は、「海の幸のトマトソーススパゲティ」となります。

 

こちらはピザとはまた異なる意味でシンプル。

トマトソースにガーリックを合せ、そこに海老や渡り蟹、貝類と言ったシーフードを合せています。

ただ、これだけの魚介が入っている割に、その旨味はソースの方にそこまで染み出ておらず、麺もこれといった特徴のない乾麺が使用されていました。

ピザの方に凝った趣向を感じただけに、パスタにも期待してしまったのですが、どうやら本職はピザ、ということみたいですね。

とは言え、特筆すべき点は無いものの、そつなく美味しく頂けのでOKです。

 

総評ですが、こちらのサルヴァトーレ・クオモ アンド バールでは、どの「ピザ」を選ぶかが全てじゃないでしょうか。

ランチのメニュー内容は週替わりになるとのことですが、チーズの美味さを活かしたピザに当たるかどうか、でしょう。

また、周囲にいたお客さんも2~3人の組み合わせが多く、複数でいくつかのピザをシェアし合う光景が見かけられました。

ピザ自体のボリュームは多くないものの、それを補うだけのハーフバイキングも付いていますので、何人かでピザをシェアし合いながらランチを頂く、といったスタイルがお勧めと言えそうです。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

サルヴァトーレ・クオモ アンド バール 千葉店

■ さるう゛ぁとーれ くおもあんどばーる ちばてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見1-1-14 ダイワロイネットホテル千葉駅前 1F

■ 営業時間:7:00 – 10:30 / 11:30 – 15:30 / 17:00 – 23:30

■ 定休日:ホテルの休館日に同じ

スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。