孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千葉中央、和&中華ダイニング? シルクロードで初ランチ! あんこう鍋に火鍋、焼き鳥にお寿司、果てはラーメンまで並ぶ品揃えは、正にシルクロードだった

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

ジム帰りとなる、水曜日のランチ

 

本日は1人でのランチとなる流れなのですが

いい加減、汚れが目立つ車の洗車をすべく、ガソリンスタンドへ

 

洗車の終わりを待ちがてら、近隣でのランチ・・・

というのが、最近覚えた1つのルーティーンとなりまして

お店も豊富な千葉中央エリアを散策することに

 

特にこれと言った候補は挙がっていなかったものの

久々、ガッツリ天ぷらが食べたくなったことから

同エリア随一の人気店「阿づ満庵(支店)」へ向かおうとしたところ・・・

 

しまった、今日は水曜日で定休日だった(汗)

一般的には月曜休みの多い飲食店ですが

ここ千葉中央界隈は、何故か水曜日に定休日が集中しておりまして

 

いずれにせよ、方向性を見失ったことから

今一度、お店選びを1からやり直すことに

 

そんな道中、目的無く

フラフラし始めた私の視界に飛び込んできたのが

こちら、生本マグロの一文

大トロに始まり、中トロに赤身

いずれも唐揚げ付きながら、驚くことにお値段は1000円以下

 

そんな驚愕プライスを付けているお店となるのが、こちら

「和食・中華ダイニング シルクロード」となります

 

ここ千葉中央界隈は、日頃よりランチに足を運ぶエリア故

お店の存在には2年程前より気付いていた、同店

 

ただ、上記の店名にも記されている通り

和食に加え、中華も頂けるお店とのこと

 

なにより、表に並ぶ写真やメニューの構成が

雑・・・バラエティに富みすぎており

果たしていかがなものか?と、これまで足を運んで来ず

 

とは言え、本日はこれといった候補も無ければ

目的にしていたお店にも振られた直後

 

そこへ畳みかけるかのような本鮪の誘惑

これはタイミング的にも今しか無い、と決意

これまで登ること無かった、二階へと続く階段を歩き

「和食・中華ダイニング シルクロード」へ足を運ぶものとなったのです。

ドッシリ和食とガッツリ中華がスクラムを組む謎多き店、和&中華ダイニング シルクロードを初訪問

恐る恐るドアに手を掛け、初めて開く異世界の扉

(正確には自動ドア)

「和食・中華ダイニング シルクロード」の店内へ

 

自動ドアの開閉に合わせ、中より

『いらっしゃいませーお好きな席へどうぞ』

と、ここまでは不安要素を感じさせない接客

 

声を掛けられるがまま、店内奥へと足を運ぶと

外から見るよりも広い作りの店内となっており

多数のテーブル席に加え、小上がり席も発見

満席であれば10数組、40名程が入店出来そうな造りとなっております

 

早速、卓上のメニューに目を向けてみますが、

まずはこちらがランチのメニューでしょうか

ザッと見た限り、にはなりますが

中華・・・というよりも和食

正確には、定食といった雰囲気のメニューが全8種

 

メンチカツやロースカツといった揚げもの中心

と思いきや、ぶり大根や照焼

ねぎとろに「よたれとり」などと、既に多彩な品揃え

 

ですが、こんなものはまだまだ序の口

とでも言わんばかりにランチメニューは続いていき、

こちらのメニューは中華系が中心と思われ

本日のラーメン2品に始まり、油淋鶏にニラレバ炒め

チャーハンに豚キムチ、茄子ピーマン炒めなど、割とポピュラーな中華料理が並びます

 

しかし、その隙間を縫うかのように

「揚げもの・いろいろ」と書かれた欄には

3種のフライが並ぶ品や、何故か二種あるカキフライ

 

ハムカツにメンチカツ、唐揚げなどの姿も

そこに輪を掛け、興味をそそるのが

「限定3食」となってるチーズ麻婆豆腐

 

通常の麻婆豆腐は限定性無く提供される中

何故にこのチーズ麻婆豆腐のみが限定3食なのか

 

また、各品の値段設定にも悩まされる部分ばかりで

海老フライに鰺、蟹クリーミーコロッケと、3種のフライが890円に対し

ガブうま・肉厚ながらも、ハムカツのみでお値段840円

 

3品も盛り合わせとなるフライ定食と

ハムカツ1品のランチとで、お値段格差が50円とあれば

一体どんなハムカツなのか、興味をそそられます

 

更には、肉そばがこのメニューに並ぶだけでも戸惑うところに

肉そばへの半ライスセットが750円に対し

同じく肉そば+ねぎとろ丼は850円と、誤差100円

 

 

とにかく多彩すぎるメニューを前に

一度は本マグロに傾いた気分も半歩後退

 

メニューを前に頭を抱え、悩んでいる私の姿を見てか

お店の方からひと言

『今日のお勧めは、大きいあじフライですよ』と

 

え、さっき目にした

「本日のサービス品(生本マグロ)」が

お勧めな訳では無い、そう来たか・・・

 

素直にお勧めに従うべきか

第一印象を信じ本マグロを選ぶか

それとも、第三第四の矢とも言うべき、中華系か

 

決め手は見当たらず、かといって何が推しかも見えてこず

ここは自身の直感を信じることとし

「大トロ刺身&唐揚げ定食」を頂いてみようと思います。

中華に和食にと、豊富すぎるランチメニューに目移りしつつ、本日のお勧め「大トロ&唐揚げ」定食を食べてみた

メニューが多岐に広がりすぎているものの

かといって、お店としてのお勧めも判断しづらい、

千葉中央の和食・中華ダイニング シルクロードでの初ランチ

 

未だ、大トロ刺身の選択が正しかったのか

自問自答する時間が流れる中

少しでも気持ちを落ち着かせようと、隣のテーブルより夜のメニューを拝借

 

が、しかし

こちらに目を通したのが、更なる迷宮へのステップアップとなりまして

開く1ページ目には、冬らしく鍋料理が並ぶものの

そのラインナップは

・あんこう鍋

・牡蠣鍋

・キムチ鍋

・鴨鍋

 

そして、

・薬膳火鍋

 

あんこう、牡蠣、キムチからの鴨

ここまではまあ許容範囲と言えましょうが

そこに続く5番手に、まさかの薬膳火鍋

 

まあでも、こちらは中華と和食のハイブリッド

コレくらいならば、まだまだ起こりえる範囲と言えるのでしょうか

しかし、更なる深い迷宮へと落とし込めるのが、

こちらのメニューとなっており、

ここには居酒屋のようなおつまみ各種が並ぶものの

その中には、さも普通の表情を浮かべ「握り寿司」の名を発見

 

そんなにぎり寿司の存在を、より際立たせてくれるのがこちらのメニュー

先ほどまで、なんだかんだ和食を感じさせていたものの

ここではキッチリ中華へとシフト

 

チャーハンに水餃子らが並ぶ中

極めつけとばかりに、サンラータンメンに醤油ラーメン

みそらーめんに担々麺らまで頂けてしまう豊富すぎる品揃え

 

これだけ多岐に渡るメニューに対し

一体、どんな仕込みを行っているのか

 

そして、こちらの冷蔵庫

そのキャパは無限大なのか

 

火鍋に始まり、あんこう鍋まで

果ては、握り寿司からラーメンと

 

その豊富すぎる選択肢は、

一昔前、千葉中央の駅前にあった24時間居酒屋

「一元」をも彷彿とさせる富んだバラエティ

 

これが、シルクロードたる所以・・・

ん、違うだろ

 

シルクロードって、古代ローマと中国を結んだ道であって

そこに日本って、含まれて無くないか?

ついでに言えば、シルクロードのスタートとなるローマは何処へ?

 

まあ、深く考える程にドツボへとハマりそうな様子から

一旦、思考を取りやめたそのタイミングにて、本日のランチが到着

こちらが、千葉中央のシルクロードにて頂く

生本マグロ 大とろ刺身&唐揚げ定食となります

 

赤身、中とろ、大とろと

3品が提供されながら、お値段の格差は110円差

 

その価格差を踏まえても、そこまで期待は出来ず・・・でしょうが

こちらが、本日のランチ

その主役となる大とろのお刺身

 

お皿こそ立派ではありますが

そこに盛られる切り身の数は5枚

 

大とろ、とあらばお値段もお値段ですので

枚数で調整せねばならない所は理解しますが

それにしても・・・寂しいなあ

 

そして、同品と双璧を成す

もうひと品の主役となってくるのが、

こちら、鶏の唐揚げ(2個)となります

 

揚げたてにて提供されている同品ですが

衣は厚めとなっており、ザクッとした固め食感

 

下味等はそこまで強くなく

サイズ的にも平均的、付け合わせとするには

使い勝手の良い品、といった印象を受けます

 

その他小鉢類には、

きんぴらゴボウとお味噌汁

そして、この組み合わせであってもシルクロード感は抜けず

しっかり杏仁豆腐もセットにて提供

 

そして、本題とも言うべき大とろのお刺身はというと、

 

生本マグロかどうか、の判断には迷いますが

大とろらしく、たっぷりの脂を感じさせます

 

ただ、いかんともし難いのが、やはりそのサイズ

カットも薄めとなっている上、量も少なめ

 

加えて、その脂の多さもあってか

口の中に運んだ際、特有の臭みを感じる部分も少なからず

 

ここは、気合いを入れて大とろをオーダーするよりも

質より量で勝負できそうな、赤身ないし中とろにすべきだったか

 

いや・・・むしろ、最初にお勧めされた通り

「あじフライ」を選ぶことが正しい選択だったのかも知れません

 

ないしは、多彩を極める中華系

それとも、揚げもの各種、もしくは肉そば・・・

 

いずれにせよ、本日の選択が正解だったとは言えず

消化不良を感じる、そんな一食となりました

 

 

という訳で、初訪問を果たすものとなった

「和食・中華ダイニング シルクロード」での初ランチ

 

以前より、多彩すぎるメニューが気に掛かり

二の足を踏んできた同店でしたが

やはり、その多彩にも程がある品数故、どこに正解が潜んでいるのか判断できず

 

インスピレーションを信じ、選んではみたものの

同店のポテンシャルを最大限発揮・・・

とは言いがたいランチを頂く結果となりました

 

中華と和食、更には定食各種と

とにかく方向性が四方八方に飛び交う同店ながら

きっといずれかの方角に「これぞ!」と呼べる品があるはず

 

ただ、それを探し当てるには

若干骨が折れる・・・というべきか

 

私如きが1度や2度、足を運んだくらいでは解き明かせない

深く長く続く、大迷宮が潜んでいるものとなりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

和食・中華ダイニング シルクロード

■ シルクロード

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央3-4-8 コーノスビル 2F

■ 営業時間:11:00~14:30 / 17:00~23:00

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。