スポンサードリンク

都賀駅西口の新店、ガジュマルにも「冷し」が登場!極厚チャーシューと頂く冷し中華に加え、デカ盛り麻婆豆腐&ガーリックチャーハンも制覇!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ここ最近の本ブログをご覧頂いている読者様なら、お気づきの方もいることでしょう

実は私・・・この時期を代表する風物詩「冷し中華」が大好きなのです

いや、正確に申し上げますと、冷し中華では無く、冷たい麺類全般が好みでして

 

冷製パスタに冷たいお蕎麦、冷しのうどんに冷し中華

そして、冷たいまぜそばに、冷たいつけ麺などなど

とにかく、冷たいながらも美味しく味わえる麺類に、滅法目がありません

 

とは言え、その魅力に気付いたのは、まだ日が浅く数年前の事

約半月のランチを、冷しの麺類のみで乗り切り、

夏の主役! 千葉市内でお勧めの冷やし中華・冷やしラーメン 厳選10食
日本の夏、冷やし中華の夏。 まだ7月も中旬で梅雨明け宣言すらされていないというのに、連日続く暑さ。 こう暑い日が毎日続き、食欲が落ちている時に食べたくなるのが、そう「冷やし中華
2017-07-15 08:33

この様なまとめ記事を作成するに際し、様々な冷しメニューを食べ歩いた結果、その魅力に気付くものとなったのです

※ 上記記事は2年前のものとなり、現在は提供していない&閉店のお店もありますのでご注意下さい

 

こちらの記事を作成するために食べ歩いて以来、その魅力と奥深さにズッポリハマった冷し中華を始めとする冷たい麺類

何より「夏季限定」というプレミアム感が私を揺り動かし、今日もまた新たな冷しメニューを探し求めるものとなったのです

 

そしてこの日向かったのは、都賀駅

西口駅前に車を停め、線路沿いを四街道方面へと6~7分歩いた住宅街に、今年2月オープンしたこちらのお店

自家製麺で密かに話題を巻き起こしている「ガジュマル」となります

 

数日前に私が定期チェックしているブログを見ていたところ、

同店でも(正確には明記されていませんでしたが)「冷し中華」が始まっているとの情報をキャッチ

この情報を逃すことが出来ず、4月以来2回目の訪問を果たすものとなりました。

都賀駅西口エリアに2月オープンガジュマルへ2回目の訪問 今回の目的は夏の名物、冷し中華!!

今年2月にオープンした、都賀の新店ガジュマル

 

オープンから少し時間の経った4月に1度目の訪問を果たしており、

西都賀に2月オープンの新店、ガジュマルを初訪問 自家製麺使用の具沢山な担々麺に、スパイス香るデカ盛り唐揚げなど、豊富なメニューに大興奮!
新元号が発表となる事で、朝から各メディアともに色めき立っていた、4月1日 よりによってエイプリルフールに発表しなくても・・・・ などといった声も挙がっておりましたが、新元号
2019-04-04 07:12

その際には、独特の味わいを感じさせる自家製麺と、具材モリモリなタンタンメンを始め、はち切れんばかりの満腹を味わうものとなりました

 

あれから2ヶ月半、今回は冷し中華を追い求めての再訪となったのですが、新たにメニューを確認すると

なんか、いきなりヤバそうなデカ盛りメニューの数々を発見

説明によると、400g相当のおかず、ガーリックチャーハン

更には白米(何故、炭水化物に炭水化物を足す!?)を加えたプレートランチとのこと

 

店主の夢実現企画とありますが、チャーハンをおかずに白米を食べる

といった、学生の様な夢をお持ちだった雰囲気が伝わってきます(笑)

それにしても、おかずも400gあろうというのに、チャーハン&白米って…

 

続いて、裏面をチェックして見ると、こちらには夏期メニューが掲載

そのラインナップは、これまたデカ盛り感漂う品ばかり

 

自家製麺を3玉乗せたざる冷しつけ麺に始まり

・ざる冷し&半ガーリックチャーハン

・サービスラーメン&半ガーリックチャーハン

・山盛り あんかけカタ焼きソバ(2.5人前)

と、どれも学生なら飛んで喜ぶデカ盛り仕立て

 

ただ、よくよく考えてみると

これって、ざる冷し以外「夏期」とは関係無いような気がしないことも…

 

まあ、お腹一杯食べられること以上の幸せはありません(笑)

続いて、レギュラーメニューをチェックして見ます

 

こちら、以前のメニューでは白地に黒文字で書かれたテキストのみのメニューでしたが

2ヶ月半ぶりにメニューをチェックすると…

なんと!!

メニューに背景色が付いたようです

 

画像が無いのは少し寂しくもありますが

(じゃなくても、ここガジュマルの商品は、どれもボリューミーですから)

背景が加わっただけでも、若干の華やかになった様な

 

メニューそのものには変更点が無い様にも見受けられます

が、以前のメニューと見比べてみると

「メンマ担々麺」を始めとした、メンマ入りメニューが新たに加わった様です

 

続いて、ご飯・定食メニューに進みますと、

こちらもしっかり、背景入りのメニューに変更(笑)

 

ただ、定食メニューについては、麺類以上に品数が大幅に増加しており、

・油淋鶏定食

・揚げ鶏チリソース定食

・各スタミナ炒め定食

・茄子のピリ辛炒め定食

・お肉たっぷり中華丼

などなどが、新たなメニューとして加わった様子

※ なお、前回頂いた酢豚は現在ながら、説明書への(レア?)の一文は無くなっておりました

 

そして、夜の部を彩るには欠かせないアルコールメニューも

この通り、しっかり取り揃っている上に、

ラーメン店としては珍しい、焼鳥も変わらず健在

焼鳥以外のテイクアウトメニューも加わり、オープンから4ヵ月の時間経過を伺わせております

 

なお、今回の目的となる「冷し中華」ですが、こちらはメニュー上に記載は無いものの

カウンター上部の黒板にて

・醤油

・ごまダレ

の2パターンが用意されておりました

 

といった感じに、若干のメニュー変更が加えられたガジュマル

この日のオーダーですが、私は迷うこと無く冷し中華(醤油)を頂く事に

 

なお、この日同伴したカミさんは、

「麻婆豆腐も食べたいけど、ガーリックチャーハンも食べたい」

と、謎のワガママを発揮した結果、両メニューをオーダーし、食べきれない分を私がシェアして頂くものとなりました。

チャーシューで覆われる冷し中華もさる事ながら、麻婆豆腐&チャーハンにも破壊力満載!

夏季限定メニューにやたらと名前を連ねていたガーリックチャーハン

確かにその存在は、私の心を惹き付けるにも十分たる魅力を持っているのですが…

 

前回の訪問時に

・野菜担々麺

・半チャーハン

をオーダーしたものの、半チャーハンと言いながらフルサイズで提供されるボリュームに、見事撃沈

 

といった過去を経験している手前、さすがに今回はサイドメニューの注文を見合わせることに

とは言え、ワガママボディを振りかざすカミさんの方は、同メニューを諦めきれず

その食べきれない分を、私が余すこと無く頂く結果を迎える事になりそうです

 

背景画像以外にも、ちょくちょく加わったマイナー変更箇所を

間違い探しの如く、自身の過去記事と見比べながら探すこと10分

 

まず最初に提供されたのが、私のオーダーした品

ガジュマルにてスタートした夏季限定メニュー

「冷し中華(醤油)」となります

 

まず目を惹かれるのは、麺を覆い隠すほどに盛り付けられた彩り鮮やかな具材達

キュウリに紅生姜、ワカメに錦糸玉子、と

ここに揚げ玉でも加わった日には「冷したぬき!?」と見間違いそうなレパートリー

 

それにしても、辛子・・・(笑)

なんと言うか、なんと言うべきか・・・

もうちょっと、どうにかなりそうなものを・・・(笑)

 

まあ話を戻し、この品を冷し中華に思い留めてくれているのが、大ぶりで肉厚なチャーシュー2枚

そして、麺類のメニューにも新たに名を連ねたメンマの存在、ではないでしょうか

よくよく考えると、冷し中華にメンマって珍しいなあ

 

それよりなにより、まずは麺の方から

こちらガジュマルですが、メニューを見る限りの品揃えこそ「町中華」そのものながら、一番の拘りは自家製麺

当然、こちらの冷し中華にも自慢の自家製麺が使われているのですが、

これがまた、余所で頂く冷し中華とは一風変わった食感で、この組み合わせは新しい味わいです

冷し中華の麺と言えば、ツルッとした喉ごしで啜り上げるイメージながら、こちらは担々麺などにも使用している自家製麺

その分、しっかりとしたコシがあり、ワシッとした食感であるにも関わらず、この食べ応えある感触が嫌みじゃありません

 

冷し中華ながら、麺そのものの美味しさを味わえる、まぜそばの様でもあり

かといって、まぜそば特有のジャンクさは無く、醤油ダレのアッサリした味わいで、むしろ冷製のお蕎麦のようでもあります

もしや、冷したぬきにも思えたこの具材たちも、麺とのバランスを考えての事でしょうか?

いずれにしても、この食感と組み合わせは、類を見ない冷し中華と言えそうです

 

そして、この冷し中華で、一際の存在感を放っているのが

こちらのチャーシュー

冷たい麺に乗せて提供するチャーシューであればこそ、固くなってしまうことから細切りにする

そんな定石を一切無視した、挑戦的なサイズそのままで提供されたこちらのチャーシュー

 

温かい麺の上に盛られている際と比べると、若干の固さは感じます

が、そもそもこの冷し中華は麺もワシワシ系

ツルッと喉ごしよく啜るタイプでは無い以上、このチャーシューの固さもアリな気がしてきます

固めではあるものの、ワシッとした中から感じる肉の旨味は抜群で、食べ応えにも拍車を掛けてくれます

 

そして、冷やし中華ではまず見かけること無い、このトッピング

メンマ、ですね

これについては・・・正直、どっちでも良いかな(笑)

 

まあ、メンマが乗っていることにより、冷したぬきと誤解されることが無い

そんな役割は果たしてくれそうに思います

 

さて、そんな冷やし中華に喜びを抑えきれない私のお向かいでは

カミさんのオーダーした麻婆豆腐が既に到着

こちらの麻婆豆腐、良い意味で予想を裏切る特大サイズにての提供となっております

 

そんな麻婆豆腐と共にオーダーしたガーリックチャーハンはというと、

当然のことながら、こちらも一般で言うところの「大盛りサイズ」による提供

ガーリックの香りとお米の焦げ目が食欲を昂ぶらせつつ、細切れにされたチャーシューもたっぷり

 

ていうか、チャーハンに加えるチャーシューを細かくカットするなら、冷やし中華でもやれば良いのに

なんて無粋な疑問も浮かびますが、まあチャーハンはチャーハン、冷しは冷し、てことでしょうかね

 

当然、この大ボリュームを前にしたカミさんが、完食など出来るはずも無く

気を利かせてくれたお店の奥様に、小皿をご用意頂き、

同チャーハン&麻婆豆腐を組み合わせた

促成「ガーリック麻婆チャーハン」を、サイドメニューがてら頂く結果に

(この後のお替わりを含め、同サイズを三往復するものとなりました)

 

それではまず麻婆豆腐ですが

こちらは、意外な程に攻撃的な辛味を感じさせてくれます

 

山椒のシビれを残しつつ、しっかり口の中に残る辣油の辛味

割合としては辣油の方が強くなっているので、四川風の本格派というよりは、ガジュマルナイズされた麻婆豆腐と言えます

 

ですが、豆腐もしっかり形を残している上、具材にはお肉もたっぷりと食べ応え抜群

白米と共に頂けば、余裕で2~3杯をお替わり出来る、ご飯が進むタイプの麻婆豆腐となります

※ とは言え、この麻婆豆腐だけでも、丼一杯あるのでご飯お替わりしてる余裕は無さそう

 

続いてのガーリックチャーハンですが、これは見ての通りチャーシューたっぷり具沢山

遠目からもで香るにんにくが食欲を掻き立てており、ご飯はしっとり系に仕上がった炒飯となります

 

これも麻婆豆腐同様に、本格派の中華といった作りでは無いものの、個々の素材がバランス良く主張しており、素直に美味しいと言える炒飯

なにより、たっぷり入ったチャーシューが冷やし中華以上にジューシーで、若干ヤキモチを焼きたくなる美味しさです

 

当然、麻婆豆腐との相性も文句なしで、両者を共に頂けば、これまた豪勢な麻婆炒飯の出来上がり

麻婆の挽肉、炒飯のチャーシューと、異なる食感・味わいで2種のお肉を頂きつつ、お得感あるご飯を堪能させて頂きました。

 

 

こんな流れで、二度目の訪問を果たした、都賀のガジュマル

前回は担々麺をメインに頂いたため、同店については「麺類」のお店

といった印象でしたが、あらためて今回、ご飯モノとおかず(麻婆)を頂いた結果、その認識に若干の違いがあることに気付きました

 

ここガジュマルは、自家製麺をウリにしているだけに、麺類主体

と思わせるも、その実はおかずやご飯モノも美味しく頂ける「町中華」といった表情を強く感じます

 

もちろん、従来からある町中華とは、品数も違えば歴史もありません

ですが、従来の町中華には無かったアイディアや、尋常じゃ無いハイボリュームなメニュー

更には、それらを支える麺は自家製といった拘りも見せる、町中華のニューウェーブと呼ぶべき存在

 

そんな印象がシックルとハマる、ガジュマルで頂くランチとなりました

さて、今回は冷しを醤油で頂いた訳ですが、これは是非ごまダレVerも頂いてみたいですね。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

自家製麺 焼鳥 ガジュマル

■ じかせいめん やきとり がじゅまる

■ 食べログURL:https://tabelog.com/chiba/A1201/A120105/12046227/

(ネット予約 不可)

■ 住所:千葉県千葉市若葉区西都賀4-1-6

■ 営業時間:11:30~22:30

■ 定休日:水曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。