スポンサードリンク

市役所前駅から徒歩5分、中華料理 高福楼 最強コスパのランチセットは、ミニラーメンまで付いて700円!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

週一恒例となってきた、ジム帰りのランチ

この日ランチに向かった時刻は10:45となり、ちと早め

 

これといった候補も無く、気の向くまま本千葉経由~新田町方面を車で走りながらお店を探していると、オシャレなカフェや雰囲気良さそうな洋食屋さんを新たに発見

・・・が、どちらもまだ営業前となっており、開店までには30分以上待たなければならず

 

ジムでバッキバキにしごかれた腹筋、その疲労を癒やすに際し、ここから30分も空腹のまま時を過ごすことは出来ず、もう少し早く営業が始まるお店が無いものか、2周目の物色に突入すると

新田町の人気洋食店、シルバースプーンのお隣に並ぶ

「中華料理 高福楼」が、早くも営業を開始している姿を発見

 

ついでに、本日のランチを見てみると

エビ塩炒め、茄子味噌炒め、肉野菜炒め、と、炒めの三本柱

その下には、ニラレバないし麻婆豆腐と、どれもなかなか

 

前日のランチがラーメンだっただけに、もやしラーメン&半ラーメンには惹かれないものの

「五目チャーハン」は、いつ何時だって私の味方でいてくれる、心強い存在。

 

久々のシルバースプーンも気になるものの、こちらは少し前に

「ランチ営業をお休みします」との告知以来、ランチ営業が復活する様子は無し

更にお隣、マリーンや、ちょっと先のリトリートも久々に行ってみたい2軒ではありますが、今日の気分はパスタより白米

 

という訳で、新田町の中華料理 高福楼にてランチを頂いてみようと思います。

千葉都市モノレール市役所前駅から5分 新田町の中華料理 高福楼 

何の気なしにブラブラしながら、吸い込まれるようにランチへと訪問した、中華料理 高福楼

こちらのお店、住所的には中央区新田町となりますが、国道357(14?)号から、千葉駅側に一本手前の通りとなる為、最寄りになるのは千葉駅よりむしろ、モノレールの市役所前駅となってきます。

 

それだけに、お昼を迎える頃には一帯含め、どこの飲食店も賑わい出すエリアではあるのですが、この時点での時刻は10:50

近隣会社員がお昼を頂きに伺うにはまだ早いどころか、この時間にお店が空いていることの方が不思議な時間帯。

なので、当然ではありますが、この日のお客さん第1号として、盛大に歓迎されながらの入店・・・

 

といった雰囲気は一切感じないものの、早い時間からの入店とは言え、特に煙たがられることなく席へ案内されることに。

 

さて、気になるメニューですが、本日のランチについては、表の看板に出ていた通り4種類のセットが提供とのこと

それ以外のメニューですが、

おつまみ、一品もの、ランチ、どの目的であっても対応可能な、中華料理のベーシックどころが一通り抑えられています

中でも特徴的なのが、こちらのお店はいわゆる

「大陸系中華(中国の方が経営されている中華料理屋さん)」に該当するのですが、

・ごぼう唐揚げ

・いかげそ炒め

・焼き肉炒め

・モツ炒め

等といった、居酒屋というよりむしろ

「町中華(古くからある、日本の中華屋さん)」らしさを感じるメニューも豊富に取り揃えられている点となります

 

本場の中華料理らしさを感じさせる、

炒め物や卵料理、辛み系に炒飯系、麺類も一通りコンプリート

 

麺類に至っては、更に次ページまで続いており、

味噌ラーメンやカニタマそば、豚肉とピーマン麺、

「四川風辛酸とりみそば」や、「肉味噌かけそば」といった謎メニューも勢揃い

 

これにカレーや豚カツまで広がりを見せれば完璧ではあるのですが、そこには一線を引いていながらも、大陸の味と和の味を融合させた、良いとこ取りを味わえる

そんなお店となっております。

 

もちろん、夜のお楽しみも充実しており、

ドリンク+餃子に、おつまみ一品を選んで950円なんてセットメニューも

 

更には、ランチをも凌ぐお得さを感じさせる

「夜定食」といったメニューも提供されており、お酒だけでなく、ご飯を楽しむ目的での夜利用も可能となっております。

 

などなど、多彩なメニューに溢れかえった高福楼ですが

本日のランチは入店前に目にしたメニューより、ほぼ確定済み

 

四川風辛酸とりみそば&肉味噌かけそば

この2品に一瞬心を奪われかけましたが、昨日のランチがラーメンであったので今日は麺抜き

本日のランチ、より選んだ、「レバニラ炒め」のセットをオーダーするものとなりました。

700円とリーズナブルなレバニラセットにも関わらず、まさかのラーメンまで付いてきたw

さて、本日のランチに訪れた高福楼ですが、こちらのお店が出来たのは・・・

気付けばフッと、当たり前の様な顔をして、この地に建ち並んでいますが、その歴史はまだ10年足らずだったように思います。

 

お隣に並ぶシルバースプーンは30年以上、更にお隣のマリーンは40年以上と、歴史が長いお店が並ぶ界隈

対する高福楼は10年弱となれば、近隣のお店と比べ歴史は浅く感じますが、決して人通りが多い訳では無いこの地で10年近く続いているのですから、安定した人気を博している様に感じます。

 

あらためて思い返すと、私自身、ここ高福楼に飲みに来た記憶はあるものの、ランチを頂きに来たのはこれが初めてのような

そこにあるのが「当たり前」になりすぎている、そんな中華料理店とも言える存在でしょう。

 

そんな事を思い返しながら、待つこと6~7分

中華料理店らしい、素早い手さばきで提供された、本日のランチがこちら

レバニラ炒めセットとなります。

 

せっかく今日は麺類を外そうと思ってたのに・・・

ラーメン、付いて来ちゃうのねw

 

この界隈にも中華料理店は数多くありますが、どこも皆さん、ホントサービスしたがりで

レバニラ+ご飯で700円でも十分なお値打ちだというのに、そこに半ラーメンまで付けて頂けるとは

 

というか、もうこの辺来ると半ラーメンはラーメンでは無く「スープ」と同列の扱いなんでしょうか

元を遡れば、小麦だって畑で育つ植物ですから、野菜みたいなもの

麺状に形成された野菜、それをたっぷり入れた中華スープだと思えば、ご飯のお供に並んでも、なんら不思議はありませんw

 

そんな感じに、ランチのラーメンが連チャンとなってしまったことを

「失敗」ではなく、「小麦入り中華スープ」が提供されただけと、前向きに捉えつつ、まずはレバニラから

主役となる豚レバーに加えて、もやしに青菜、人参、キクラゲとサイズ感が揃った野菜がたっぷり

味付けは、オイスターソースをベースにした定番スタイルとなり、安心感のある仕上がりと言えます。

 

この味付けで提供されるレバニラとなれば、

もう、こうするのは使命というか、最早、運命。

なんで中華のおかずって、ご飯の上に乗っけたくなるんでしょうね

このスタイルを作り出してしまえば、もう何食べたって安心感しか生まれません。

 

そして、影の主役とも言える存在が、

半ラーメンあらため、野菜(小麦)たっぷり中華スープとなります

 

見るからにシンプルな、昔ながらのラーメンを思わせるこちら

鶏ガラベースに醤油ダレと素朴ではあるものの、ご飯の合間に頂くスープ(たまに麺付き)としては、ホッコリする安心感

トッピングにはワカメ、なると、メンマと、これもまた昭和の味

全体的に薄めの味付けでもあるため、ラーメンでは無くスープの代用として頂くに相応しい、優しさを感じます。

 

しかし、このシンプル設計なラーメンでありながら、麺が固めに茹でられているといった工夫?が施されています

恐らく、ご飯やおかずの合間に食べるラーメン、といった立場上、麺が伸びやすいことを考慮し、敢えての固め茹でなのでは!?

 

定食のオマケに半ラーメンを付けるお店は数あれど(特にこの辺ではよく見かけます)

定食と単品ラーメンとで、麺の茹で加減を変えているお店など、そうそう見ることはありません

もちろん推測の域ではあるのですが、もしも私の読み通りであるのならば、高福楼が行うこのサービス精神、ちょっと見過ごせませんね。

 

そして、付け合わせにはザーサイと杏仁豆腐

こちらも、思いのほかボリューミーな盛り付けとなっております

ここまで一連のボリュームで、お値段700円とあらば、十分過ぎるお値打ち価格

老舗の洋食店が建ち並ぶ中、10年近くお店を営んでいるのも、これらサービスあってのことでしょう。

 

しかし、ここで一抹の不安というか、確認をしてみることに

先ほどまで感じていた「サービス精神」これは果たして本物なのか偶然なのか、果てまた私の考えすぎなのか?

これを確認してみるに当たり、良い方法は無いだろうか・・・

 

そうだ、空になったお冷やのグラスを、ホールスタッフさんから見える様に置いておき、これに何も言わずお冷やを足してくれるか試してみよう(笑)

と、ちょっとこれ見よがしに、分りやすく空のグラスを置いてみたところ・・・

スッと気が付き、満タンにしてくれた(笑)

ヤバい!ここまで一連のサービス、ブラフでも偶然でも無い、気の行き届いた真のサービスからなるものでした。

 

お手頃価格で、ボリューム溢れる中華を頂けるお店はこの界隈にも数あれど

接客やサービス面に関しては、正直言って難あるお店が多数、というのが中華料理店に付きまとう典型的なイメージでもあります。

 

対し、ここ新田町の高福楼

料理については、特に秀でるものこそ感じませんが、ボリュームと値段の安さ

そして、敢えて(?)固めに茹でられた麺や、テーブルの様子を絶えずチェックしている接客レベルの高さは、近隣の他店より頭1つ抜ける存在感を発揮

 

残すところは、油でべとついてしまったメニュー(笑)

ここまで清掃が行き届いていれば、最早言うこと無し、といった印象を受けるものとなりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

中華料理 高福楼

■ ちゅうかりょうり こうふくろう

■ 食べログURL:https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12025535/

(ネット予約 不可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区新田町35-8 山本ビル1F

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~23:00

■ 定休日:第2・第4日曜

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。